FC2ブログ

2日目もよいお天気で気持ちいい朝です。
メイクをしながらお気に入りの化粧品をプレゼンしあったり。
私は最近の一番のお気に入りアイテムのNARSのチークをパワープッシュしておきました。
とにかく、コレを使い出してから顔の評価があがった気がします。
マレーシアで買ったので日本で買うよりも安かったのも嬉しいポイント。

82741114_3400548326687264_2146270860904759296_n[1]


前日の夜にしっかり計画を立てておいたので
2日目はより真剣にうどんと向き合います。 

83260138_3400548570020573_1908639262538989568_n[1]

ずっとポケットに入れて握り締めていたのでシワシワのメモ。
前日は開店時間や営業時間をしっかり調べずに2軒ぐらいロスしたので
今回はきちんと調べていきます。

83574106_3400548433353920_136611094230728704_n[1]

1日目のスタートは中西うどんから。
太麺でありつつ、固さはそんなになくて、ほどよいモチモチ感。
レモンが乗っているのもレモン好きには嬉しくてたまらない。
これ、1玉なのですが地元の常連さんぽいお兄さんは5玉とか言ってました。
5玉って。すごいなWと思いましたが、ハシゴをしないことを考えると
まぁいけるといえばいけるか。。とKちゃんとも「いける」という結論に。

83163369_3400567813351982_3679426949802885120_n[1]

2軒目は竹清(ちくせい)。
一番行列が多かったのはこの店でした。
タイミング的なこともあるのかもしれませんが。
あと、ここは半熟たまご天発祥の地といわれているそう。
そんなん、絶対食べるし!!という強気の姿勢が感じられる小首の傾げ方の最後尾の私。

83502192_3400548713353892_1901568354800369664_n[1]

後のことを考えてうどんは半玉にしましたが1玉でもよかったぐらいで瞬殺。
ここは無料のトッピングが充実しているのと、温めるときはセルフでお湯に入れます。
10秒程度入れる、と書いてあるのでドキドキしながら10を数えましたよ。
どんなことでも初めての経験は楽しいものです。

そして、次が「三徳」です。
ここはどうしても食べてみたいメニューが私とKちゃんそれぞれにありました。

83522673_3400568056685291_7539815835452309504_n[1]

美しい焼き目を見ると今から振り返ってもおなかがすいてくる…。
餡入り焼き餅うどん。
餡ですよ。あんこが入っているのです。
香川のお雑煮が白味噌に餡餅が入っているというのは知っていましたが、
かつおだしのうどんにも入れちゃうの?!とビックリしました。

82883405_3400567986685298_8463704128781025280_n[1]

けっこうガッツリ入ってる。
そして、どうやって食べるのが正解なのかわからないまま、
普通にだしに浸かったあん餅をほおばります。

あまじょっぱい系。
ナシではないけど、アリでもない。
別々でもええのではないのか。
そう思わずにはいられない私は、まだまだ香川っ子の味覚には近づけていないなと思いました。
調べたところによると、香川の雑煮を年中食べられる店もあるらしいので、
そちらも次回は試してみたいと思います。

83341539_3400567716685325_6309037504460750848_n[1]

こちらはKちゃんがガイドブックを見て食べたかったという
餅入り肉ぶっかけうどん。
これもなかなかのインパクトでしょう?
どんな味なん?!と興味津々。

味はすき焼き的な濃い目の味付け。
うどんと、肉と、餅。言われてみればすき焼きの最後の方です。

だしというより、タレ。私が食べたものとはまったく別モノです。
しかし、大根おろしが乗っているところがさわやかさをプラスですね。
そんなこともあってか、見た目で圧倒されていたのですが、アッサリ完食できた私たち。

82787167_3400548940020536_2254384688212738048_n[1]

まだいける、と向かったのは、おか泉。
ほかのお店が芸能人やミュージシャンのサインが飾ってあるのに対し、
こちらのお店には経営者、アカデミック系のサインが飾ってあるのが印象的でした。
うちはちょっと違いますよ、的な。

釜揚げ天ぷらうどんと、生醤油うどんをシェアすることにしました。

82786115_3400549086687188_5628488683595235328_n[1]

本当はこのあと徳島によって「王王軒」でラーメンを食べて帰ろう、
と言っていたのですが、さすがに胃袋がしんどくなってきたので展望台に寄って
スタート地点の舞子駅に向かいます。

83524275_3400567870018643_8874972274147459072_n[1]

完全にイメージですが、ちょっとアイルランドみたい。
嵐が丘的な。知らんけど。

ちなみに、竹清、おか泉、をそれぞれ店舗で、
それから1時間しか開店していないという
幻のうどん店と言われている「日の出製麺所」のうどんをSAで購入。
胃にうどんグセがついていたのか、泰人さんと2日で食べきりました。
温泉たまごや生卵、天ぷらの準備も忘れませんでしたよ~。

83097502_3400567926685304_8398628837306400768_n[1]

ずっと食べてみたかったおいりソフト。
香川県では結婚式の引き菓子に使われるみたいです。

これはかわいいです。味は素朴で甘さ控えめ。
いろんなかわいいトッピングができそうですね。
まっしろいシフォンケーキにまきちらしたらどうかしら?
いつかやってみたいと思います!

