真夏にインドに行ってから「やっぱり私はインド料理好きだわ」
と再認識して、ちょこちょこ行っています。

この日はなんだか運の悪い日でやたら忙しかった上に
面倒なことが多く、ビミョーなトラブルにも巻き込まれつつ、
怒られるという日でした。
フンフンと文句を言っていると泰人さんが
「あまりにもお気の毒なのでなんでも好きなものをご馳走しましょう」
と言うオファーを与えてくれました。

またしてもタイ料理かインド料理に行きたい気分だったのですが
ご馳走してくれる人がナンプラーをあまり好まないので
インド料理をチョイスです。

23517603_1696015007140613_2824466862116455192_n[1]

前回きたときはランチタイムで大層にぎわっていましたが、
場所柄夜はあまり人が来ないのかもしれません。
この日はお客さんは私たちだけで貸切でした。
地下にあるので見つけにくいというのもあるのかもしれませんが、
こちらは神戸のインド料理といえば、の有名店のうちのひとつです。

23517700_1696015090473938_6739281174113828256_n[1]

マンゴーラッシはどこへ行っても頼みますが店によって配合が少しずつ
違うのか、濃さに差があります。ここはちょうど中間ぐらいですね。
インドのホテルで飲んだものと同じぐらいです。

23517412_1696015200473927_8771050896621021714_n[1]

パパドが出てきました。
インドのおせんべい的な。
いつも私はこれが出てくると普通にこのままかじって食べてしまいますが
ツウな感じがするアレンジとしてはカレーのトッピングとして
クリスピーな食感をプラスするために砕いて入れたりするのもアリだそうです。
おいしそうですね。今度やってみよう。

パパド自体は少しピリっとした辛さがあります。

23561850_1696015280473919_7570271148845320837_n[1]

チキンサモサをオーダー。
泰人さんは見慣れない不思議なかたちの食べ物がきたので
「これは何?」と聞いてきましたが
「インドの揚げ餃子的なやつですよ」
と言うと安心して食べていました。
ミントチャツネがあるとよりおいしくいただけます。
味付けされた鶏のひき肉がたっぷり包まれています。

23621988_1696015260473921_8425526744784584276_n[1]

あれ?これ頼んでないよ。
といいましたがサービスだそうです。
かぼちゃのスープです。色と場所的にカレースープにしか見えませんが
スパイシーな感じではなくクリーミーな感じです。

23561341_1696015173807263_2618738297754361848_n[1]

チキンティッカとタンドリープラウン。
インドから戻ってからあちこちでタンドリープラウンを食べてまわっていますが
タンドリープラウンに関していえば滞在先のホテルレストランのものが
抜群に好みのスタイルだったので次にインドに行く機会があれば絶対にあの海老を
思い切り堪能したいものです。
そして引き続き日本でも好みのスタイルのタンドリープラウンを探してみたいと思います。

タンドリーが乗ったお皿を温めるキープウォーマーがついていて親切です。
これを出してくれるお店は少ないですね。
パンがさめないようにして温めた石を入れてくれるお店はけっこうありますが。

23559892_1696015237140590_1902899337325347778_n[1]

キーマカレー。
上に乗っているのは生姜です。
けっこう量はあるので小食なカップルや女子グループなら2人で1皿で
様子を見てもいいかもしれませんね。

ちなみに私はチーズナン(あればどこでも頼むもののうちのひとつ)
をオーダー、泰人さんはバターナンをオーダーしましたが、
浮かれすぎて写真を撮り忘れました。
チーズが多すぎず、でも香ばしい香りと豊かな風味はプラスされている
カレーに合うチーズナンです。

よく行く芦屋大丸に入っているインド料理「ナワシャンティ」の
チーズナンの破壊力はもしかしたら日本でもトップクラスかもしれません。
あれはあれでチーズ好きにはたまらないのですが。

いろいろほかにも食べたいなら重過ぎない「ゲイロード」の
チーズナンを推奨です。分かりやすく言うと上品系です。

23519325_1696015330473914_5919553072436809656_n[1]

インドに関するマーケティングレポートを仕上げてから
インド人にとっては「豆のカレー」がいかに重要なものなのかということを
再認識したので「ツウな感じのオーダー」で豆のカレーをチョイス。
ヒヨコマメのカレーとダルカレー(レンズマメ)のカレーがあったので
サービスの方に「どっちがおすすめ?」と問い詰める私。
「えぇ…どっちも」としか返ってこないのに
しつこく「いや、どっちがおいしい?じゃあどっちが好き?」
と面倒な質問を繰り返したので困らせてしまいました。
すみません。
で、結局選んだのがヒヨコマメのカレー。
ダルカレーはどこかで食べたことがあるような気がしたのと、
ヒヨコマメをちょっと久しぶりに食べたい気分になったからです。
(じゃああんなに質問したのは何だったんですか…とインド人スタッフに怒られそうです)

