去年から色々と会社でモメごとが勃発していたのですが、
収束に向かおうとしている雰囲気が漂ってきました。

年末に開催された忘年会で
「色々あったよね」という話になった先輩と私、後輩(リトルミー)
の3人で新年会を開催する運びになりました。

お店は勤務先の副社長が最近一押しの「orga」さんです。

26991958_1784395468302566_825032995135894524_n[1]

安納芋のスムージー、トマトのクッキーからスタート。
スムージーはヴィシソワーズですが安納芋を使うことによって
自然の甘みを強く感じることができ、たしかにヴィシソワーズというよりも
スムージーのイメージに近いかも。と思いました。

トマトのクッキーはトマトプリッツみたい!と
3人の意見が一致。家でも作ってみたい焼おつまみです。

27067353_1784395551635891_8017561563792900768_n[1]

うにのプリン。
1人1個でもよかったですね。
うにのプリン、あちこちで見かけますがどこも個性があっておもしろいです。

次に東京に行ったら行きたいお店があるのですが
そちらのうにのプリンも要チェックです。

26907243_1784395644969215_6083139461184532692_n[1]

レンコンのフリット。
こちらの名物料理のようだったので迷わずオーダー。
上からたっぷりミモレットがかかっています。

ホクホクのレンコンの食感にミモレットの濃厚な旨味が加わって奥深い一品です。

26991768_1784395691635877_3013168684987111058_n[1]

フリット大好き…がオーダーに出ていますね。
白子と長芋のフリット。
こちらもサクサクとフワフワの食感を2段階で味わえるのが楽しい気分になります。
クリーミーな白子とネットリ系の長芋とのコントラストも好きです。
食感は重要ですね!

26907942_1784395741635872_7941560576644019440_n[1]

かに味噌のカルボナーラ。
はっ・・・この麺は!!
果てしなく先日自宅で作った手打ち麺にそっくり。
もしかしてこちらのお店でもキタッラを使って麺を作っているのかもしれません。
今回は話に夢中になりすぎて質問する時間がありませんでしたがまたの機会があれば!

26994165_1784395754969204_2459279752821421053_n[1]

本当は3人とも熊肉を食べるつもりでいたのですが
この日に入荷がなかったので鹿肉です。
アッサリ、赤身でヘルシーです。
付け合せの野菜もたっぷりでシェアしても満足度の高い一皿でした。

価格帯も手軽にジビエを楽しめるのでいろいろ試してみたい方には
うってつけ、という感じです。

話が今回だけでは終わらなかったので、早くも第二回の会合が
予定されています。おいしいものを食べながら気楽なメンバーで
ワイワイ楽しむのはリフレッシュになりますね!

ドリンクも充実しているので「もうちょっと食べたい時」
の2軒目使いにもよさそうです。


Orga



関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪急)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2018.01.23 / Top↑
なぜ私がこんなにもイタリアが好きなのか、という理由のうちのひとつに
イタリア料理が好き、という単純な理由があります。
だって、おいしいですやん。

イタリア現地のザックリ気取らないトラットリアも
日本のオシャレ系イタリアンもどっちも好き。

そして、私がイタリアに住む友達でも自信を持って連れていけるお店の
うちのひとつがこちらのハナタニさん。 
特に女子には大喜びされるお店のうちのひとつだと思います。

実はハナタニさんは同じ通りから移転されてさらに広くなったのですが
泰人さんは移転されてから初訪問。
「あれ。移転後初めてでした?私はもう数回来ていますけど」
という私に
「ぼくは初めてや」
と少しションボリしていましたので好きなものを頼んだらいいよ、と
言うておきました。

結局コースでお願いしてまだ食べたかったらパスタを追加することに。
(どうせ追加することになるでしょう、という予測)

22853257_1675278825880898_8386293354365213925_n[1]

脂が甘い生ハムのおいしさを堪能するためにはこの向こうが透けるような
薄さがポイントです。イタリアでもパルマでハムを買うときに
「薄く切って!」って言わないとだめだよ!
とパテシィエールのAちゃんに教えてもらいました。

22815571_1675278865880894_2718196616548473997_n[1]

エルダーフラワーソーダ。
私の中で実はこれが密かなブームです。
自分で家用に買ったりするまでは至っていないのですが
お店で見つけるとオーダーします。
ほのかな甘みが食事にも合うのです。

22815378_1675278899214224_7590160998439857722_n[1]

シャインマスカットとモッツァレラ。
桃モッツァレラが一時はやりましたが、桃よりシャインマスカットの方が
食べやすいのではないでしょうか。そしてこの見た目の美しさ。
翡翠色に輝くマスカットとオリーブオイルの色がリンクしてウットリ。
好きな要素しかありません。

家でマネできるかもしれないですね!と泰人さんも
言ってましたが基本的にうちではオシャレ系ディッシュは出てきません。
誰かお客さんがきた時のためにアイディアストックしておきたいと思います。

22815617_1675278929214221_399024290763972036_n[1]

烏賊と押麦のカルパッチョ。
サラダ的な感覚でいただけます。上に乗っかっているのは豚の脂、ラルドです。
日本でいうところの「背脂」と同じような使い方をしますが
ラーメンに入れるぐらいしか日本では活用法を見かけませんが、
こんなに上品に仕上げる方法も!

