最低気温が氷点下という日が続いています。
基本的に寒さに対する耐性は強い方だと自覚しているのですが、
さすがに寒いと思っています。

時間とお金があれば「寒いのでハワイに行ってきました~」
というようなことも可能なのでしょうが、残念ながらどちらも足りていないので
食欲の部分で暑い国へ行ってきた感覚を味わうことにしました。

ちょうど今週は泰人さんが飲み会続き、出張続きなので
自分の食欲指針だけを最優先して、
「食べたいものを食べたいだけ食べられるウィーク」なのです。

つい一昨日の話ですが、最寄り駅ビルの中にあるインド料理を食べました。
「ナワシャンティ」というインド料理店ですが、
よく1人で行くためか、顔を覚えられているので前を通るだけで
「あ、いつも来るやつや」みたいな感じのリアクションを取ってくれます。

ここで気をつけたいのはいつも頼みすぎること。
セットがあるのですが、絶妙にどれかを生かせばどれかを殺さなければいけない組合せ。

度々ブログにも書いてきましたが、私がここで絶対にはずしたくないのは
「チーズナン」と「チキンティッカ」なのです。
本当は「パニールパコラ」や「サモサ」も欲しいところですが
1人ですのでさすがに自粛します。

27545445_1805201072888672_7722595920108184476_n[1]

じゃあチキンティッカとチーズナンだけにすればいいのでは、と
思うのですが、それだと心許ないのです。
足りなかったら嫌だな、と思うのは食いしん坊のセオリー。

単品でカレーをプラスするというのもアリで実際にやったこともあるのですが
そうするとカレー1種類の味に飽きてきてしまうのです。
さらに、単品でオーダーするよりも、お得なセットがあります。
それが「ラニセット」。なぜかこれは店頭のメニューにはあるのですが
メニューには掲載されていないのでメニューを細かく、激しくチェックしている者のみが
知っているセットメニューといえるかもしれません。

ラニ、というのはヒンディ語で「クイーン」ですので
「女王様セット」ということになりますかね。

27540360_1805201116222001_6560518221230478795_n[1]

これがラニセットです。
ナンはプレーン/チーズ/ガーリックの中から選ぶことができます。
このチーズナンが普通の人だと1切れ食べるだけでお腹いっぱいになりそうなボリューム。
心理的だけでなく物理的にも重さを感じます。

ちょっと甘みのある独特の味なので好き嫌いとても分かれると思いますが
私は昔からコレが好きでたまにものすごく食べたくなります。

カレー2種類も数種類のバリエーションの中から選択可能で、
だいたいいつも頼むほうれん草とチキンのカレー、
と今回はシーフードカレーを選択。
前回はダル(豆)カレーを選択しました。

真ん中はサラダですが、ドレッシングが独特です。
タンドリープラウン、アーモンドペーストで焼いた辛味のないチキンも。

プラス、ドリンク(選択可なのでラッシーを)とデザート(アイスクリームにマンゴーソース)
がつくので、まさに盛りだくさんのラニセット。

チキンティッカとコレでようやく私のインド欲が満たされるわけです。
チキンティッカは2切れでいいので、二人以上の時に推奨ですがね。

多少苦しくなりつつもホカホカした気分で寒い坂を上ります。

さて。
翌日も泰人さんは会社の飲み会に参加するとのこと。
ほうほう。そしたら今日は何を食べて帰りましょうかね。
と勤務時間中から思案している私。

いつだって食べることには全力です。
インドに続き、先日からカオマンガイが食べたいと思っていたので
明石のライタイに行くことにしました。

「カオマンガイセット」
こちらもなぜか店内のメニューには載っていなくて、
店頭のメニューにはあるという不思議。

前回初めてきたときはどうしてもカオマンガイとグリーンカレー両方が食べたくて
すべて単品で頼み、2人分を1人でたいらげるという事態になりましたが
さすがに昨日インドカレーを満足するまで堪能したので
今回はグリーンカレーの口ではありません。

