マドラグを後にしたのは16時頃。
会食開始の時間までは3時間。さすがにまたカフェに行くのもね…。
という話になり妹と姪とはここでお別れ。

泰人さんと私は再びBALへ戻ってメガネを物色したり
スニーカーを探してみたり。

美術館に行くほどの時間は残っていなかったのですが
久しぶりにゆっくり見て回れた気がします。

いよいよやってきました。憧れの「おがた」さんです。
まだ好きな席を選べる感じだったのでカウンターの隅をいただきました。
会費は7500円+飲み物。
飲み物代はあとで頭数で割勘する仕組みです。

エルダーフラワーのソーダ割りと葡萄ジュースで乾杯。

23172878_1683995738342540_5961326222589436931_n[1]

エルダーフラワーのシロップはMONIN(モナン)から出ているのですね。
便利そうですし、ホットでも楽しめそうなので買ってみようかな。

23172555_1683995778342536_3836288928817366246_n[1]

こちらがHプロデューサー。
想像していたよりも大柄な方でした。
「かなり量が多いと思うので飲みすぎないようにペース配分を考えてね(笑)」
といったような趣旨のことを冒頭のスピーチでおっしゃってられたのですが
「ふ…私やで。その辺の人たちには食べる量と勢いでは負けませんよ」
ぐらいの発言を小声で泰人さんにしました。
「ふうん」と言われましたが、女性陣は皆さんスリムで見るからに少食そう。
スタイルのよさでは完敗ですが食べる量では負ける気がしません(笑)

23172629_1683995638342550_3421303922613257893_n[1]

さあいよいよスタートしました。「洋食の王道」と題されたスペシャルコースです。
「キャベツのマリネとマカロニサラダ」
こちらは細かく刻まれたキャベツの食感が新鮮!
そしてやさしい味のするマカロニサラダ。
まさに王道や!という声があちこちから上がります。

23167856_1683995488342565_3457562227237389910_n[1]

「群馬より原木しいたけ バターしょうゆ味」
私は昔からきのこ類大好きですが、泰人さんは出会った当初しいたけが嫌いでした。
ところが、某有名懐石店でしいたけを食べて以来、克服したようです。

美味しい店で食べると苦手な食べ物も克服できますね。
私も幼稚園の頃は生魚が苦手でしたが今となっては
そんなこともあったかしら…と思えるようになったきっかけが今はなき
摂津本山の「末吉鮨」のおかげです。おいしかったなぁ。。

23172405_1683995425009238_5150856524344297258_n[1]

「山形米沢ポークローストとクレソンサラダ」
マイユのマスタードとの相性ももちろんすばらしいのですが、
塩だけでいただくのも感動の美味しさ。
そしてクレソンをいつも私はつけ合わせ的な感じで
そのままステーキの横などに置いてしまいがちですが、ドレッシングと和えてサラダにすることにより
クレソンの美味しさがより一層引き立つということも勉強になりました。
(早速数日前に試してみましたよ!)

23319207_1683995428342571_8865682265800760580_n[1]

「秋のキノコのクリームスープ」
普通の胃袋の女性ならこの辺りでお腹が膨れてくるのだと思いますが
まだまだ余裕です。

こちらも好きな味です。見た目以上に中にはキノコがたっぷり入っています。
もう美味しさしかないですよね。
でもまだまだこれから…。

23316610_1683995905009190_2037962451932761526_n[1]

タルタルが登場です。レモンも添えられていて完璧なフライセットですね。
「北海道よりイワシフライ タルタルソース」
コースメニューを見たときに「エビフライがない」と言った私でしたが、
イワシフライがこんなにも「アリ」なことに驚きを隠せません。

今まで洋食店でイワシフライを食べることはあまりなかったので
今後の選択肢として大きな布石を残してくれました。

23172693_1683996345009146_3044571355791127790_n[1]

怒涛のフライ攻め。
一口ずつのような感じに写っていますがけっこうな大きさと満足度があります。
「あわじより 活アジフライ からしと塩」
このレア感はプロの技でしか見られませんね。
そして家でこの状態が奇跡的にできたとしても
「え…半生ですか」
と言われてしまいそうです(笑)

こんな品のいいアジフライ…初めて食べました。

23132074_1683995795009201_577620853658372834_n[1]

そらきた!私の2大好きなフライのうちのひとつ
「北海道せんぽうし 殻つき牡蠣フライ タルタルソース」
レモンの大きさを見ていただくと分かりますが大きい牡蠣の身にウットリ。
北海道の牡蠣ってクリーミーで美味しいですね!

