fc2ブログ

 3年に1度の展示会がドイツで開催されました。
直前まで動画や最終調整の準備に追われていましたが、
出発の日を迎えたからにはどうしようもありません。

あとは体調を崩さないようにだけ気を付けて最後までやりきることです。

346873085_178274331509079_123407581542261755_n.jpg

やる気と不安が感じられるスーツケースのポケット部分。
絶対に足腰が痛くなるのと、5/1の出発から12日の帰国までの間に
胃の調子が悪くなる気がするのでフェイタスとマイレモン持参です。

346977923_936327667707556_6087344639632466615_n.jpg

MKタクシーの乗り合いサービスがなくなってしまったので、
海外へ行く際は三宮に出てバスに乗る必要があります。
どしゃ降りの大雨だったので、ベチャベチャになりました。
展示会は始まっていないのにもう疲れた…と心の中でつぶやきます。

久しぶりのエミレーツ深夜便。
関空は本当に残念な雰囲気ですね。
深夜便利用者にとってはまともに食べるところすらありません。

という私のネガティブな気持ちが通じたのか、初回の機内食が大当たりです。

347798950_261741296366552_2836836150208123523_n.jpg

えっ、ていうほど大きいハンバーグです。
私のブログを読んでいただいている方はご存じのことと思いますが
何でもパンにはさんで食べるのが私流、機内食の楽しみ方です。

347438674_262827442863075_4128165164464344745_n.jpg

これまでにこれほどパンに挟む最適品が機内食で出たことがあったでしょうか。
イヤない。

しかもこのハンバーグ、フワフワで美味しいのでびっくりですよ。
これからドイツに行くにあたってバーグをたくさん食べることになるのでしょうが、
このハードな旅のスタートを飾るには十分な内容でした。

347113211_2419050534917965_6241193761884613188_n.jpg

久しぶりのドバイ!ウロウロしたい気持ちもやまやまですが、
疲れていたのと、海外営業チーム数人と合流したのでラウンジでお喋り。
メイクがヨレヨレなのであまり見ないでほしい…と思いつつ、
関空のラウンジとは段違いの内容の朝ごはんを楽しみました。

さっきラウンジでわりとたらふく食べたクセに、
ドバイ発便の機内食もガッツリいただきます。

347610238_592396059537860_3721090799432742907_n.jpg

チーズオムレツと何かの芋のコロッケと豆です。
チーズオムレツと言っても、トローン、デローン、
となっているわけではないのでアッサリ目でした。
これも挟みます。

この便は10時間のフライトなのでおやつも登場します。

346277845_1335687334011991_4577924744049656638_n.jpg

パニーニ。
こっちのチーズは熱々でデローンとなっていましたし、
自ら挟むまでもなく私の好みの軽いパンに挟まっていたので大満足です。
むしろ、こういうのだけでいいんですけどね。
(+コーンスープまたはトマトスープなどがあったら100点)

347023897_612222314190208_5510025580965902203_n.jpg

ミートボール的な。
これはちょっと挟みにくいのでそのまま食べました。
人の服の上に落としたりしたら最悪ですからね。

いつも心配するスーツケースが出てこない問題もすんなり回避し、
華麗に入国をキメることができました。

346643356_628760705825947_5018133414667758710_n.jpg

初めて利用するホテルですが既視感が凄いのは、
同じグループのホテルだからです。
いつも利用するホテルはなんと、ウクライナの難民ステイ先になっていて
利用不可だったのでグループホテルに変更となりました。
日本に住んでいるのとは緊迫感が全然違うんだなと肌で感じた出来事でした。

347245930_628748865973023_5837586104538600229_n.jpg

バスタブがついていないと聞いていましたが、ゴロンと横になれるような
縦横幅の広いバスタブがついていて嬉しい限り。
長期の展示会出張では体中が痛くなるので、バスタブはないと困るのです。

それでも、ヨーロッパのホテルはバスタブなしの部屋もけっこうあるので、
前々回の2017年の出張は私もバスタブなしの部屋に当たったことがあります。
同僚同士でロビーに集まって「部屋にバスタブがあった!!」「ボクもあった!!」
と喜びを分かち合いました。

