fc2ブログ

 着いてからドイツ料理しか食べていなかったので
そろそろドイツじゃないものが食べたくなってきました。

そんな時、メキシコ!またはベトナム!または飲茶!
と思ったのですがなぜだかこの日は結局10名ぐらいが集合。
「メキシコ料理に行きたい」と言い張る私に「僕らは何でもいいんで…笑」
と合わせて移動してきてくれましたが、10名グループなんて
予約なしではだいたい無理ですからね。

お目当てのメキシコ料理の店は
「ごめん、無理ですねぇ。。テラスなら行けるけど雨やし」
とのことでした。
雨のテラス席はちょっと、というか普通に無理やと思いますが
なぜか一人雨のテラス席でメキシカンを堪能しているオッサンがいました。
不思議(笑)

ベトナムは?と仲良しのT氏にこそっと聞いてみると
「パクチー祭になるからイヤです」とのこと。
そうだった、T氏はパクチー苦手なんだった。

そしたら飲茶か…と思ったのですが、メキシコ料理のほとんど斜向かいに
ブラジル料理の大箱ぽい店があるではありませんか。

よっしゃ、ここ行ってみよう。と雨の中10人をまたどこかへ
連れて行くのは忍びない…と早めの決断です。

347636106_256006170334464_4174295067009917003_n.jpg

10名でもすんなり入れたので良かった。
むしろ、ここしかなかったんじゃないか、
というぐらいのピッタリ席に案内してもらえました。

一般的なブラジル料理店と同じ仕組みなようで、サラダバーがあって
そのあとはシュラスコです。次々やってくる無限肉。
飲み物代は別途かかります。

347446067_766606475111846_5618998567274806610_n.jpg

ブラジルと言えば、のフェジョアーダ。
コレ、10人もいると苦手な人もいたかもしれませんが
欲しくない場合は「いらない」で済みますからね。
骨付き鶏肉、美味しかったです。

お喋りに夢中になって、途中から一切写真がないのですが、
あらゆる部位の肉が出てきました。
そして、私の大好きな焼パイナップルも出てきたので軽く興奮。
みんなに「コレ、めちゃ美味しいねん。むしろコレが一番好きやわ」と語ります。
「えっwこんなに肉が出てきてコレが一番なんですか?!」と後輩に聞かれますが
大量の焼パイナップルと中量の焼チーズとちょっと鶏肉でもいいぐらい。

私は割と早々に肉をギブアップし、デザートゾーンに移りましたが
デザートにもパイナップルが多用されていたので積極的に頂いておきました。
喉が渇いていたのでバージンモヒートを2杯。
とても美味しくてスッキリ。とにかくミントが好きですね。

一人あたり55€(約8000円)ぐらいだったと思うのでまぁまぁ高級ディナーですが
ちょっと毛色の違うものを食べることができたので
みんなも満足度が高かったようです。

347639709_727078482547446_740994244353782086_n.jpg

翌日の朝。
土曜日の朝だけは市が出ています。
おつかいに出てきている小さな子供たちやおばあさんが持っている
絵本に出てくるようなバスケットがカワイイ。
本当にあんなんで買い物するんだ!!!という世界ですよ。
こういうの。

AdobeStock_361750076 (1)

さすがに頭巾はかぶっていないですが、リアルにこんな感じでビックリです。
(画像はイメージです)
最初に見たのはおばあちゃんがこういうカゴにチェックの布を敷いて
使っていたパターンだったので「へえ!高齢者の方は今でもこういうスタイルなのか」
と思っていたのですが、見るからに天使みたいな子供たちが
兄妹そろって小さいカゴを持って、あいている方の手を繋いで
トコトコとやってくるのを見たときに
「ドイツゥゥゥゥ!!!」と唸ってしまいました。

