先日、私の高校時代からの親友Mちゃんが
お誕生日祝いしてあげる!!とリニューアルして広くなった
「リストランテハナタニ」さんへランチに連れていってくれました。

大好きな店に仲良しの友達と行くのは最高の時間のすごし方。
そして仕事の愚痴を聞きあいっこ。(主に私が愚痴っていましたが)

文句を言うのはよくありませんが、気心の知れた友達に
不平不満を聞いてもらうと、サクっと心が軽くなりますし、
適切なアドバイスをくれるので絶大な信頼を寄せています。

この日も毒の塊ぐらいの状態で現れた私でしたが、
人生の中でどうしても嫌いなヤツが数人いる、そのうちの1人が
社内で近くにいる・・という話を延々とする私に「うんうん」と聞いてくれて
数人いる嫌いなヤツとの共通点を探したり、激しく同意してくれたり、
とにかくMちゃんは頼りがいがあって優しくて、大好きです。

家族のように接し、接してくれる大事な友達のうちの1人で、
私よりも数段しっかりしていて頭もいいので年下ですが、
私にとってはお姉さん感覚でもあります。

17309035_1380655268676590_7674159046058727808_n[1]

この日はおしゃべりがメインだったので、スマホで撮った写真ですみません。。
大好物のパッパアルポモドーロ!!
シンプルながら最高。モッツァレラが入っている様子を見て、
「はっ!!」
と先日のフィレンツェを思い出します。

シンプルなパッパアルポモドーロにブッラータをインしたあの年末のランチ…。
ハナタニさんは頼まずともそれをしてくれたワケです!!
かゆいところに手が届くどころか、代わりに掻いてくれるぐらいの感じ…。
(なんだか気持ちの悪い表現、ハナタニさんすみません。。笑)

17264986_1380655318676585_3176791559518323256_n[1]

ホタルイカとトマトのパスタ!!
ふふ。。私がどれぐらいホタルイカを好きか、皆さん想像もつかないでしょうね…。

先日はホタルイカを食べ比べしたい、と言って
イカリと大丸でホタルイカを大量に買って2パックほぼ1人で食べました。
しかも、私が好きなのは食べる工程だけではないのです。
下処理をするのが好きなのです。
目と嘴をとって、さらに軟骨まで抜きます。
この軟骨抜きの作業は通常イケてる店でも飛ばしていることがありますが
私はここの作業を絶対に飛ばしません。
食感の違い、フックラ具合、桁違いです。

17103356_1380655298676587_4243838106803147428_n[1]

牡蠣までも登場。
私の好きなものしか出てこない喜びの(悦びの)無限ループ。
Mちゃんは牡蠣アレルギーなので、鶏に変更。
本来ならば私も鶏に変更するところですが、ハナタニさんの牡蠣の魅力には
鶏も勝てませんでした。もちろん鶏も美味しいことは知っているのですが、
ハナタニさんの作る牡蠣の料理が大好きなもので…。

17203031_1380655352009915_7331380141303966207_n[1]

ホロホロに煮込まれた豚の塊肉。
お箸で食べていたわけではありませんが、
お箸があったとしたら
「お箸で切れる~~」と絶対に言いたくなる柔らかさ。
内部までしみ込んだ味わいも香り高く、ウットリです。

17264762_1380655365343247_2023514131001320538_n[1]

デザートはカタラーナ。
しっかり焦げ目がつけられた大人の味わいです。
今年こそ炙る調理用バーナーを買いたいと思っているのですが、
実際どれぐらい自宅で使うのかはナゾです。

17264238_1380655385343245_8373253855361388411_n[1]

どれだけでも喋っていられるので、そのまま「ガトーファヴォリ」さんへ移動。
こちらは素朴なケーキが楽しめるお店で、ホッコリした気分になりたいときに行きます。

特にお気に入りはこのデザートプレート。
数種類の中から3つも選べるという食いしん坊にとっては
大変ありがたいプレートなのです。とても楽しい時間をすごすことができ、
次回のシークレット企画も私の中で決定済。
そうこう言っている間に「次回」は2週間後に迫っているのですが
前々から行ってみたいと思っていた店を予約したので今から2重3重に楽しみです。