23316413_1683995431675904_109388068139184689_n[1]

「長崎五島より 活ぐじピカタ デミグラスソース」
ピカタ!思い出のピカタです。
私は実家の近くにあった「カルニボル」(現在はシェ・ヤマト)の
「海老のピカタチーズ焼き」というメニューが大好きでした。
今もあるのかな…久しぶりに行ってみたい、そんな思い出まで蘇る一皿です。

23131969_1683995705009210_3837237324113127003_n[1]

先ほどのピカタを皮切りにデミグラスソース大会が始まります。
「宮崎尾崎牛ランプ ビーフカツ デミグラスソース」
尾崎牛!みんなの大好きな尾崎牛!柔らかさとジューシーさが同居。
サクサクの衣のあがり具合も完璧です。

この時点ではまだ泰人さんも私も元気です。
特に泰人さんは「ここから後、僕の好きなものしか出てきません!」
とむしろ勢いがついている様子…。

23172385_1683995501675897_1952612563468866726_n[1]

「特製ハンバーグ」
肉汁があふれたところにマッシュポテトとデミグラスソースのあわせ技!
これはベストコンディションでもう一度食べたい。
*ベストコンディション=空腹時

23167659_1683995915009189_3829746937063398221_n[1]

「尾崎牛と南の島豚 スパゲッティミートソース」
濃厚な味わいにみなさん大満足…ん。
おかしい。なんだか私の食べるペースが落ちている。
泰人さんは完食しているのにまだ半分ぐらいしか終わっていない。

「きみ、お腹いっぱいなんちゃうん」
と心配そうに見られますが、
「別に…」
と明後日の方向を眺める明らかに様子がおかしくなる私に
「無理したらあかんで」
と声をかけられました。
周りの人の様子を窺うワタクシ。
あかん…その他の婦女子はみなさん完食している。
ここで負けるわけにはいかない。と思っていたのですがカウンター席ゆえの洗礼が。

巨大なカツが何枚も目の前で揚がっていく様子が広がります。
そう、続いてやってきたのは「カツカレー」なのです。
そもそもカツカレーをそんなに好まないのと、
ここまで揚げ物が続いた状態の私は視覚でヤラれたのです。

23167662_1683995971675850_5238761310211980036_n[1]

わぁ~おいしそう~~!!とテンションがあがる皆さん。
「おいしそう…」と小さい声でつぶやく私。
泰人さんに横目で見られて「キミ、ほんまに無理したらあかんで」
と言われてなんだか情けない気分に。

あんなにいつも食いしん坊だのスピードスターだの言うているのに。
フードファイターの番組を見て「本選はムリやけど予選ぐらいならいける」
と言ってみたりしたことを激しく後悔しました。

そして、言い訳を始める私。
ゆ「なんていうかさ…昼を食べ過ぎたよね」
や「僕も同じ量食べてるやん」
ゆ「だって…男やん」
や「まぁそうやけど…」
ゆ「…もともと…胃弱やねん」
や「え…えらく弱気やな」(失笑)

そうなのです。私は鉄の胃袋を持っているように思われがちなのですが
実家ではめったに揚げ物は登場せず、甘いものは好きだけど
油ものは苦手…という家系。
お酒も祖父以外は誰も飲みませんでした。

カレーはすばらしくおいしかったですが
カツにはたどり着けませんでした。
1つは泰人さんに食べてもらいましたが、残りの一切れすら口に入れることができない。

ああ・・情けない。私、こんなに弱かったの?
と自分を責めるしかありません。

そして、昼に親子丼を1人1皿食べたいと言い、
鳥そばもきつねうどんも食べたいと言い、
あのんでおやつも食べたいと言い、
マドラグで玉子サンドを食べたいと言った自分が悪いのです。

たまにしか行けない京都…
振り返ってみればほとんど休むことなく食べていたような。
そりゃお腹いっぱいにもなるわ。

でも、ここで特筆したいことがお腹いっぱいの状態なのに
ずっと美味しかったおがわさんの料理の数々。
ぜひもう一度訪れてベストコンディションで味わいたいものです。

23167617_1683996278342486_3532034873728067494_n[1]

甘いものは別腹、とはよく言ったもので…シメの
「やわらかふわふわガトーショコラ」はぺロリと食べました。

そして、帰りの京都駅までのタクシーでもウンウン唸り、
電車を待っている間は「座りたい」を連発し、
座ったら座ったで「一秒でも早く家に帰って横になりたい」
とワガママ炸裂。

23231111_1683996198342494_4119093683867086147_n[1]