辛くはないのに額から汗がじんわりにじんでくる感じが
本気のスパイス配合を感じさせます。

ヒヨコマメもふんわりとした食感でインドのたんぱく源を
十分楽しむことができました。

インドにまた行ってみたいと思っている、という話をしつつ
「チャイがものすごいおいしかった」
と連発していると…聞こえていたのでしょうか。
「サービスです」と言ってチャイが運ばれてきました。
なんか、すんません。おねだりしたつもりではなかったのですが笑

23561685_1696015307140583_7059951547709890955_n[1]

チャイの味も奥が深いもので、お店によっても全然違います。
基本的にどこのお店のものも好きですが共通して言えることは
私はコレに砂糖をけっこう多く入れて楽しむのが好きということ。
これから寒くなってくると普通のミルクティーよりもチャイが断然気になります。
ご馳走してもらった上にサービスもたくさんしていただいて
夕方までは最悪でしたが、最終的にはラッキーで終えることができた一日でした。


ゲイロード 三宮店



関連ランキング:インド料理 | 旧居留地・大丸前駅三宮・花時計前駅貿易センター駅



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2017.11.16 / Top↑
自分のブログを書いたり、ご依頼いただいた食べ物系の原稿を書いていると
感情移入、と言いますか「あぁ~あれ美味しかったなぁ~」 
という気持ちで書くので、その食べ物がとてつもなく食べたくなるのです。

そういうワケでこの日はタイ料理を食べたくなった私。
泰人さんはナンプラーをそんなに好まないのでタイ料理はちょっと厳しいのですが
ちょうどこの日は出張で留守だったので1人ご飯の日でした。

三宮や芦屋にもタイ料理はありますが明石にもタイ料理があります。
しかも、安い。
ランチなんて650円とかそのぐらいで大満足のお弁当がゲットできるらしい。
美味しいよ、という話もちょこちょこ聞いていたので期待が高まります。

私が入ったときにはお客さんは私しかいませんでしたが、
ほどなくして2組ほど入ってきました。

メニューと長時間格闘する私。
不審者レベルに長く考え込んでいたのでお店の人に「大丈夫ですか?」と聞かれます。

大丈夫なんですけど、どうしても食べたいものの組合せが
自分でも多い気がして悩んでいたのです。

まぁ、めったにタイ料理なんて行く機会はないですし、
後悔するよりはいいや…と思って食べたいものを全部頼むことに。

22815095_1675279092547538_4005617624063618424_n[1]

前菜盛り合わせ。
海老のすり身のフライ(手前左)にピリ辛ソースが合う!
昔マクドナルドのメニューにこの手のものがあったような気がするのですが妄想ですかね。
かたちこそチキンナゲットみたいなものでしたが、
チリソースにつけて食べるものだったと思います。

というようなことを思いながら食べ進めていくとホカホカの湯気を漂わせて
チキンライスが登場しました。

22894089_1675279119214202_8740042004154177807_n[1]

これこれ。これが食べたかったんですよ。
鶏肉の量が思っていたよりも多かったのですがご飯の量は思っていたより少なかったので
問題なしに完食できます。

22814333_1675279152547532_8399650273124325060_n[1]

チキンライスについてくるスープ。
中身はお豆腐でやさしい味です。が、今水分をあまり摂ると後がしんどくなりますので
味見だけにとどめてこちらは一旦放置しておきます。

22885974_1675279189214195_5338154486527030853_n[1]

こちらはグリーンカレー。
チキンライスと悩み倒していたのはこちらのメニューでした。
どっちか1つにできない性質で。
グリーンカレーは丼にナミナミ注がれています。
ラーメン鉢ぐらいのサイズの丼にたっぷり入っています。

結局こちらも完食し、結果的に2人分以上を食べたことになろうかと思います。
会社帰りに気軽にいけるエスニック、または女子会などに使いやすい、ということで
タイ料理気分のときの選択肢に入れておきたいと思います。

ところで「食いしん坊キャラ」「いっぱい食べる」「その辺の人には食べる量では負けない」
という自覚のあるワタクシですが、つい昨日、それを覆される出来事がありました…。

その話は次回のブログでお届けします☆


ライタイ 桜町店


関連ランキング:タイ料理 | 山陽明石駅明石駅人丸前駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.11.02 / Top↑
泰人さんが会社の方との会食があった日、
もう私も外食でいいや、とネイルなどの用事を済ませて
三宮あたりをブラブラしていました。
ネイルやまつげのメンテナンスをしながら薄々この後どこへ行くか、
ということについては検討済です。

私が向かった先は神戸サウナ横にある老舗インド料理店
「ショナルパ」です。
神戸にはインド料理店が多いことは皆さんご存知だと思いますが、
その中でも数店は歴史もあり、神戸っ子に長く愛されているお店があります。
ショナルパもそんなお店のうちのひとつ。

この前インドから帰ってきてからインド料理ロスになっていました。
正しくはタンドリー海老を食べたりなかったということが
どうしても気になっていて、近々神戸でリベンジしよう、
と心に誓っていました。
リベンジのチャンスはまさに今日だ、とばかりに
ショナルパの方向に意気揚々と向かっていきます。
その道中に数件のインド料理店があり、呼び込みをされますが
いまさら違う店に入るわけにはいきません。