毒の塊だった私も、Mちゃんのおかげでいつの間にか笑顔になる
デトックスな一日でした。


リストランテ ハナタニ



関連ランキング:イタリアン | 三宮駅(神戸市営)三ノ宮駅(JR)神戸三宮駅(阪急)



ガトー・ファヴォリ



関連ランキング:洋菓子(その他) | みなと元町駅元町駅(阪神)元町駅(JR)





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2017.03.29 / Top↑
 おそらく明石でもっとも予約困難な店のうちのひとつ、CIROへ行ってきました。
以前の店舗から移転し、広くなって予約が取りやすくなったのかなと
思ったのですが以前と変わらず予約は争奪戦。

定期的に行きたい店のうちのひとつではありますが、
思い立ってフラっと行くことはできないのです。

17022207_1365414403534010_8022634207620309522_n[1]

窓が大きくてランチタイムでも気持ちよさそうですね。
メニューの豊富さも嬉しいポイント。
本日のオススメの鮮魚を見せてくれるので、この中から選んで、調理法も相談します。
食いしん坊にとってはたまらないひと時です。

16998969_1365414173534033_2468308916669633466_n[1]

今回私たちが選択したのは舌平目。
調理方法はアクアパッツァにしてもらいました。

前菜にはモッツァレラインカロッツァ。
「馬車に乗ったモッツァレラ」という意味のイタリア風甘くないフレンチトースト的な。

17021596_1365414393534011_2476232276439855621_n[1]

17021867_1365414430200674_7846580328376740567_n[1]

パスタは魚介とレモンクリームソース。
このソースのさわやかさと魚介の旨みのバランスはなかなか他では味わえないものです。
クリームベースなのにさっぱりしていて不思議!!まさに「いくらでも食べられる」というものです。

17021682_1365414340200683_7258892057912383450_n[1]

16998004_1365414360200681_4274431075664235413_n[1]

マルゲリータとクアトロフォルマッジの王道コンビ。
冒険してみたい気持ちもあるのですが、なかなかこの王道からはずれる勇気がありません。
なぜかって、なかなか予約が取れないんだもの。。
ふらっと会社帰りに来れる店なら、もっと冒険しやすいのかもしれませんね。

女子3名での訪問でしたが、パスタを食べたあたりから勢いがつきます。
私以外の二人はそんなに大量に食べるタイプではないのですが、
「美味しい!!」「追加もしちゃう?」というテンションに。

16938980_1365414273534023_1753953406925793228_n[1]

追加でやってきた魚介のフリット。ホタルイカの季節に来たいですね。。
て、もうすぐですやん!!あぁ、次の次の予約をしなければ。
(次の予約はすでに日程を定めているもので・・・)

16997870_1365414206867363_8441712145744375758_n[1]

舌平目のアクアパッツァ。ダシがたっぷり出てピザを食べる前だったら
パンをいただいていたかもしれません。

16997900_1365414240200693_2218209795782504848_n[1]

瞬く間になくなっていったのに最後に残った「遠慮のかたまり」というやつです。
美味しいからこそ譲り合ってしまう…最終的には先ほどのフリットの「遠慮のかたまり」と
こちらの「遠慮のかたまり」を分配することですっきり解決。

16998737_1365414300200687_7383830293444973805_n[1]

16939647_1365414323534018_2402323056707185559_n[1]

16998210_1365414186867365_3747935665352689946_n[1]

たっぷり飲んで食べましたが、デザートは別バラなのです。
CIROのデザートはボリュームたっぷり。
イチゴのマスカルポーネチーズかけ、パンナコッタ、ジェラート4種盛り。
RちゃんとKちゃんとわたくし、3人でシェア。

たくさん笑って美味しいものを食べて大満足の一日となりました。
久々に訪問して、やはり美味しさを再認識したので
今月末にもまた今度は違うメンバーで行ってみたいと思います。


チーロ


関連ランキング:イタリアン | 山陽明石駅明石駅人丸前駅



2017.03.06 / Top↑
 イタリアから帰ったのは1月6日だったのですが、翌日は朝から
京都へ出かけてきました。なぜかというと誕生日だったから…。
38歳です。知らない間に38年も生きていたようです。