そんな具合でうどんの魅力に再認識、四国が意外と近いということも分かり、
また行ってみたいという気になりました。
父母ヶ浜もとても素敵だったので、再訪したいな~と思っています。


中西うどん


関連ランキング:うどん | 太田駅(高松)



竹清 本店


関連ランキング:うどん | 栗林公園北口駅瓦町駅



手打うどん 三徳


関連ランキング:うどん | 太田駅(高松)元山駅(高松)水田駅



本格手打うどん おか泉


関連ランキング:うどん | 宇多津駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト



2020.01.24 / Top↑
 ちょっとした話の流れから、海外営業部の友達Kちゃんとうどん県に行くことになりました。
(彼女とは英語のクラスが一緒になって以来、姉妹のような仲良しです)
直前まで彼女も私もレポートやなにやらでバタバタしていたので
あまり事前の打ち合わせができないまま出発の日。

舞子駅で待ち合わせです。

83609703_3391913894217374_8738892179608436736_n[1]

すばらしいお天気。
車で橋を渡る爽快感が凄い。
早速楽しい気分です。

「おなかがすいた、朝ごはんは抜いてきた」
という私に
「いきなりうどんを食べたらお腹がしんどくなったらあかんから!」
とクリームパンをくれました。
クリームパンが大好きだという話でさっそく盛り上がる。

82466832_3391913960884034_4388530491368669184_n[1]

香川のガイドブックを4冊も図書館で借りてきてくれました。
(図書館にガイドブックがあるなんて知らなかった!!めちゃ便利ですね)

しかも、私はだいたい行き当たりばったりなのですが
下調べまでしてきてくれていて感激。
おしゃべりをしながらだとあっという間に淡路島と徳島を通過、香川に到着。

早速向かった1軒目は泰人さんが香川在住?出身?の友達から
紹介されて行ってみたらおいしかったですよ!とオススメしてくれた
「麦蔵」(むぎぞう)です。

83679306_3391914054217358_7138588649314058240_n[1]

ここのポイントはなんといっても鶏天。
後ろに並んでいた地元の人からも鶏のやつを食べないとだめだよ!と突然のアドバイス。
モチモチでかなり弾力がある麺は今回振り返ってみて
一番シッカリした麺でした。
みんなが絶賛する鶏天、間違いなくおいしい。
けっこうなボリュームがありますがペロリです。
ここは早速また行きたいですね。

82886426_3391914104217353_4996034550028042240_n[1]

よっしゃ、2軒目いこうか、と移動したのは「池上製麺所」。
「るみばあちゃんの店」として有名になったお店です。
ご本人は不在でしたが、等身大パネルが置いてあります。
とりあえず、撮っとく。

82345141_3391914264217337_5083950176935084032_n[1]

さも、一緒に撮っているかのように撮れました。

83085944_3391921197549977_972445123403055104_n[1]

釜玉うどん。と、ちくわ天。
温泉たまご?生たまご?と聞かれて思わず「温泉たまご」
と答えてしまいましたが、釜玉うどんにおいては生たまごをチョイスするべきでした。
と食べながら思いましたがまぁいいです。
こちらはけっこう緩めの麺です。
私は固い方が好きなので麦蔵の方が好みかな?
店によってこんなに個性があるということにまず驚きです。

この日のメインイベントは「父母ヶ浜」です。
日没時刻に合わせて行くためには少し時間が余ったので
(そういうのもバッチリ調べてくれてた!!)
お茶でもしよか、とケーキ店を調べて行きました。
本当はパフェもしくはカキ氷狙いで行ったのですが、
「今日はパフェお休みなんです~」
とのこと。えぇ。残念!!香川はイチゴも有名なのでイチゴがたっぷり乗った
チーズケーキを選択。

83643201_3389725561102874_6452644623675293696_n[1]

パフェの写真をネットで見る限り、とても美しかったのでまた機会があれば。。
といっても、他にも素敵なカフェがたくさんあるようなので
別のお店にも目移りしてしまいそうです。

海沿いの爽快ドライブロードを抜けると、
父母ヶ浜に到着です。
大きな駐車場がたくさんあるので、車で来ても安心です。
日没までかなり時間がありましたが、けっこうな人数が集まっています。
私たちも早速楽しみます。

