おそらく私が「40年近く通い続けている」と言っても過言ではないお店は
今のところここ以外にないかもしれません。
その他にも数軒心あたりがあるのですが、しばらくごぶさたであったり、
お店の雰囲気がものすごく変わってしまったり。

そして、私のイタリア好きの根底にあるものを作り上げたのが
ここの料理なのかもしれません。
素朴かつ、ダイナミックで、実直。
オシャレイタリアンも素敵だけど、私はこういうクラシックなタイプが大好き。

祖父母や両親に連れられて震災前の明海ビルの地下の
分厚いビロードのカーテンを何度もくぐったことを今も懐かしく思い出します。

33834397_1952543678154410_1303429553934303232_n[1]

今は移転してずいぶん明るくなりましたが、それでも
この色合いというか、シックな色目は変わりません。
ゴージャスな雰囲気なのですが、気取りすぎていなくて、ほどよいスペシャル感。

ランチタイムにもアラカルト対応してくれますが、
コースがとってもお得感があるということに気付きました。

この日選んだのは「ランチコース」(サ税込み2200円)ですが
平日限定で「レディースコース」(サ税込み1600円)なるものもあります。
「料理長おすすめのランチコース」(サ税込み3000円)というのもあるのですが
どれを見ても内容と味を考えるととってもお得!

世の中には「コスパ」という言葉を嫌う方もいますが
本来の意味で「コスパが高い」ものを嫌う必要はないと思うのです。
私が関西人だから?お得な気分になったらいつだって嬉しいもの。
安い=コスパ ではありません。

33900836_1952543761487735_7876678637397737472_n[1]

パスタは春キャベツとアンチョビ。
柔らかな食感のキャベツとアンチョビの塩気がうまい具合に絡まっています。
変わった素材を使っているわけではないのに、このパンチ力。
あぁ、おいしかったなぁ。と思い出しながら今、お腹が鳴りました。

33729400_1952543844821060_6767165873330323456_n[1]

鶏肉のマルサラカレーソース。
なんだか最近鶏とカレーの組合せにめぐり合う率が高まっているような。
ちょうどいつも素敵なお土産をくれるN副事業部長からインドのカレー粉を
いただいているので、自宅でも色々作ってみたいと思います。

この写真だと大きさがあまり伝わりませんが
けっこうなボリューム感のある鶏もも肉です。
柔らかくふんわりしていて、スパイシーなソースがその食感に
アクセントを加えてくれます。
付け合せのポテトにソースが絡んだところを食べるとまた至福。

これに、ミニサラダ、パン、紅茶/コーヒー、デザート(2種類ぐらいから選べます)
がついているのでやはりどう考えてもお得。

33763617_1952543928154385_204955229479763968_n[1]

このかたちの器に入って出てくるのも好きなポイントです。
イチゴのソースもね!

33747426_1952542854821159_2637938255726641152_n[1]

そろそろまたイタリアに行く計画をたてようかな、と思わせられる
ドンナロイヤのランチタイム。

33891734_1952543988154379_7047557418770759680_n[1]

紅茶に映るシャンデリアもロマンチック!

神戸最古のイタリアンレストランは観光にはもちろん、
神戸っ子のレギュラーメニューに違いありません。
これからも長く続いてほしいお気に入りのお店のうちのひとつです。




ドンナロイヤ



関連ランキング:イタリアン | 三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)三宮駅(神戸市営)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2018.05.29 / Top↑
先日、勤め先の副社長と会社関係のご友人、お仲間の皆さんの会食に
ひょんなことから泰人さんと参加させていただくことになりました。

副社長がご紹介してくださるお店はいわゆる
「ツウ」なチョイスであることが多いので私は大いに楽しみにしています。
今回は「Tボーンステーキがおいしいよ!」とのことだったので
肉気分で参上いたしました。

32187775_1929592017116243_9033187178431119360_n[1] 

北野エリアのランドマーク、象ビルやジャズクラブソネのすぐ近くです。
このお店の前を通ったことはあったのですが中に入るのは初めて。
ビジネス関係のメンバーが多いということで多少緊張していた私ですが
皆さんとても気さくに接してくださってすぐに気分はほぐれました。

32207526_1929592047116240_7257489682122932224_n[1]

エスプレッソカップに入って出てきたのはトマトのムース。
酸味と甘みのバランスに添えられたチーズのビスケットが香ばしい!