346809449_182583461038758_4303303342969927758_n.jpg

新鮮な野菜のテントもあれば、お花だけを扱っているテントもありました。
フランスもこんな感じだったことを思い出しました。
1週間のうちにこの場所にマルシェが出ていたのは土曜日の朝だけでした。

スーパーで見かけるよりもかなり立派なシュパーゲルが売っていたので
買いたい気持ちになりましたが、最近は検疫が厳しいのでね…。

346479284_1145748350161024_3417128439068713161_n.jpg

仕事場の会場に到着すると「コレ食べる~?ドイツのやつじゃないけどな」と
ドイツの社員が愉快な感じのパッケージに入った
キノコの山の類似品を差し出してくれました。
多分、お客さんがサンプルとして持ってきたと思われますが、
面白いので写真を撮らせてもらっていると
「これ、多分リトアニアのお菓子やな」と教えてくれました。
「日本にも似たやつがある」と言って見せると「おんなじやん!」と
ちょっと盛り上がりました。
ちなみに、この「LINKSMUCIAI」は「FUNNY MUSHROOMS」
と訳されるようです。(メーカーHPの英語版を見た)

どっちが先なんでしょうね?
HPを探りましたが商品の発売歴史などは見つけることができず…
日本版「きのこの山」は1975年発売だそうですよ。
アポロにビスケットをつけよう、というのが商品化のきっかけだったとのこと。
ということは後発品ではなさそうですね。

リトアニアなので返事が来るかどうかは分かりませんが一応問合せ中です。
(気になったらすぐ調べる派)
ちなみにFUNNY MUSHROOMSはミルクチョコ味の他、
イチゴ味、ホワイトチョコ味、バナナ味、がラインナップされています。
それはそれで美味しそう。

そんな風に楽しい会話も織り交ぜながら1日を過ごしたのですが、
やっぱり英語をずっと話していると頭を普段より使うのか、
めちゃくちゃ疲れてくるんですよね。
今日は気を遣わず積極的に話さなくてもいい環境で食べたい…と思ったので
少人数で食べることにしました。

とはいえ、結局何を食べたいかと考えるとメット(豚の生肉)が食べたいんですよ。
あれこそドイツでしか食べられない料理。
また同じ店にやってきました。(今回2回目)

347837495_278457027941750_463795314225129661_n.jpg

2人ですが、3人前のメットを1.5ずつ食べることにしました。
結局コレがあれば満足。
むしろ、コレがないとドイツに来た意味がないぐらい。

347115324_1673871446377103_465533683441149747_n.jpg

そしてグラーシュ。
ちょっとスパイシーなスープですがこれも私がドイツ料理の中で
メットと並ぶほど好きなものです。
ドイツに限らずハンガリーなどでも同じスープがあるようです。
中にはたっぷり肉や野菜が入っています。

ところで、この店は少人数で入ることもできるのですが、高確率で相席なんですね。
結局、超親日家のドイツ女子会と相席になり…
結果めちゃくちゃお喋りすることになりました。
それはそれで楽しいんですけどね!

「お好み焼きとあんこと餅が好きぃーーー!!」
「奈良の鹿カワイイーー!!」
「バックパックだけで行ったのにスーツケース買い足してしもたわw」
「日本、カワイイもん多すぎてヤバい!!」
「この前行ったとこやけど、来年も私たち行くねんけど、どこ行ったらいいと思う?」
と盛りあがる私たち。

寿司とか生魚食べれるなら、北海道も楽しいよ、とか
京都や奈良に行ったのなら、次は金沢とかどう、とか。
あと、私は日本食のストリートフードの中だとたこ焼きが好きやw
和菓子は作る体験ができるところもあるから行ってみ?
という情報もお知らせしておきました。

それにしてもお好み焼きとあんこと餅が好きとか、
なかなかのツウですよね。

そして、私たちのオーダーを見ても彼女たちは褒めてくれました。
「ナイスチョイス★」と。
ドイツ人にドイツ料理の正しいオーダーとは何かをここで
聞くことができるとは思いもよりませんでしたが、
やっぱりアイスバインなどはめったに食べないらしい。
「あんなんお腹いっぱいになるやん(笑)」とのこと。