347629634_170492235978040_8653896555942838578_n.jpg

お部屋からの眺め。16時ぐらいですがとても気持ちがいいい。
一休みすると、お出かけしたくなったのでいそいそと出かけていきます。

役員の方はもうちょっといいホテルに滞在されるので、
「ちょっとブラブラしましょうか」と先ほど空港で話していた役員の方をお迎えに
別のホテルまでいきます。20分ぐらいの道のりですが、散策を兼ねて徒歩を選択。

ゆっくりデュッセルドルフを歩いたことがない、と仰ってられたのでかんたんにご案内。
(て、私も大して詳しくはないですが前回の2019年の12月頃に
クリスマスヒュッテが楽しすぎて夜中歩き回って少しは土地勘を得ていた)
【クリスマスヒュッテを堪能した時の記事はこちら】

346974222_1388869735292112_3043134355514310002_n.jpg

ドイツ美女が誰かと待ち合わせの図。

2時間ほどひたすら歩き回って、街の様子や
「社長が来られた場合に泊まるのはここです」
「ここのお菓子は絶対に買って帰った方がいいです」
「ここのレストラン美味しかったです」
といったザックリな説明をしました。

そうこうしている間にすでに到着しているチームからも連絡が入り、
5名ほどが集まったので一緒にディナーをとることにしました。
超有名店「シューマッハ」です。

346986679_3614490188788054_8565728903009202298_n.jpg

これこれぇ!メット。豚の生肉、焼いていないハンバーグ的なもの(4名分)です。
初めて来たときからコレの美味しさに驚き、大好きなドイツ料理のひとつです。
豚の生肉、と聞くと大概の人は「うっ」という反応を示されますが、
厳しく法令管理されていて安心して食べることができます。
とにかく私は大好きなので、むしろコレだけでもいいぐらい。

風味的にはネギトロ的な感じですが、豚の脂は含まれていません。
肉とシンプルな調味料のみ。
このシンプル直球な感じがいいんですよね。

347012211_179271848063756_6154569526935478574_n.jpg

歩き回って寒かったので私だけスープを頼みました。
この時期旬のホワイトアスパラ(シュパーゲル)のスープです。

346636150_1326017421666237_6096520934286303235_n.jpg

コレな…という気持ちになりますが滞在中一回は見ておきたい風景。
シュバイネハクセ盛り合わせセット。全部盛り的なやつです。
ドイツ料理といえばコレを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

347827086_941398693745677_3183681763376842722_n.jpg

奥の方に写っている黄色いお皿はマッシュポテト、
手前のふたつはザワークラウトとベイクドポテト。
重たい付け合わせが多すぎるので、日本人の胃にはキツイと言って間違いないでしょう。

しかもコレも誰かが頼んでいたようです。

346277825_3581147542206223_7778173547533172982_n.jpg

シュニッツェル。(カツレツ)
しかも、このシュニッツェルはオーダーが抜けていたようで
テーブルにやってくるまでに、えらく時間が開いたのです。
「もういらないからキャンセルしたいんやけど…」と
言いに行く役まで与えられ、フラフラでしたが
「5分待って!!今作ってるんやわ!」との返答。
(いや、作ってるんやったら仕方ないですけれども、胃的にみんないらんのやわ…)
と心の中でゲッソリした気持ちになります。

厨房のカウンターからテーブルに戻るまでの気が重いことといったらもう…。
「キャンセルできた?」と皆さんに聞かれ
「もう作ってるねんて、ハハ」と言ったときに漂う絶望感。
私の乾いた笑いに静かに下を向いた若者もいました。
「若いんだから食べなよ」とか言うのはよくないですね。
胃袋の広さに老いも若きも関係ありません。

結局、ダークホース的に私よりも少し年下のエレガントな風貌の
男性社員が「ボクがいただきましょう」とシュニッツェルを撃破していました。
ドイツ料理において、正しいオーダーとは何か。
を考えることを今回の旅のテーマとしたいと思いました。