アミューズに本気を出しているお店はたいがいそれ以外も美味しいという
個人的なデータがあるので泰人さんと「ここ、絶対美味しいところや」と
ニヤニヤと次にやってくるものを楽しみに待ちます。

32212725_1929592083782903_509021974685548544_n[1]

副社長が最近ハマっているというお米のサラダをこちらでは
ホタルイカとアレンジ。
お米をさわやか且つオシャレに食べる方法としてサラダ、という選択肢は
日本人にはなかなかできない発想なのではないでしょうか。

32169819_1929592130449565_7750481868197199872_n[1]

うなぎのマリネ。
総勢8人での会食でしたが分けやすいように4等分ずつカットされたものが2皿。
バルサミコ酢のコクのある旨みがうなぎの脂をより一層美味しく感じさせます。
サイドに添えられた根菜も魅力的。

32267372_1929592170449561_961168918695641088_n[1]

こちらは丸々と太ったアジのマリネ。
ジャガイモと共に登場でしたが、しっかりと厚みのある身と
軽く炙られた食感がたまりません。皮も身もそれぞれの美味しさを
感じられ、それが口の中で一気にスパーク!という風情です。
いや~、コレには特に感激でした。

32247246_1929592197116225_3573469131652988928_n[1]

豚のテリーヌ。
上に乗っているのはパイナップルのチャツネです。
何だろう、何だろう?この上の美味しいやつ!
といってテーブルが盛り上がりましたが、ここでパイナップルが出てくるとは!
でも豚とパイナップルはそういえば相性がいいはずですね。
酢豚とパイナップル的な…。

ほどよく「生」感のある豚のテリーヌは次回もまたオーダーしたい!
と思ったのですが、実はこちらのお店、メニューが多いのです。
つまり、2回や3回では一回食べたものをリピートするまでたどり着かないということ。

32235334_1929592227116222_1714751931852783616_n[1]

北イタリアといえば、のオッソブッコ。
もちろん髄まで美味しくいただきます。
「鯛のタイ的なやつやな」とKさんがおっしゃったので
「スネのスネというべきか、隋の隋というべきか、そういう感じですね」
と言って皆さんと一緒にスネ肉の美味しさを堪能しました。

32191833_1929592263782885_5282767120759783424_n[1]

きた♡表面をしっかり目に焼かれたイタリアンスタイル!
コレを2皿。素敵でしょう。
大迫力のTボーンステーキ、テーブルが盛り上がること間違いなしです。

32267509_1929592287116216_2825137532058992640_n[1]

骨の周りの肉はシェフがきれいに切って
再び持ってきてくださるので、なんだか1皿で2度美味しい感じがします。
骨の周りの肉って美味しいですよね。

もちろんパスタなども豊富にメニューに並んでいるのですが、
この時点でちょうどいい満腹感だったので
あとはデザートで〆ましょう。という流れに。

32191943_1929592327116212_1189121945698828288_n[1]

パンプディングにティラミス、ヨーグルトジェラート。(4人分ですよ!笑)
私はコレにプラスしてどうしても気になっていた柚子トルタをお願いしました。

前菜からデザートまで1秒たりとも食べている人の
テンションを下げさせない、そんなお店でした。
場所柄、デートによし、接待によし、女子会によし!です。
いろいろな使い方ができそうですね、と会の皆さんも盛り上がります。
ランチ営業もされているそうなので、
近々ぜひランチもディナーも再訪したいと思います。


オステリア ブッコ


関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2018.05.17 / Top↑
あっという間に終わってしまったGWを惜しみつつ、
今回はなかなかゆっくりすごすことができたので
満足感も高い私です。

さて、この日は実家の母と妹で「ガラスの仮面展」に行こうという話になりました。
 神戸そごうで開催されていて、私たちは3人とも「ガラスの仮面ファン」なので
(最新刊が出たときは「早く!!早く!!」と言って先に読んでいる人を急かしたものです)
それぞれ好きなシーンや思い入れのあるシーンの原画を見つけては
ニヤニヤしていました。