つまり、カオマンガイと軽く前菜、プラススープ
(しかも200円足したらトムヤムクンに変更可)
という理想的なセットが存在するということです。

ラニセットは絶妙に食べたいものがかぶっていないという切なさを
味わいましたが、カオマンガイセットは追加の心配がなく安心です。

27459749_1805201249555321_7546200349052533386_n[1]

前菜盛り合わせには1人にちょうどいい量の生春巻きも入っていて
(真ん中の海老のすり身のフライもなかなかおいしくて侮れません)
前回このセットの存在を知らずにウッカリ普通の前菜盛り合わせ(2人用)を頼んだことを
淡い思い出として反芻します。

メニューはくまなく隅から隅まで見なければね、外のやつも中のやつも!
と心底思う私です。

27460043_1805201202888659_7360185619381228600_n[1]

200円プラスしてトムヤムクンに変更した甲斐があって
しっかりすっぱがらいタイ料理の味を楽しめました。

27545419_1805201156221997_7667559205574262618_n[1]

ジャスミンライスの炊き具合もちょうどよくてたっぷりのチキンは最後に
少々余るほどです。
私はカオマンガイ初心者ですが、満足度が高い一皿なので最近お気に入りです。

この後、余裕があれば三宮で銀だこに寄っておやつを食べようかとすら
思っていましたが、さすがにちゃんとお腹いっぱいになったので
ライタイでそのままデザートを食べて帰ることにしました。

けっこうトムヤムクンが辛かったのでサッパリしたかったというのもあります。
(サッパリしたかったとか言うくせに銀だこ?笑)

タピオカココナッツミルクかタイ風白玉入りお汁粉と迷いましたが
なんとなくお汁粉を選択。

27858563_1805201282888651_8473136598140345684_n[1]

「お汁粉」と言うのですから温かいことは容易に想像できたはずなのに
私はなぜか冷たいものが来ると思っていて、運ばれてきた時に相当ビックリしました。

なんとなく、タイに温かいデザートがあるというのがイメージ違いだったのですね。
これだからタイ初心者は…という感じですが、
いつか空港以外のタイを知ってみたいと思っています。

なんだかまだ私の中でエスニック料理ブームが続きそうなので
今日あたりはベトナムかな…と思っていますが、夕方の気分で決めたいと思います!
おすすめエスニックレストランがある方はぜひ教えてくださいませ☆

ナワ シャンティ



関連ランキング:インド料理 | 芦屋駅(JR)芦屋川駅打出駅



ライタイ 桜町店



関連ランキング:タイ料理 | 山陽明石駅明石駅人丸前駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2018.02.07 / Top↑
 真夏にインドに行ってから「やっぱり私はインド料理好きだわ」
と再認識して、ちょこちょこ行っています。

この日はなんだか運の悪い日でやたら忙しかった上に
面倒なことが多く、ビミョーなトラブルにも巻き込まれつつ、
怒られるという日でした。
フンフンと文句を言っていると泰人さんが
「あまりにもお気の毒なのでなんでも好きなものをご馳走しましょう」
と言うオファーを与えてくれました。

またしてもタイ料理かインド料理に行きたい気分だったのですが
ご馳走してくれる人がナンプラーをあまり好まないので
インド料理をチョイスです。

23517603_1696015007140613_2824466862116455192_n[1]

前回きたときはランチタイムで大層にぎわっていましたが、
場所柄夜はあまり人が来ないのかもしれません。
この日はお客さんは私たちだけで貸切でした。
地下にあるので見つけにくいというのもあるのかもしれませんが、
こちらは神戸のインド料理といえば、の有名店のうちのひとつです。

23517700_1696015090473938_6739281174113828256_n[1]

マンゴーラッシはどこへ行っても頼みますが店によって配合が少しずつ
違うのか、濃さに差があります。ここはちょうど中間ぐらいですね。
インドのホテルで飲んだものと同じぐらいです。