続く



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.05.23 / Top↑
 マレーシアの空港はけっこう広いのでお目当ての店が
違うターミナルにあったりします。
早く着きすぎて暇だったので、別に欲しくないブランド店の中にも入っていき
「ちょっと見せて」と掘り出し物がないか確認します。

316417773_8348585121883535_2983602553464098899_n.jpg

はっ!!また大好きなBOOST(オーストラリアのジュースチェーン)を発見しましたよ!
こんなにウロウロすることがなかったので知らなかった。
もう、次回からは飲み物に困ることはないでしょう。
BOOST一択です。それぐらい好きなのです。

搭乗時刻になったはずなのでゲートに向かいました。

317657651_8348584918550222_9035160539838074390_n.jpg

なんなん?ていうぐらい長蛇の列。
しかも進まない。
まぁ、そのうちなんとかなるでしょう。
と思っていたら15分の遅延→40分の遅延→90分の遅延
とどんどん出発時間が遅れていきます。

心配なのはシンガポールから日本へ行く便の乗り継ぎ時刻です。
私はたしか4時間ほどあったのでまだ大丈夫だろう、という気持ちでしたが
成田へ向かう人はもともとタイトなスケジュールだったようで、
乗り継ぎ失敗確定というような状況でした。

夜中だったのでけっこうみんな怒ったり、子供が泣き出したり、
殺伐とした空気になってきました。
私の予定では夜の10時半ぐらいの便でシンガポールに入り、
夜中の1時ぐらいの便で関空に帰る予定だったので、
ちょうど眠くなる時間帯を組んでたのですけど、乗り継ぎに失敗したら
また色々起きて頑張らないといけないのでは…と思うと
待ってる間からウンザリした気分になってきました。

エールフランスでゲートが完全に閉まっていて「TOO LATE」と
吐き捨てるように言われたことを思い出しました。

とはいえ、結局90分待って無事にシンガポール行きの便に乗ることができ、
今度はシンガポールのチャンギ空港で歩き回ります。
会社を2日休んで遊びにきたので、お土産を買わなくては申し訳ない…と
お土産コーナーを探し回ります。

318002467_8348584685216912_7080239879558798122_n.jpg

BACHA COFFEEの店舗がカワイイ!
TWGと経営元が同じということで、どことなく同じ香りがしますが
置いているものはまた違っていて楽しい限り。

私はミラノモーニングという名前だけで選んだコーヒーと
甘くていい香りだったブルーダニューヴ(ドナウ)を自分用のお土産に買いました。
あとはクッキーやキャラメルなどのパッケージがカワイイものをいくつか購入。

とりあえずお土産を確保したので…安心。
なかなかちょうどいいものが見つからなくて焦っているときは
日本のお土産システム、なくなればいいのに、と思うこともありますが
選ぶときは楽しいので本気で選んでいます。
たまに失敗もするけれども。

317649002_8348584378550276_9153626531329945714_n.jpg

行きと同じ空港ラウンジで夜食です。
ミートスパゲティとパニールパコラとバターチキンカレーがあったので
スパゲッティにカレーをかけて食べました。
即席インデアンスパです。

そして、なんでもあるものをアレンジして新しい食べ物を作りたい人なので、
マッシュルームスープにカレーを入れてカレー味にして食べました。
コレがとても美味しかった。
周りにいた人には「えっ!????」という
顔で見られましたが、その反応もまた面白いので好きです。
(そんなビックリした顔で見たけど絶対あとでコッソリやってみるだろ?)
と心の中で思います。

結局シンガポールから関空行きの便も遅延になり、
何時間もムダにした感じになってしまいました。

さらに、エコノミーなので仕方がないのですが席運が悪かった…。
やたら小さいキッズが多いエリアにあたってしまいました。
普段なら通路側にするのに今回は窓際を選んでしまい、
暗闇に光るミニオンズの映画がどうやっても視界に入ってくる状況。
隣の坊やはイヤホンコードを繋いだまま寝てしまったので
トイレに行きたくても出ることができない。
通路側に座っていたお父さんがトイレに行ったタイミングで
「私もトイレ行きたい!!!」と言うしかありません。
つらい…トイレ行きたい…という気持ちで4時間ぐらい過ごしました。
後ろの席の女の子はずっと咳をしていてなんだかイヤな予感もします。