31950491_1924668060941972_6082920704825622528_n[1]

顔出しも3種類用意されていて、もちろん全部はめこみます。
けっこう並んでいたのでガッツリ内容を確認してから顔出しを
することができなかったので、一部ビミョーな表情で写ってしまっていますが、
まぁそれも思い出です。

31946160_1924668030941975_4975808939145822208_n[1]

これはまだマシな方です。
下の写真はものすごくビミョー!!
月影先生の厳しい表情を再現しきれていません。

31947618_1924668117608633_2296600179463159808_n[1]

むしろ笑いながら無理難題を言っている感じになっているので
相当ややこしいやつみたいになっていますね。

妹は子供を連れてきていたのですが、
2歳の子には何の面白さもないイベントだったようで、途中から泣き出してしまいました。

「そりゃおもんないわね笑」
と母が言うのですが、私たちはおもしろくて仕方がありません。
「あ~~~続き読みたい!!イチから読み直そうかな!!」
と熱い気持ちになったことを隠そうともしません。
なぜってここに来ている人たちはみんな相当コアなガラスの仮面ファンだから!

マンガの話をしながら予約しておいたランチへ移動しました。

31530819_1924668177608627_2430923482054262784_n[1]

今回はちょっと急だったこともあって、
ハナタニさんの予約がとれず、初訪問のお店「柏木」さんです。
ベビーカーOKだったのでよかった。

31961385_1924668224275289_3937450086522421248_n[1]

31947819_1924668254275286_7738629089900101632_n[1]

前菜も美しく、鰆でスタートです。
野菜もたっぷり使われているので女性にも嬉しいですね。

31956946_1924668274275284_2608784786520539136_n[1]

左奥に見えているのは一見パルミジャーノ・レッジャーノですが実は筍。
(一見というよりも、説明を聞くまでわからないぐらい見た目が似ている)

丁寧に火入れがされたカルパッチョの食感も絶妙です。
表面のぷちんと弾けるような感触からオリーブオイルの後味の余韻に辿り着くまでの
道のりがそれぞれに楽しい、そんな前菜です。

31958546_1924668360941942_2032054469184716800_n[1]

パンは和田岬の「メゾン・ムラタ」さんのものだそうです。
和田岬、遠いようで意外と近いのでパンを求めて行ってみてもいいかもしれませんね。

*写真のパンは2人分ですが、母は小食ですので(意外!と思いましたか?)
結局私がほとんど食べました。

31961429_1924668330941945_7251603416558862336_n[1]

続いて生うにのクリームパスタ。
こちらは400円プラスで選べるオプションです。
妹は通常の桜海老のパスタを選んでいましたが、
そちらもまたおいしかったです。(味見は忘れない)

ちょうど、イルパッパラルドさんで品切れだったうにパスタに対して
不完全燃焼の感がありましたので、ここは迷わず生うにを選択しました。
クリーミーですがしつこすぎない、でもお皿に残った濃厚なソースは
絶対にパンですくって食べるパターンです。

31960193_1924668300941948_1392517719798054912_n[1]

低温調理されたホロホロ鳥。
柔らかく、ジューシー、引き締まった肉質はリピートしたくなります。
ホロホロ鳥は昔鳥好きだった祖父がペットとして飼っていた鳥類の中にいましたが
こんなに美味しかったのか…と祖父が生きていたら怒られそうな発想をする私でした。

31949867_1924668400941938_2451419418178093056_n[1]

デザートはエルダーフラワーのジュレとバニラアイス。
このあたりになると、再び話に花が咲いていてあまり覚えていないのですが
エルダーフラワーのシロップをソーダ割りしたものが好きだ、という
なぞの自己主張はした記憶があります。

話し足りなかったので、みんなでBALのマリアージュフレールに移動。

31961315_1924668537608591_7288765122871296000_n[1]

フランス語を私たち姉妹がフランスに留学したことをきっかけに始めたり、
今の年齢になってモダンバレエを始めたり、と
何かと好奇心旺盛な母に、私は少し似ているところがあるのかなと
感じた一日になりました。


イタリア料理 柏木



関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)神戸三宮駅(阪急)三ノ宮駅(JR)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2018.05.09 / Top↑