それでも撮った写真を見返しては「おがたさんの本気」にもう一度挑戦したい、
と思わずにはいられないのでした。




洋食 おがた



関連ランキング:洋食 | 京都市役所前駅烏丸御池駅丸太町駅(京都市営)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2017.11.08 / Top↑
 過去にも「ゲンジ」についてブログに書いたことがあると思いますが
その時は初回訪問だったと思います。
その後、数年が経ち、あっという間に今に至りますが
なぜそのように時が開いてしまったのでしょうか。

かんたんなことで、その時私がハマっていたのが
「オムライス」だったため、オムライスをそもそもメニューに入れていない
「ゲンジ」は定番リストから自動的に外れてしまっていたというわけ。。

ときは流れ、数年間続いたオムライスのブームは(別に嫌いになってないけど)
エビフライへと移行しつつあります。

そして理想のエビフライを求めてウロウロしているところ。
熱心にいろいろ食べ比べていたのですが、
オムライスも奥深いけどエビフライもなかなかのものです。

まず、頭がついたままかとってあるか。
これには賛否両論ありますが「できればナシ」の方向で。
衣が細かい、粗いか。
エビフライに限らず揚げ物全般に言えることですが私は細かい方が好きです。
海老の種類にももちろんこだわりたい。
「車えびでしょう」と言うゴージャスな方もいますが、
私はエビフライにもっとも適していると思うのはブラックタイガーです。
なぜかって。ボリュームですよ。
ある程度大きくないとダメなんです。ブリっと感が重要です。
小さくて品のいいエビフライは、カレーのトッピング用、もしくはお弁当にインです。
その際、1尾2尾では足りませんので最低でも3尾はほしいところ。
エビフライ好きは2尾で満足してはいけません。

次に、ソースも重要です。
絶対にタルタルを欠かしてはいけません。
たまに有無を言わせずオーロラソースという店がありますが
タルタルがないなんて・・・と悲しくなります。
あと、追加料金とるパターンも悲しい。タルタルが欲しいので払うけど。

そして、タルタルだけでは100点とはいえません。
レモンです。レモンがあると2度楽しめるのです。

21314428_1610895372319244_4447473191707599678_n[1]

これが「ゲンジ」のエビフライ。
お見事、なほど私の要求を満たしています。
数々いきましたが、私の好みにものすごく即しています。

横についているものも気になるでしょう?
これは海老クリームコロッケ。
ポシュっと空気が抜ける軽さとクリーム感が同居しているところが秀逸です。
ただし、早めに食べなければソースを吸い、よさが刻一刻と減っていくので
さっさと先に食べるのがセオリー。
エビフライをかじりたい気持ちを抑えて、まずはクリームコロッケに。

サイドのサラダとマカロニもイケてます。
これが揃っていることは相当な評価アップにつながっています。
ご飯とお味噌汁がついてきますが、お味噌汁がコーンスープならなおよし。

21314841_1610895405652574_5531632720568309720_n[1]

レモンの大きさを見ると鯨みたいなかたちのエビフライの頭部分がいかに
大きくてかじり甲斐があるかお察しいただけるかと。

21271116_1610895442319237_6043875287992794730_n[1]

でも、1尾だけじゃないか…。
そんなのできみは足りたのか?と思われる方も多いのではないでしょうか。
私も正直、「エキストラ海老フライはできるのかしら」と
考えたのですが、食べたあとの満足感がなかなかのものなので、
特Aセット、恐るべし。

本当の意味で「特A」です。
実はミックスフライ定食というのを最初頼んでいたのですが
「そうだった、これがあるじゃないか!!」
と即座にチェンジしました。
海老フライ好きには是非とも訪れてほしい「ゲンジ」でした。


ゲンジ



関連ランキング:洋食 | みなと元町駅花隈駅県庁前駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.09.09 / Top↑
 先日東京へ行ったときのレポートです。
頑張って始発で出かけたのですが新幹線って
何かしらの食べ物を持ち込みたくなる乗り物です。

最近ハマっているスターバックスの「チーズとハムの焼いたパン」を
その日も買って車内で食べようと思って駅構内のスタバへ立ち寄りました。

ご存知の方も多いかもしれませんがスターバックスの「そのパン」は
正式名称を「石窯フィローネ」と言うそうなんです。
私はそういったことを気にしないタイプなので「ホットサンド」とか
「パニーニみたいなやつ」とか自由な名称で呼んでいます。