帰りの便では「chicken rice」または「fried rice」だったので
アジア系のチキンライスまたは日本のケチャップ味のものを想像して
「チキンライス」を選択したのですが、全然違うものがきました。

317933403_8348584241883623_2562226852658862859_n_20221221081512a26.jpg

ああ、これな…このチキンライスな…(鶏の照り焼き丼的な)
と悲しい気持ちになります。
こんなんやったらチャーハンにしたらよかった。

そんな苦痛の時間を経てどうにか関空に到着しました。
日曜の朝の8時半。変に空港の中をむだに歩き回らされますが、
コロナのチェックなどはなく、ワクチン接種証明ができればOKという感じでした。
(いい加減なもんやな…)と思いながら入国審査を済ませ、税関を通り、
無事三宮行きのバスに乗ることができました。

ホント、早く家まで送ってくれる乗り合いMKタクシー復活してくれないですかね?
アレさえあればもっと楽なのに。
バスで三宮まで行くのと500円しか違わないというのもポイント高い。
結局三宮から芦屋まで電車に乗って、そのあとタクシーに乗りますからね。
トータルで考えるとMKの方が安いのです。

やっと芦屋に着いたと思ったら、タクシーがなぜか長蛇の列。
並ぶ時間帯ではなかろうに。と思い、並ぶ時間がイヤだったのと
ちょうど12時だったのでランチを食べました。

317986355_8348584055216975_321852317787148937_n.jpg

日本、というか関西に帰ってきた感がある
「インデアンカレー」のハヤシライスです。
毎回本当はパスタも食べたいぐらいですが、すでにこの数日で
かなり太った気がするので1つにとどめておきました。

久しぶりの日本の白いお米を見て、「白すぎへん?」と思ってしまうのは
数日間とはいえ海外を満喫してきた証…ということでしょうか。

そして、早速次の日から元気いっぱい出社したのですが…
3日目に突然発熱。思わぬお土産をゲットしてきていたようです。
やっぱり知らない間に疲れて免疫力が下がっていたのかもしれないですね。
皆さんも旅行後のホッと一息のタイミングにはご注意を。

おしまい。



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2022.12.21 / Top↑
ちょっと動いたので、お腹がすいてきました。
マレーシアご当地カレーのうちのひとつに
「フィッシュヘッドカレー」というものがあります。
ちょっと、東南アジアの魚とかハードル高そうだと思っていたのですが
前回食べた「魚丸湯麺」が美味しかったので
↑漢字の雰囲気でどういうものか察しがつくのが漢字圏の好きなところ。
偏見をとっぱらい、何でも食べてみることにしました。

317841458_8348584951883552_1317964631852736617_n.jpg

調べてやってきました。WONG SENG KITCHENというところです。
コレがフィッシュヘッドカレー!!
ヘッドや内臓がガッツリ入っている変わったものを想像していましたが、
普通にヘッドと魚の身がゴロゴロ入った美味しいカレーでした。
思っていたよりも辛みは強くて、タイカレーに近い雰囲気ですが
タイのカレーとはまた違って中華で出てくるカレーに南国風味を足したような感じ。
白米と一緒にいただきましたが、麺を入れても美味しそうだなあと思いました。

この鍋の量がけっこうあって、途中で飽きてきましたが
ちゃんと最後までいただきました。

魚の種類は何なんでしょうね?アッサリした白身の魚でした。
コレもグルーパー?と思いましたがあれほどゼラチン質が
感じられなかったので違う種類の魚かもしれません。

318490360_8348585331883514_7754838035315337812_n.jpg

レストランのすぐ前の通りに屋台ストリートが出ていたので端から端まで散策します。
この時点では腰の痛みはまだあったものの、けっこうマシになってきている、と
自分に言い聞かせてひとつひとつ見学します。