まぁ、何歳だということをあまり気にしない方が気分的にはラクでいられそうな気もしますし、
気付かないふりをしてもう少しやり過ごそうと思っています。

16265229_1332738540134930_2705157698559600541_n.jpg

10時半頃に京都に到着したので、イノダコーヒー三条店でお茶。

16266064_1332738570134927_1599528179801135424_n.jpg

チーズトースト。
泰人さんは「そんなん食べたら昼ご飯がベストコンディションじゃなくなるのでは…」
と言っていましたが、まぁ、いいのです。

16265660_1332738623468255_8912333591255926071_n.jpg

丸いカウンターが三条店のアイコン的な存在。
喫煙席ですが、雰囲気を楽しめるのであえてこの席をチョイス。
スポーツ新聞などを読みながらのんびりするおじちゃんたちのオアシス。

16298622_1332738720134912_5070843181602986555_n.jpg

敬愛するKさんのインスタグラム投稿で拝見してから気になっていたお店。
洋食屋さん、というよりはカジュアルなフレンチという佇まい。

16406504_1332738820134902_6220404419677347043_n.jpg

小蕪のポタージュ。
とても寒い日だったので、体に沁み渡ります。
蕪をポタージュにすること、さっそく家でもマネさせていただきました。

16386901_1332738900134894_8115431899997022477_n.jpg

サラダのドレッシングも角がたっていない優しいながらも爽やかな味わい。
丁寧な仕事っぷりを感じることができます。
カウンター席だったので、お弟子さんたちの動きや、シェフの動作も見学。
他のお客様が頼まれていたランチセットについているローストビーフ。

ローストビーフを軽く炙って出すということも勉強になりました。
こんなにも味が変わるなんて!
熱を加えること、一手間加えることで幸せ度合いが倍増です。

16387926_1332738966801554_8301417712236916766_n.jpg

本日のランチセットAだったかBだったかは忘れてしまいましたが、
ランチセットは2種あります。
こちらはハンバーグと牡蠣フライの無敵コンビネーション。

ガッツリ系の町の洋食屋さんとは一線を画す、上品な味に京都を感じます。
神戸のノスタルジック洋食、大阪のパンチ系洋食のどちらとも違う、
まさに京都らしい洋食。

16195990_1332739040134880_1891829933956562902_n.jpg

滑らかにまとめられたハンバーグは小ぶりで優しさを感じます。

16142957_1332739126801538_3173417918554596452_n.jpg

牡蠣フライのソースは爽やかな酸味がフライと相性抜群。
もちろん、タルタルソースも完備!!
そして、このタルタルソースが…タマゴ感の強い「食べるタルタル」的なもの。
タルタルソースには皆さんお好みが色々あると思いますが、
私はけっこうタマゴ感の強いものが好きですね。
もう少し酸味が強いタイプの中で好きなタイプは神戸の「もん」のタルタルです。

16387378_1332739166801534_831282520659839619_n.jpg

タルタルクローズアップ。えっ、海老フライが突然登場?
そうです。追加オーダーです。本来単品だと3尾ですが、2尾での
オーダーにも快くご対応いただけました。3尾だったとしてももちろん
美味しく完食できますが!

16387126_1332739350134849_7311488180836994906_n.jpg

感動のデザート。
カスタードプディング。プリン、ではなくプディング、と言いたくなる
「レストランのデザートプリン」です。
カラメルソースの塩梅が素晴らしいです。

16406514_1332739413468176_2853251531852177057_n.jpg

祇園に期間限定でオープンしているエルメスを覗いてきました。
フォトスポットがあり、面白い写真を撮っていただけます。

夜ご飯の時間までまだずいぶんあるので、他にもライカのギャラリーストアや、
八坂神社の御朱印をいただいたり…祇園周辺をブラブラして時間を潰します。

どうも、この日は舞妓さんや芸妓さんたちの出初めの日だったようで…
黒紋付でトトトトトっと忙しそうに小走りに花見小路を通り過ぎる様子が観られました。

そして、その様子を撮影したい写真マニアの皆さん…
お茶屋さんから出てくるのを出待ちしています。
その人たちの観察をする私。
ちょっと視点がずれた写真を撮ることができたので、
次回のブログでご紹介したいと思います!
とりあえず、今回は海老フライ美味しかったなぁ…という回想でした。

つづく


グリルフレンチ



関連ランキング:洋食 | 二条城前駅烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)



2017.02.05 / Top↑