23517412_1696015200473927_8771050896621021714_n[1]

パパドが出てきました。
インドのおせんべい的な。
いつも私はこれが出てくると普通にこのままかじって食べてしまいますが
ツウな感じがするアレンジとしてはカレーのトッピングとして
クリスピーな食感をプラスするために砕いて入れたりするのもアリだそうです。
おいしそうですね。今度やってみよう。

パパド自体は少しピリっとした辛さがあります。

23561850_1696015280473919_7570271148845320837_n[1]

チキンサモサをオーダー。
泰人さんは見慣れない不思議なかたちの食べ物がきたので
「これは何?」と聞いてきましたが
「インドの揚げ餃子的なやつですよ」
と言うと安心して食べていました。
ミントチャツネがあるとよりおいしくいただけます。
味付けされた鶏のひき肉がたっぷり包まれています。

23621988_1696015260473921_8425526744784584276_n[1]

あれ?これ頼んでないよ。
といいましたがサービスだそうです。
かぼちゃのスープです。色と場所的にカレースープにしか見えませんが
スパイシーな感じではなくクリーミーな感じです。

23561341_1696015173807263_2618738297754361848_n[1]

チキンティッカとタンドリープラウン。
インドから戻ってからあちこちでタンドリープラウンを食べてまわっていますが
タンドリープラウンに関していえば滞在先のホテルレストランのものが
抜群に好みのスタイルだったので次にインドに行く機会があれば絶対にあの海老を
思い切り堪能したいものです。
そして引き続き日本でも好みのスタイルのタンドリープラウンを探してみたいと思います。

タンドリーが乗ったお皿を温めるキープウォーマーがついていて親切です。
これを出してくれるお店は少ないですね。
パンがさめないようにして温めた石を入れてくれるお店はけっこうありますが。

23559892_1696015237140590_1902899337325347778_n[1]

キーマカレー。
上に乗っているのは生姜です。
けっこう量はあるので小食なカップルや女子グループなら2人で1皿で
様子を見てもいいかもしれませんね。

ちなみに私はチーズナン(あればどこでも頼むもののうちのひとつ)
をオーダー、泰人さんはバターナンをオーダーしましたが、
浮かれすぎて写真を撮り忘れました。
チーズが多すぎず、でも香ばしい香りと豊かな風味はプラスされている
カレーに合うチーズナンです。

よく行く芦屋大丸に入っているインド料理「ナワシャンティ」の
チーズナンの破壊力はもしかしたら日本でもトップクラスかもしれません。
あれはあれでチーズ好きにはたまらないのですが。

いろいろほかにも食べたいなら重過ぎない「ゲイロード」の
チーズナンを推奨です。分かりやすく言うと上品系です。

23519325_1696015330473914_5919553072436809656_n[1]

インドに関するマーケティングレポートを仕上げてから
インド人にとっては「豆のカレー」がいかに重要なものなのかということを
再認識したので「ツウな感じのオーダー」で豆のカレーをチョイス。
ヒヨコマメのカレーとダルカレー(レンズマメ)のカレーがあったので
サービスの方に「どっちがおすすめ?」と問い詰める私。
「えぇ…どっちも」としか返ってこないのに
しつこく「いや、どっちがおいしい?じゃあどっちが好き?」
と面倒な質問を繰り返したので困らせてしまいました。
すみません。
で、結局選んだのがヒヨコマメのカレー。
ダルカレーはどこかで食べたことがあるような気がしたのと、
ヒヨコマメをちょっと久しぶりに食べたい気分になったからです。
(じゃああんなに質問したのは何だったんですか…とインド人スタッフに怒られそうです)

辛くはないのに額から汗がじんわりにじんでくる感じが
本気のスパイス配合を感じさせます。

ヒヨコマメもふんわりとした食感でインドのたんぱく源を
十分楽しむことができました。

インドにまた行ってみたいと思っている、という話をしつつ
「チャイがものすごいおいしかった」
と連発していると…聞こえていたのでしょうか。
「サービスです」と言ってチャイが運ばれてきました。
なんか、すんません。おねだりしたつもりではなかったのですが笑