23130601_1675278952547552_7937887855974104802_n[1]

フレッシュポルチーニと栗。
栗のスライスと羊チーズのペコリーノチーズが絡み付いて
香りがよりいっそう複雑に変化していきます。
食感の違いもおもしろいです。一緒に食べたり、別々に食べたり、
至福のときが味わえます。

22851809_1675278979214216_1576308091040623682_n[1]

蜆のタリアテッレ。
シンプルながら貝を具材に使ったパスタは出汁が出てすばらしい味わい。
ハナタニ先生の貝のパスタにはいつも感動します。
いつぞやは牡蠣のカルボナーラに感涙しました。
カルボナーラ苦手な泰人さんですら
「あれは最高においしかった」と今でもよく話題にだすほど。
そんな私は王道カルボナーラを家で研究中です。
今はまだ定番の材料でしか作っていませんが、
ハナタニ先生のカルボナーラももちろんイメージソースに入っていますので
牡蠣を買ってアレンジしてみたいと思っています!

22815566_1675279015880879_4529981114201985072_n[1]

案の定おいしすぎてパスタを追加。
足りないわけじゃないんです。もっと食べたいだけ。
追加したのはラグーソースと九条ねぎのもの。
イタリアンの大定番に日本の食材を絶妙に合わせてこられる妙技!

23131549_1675279039214210_7732346725227467233_n[1]

メインは明石鯛を選択。
鯛だから選んだ、というよりはソースが大好きな甲殻類のものだったから即決。

香ばしくパリパリに仕上げられた皮目に濃厚なソースが絡んで最高です。
無言で食べ進めるおいしさです。

23130557_1675279069214207_1332371879455157020_n[1]

選べるデザートはブルーベリーのセミフレッドを選択。
最初から最後まで大満足のコースでした。
ふう~~また食べたい。とブツブツ言いながらお店を跡にしました。


リストランテ ハナタニ


関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪急)



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.10.30 / Top↑
 この日はリトルミーが「俺のフレンチ」に行くので誘ってくれました。
「俺の」シリーズは「俺のそば」にしか行ったことがないので
評判の高い「俺のフレンチ」にいけるとあってワクワクします。

22405474_1653921441349970_8303288957559404749_n[1]

わーー!!表面張力!!
炭酸ジュースもこんな感じですが、ワインもこんな感じでなみなみ注がれます。
ある種のパフォーマンスですらあるようで、
「これ出来るようになるまで相当練習しはったんやろうね…」
という目で注いでくれる女の子の手元を見ます。

22366435_1653921488016632_675385072982843879_n[1]

アミューズもちゃんとついてくるのですね。
手前に写っているのは前菜。
うにのムースのサーモンマリネ。1本追加は290円からって!
私コレばっかり食べるのでもいいぐらいなんですけど。
盛り付けも可愛い!早くも大満足です。
そりゃ予約取れにくいわ…と納得するのに時間はかかりませんでした。

22366492_1653921534683294_5104253807426811876_n[1]

こちらは私のリクエストでオーダーに入れてもらった
蝦夷あわびと赤海老のコンソメゼリー寄せ。
ゼリー寄せが好きです。

これもみんなでわけましたが980円て…。
1人で来ているおじさんとかけっこういるのも納得です。

22489776_1653921571349957_5407606394104022390_n[1]

こちらは白レバーとフォアグラのムース、カシスのソース。
好きな要素しかないですね。
580円…値段に驚きっぱなしですが。

22405863_1653921591349955_2873318557806517321_n[1]

きのこのフレンチ天ぷら。
だし、というかコンソメ風なスープで食べるか塩で食べるか、
また誰がどのきのこを取るかで盛り上がります。
6名で行ったのですが、みんなそれぞれ好きなキノコを引き当てたようです。
私はマッシュルームをゲットです。

22449985_1653921618016619_4071700621441552273_n[1]

オマール海老は1人半身ずつ食べましたがこれも1980円。
そして、このあたりは「安かろう身が少なかろう」と思っていたのですが
そんな心配は吹き飛ぶ身のつまり具合。
安すぎやしませんか。

22365610_1653921648016616_5601272647586806668_n[1]

本日のおすすめ肉料理ということで鴨ローストを選択。
ちゃんと林檎のローストやオレンジなどが添えられていてこのボリュームで
この価格、この味を出されると、近隣の店はやりにくいのでは、とすら思います。

もちろん高級店には高級店のよさはありますが、
これはいっぱい食べたい私にとってはとても魅力的な仕組みです。
(雰囲気はとてもカジュアルだからしっとり語らいたいデート的ではないけど
ガッツリおいしいものを堪能したいなら大いにアリ!)

22405379_1653921684683279_7281784623283658837_n[1]

リトルミーが「これは絶対に食べないとダメなやつです♡」
と言っていたロッシーニ。3皿オーダーで1/2ずつわけます。
ボリューミーなロッシーニも1980円です。
これ、1人で食べてもハッピーですが1/2しても十分ハッピーです。
1/3だとちょいハッピーぐらいですかね。

22365511_1653921704683277_3373075937863613710_n[1]

〆に大漁貝のリゾットというのをオーダー。
ムールがこんなに刺さってて(笑)880円ですって!

22366416_1653921734683274_2498782459085858238_n[1]



22448326_1653921778016603_1639727619552976769_n[1]

デザートはクレープとブリュレ。
こちらも6人でわけても十分。逆に1人だと普通の胃袋の人にとっては多すぎですね。

見た目のインパクトが強いものが多かったですが、だからと言って
味がぞんざいなのかと言うとそんなことはなく、全体的に満足度が高い内容でした。
近くにあったらけっこう頻繁に行ってると思います。
そして、1人でオマール2皿とかをやっちゃうんでしょうね…とかいう妄想にまで発展。

正直「コスパ重視のチェーン店」というように見ていた部分もあり、
今までまったく行こうともしなかったことに激しく反省です。
こんなに食べて飲んで1人5000円。
そして、そんな素敵なきっかけをくれて予約もしてくれたリトルミーに感謝。


俺のフレンチ TOKYO


関連ランキング:ビストロ | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.10.20 / Top↑