真夏にインドに行ってから「やっぱり私はインド料理好きだわ」
と再認識して、ちょこちょこ行っています。

この日はなんだか運の悪い日でやたら忙しかった上に
面倒なことが多く、ビミョーなトラブルにも巻き込まれつつ、
怒られるという日でした。
フンフンと文句を言っていると泰人さんが
「あまりにもお気の毒なのでなんでも好きなものをご馳走しましょう」
と言うオファーを与えてくれました。

またしてもタイ料理かインド料理に行きたい気分だったのですが
ご馳走してくれる人がナンプラーをあまり好まないので
インド料理をチョイスです。

23517603_1696015007140613_2824466862116455192_n[1]

前回きたときはランチタイムで大層にぎわっていましたが、
場所柄夜はあまり人が来ないのかもしれません。
この日はお客さんは私たちだけで貸切でした。
地下にあるので見つけにくいというのもあるのかもしれませんが、
こちらは神戸のインド料理といえば、の有名店のうちのひとつです。

23517700_1696015090473938_6739281174113828256_n[1]

マンゴーラッシはどこへ行っても頼みますが店によって配合が少しずつ
違うのか、濃さに差があります。ここはちょうど中間ぐらいですね。
インドのホテルで飲んだものと同じぐらいです。

23517412_1696015200473927_8771050896621021714_n[1]

パパドが出てきました。
インドのおせんべい的な。
いつも私はこれが出てくると普通にこのままかじって食べてしまいますが
ツウな感じがするアレンジとしてはカレーのトッピングとして
クリスピーな食感をプラスするために砕いて入れたりするのもアリだそうです。
おいしそうですね。今度やってみよう。

パパド自体は少しピリっとした辛さがあります。

23561850_1696015280473919_7570271148845320837_n[1]

チキンサモサをオーダー。
泰人さんは見慣れない不思議なかたちの食べ物がきたので
「これは何?」と聞いてきましたが
「インドの揚げ餃子的なやつですよ」
と言うと安心して食べていました。
ミントチャツネがあるとよりおいしくいただけます。
味付けされた鶏のひき肉がたっぷり包まれています。

23621988_1696015260473921_8425526744784584276_n[1]

あれ?これ頼んでないよ。
といいましたがサービスだそうです。
かぼちゃのスープです。色と場所的にカレースープにしか見えませんが
スパイシーな感じではなくクリーミーな感じです。

23561341_1696015173807263_2618738297754361848_n[1]

チキンティッカとタンドリープラウン。
インドから戻ってからあちこちでタンドリープラウンを食べてまわっていますが
タンドリープラウンに関していえば滞在先のホテルレストランのものが
抜群に好みのスタイルだったので次にインドに行く機会があれば絶対にあの海老を
思い切り堪能したいものです。
そして引き続き日本でも好みのスタイルのタンドリープラウンを探してみたいと思います。

タンドリーが乗ったお皿を温めるキープウォーマーがついていて親切です。
これを出してくれるお店は少ないですね。
パンがさめないようにして温めた石を入れてくれるお店はけっこうありますが。

23559892_1696015237140590_1902899337325347778_n[1]

キーマカレー。
上に乗っているのは生姜です。
けっこう量はあるので小食なカップルや女子グループなら2人で1皿で
様子を見てもいいかもしれませんね。

ちなみに私はチーズナン(あればどこでも頼むもののうちのひとつ)
をオーダー、泰人さんはバターナンをオーダーしましたが、
浮かれすぎて写真を撮り忘れました。
チーズが多すぎず、でも香ばしい香りと豊かな風味はプラスされている
カレーに合うチーズナンです。

よく行く芦屋大丸に入っているインド料理「ナワシャンティ」の
チーズナンの破壊力はもしかしたら日本でもトップクラスかもしれません。
あれはあれでチーズ好きにはたまらないのですが。

いろいろほかにも食べたいなら重過ぎない「ゲイロード」の
チーズナンを推奨です。分かりやすく言うと上品系です。

23519325_1696015330473914_5919553072436809656_n[1]

インドに関するマーケティングレポートを仕上げてから
インド人にとっては「豆のカレー」がいかに重要なものなのかということを
再認識したので「ツウな感じのオーダー」で豆のカレーをチョイス。
ヒヨコマメのカレーとダルカレー(レンズマメ)のカレーがあったので
サービスの方に「どっちがおすすめ?」と問い詰める私。
「えぇ…どっちも」としか返ってこないのに
しつこく「いや、どっちがおいしい?じゃあどっちが好き?」
と面倒な質問を繰り返したので困らせてしまいました。
すみません。
で、結局選んだのがヒヨコマメのカレー。
ダルカレーはどこかで食べたことがあるような気がしたのと、
ヒヨコマメをちょっと久しぶりに食べたい気分になったからです。
(じゃああんなに質問したのは何だったんですか…とインド人スタッフに怒られそうです)

辛くはないのに額から汗がじんわりにじんでくる感じが
本気のスパイス配合を感じさせます。

ヒヨコマメもふんわりとした食感でインドのたんぱく源を
十分楽しむことができました。

インドにまた行ってみたいと思っている、という話をしつつ
「チャイがものすごいおいしかった」
と連発していると…聞こえていたのでしょうか。
「サービスです」と言ってチャイが運ばれてきました。
なんか、すんません。おねだりしたつもりではなかったのですが笑

23561685_1696015307140583_7059951547709890955_n[1]

チャイの味も奥が深いもので、お店によっても全然違います。
基本的にどこのお店のものも好きですが共通して言えることは
私はコレに砂糖をけっこう多く入れて楽しむのが好きということ。
これから寒くなってくると普通のミルクティーよりもチャイが断然気になります。
ご馳走してもらった上にサービスもたくさんしていただいて
夕方までは最悪でしたが、最終的にはラッキーで終えることができた一日でした。


ゲイロード 三宮店



関連ランキング:インド料理 | 旧居留地・大丸前駅三宮・花時計前駅貿易センター駅



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2017.11.16 / Top↑