ただ、彼女たちはビールを浴びるように飲む!!
部活の中学生の麦茶かのように飲む。
つまみにメットを時々かじりながらビールを飲みまくっていました。

346962719_639303164735081_47907814293025528_n.jpg

お腹いっぱいなのに、気になっていたリンゴケーキ(メニューにないもの)を追加した私。
結果、コレはそんなめちゃくちゃ美味しいものではなかったので
餅は餅屋、と言いますかケーキはケーキ屋さんで食べた方がいいんでしょうね。
だって、先ほど華麗に帰って行った相席女子たちはコレを頼んでなかったもの。

こういうように、現地の人がどういう飲み方、食べ方をしているかを
同じテーブルで観察できたのは面白い経験でした。

続く



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.05.29 / Top↑
 いたって普通の内容ですが、ヨーロッパの朝ごはんはこういうのが美味しいですね!
パンとか、チーズとか、ハムとか。
普通のものが美味しい幸せ!!

特に今回滞在していたホテルの朝ごはんの中で私が気に入って
毎日大量に摂取していたのがサーモンです。
場所的にノルウェー産のサーモンが手軽に手に入るのではないでしょうか。

身が厚くて、クセがなくて、爽やかです。
ホースラディッシュのソースがピリ辛で病みつきです。
347437561_6293465274104238_8787703370769641525_n.jpg

どのような場合でもその場にあるものを組み合わせて
新しいメニューを作るのが好きなのですが、
今回はホットレモネードが大活躍でした。レモンが大量に置いてあったので
遠慮なく使わせていただきました。
(この日はまだ控えめですが、だんだん量が増えていった)
蜂蜜も3種類用意されていて、毎日違う種類にしてみました。

さて、せっせと働いていたところ、社内のおじいちゃん的な存在が
「今日、アメリカのマーケティングの子と一緒に食事にいこか」
と声をかけてくれました。
車に乗れるのが4人までということだったのであと一人を探してくれ、とのこと。
ただし、女子3と自分1はしんどいから男性希望とのこと。
まぁ、そういうこともありますね。

泰人さんもよく意図せず多くなってしまった女子の集まりに
「来る?」と聞くと「行かない」と即答します。
そういう心理なのかもしれません。

今回の出張メンバーの中に数人いる仲良しの男子は
この日は同じ部署での食事会があるから無理とのこと…
じゃあどうしたらいいんだ…

と、その日たまたま喋っていたフランスからの営業担当者に
「今日ごはんどうする予定?」と聞きにいきました。
こういうのをザクザクいけるのは自分でもありがたい性格だと思います。
そういうワケで、フランス、アメリカ、日本の合同プチお食事会が開催決定。

347567275_1184181048808574_6081654022251003068_n.jpg

こちらは2017年にも来た郊外のレストランというか、
宿泊施設もあるオーベルジュ的な施設です。
おとぎ話のような雰囲気でカワイイお店です。

347435555_817529712542954_6923965825554727377_n.jpg

鹿の角や剥製が木の梁と相俟ってカントリーハウスの雰囲気を盛り上げます。
いくつかのゾーンに分かれていて、私たちはテラスが見える窓際の席でした。

346884775_991036342253445_3592813410019395843_n.jpg

前菜にシュパーゲルのスープ。
横についているのはサーモンのカナッペ。

346990261_2274579219415428_4410570540373448269_n.jpg

またシュパーゲルとシュニッツェルですが、
ワタシ的にもここへ来たらコレを食べないとね…
という感じだったので他のものを選ぶ余地なしでした。

そして、昨日あまり眠れていなかったことで、ものすごく眠い。
お腹がいっぱいになったら当然眠くなるのですが、
さらに問題は会話が英語なんですよね…。
お喋りするのは好きですが、そんな流暢でないのでね。
しんどいワケですよ。
自国の食文化、特にBIO系の食材の調達は貧困層にとっては
とても難しい問題だ、というような話題の部分は
好きな種類の話題だったので積極的に参加できましたが、
他はもはや何の話をしていたかもうっすらしか覚えていません。