23561685_1696015307140583_7059951547709890955_n[1]

チャイの味も奥が深いもので、お店によっても全然違います。
基本的にどこのお店のものも好きですが共通して言えることは
私はコレに砂糖をけっこう多く入れて楽しむのが好きということ。
これから寒くなってくると普通のミルクティーよりもチャイが断然気になります。
ご馳走してもらった上にサービスもたくさんしていただいて
夕方までは最悪でしたが、最終的にはラッキーで終えることができた一日でした。


ゲイロード 三宮店



関連ランキング:インド料理 | 旧居留地・大丸前駅三宮・花時計前駅貿易センター駅



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.11.16 / Top↑
自分のブログを書いたり、ご依頼いただいた食べ物系の原稿を書いていると
感情移入、と言いますか「あぁ~あれ美味しかったなぁ~」 
という気持ちで書くので、その食べ物がとてつもなく食べたくなるのです。

そういうワケでこの日はタイ料理を食べたくなった私。
泰人さんはナンプラーをそんなに好まないのでタイ料理はちょっと厳しいのですが
ちょうどこの日は出張で留守だったので1人ご飯の日でした。

三宮や芦屋にもタイ料理はありますが明石にもタイ料理があります。
しかも、安い。
ランチなんて650円とかそのぐらいで大満足のお弁当がゲットできるらしい。
美味しいよ、という話もちょこちょこ聞いていたので期待が高まります。

私が入ったときにはお客さんは私しかいませんでしたが、
ほどなくして2組ほど入ってきました。

メニューと長時間格闘する私。
不審者レベルに長く考え込んでいたのでお店の人に「大丈夫ですか?」と聞かれます。

大丈夫なんですけど、どうしても食べたいものの組合せが
自分でも多い気がして悩んでいたのです。

まぁ、めったにタイ料理なんて行く機会はないですし、
後悔するよりはいいや…と思って食べたいものを全部頼むことに。

22815095_1675279092547538_4005617624063618424_n[1]

前菜盛り合わせ。
海老のすり身のフライ(手前左)にピリ辛ソースが合う!
昔マクドナルドのメニューにこの手のものがあったような気がするのですが妄想ですかね。
かたちこそチキンナゲットみたいなものでしたが、
チリソースにつけて食べるものだったと思います。

というようなことを思いながら食べ進めていくとホカホカの湯気を漂わせて
チキンライスが登場しました。

22894089_1675279119214202_8740042004154177807_n[1]

これこれ。これが食べたかったんですよ。
鶏肉の量が思っていたよりも多かったのですがご飯の量は思っていたより少なかったので
問題なしに完食できます。

22814333_1675279152547532_8399650273124325060_n[1]

チキンライスについてくるスープ。
中身はお豆腐でやさしい味です。が、今水分をあまり摂ると後がしんどくなりますので
味見だけにとどめてこちらは一旦放置しておきます。

22885974_1675279189214195_5338154486527030853_n[1]

こちらはグリーンカレー。
チキンライスと悩み倒していたのはこちらのメニューでした。
どっちか1つにできない性質で。
グリーンカレーは丼にナミナミ注がれています。
ラーメン鉢ぐらいのサイズの丼にたっぷり入っています。

結局こちらも完食し、結果的に2人分以上を食べたことになろうかと思います。
会社帰りに気軽にいけるエスニック、または女子会などに使いやすい、ということで
タイ料理気分のときの選択肢に入れておきたいと思います。

ところで「食いしん坊キャラ」「いっぱい食べる」「その辺の人には食べる量では負けない」
という自覚のあるワタクシですが、つい昨日、それを覆される出来事がありました…。

その話は次回のブログでお届けします☆


ライタイ 桜町店


関連ランキング:タイ料理 | 山陽明石駅明石駅人丸前駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.11.02 / Top↑