317810014_8348585485216832_5954712534450801971_n.jpg

チャークイティオ!!
漢字で書くとチャークイティオはコレなのです。
条というのが長く伸ばしたもの、的な意味らしい。
なるほど、だから「油条」(肉骨茶を食べた時に出されたチュロスみたいなやつ)も
条なわけですね。納得納得。
こうやって実体験を元に色々知識を得ていくのが好きです。
そうすると忘れっぽい私でもさすがに忘れにくい。

318407544_8348585688550145_8349894198050189170_n.jpg

マレーシア旅行前に受けたオンライン料理教室でも
チャークイティオはこの火力で作るからこそ、の屋台料理だという話を聞いたので
本物のチャークイティオを目の前にして感激です。
しかも、このお兄さんのプロフェッショナルっぷりが凄くて!
中華鍋2つを同時進行して捌くのです。

カレーでお腹いっぱいでしたがせっかくなので1つ買いました。
多分200円ぐらいだったと思います。
テンション上がり過ぎてお兄さんの調理動画とかを撮ったのですが、
自分が食べる前に撮影するのは忘れてしまいました。
でも、とっても美味しかったことは間違いない。

その日は豪華なバスタブにお気に入りのバスオイルを入れて
映画を観ながらくつろいでラストナイトを過ごしました。
一人旅の醍醐味…。
大人って感じw(年齢的には十分大人)

317929882_8348584758550238_1562902785370545522_n.jpg

ところでこのセントレジスバトラーベアー限定版のAdamが欲しいと
思っていたのですが、限定版はお金を出しても買えるものではなく
300リンギット(9000円ぐらい)使用するごとに一回
サッカーゲームにチャレンジするか、
ユーフォーキャッチャー的なやつにチャレンジするという
入手困難な道のりでした。
どっちも難しい…。コレ、子供用の企画だと思うのですが
割と難しそうですよ?

こういうのをやりだすと、とれるまでやるタイプの人間なので
(ガチャガチャも欲しいのが出るまでやり、好きなシリーズは
フルコンプリートするまで回し続ける)
あっさり5万ぐらいすぐなくなりそうだ、と震えます。

もしかしたら、こういうのはホテルブティックに売ってるかもしれない!と思い、
ブティックのあるロビーフロアに移動します。

317089075_8348584298550284_4122220074770533613_n.jpg

THE BRASSERIE と書いてある2階フロアは
貸会議室だと思われるのですが部屋の名前が「DOLLAR ROOM1-3」
「RINGGIT ROOM1-3」と通貨の名前がつけられているのがなんだか
ギラってる感じがします。他になんかあっただろう。

ホテルブティックは残念ながら開いていませんでした。
そのあと、チェックアウトの時に行っても閉まっていたので
改装中か何かなのかもしれないです。
うーーん…残念。まぁまた来たらいいか。

318351818_8348584611883586_2660831982333257382_n.jpg

楽しみにしていた馬の彫像は思っていたよりもぶっとくて笑いました。
こういうものは実際に観てみないと分からないものですね。

購入したジャケットの修正が仕上がるので引き取ります。
おぉ、仕事できる女みたいに見えるw
これで出張も式典も幅広く対応できます。

せっかく外に出てきたのでモールをブラブラします。

318459715_8348583898550324_3781619325394239096_n.jpg

初めて見たキャラクターですが、有名なのかな。
歯が…歯が変に多いよ…と思って写真を撮りました。

この変なキャラクターの売ってる店の前に、
めちゃローカルの人たちが並んでいた店があったので私も並びました。
「pappa roti」という名前のお店で、いい香りが漂ってきます。

オシャレなマレー美男美女カップルも並んでいる。
めちゃ細くてスタイルがいいのに女の子が「私はねぇ~2つ食べる!」と言います。
そんなにも!!!そんなにも美味しいの!!と聞き耳を立てながら
ドキドキが止まりません。