この日は本当に天気もよくて、そんなに寒さも感じず、快適でした。
ひとしきり自分たちの写真を撮ってみました。

82855030_3391921387549958_2461750322058493952_n[1]

私は動作が大げさなのでシルエット写真に写るのは得意なようです。
顔を作らなくていいという安心感がありますからねw

干潮の時間に重なると、ボリビアのウユニ塩湖のような写真
(水の上に浮いているように見えるいわゆる鏡写真)が撮れるのですが、
私たちはいつ行ってもそういう写真が撮れる場所だと勘違い。
でも、あーでもない、こーでもない、と撮影していると
プロカメラマンの方が「もうちょっとしたらあっちの方で少し干潟になるから撮れるよ」
と教えてくれました。他の人たちもそのわずかなスペースで撮影を待っていたので
あまり好き勝手はできませんでしたが、一番鏡写真ぽく撮れたのがこちら。

82797160_3391921274216636_5968794979865198592_n[1] 

次回は干潮の時刻も調べて再訪したいと思います。
でも、十分素敵なのが撮れたのではないでしょうか?!
大満足!!と喜ぶ私。Kちゃんもとっても喜んでくれました。

82450636_3391914840883946_5983846611149651968_n[1]

日が落ちてからも地球を感じさせる色合いの変化を楽しめました。

82826443_3391914484217315_7020899235369320448_n[1]

ヴェネチア旅行に続いて、またしてもセルフィー三脚とリモコンが大活躍!!
けっこう遠いところからでも撮影できるのでいちいち人に頼まなくても
景色がたっぷり入った写真を撮影できます。

83086827_3391914544217309_553955557464080384_n[1]

遊びすぎて、すっかり日が落ちてしまいました。
あれっ…。
車がない。

え、どこに停めたっけ??
と探し回る私たち。
ないないないない。行ったり来たりして、最終的に
「こういうときは初心に戻るのが必要やから、来た道を全部戻っていこう」
と逆回転していったら、やっと見つかりました。
本気で真っ暗になると、砂浜は足元をとられて危ないので気をつけてくださいね。

いや~~~、楽しかった!!大満足!!
とテンション高いままホテルに移動です。

ナビに入れた先のホテルが明らかに自分たちが思っていたよりもゴージャス。
ん??と思いつつも名前も間違ってないしなぁ。。
と駐車場に停めて「今日から一泊のNです」とチェックインしようとすると…
何のことはない、すぐ隣にあるセカンドラインの予約でした。

とはいえ、2018年にできたばかりのホテルだったので設備は新しくて快適。
大浴場があったのもポイント高いです。

82698376_3391921480883282_535630181847531520_n[1]

ホントは違う店に行くつもりだったのですが、
まさかの土曜日休業で、こちらの蘭丸へ。
関西に住んでいるからかもしれないですが、香川の方が商売っけがなさすぎて
驚きを隠せません。関西の飲食店で土曜日休むとか、ほぼないでしょう。
骨付鳥の店はいろいろありますが、こちらも人気店です。

82281311_3391921557549941_8379810674322178048_n[1]

まんばのけんちゃん
という郷土料理らしいです。
まんばというのは高菜のことでけんちゃんというのはけんちんのこと。
豆腐と高菜を炒め煮にしたもので、味はあっさり優しい系。
地元感があっていいですね!

83453857_3391921814216582_3694338174311464960_n[1]

お造り盛り合わせ。
お店のおばちゃんがオススメのオリーブハマチが入っていました。
オリーブハマチはオリーブの葉を粉末にしたものをエサに与えられて育った
養殖ハマチです。私はシーフードショーなどの展示会で
いろいろなブランド魚を見て知っているのですが、
オリーブハマチを食べたのは初。
どれもプリプリで新鮮。

82490791_3391921877549909_8847291072485785600_n[1]

人気メニューの豆腐サラダは
ゴマダレと食べるラー油がかかっていて、誰もが好きな味。
これは家でも真似できるサラダメニューなのでさっそくやってみたいですね。
私はこのパターンを半田麺でやることがあります。そちらもオススメ!
無限に食べられますね。。かんたん冷やし坦々麺的な。

84185126_3391921960883234_2612782859907235840_n[1]

生は珍しいから食べとき!とお店の人に薦められた生白子。
吸い込むように食べます。
大好物。あん肝とか、生牡蠣とか、白子とか、チーズとか、蟹味噌とか…
お酒に合いそうなものがとにかく好きですね。

82473358_3391922080883222_3074139424980729856_n[1]

82639565_3391921754216588_1826527326154784768_n[1]