始発付近の時間帯の新大阪駅のスタバは戦場のようになっています。
オーダーミスが絶対にあってはいけない…
そんなピリピリした雰囲気を感じますね。

そんな私の心配をよそにテキパキと目の前の注文を効率よくこなしていく
スタッフの皆さん。安心感が違います。

ようやく私の順番が回ってきました!
スタバのサンドイッチ類はショーケースから自ら持っていって
レジで精算し、飲み物は別途オーダーしますよね。
「チャイティーラテホットショートサイズとコレをあっためてください」
とお気に入りの「チーズとハムの焼いたパン」をさしだす私。

「お時間5分ほどかかりますが新幹線の時間は大丈夫ですか」
「(時間を見て5分でくれるなら問題ない。と判断)大丈夫です」

次々に提供されていくコーヒー類。
どんどんお客さんは新幹線のホームへ移動していきます。

…おかしい。
5分をとうに過ぎているのにまったく呼ばれる気配がありません。
「あの~…まだですかね」
とおそるおそる聞いてみると
「お客様、チャイティーラテとフードのご注文ですね。まだです」
「あ。そう。。」
とおとなしく待っていたのですが、さすがに時間がヤバそう。

よくよく聞いていると
「フィローネ!フィローネとラテでお待ちのお客様!」
とわりと長いこと連呼しているスタッフがいるので
「…早く取りに行ったらいいのに」
と最初は思っていたのですが、途中で気づいたのです。
「もしかしたらフィローネというのはこのパンの正式名称なのかも…」と。

そして「フィローネ」を連呼するスタッフに
レシートを見せて「フィローネオーダーしました」
と言ってみるとレシートを確認したうえで彼女は
「お客様チャイティーラテですので違います」
「あ。そう。。」
でも時間的にもあの連呼っぷり=誰もとりにきていない=私のなのでは…
という気持ちになり、最初にレジにいた人に確認してみると
それまで流れよく動いていたスタバのスタッフたちの動作に異変が。

「ラテじゃないの?!」
「あの人ずっと待ってるけど…」
「あの人、チャイティーラテですよ」
あの人…あの人って私のことやんね。と思って聞き耳を立てていると
スタッフの人たちと目が合います。
「…」
「…」
「…」
(何事もなかったかのように)
「チャイティーラテ入ります~」

まぁ…そういうこともあるわね。
新幹線に間に合いさえすればいいのよ。
と急ぎ目で作ってもらったチャイティーラテを受け取り、新幹線ホームまでダッシュです。
さぁ…!!お気に入りの「フィローネ」をいただこう!!
席について紙袋を覗いた瞬間です。

あれ。何かがおかしい。
異様に紙袋がシナシナしている…。

オーダーがうまく通っていなかったチャイティーラテは
急いで作られたためか、フタがきっちり閉まっておらず、
袋を持って猛ダッシュした私が与えた振動により、
パリっと焼かれ(てい)たはずのフィローネに丸かぶりしてしんなり…。
(包み紙左下ぐらいを見るとベチャベチャ具合が伝わりますね!笑)

いや、それだけではありません。
このフィローネは出来上がってからずいぶん長い間放置されていたワケで…。
(ラテとフィローネのお客さま~~~と呼び出されていましたからね)

もはや、誰が悪いとも言えない事態なのですが、
負の連鎖を生んでしまったようです。
パリっとしたフィローネの美味しさは、店頭でこそ堪能できるものであり、
持ち帰り推奨ではないということを身をもって再認識いたしました。

17309190_1380656405343143_3891809668744483922_n[1]

右端のあたりとか見るからにシナシナでしょう?
最初の一口をあまり水分をかぶっていない左端から食べるか、
残念なことになっている右端から食べるか、一瞬悩みましたが
私は美味しいものや好きなものを最後の方に食べたいタイプなので
右端からいただきました。

お天気もよかったので富士山もキレイに見えます。

17309143_1380656452009805_4700772918439759599_n[1]

楽しみにしていたフィローネが不発だったので、
というワケではありませんが東京ステーションホテルのロビーラウンジでYさんと待ち合わせ。

17103312_1380656538676463_6222345332247804076_n[1]

どうです、このリベンジした感。

17103704_1380656495343134_2802098481833750935_n[1]

早起きする価値のあるホテルモーニングです。
モーニングの時間は10時ラストオーダーですが、10時を過ぎても
フレンチトーストなどの軽食はあるそうです。
うん、これはなかなか使い勝手のよさそうな駅直結のホテルラウンジですね!

大満足で仕事場へ直行してせっせと働いたので
さすがにランチは抜きましたが、
夕方にはお腹がすいてくる人体の不思議!

この記事を書きながら改めてフィローネが店頭で食べたくなったのでした。

つづく



東京ステーションホテル ロビーラウンジ



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 東京駅二重橋前駅大手町駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.04.04 / Top↑