318506975_8348583391883708_8371095707884282771_n.jpg

とりあえず一個買ってみました。3.4リンギットなので100円ぐらい。
非常にシンプルな見た目…。

あったかい状態で提供されます。
一口かじってみて、ビックリしました!!
超絶軽いクッキーメロンパンみたいなほんのり甘い生地の中に
溶けたバターが入っていて甘じょっぱい。

美味しすぎて、すぐ2つ目を買いました。
なんなら3つぐらい食べれそうですが、2つで止めておきました。
こんな美味しいもんがまだあったとは…世界、広いな!!深いな!!
と興奮しながらモシャモシャ食べてテンションが上がります。

あとから調べたところによると、昔は日本にも進出していたらしいです。
食べたことある方、いらっしゃいますかね?

マレーシア発祥のカフェで、ドバイには10店舗ぐらいあるそうです。
(ドバイに行く人はおそらく一回は行くであろうドバイモールの中にもある)
マレーシアに行かなくてもUAE、インド、アメリカ、カナダ、インドネシアなど
中東中心に22か国で展開されている様子。
どこかで見つけたら絶対にまた食べたいと思います。

そして、日本への再上陸求む!!めちゃ太りそうですが。
美味しいです。
フランチャイズビジネスチャンスです。
誰かやってくれないかな。

マレーシアの美味しいものには毎回本当に驚かされます。
色々な人に「日本以外だとどこの国が一番好きか」とよく聞かれますが
1つは選べなくて私の回答は「イタリアとマレーシア」ですね。
どっちもごはんが美味しくて文化が面白いくて人が優しい。

317917432_8348583075217073_5835397089850241891_n.jpg

ランチはローストポークリベンジで「家郷」です。
ジャランブルネイ!(ブルネイ通りへ)と元気よく出発です。

この時間帯なら絶対になくなっていないだろう、という早めの時間帯。
さっきバターたっぷりのパンを2つ食べたのでちょっと胃が「え、今からですか…」
と言っているような気がしましたが、聞こえないふりをします。

318844135_8348582521883795_2366232332153669436_n.jpg

コレコレェ!!!
みんなに一回かじってみてほしい。凄いです。
前も書いたかもしれないですが、富麗華で食べたローストポークの
パワフル版というか…より強さを感じるアグレッシブな食感。
ザクザクですよ。富麗華で同じ量を食べたらいくらするのか分かりませんが、
価格感でいうと、20分の1ぐらいの値段じゃないですかね。

317750701_8348582135217167_1045739689078351255_n.jpg

おかわり。もう、止められない。
どうやったらこんな分厚くクリスピーになるんでしょうね。
おかわりを決めた理由としては
「カツ丼の大きいやつを1枚食べるよりはカロリーも低いし小さいから大丈夫」
です。比較対象がカツ丼。

318610400_8348581871883860_2986802454151412872_n.jpg

後悔しないように追加でダックも。
シンプルな白タイプもいいですが今回の旅ではロースト系にハマりました。
ここまで食べたら大満足です。
さすがにしんどくなってきたのでちょっとお散歩に出かけます。

318334966_8348581715217209_2096793125189816461_n.jpg

街の様子を写真に撮って回りました。
スネークフルーツ(手前の栗みたいなもの)も南国に来ている感ですね。

318240563_8348584188550295_5369117851559429828_n.jpg

ホテルに戻ってきたのでクリスマスツリーを観賞。
レイトチェックアウトもしてくれたので、バードパークに行こうか…と
考えましたが、明らかに天気が悪くなりそうだったので空港に向かうまでの間
しっかり休ませてもらいました。

案の定、凄い雨が降ってきたので、もしバードパークに行ってたら
大雨に打たれて、鳥もいないという状況になっていたことでしょう。
それにしても、毎回バードパークと縁がない私。
こんなにもサイチョウ(マレーシアの国鳥)を求めているのに。
巨大な嘴がある変わった見た目の鳥です。

なんか、アレなんですかね。
行ったら嘴でつつかれてえらい目に遭うとかなんですかね?

チェックアウトをして空港に向かいます。
あとちょっとだけつづく



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2022.12.16 / Top↑