1人で素敵ディナーに来ることもタンドリー海老のためなら
まったく厭わない。

21314391_1610895472319234_2246769665966669402_n[1]

オーナーおすすめのマンゴーラッシ。
「一番おいしい」
とパワープッシュです。
なるほど、これは本当に濃厚で「一番おいしい」の名に恥じない逸品。

他にバナナやプレーンもあるそうですがマンゴーでしょう。
インドの展示会で塩味マンゴーの飴を食べて苦渋の表情を浮かべたことを
懐かしく思い出します。
フレッシュマンゴーの味というのはこういうことをいうのではないか。
と思いますが、私はまだまだインドの入り口に立ったばかりで
奥の深さを学んでいないと思うので、
あまりどうこう言うのはヤメておこうと思います。
そのうち「塩マンゴーの飴」を「ハマると抜け出せないから!」とか言って
お土産に配りだすかもしれません…。

1人でインド料理にきたときの問題は品数と量の問題。
食べたいものは何種類もあるのに、さすがに量を考えると食べきれるのか悩みます。

それでもどうしてもはずしたくない、という以下のラインナップをそろえました。
☆マンゴーラッシ
☆タンドリーチキン(骨あり)
(本当は骨なしのチキンティッカがいいのですが量の問題で骨ありをチョイス)
☆タンドリープラウン
☆海老カレー
☆チーズナン
ここにプーリやビリヤニ、サンバール、チャイを加えたいところですが我慢です。
というような話をインド人オーナーにすると、
さすがに不審に思ったのか
「お客さん、インド料理好きなんだね」
と話しかけられます。
「実は先週ちょっとだけインドに行ってたんだけどもっと食べたいなと思って!」
というと、そうかそうか、とかまってくれます。
料理を待つ間にもインドでいろいろ気になったことについて質問。

私が気になったこととして、インドは女性の服装にものすごく
保守的なような感じもするけど、実際にはサリーはお腹のところが
露出しているし、あっちの方がセクシーじゃない?
というような話とか。
カースト制度がうっすら残っているけど、その辺についてインド人の皆さんは
どう思っているの?とか。

「へえ!!」と目からうろこの在日インド人目線で
ひとつひとつ勉強になります。
現地のインド人ともまた違った意見を持っていたりするのでとても興味深い。
また気になることがあったら質問しにいきたいと思います。

21317782_1610895502319231_1275344324635855571_n[1]

こちらのオーナーはデリーの5つ星ホテルで総料理長を
勤められていたとのことで、いわゆる家庭料理ではなく
「宮廷インド料理」という風情でその響きだけでもゴージャスな気分になります。
タンドリーチキンを一口食べるとインドに再び戻っているような感覚に。
これこれこれこれ!!このスパイスの妙味。奥深い。

21317399_1610895538985894_2660754007735351283_n[1]

タンドリー海老は私が思っていた(インドのホテルで食べたものと)タイプと
違います。何が違うってまず色が違う。
これはもちろんスパイスの配合によるもの。
食べてみると食感も違います。
砕いたアーモンドがところどころにちりばめてあり、香ばしくもあり、
ぷりぷりした海老の食感とのコントラストを楽しめます。

21433176_1610895562319225_509473383587789020_n[1]

嬉しくて違う角度からもう一枚。
色も味も違いますが、これはこれで大満足です。
要するにスパイシーな海老が食べたかったのでしょうね。
4尾食べてやっと欲求不満から解放された気がしました。

21432864_1610895632319218_6811406157703856098_n[1]

私が近所でよく行くインド料理店のチーズナンは
チーズの重量を感じるほど過度に入っているのですが(それはそれで好き)
こちらは上品にチーズが混ざりこんでいる感じ。
重さ桁違い(笑)

21272293_1610895605652554_5645498805522340686_n[1]

海老のカレーですがけっこうな量が入っています。
他の料理も頼んでいたら3人~4人でシェアする感じですね。
これしか頼んでいなかったとしても1人で完食はけっこうキツいと思います。

さすがにこれは全部食べられなかったのですが
オーナーも「量ちょっと多すぎるって言いましたやん~」と言って
持ち帰り用のパックを作ってくださいました。

だって、ものすごくインド料理が食べたかったのです。
胃袋的にさすがに無理だったのでカレーをお持ち帰りしましたが
もはや「あと1回家で食べられる」という嬉しさでいっぱい。
大人数で再訪したいお店のうちのひとつですが、
インド料理ファンがあまり周りにいないのが現状です。
インド料理ファンを集めて次回はまんべんなくオーダーしたいと思います。
寒くなってきたらチャイも飲みたいなぁ。
とウットリと次の計画をする私でした。


ショナ ルパ



関連ランキング:インド料理 | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)旧居留地・大丸前駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.09.12 / Top↑