親鳥とひなどりが選べるのでもちろん両方。
お皿の底の脂はキャベツにつけて食べてね、とのこと。

82857419_3391922014216562_3793827681519271936_n[1]

骨付鳥はハサミで一口大に切っていただきます。
一人1鳥ならかぶりついてもいいんだろうけど、わけっこしたいですからね。
少なくとも親鳥は切った方がいい。

骨付鳥はおいしいけれども、どちらかというと
麦蔵のうどんのおいしさがこの日は鮮烈でした。

ホテルの部屋に戻って、大浴場でのんびりお風呂に入ったあとは、
明日の計画です。明日はよりうどんに特化して回ろう、と意見が一致。
朝ごはんにうどん、昼にうどん、おやつにうどん。間食にうどん。
行きたい店がだいたい日曜が休みというのは残念でしたが、
お菓子をつまみながら、しっかり計画をたてて割と早めに就寝。

食べて、仲良しと喋って、寝る。
幸せな生活の基本ですね。

つづく



手打うどん 麦蔵



関連ランキング:うどん | 片原町駅(高松)今橋駅松島二丁目駅



池上製麺所



関連ランキング:うどん | 空港通り駅岡本駅(高松)



クルール



関連ランキング:ケーキ | 本山駅観音寺駅



骨付鳥 蘭丸



関連ランキング:鳥料理 | 片原町駅(高松)瓦町駅高松築港駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★

2020.01.22 / Top↑
先日、京都で母の誕生日をお祝いするランチ会を開催してきました。
参加者は私と妹。久しぶりに女3人で集合です。

選んだお店は「洋食の店みしな」です。
私がエビフライを欲していたから、という単純な理由もあるのですが
私のあまりの絶賛ぷりに母も妹も興味を示してくれていたのです。

79505945_3266722443403187_6867402618948288512_n[1]

初回に来たのはお墓参りのときだったのでヴィシソワーズだったのですが、
季節がふたつ移ろいで(いつの間にか!!ですよ。年々一年が一瞬で過ぎます)
オニオングラタンスープになっていました。
ヴィシソワーズも大好きですが、オニオングラタンスープも大好きなので
夏と冬の最低でも2回は訪問したい店ということになります。

78547914_3266722513403180_8828220468503773184_n[1]

何度見てもパーフェクトな仕上がり。
無駄のない衣、プリプリの食感。レモンに、タルタルソース、
トマトソースが添えられた蟹クリームコロッケも、サイドも何もかも最高。
ほれぼれします。
母も妹も気に入ってくれていたのでよかったです。
次回はビーフシチューをオーダーしてみたいと思いつつも、
私はエビフライが大好きなのでビーフシチューはこのまま頼まないかもしれません。

親子丼がすきなあまり、カツ丼を人生の中でほぼ食べたことがない法則と同じです。
(カツ丼のある店:蕎麦屋さんとか。にはだいたい親子丼がありますから)
結婚してからカツ丼の専門店とかに行くことも数回ありましたが、
親子丼がとにかく好きなのですよ。

それと同じことで、ビーフシチューがあってもエビフライと蟹クリームコロッケのコンビが
相手だと、どうしてもミックスフライの方を選んでしまうのが私です。

79672320_3266722606736504_8533100866025029632_n[1]

〆はお茶漬けなのですが、普通にご飯としていただきました。
お漬物や佃煮のバリエーションもあって最後まで楽しめます。
京都らしい演出ですね。
お漬物がたくさん出てくるお店、といえば昔、
旧居留地オリエンタルホテルの前身のオリエンタルホテルのカレーに出てくる
薬味がそれはもう、薬味ビュッフェ?ってほどのインパクトで
私は子供心に「全部試してみよう」という食に対する好奇心がすでに芽生えていたことを
懐かしく思い出します。

イケてる神戸っ子だった祖父がよく連れていってくれました。
今、生きていたらきっと私と気が合っていたであろうと思われる
豪快な遊び人エピソードを数多く残す人です。
何人も囲っている女がいたとか、家の庭で知らない女とキスしてたのを
祖母が見つけて追い掛け回した、とか面白話が多数。
というような話を母と妹としながらイノダコーヒーに移動。

80834041_3266722710069827_2975575629254098944_n[1]

フロート。ちょうどいいデザートになりました。
お留守番をしている父と弟にはとらやの羊羹を、
泰人さんにはあじゃり餅をお土産に買って、夕方頃に解散。
また定期的に集まろう!と久しぶりの女子会…いや婦人会は無事に終了しました。

79196387_3266722796736485_1264366865031888896_n[1]

イノダコーヒー、窓側の席からの眺めで紅葉も楽しめて得した気分。


洋食の店 みしな


関連ランキング:洋食 | 祇園四条駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2019.12.17 / Top↑