最終的に「眠い!!」と言い出す始末でしたが、みんな優しく接してくれました。
ところで、「ドイツ料理における正しいオーダーとは何か」を考える必要があると
初日のドイツ料理で痛感した私ですが、
今回のメニューですらちょっとしんどかったですね。
おそらく、3日連続のホワイトアスパラ、似たようなものばかり食べていることで
飽きてきたというのもあるのでしょうが、シュニッツェルが
そんなに好きではないのかもですね。

何でも研究したり調べたりするのが好きなので、
今回の旅において、もちろんまだまだ研究しますよ。

ここでいきなりなんですが…
4月の中旬頃から医療ダイエットをしています。
食べる量が「のりわるww」っていうレベルに減っている気がします。
(あくまでも食欲を一時的に抑えているだけ)

開始して1か月ですがろくに運動せず、
お菓子や麺も食べているのに4キロ痩せたので効いているんだと思います。
こちらの情報はまたセルフ臨床試験の結果を書きますね。

続く



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.05.25 / Top↑
この日は最終設営日だったので比較的早く終わることができました。
仲良しのメンバーで「お茶でも行く?」と街へ繰り出すことにしました。

347602011_1408051719765244_8158952981188853448_n.jpg  

繰り出した先で普通にこんな風景と出会うことができるのは贅沢です。
色々な動物がいて、ライン川沿いでは羊の放牧がされている場合もあります。

347096012_537700015241761_6180742708629187745_n.jpg

多分今日ぐらいしかチャンスがないから、と同行してもらった
ハイネマンカフェ。焦って撮ったのでイマイチ可愛さが伝わりませんが
何がカワイイって、制服がカワイイ。
ザ★メイド服みたいな…。
ただし着ているのは年齢層かなり高めのドイツ女子です。

2017年に来た時は後輩女子と「炭水化物イン炭水化物」のハイネマンパイを食べ、
2019年に一人で来た時には「ミルク粥」の洗礼を受けました。

初めてドイツにやってきたのは2014年ですが、その時は1階の
物販スペースしか行かなかったので2階にこんな空間が広がっているとは
知りませんでした。

348871636_3371103516488207_131490485157688997_n.jpg

この人たち、遠目で見ると本当に人間だと思っていたのですが
謎な位置に飾られているマネキンです。変過ぎるw

347559195_798191704982767_235175214452998240_n.jpg

今回はミルク粥以外を頼む強い気持ちでやってきました。
他にも色々美味しそうなものはたくさんあるのですが、
今日は甘いものを食べたかったのでデザートゾーンから選択。

食べもののメニューだけは割とすぐ現地語のメニューでもどんなものか
解読できるようになるのが私の特技のひとつだと思います。

リンゴケーキと迷いましたが、チョコが美味しい店なので
チョコの入ったものを食べなくては!という気持ちでクレープを選択。

347002442_3496620503927629_6366520696275014392_n.jpg

「チョコ屋さんだからね、チョコの味のものにしたらいいと思うんだ!」と熱く語る私に
他の2人も「じゃあ僕らも同じものにしようかな!」と賛同してくれました。

347406444_916284662985685_5552200147823127418_n.jpg

これは、なかなかのとんでもない美味しさでした。
大成功。
通常私は生クリームが苦手なのですが軽やかで全然しつこくない。
どの生クリームもこんなんだったらウェルカムなのに。
チョコアイスとバニラアイスもそれぞれ何もせずとも大満足の味わいなのですが、
横に添えられていたホットチョコレートソースを都度都度ピャッとかけて楽しみます。
このソースがまた素晴らしい。

クレープが主役の一皿のはずですが、
やはりチョコレートの美味しさが際立っていました。

ふぅ~、満足満足。と満たされた気持ちになったので
運動がてら旧市街の方に歩いていきました。

クレープとアイス(加えて私は炭酸飲料を飲んでいた)が胃袋を満タンにしていたので、
あまりお腹はすいていませんでしたが、ライン川沿いのテラスレストラン群が
とてもいい雰囲気で楽しそうで思わず足を止めました。

346982499_1420681408731251_7740571409492151144_n.jpg

ドイツって日常的にこういう感じなんですかね。
冬はクリスマスヒュッテでホットワインやカマンベールチーズの揚げたやつを
外でハフハフ言いながら食べてさ。
夏は川沿いのテラス席でアルトビアーとシュパーゲル…。

外国人から見た日本も桜の下で日本酒を楽しみ、冬は温泉で日本酒を楽しみ…
っていう感じのイメージなのかもしれませんが。

人間の気持ちの豊かさってこういう瞬間から来ているに違いない、と思う私でした。
せっかくドイツ出張に来たからには、この雰囲気を楽しみたいので
今日はこのテラスで夜ご飯を楽しむことに決定。

346832272_1943858482629077_4251441795748402784_n.jpg

塩辛めのソーセージとソース、ザワークラウトにマッシュポテト。
「こういうのでいいんだよ~」と孤独のグルメ風に心の中でつぶやきます。

この日一緒に行っていたメンバーのうちの一人は初ドイツで、
シュパーゲルをまだ食べていないということだったので
「そしたらコレはとりあえず頼もう」と追加注文しました。

347555379_1439421163509716_6213122920534071612_n.jpg

素朴な初夏の風味。
昨日も食べましたが、いいのです。
シュニッツェルやアイスバインを頼まなければシュパーゲルは無限にいけます。

これらの2皿を3人でシェアしつつ、男子二人はビールやウィスキーなどを堪能。
その間、私は何を飲んでいたかというとですね。

346839846_266940175712454_5005794793269548836_n.jpg

好物のミントティーです。
こちらのお店はフレッシュミントで出てきたので嬉しい限り。
誰もこんなん飲んでなかったですが、美味しいので好きですよ。

346277668_1290434185218855_7010067864921942143_n.jpg

居心地がよく、楽しい時間だったので、すっかり日が沈むまで
長居してしまいました。
夜になると寒さをしのげるようにをカバーとヒーターをつけてくれます。

346823979_1401087527292500_4920004354395177866_n.jpg

月夜の雰囲気も素敵ですね!
早く暗くならないというのはなんだかとても得した気持ちになるので
ヨーロッパの夏が好きです。

今日一日の写真をラインで交換しあったりして、
ホテルの部屋に戻ったあとも余韻を楽しむことができました。

いよいよ明日からは展示会がスタートです。
とにかくできることは全部やって頑張ろう、というポジティブな気持ちで眠りにつきました。

…ところが、寝られないんですよ。
まだ到着2日目ですからね。時差が完全に調整できていないのか、
やっと寝れたと思っても浅いのか夜中に何度も起きる起きる…。

ドイツにいることを(おそらく)知らない?
友人からの夜中3時着のメッセージ連投も。
開いたらダメだ、開いたらダメだ…と自分に言い聞かすも、
何か大変な出来事をお知らせする内容だったらどうしよう…
と思うと、もう寝られない…。
元々眠りが浅いタイプなので気になることなどがあると眠れなくなります。

結局数十分間やり取りをして、睡眠時間は十分と言えないまま
朝ごはんタイムを迎える私でしたが、
「今こっち夜の3時やからさ…ちょっと別の時に返すね…」
と言い出せないのはダメなところだと自覚していますが、
さすがに毎日この時間に起きてしまうのはしんどいのでお知らせミュートを採用。

続く



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.05.24 / Top↑