すべり込み鑑賞ですが神戸会場で20万人を超える来場者がきた
「怖い絵展」に9月の連休にいってきました。
混んでるだろうな、と思ってはいましたが90分待ちという表示に
心が折れそうになり、「夜に観にきましょうかね…」と言う私。
でもちょっと会社の帰りに寄るには不便な場所にあるので
やっぱり今日観て帰りましょう、ということになりました。

 21728454_1618916031517178_7163160611207596834_n[1]

メインは「レディ・ジェーン・グレイの処刑」です。
日本初上陸です。
私にとって美術館で観ることの驚きは「サイズ感」。
教科書やネットで見てもそのサイズ感を実際に感じ取ることはできません。
こちらもかなりの大作で圧倒されます。

同じようにサイズ感が「思っていたのと違った」作品は
フィレンツェ・ウフィッツィ美術館の「春」「ヴィーナス誕生」、
ダヴィデ像にもビックリしました。
まぁ美術の教科書をしっかり読んでいたらサイズなどもだいたい横に
書いてありますけれども、私は絵の部分しか見ないタイプだったもので…。
往々にして作者の名前と作品が一致していないウッカリ記憶もあります。

不思議なものや怖いものが好きなので私はモチーフに興味津々です。
「セイレーン」は好きなモチーフのうちのひとつです。
もっとグロテスクでしんどくなるような絵がたくさんあるかな、と思っていたのですが
グロさというよりも絵が描かれた背景や当時の人間心理の怖さを感じる内容でした。

並んでいたのでお昼の時間が少しまわってしまいました。
「近所で何かおいしいものを知っていますか」
と泰人さんに聞いてみたところによると
「出張でこの辺きたときは海鮮丼のお店か、お好み焼きですね…」
というので「はい、きまり」にしました。

海鮮丼の店は相当気合を入れてこないといけないらしく
私たちが到着したときにはすでに「完売のためお昼の営業を終了します」とのこと。
夜のメニューもおいしそうだったので近々リベンジしたいと思います。

そこで2択目のお好み焼き店に。

21761824_1618916064850508_3209049780151387106_n[1]

のどかな町並みの中に溶け込むお店。
「けっこうなボリュームがありますよ」
とのことですが、ボリュームなんて怖くありません。

21730877_1618916101517171_6160194532387465738_n[1]

いい感じ!老夫婦で営むお店です。
カウンター席にかけられたタオルにやさしさを感じますね。
しばらくしてやってきたのは「海鮮焼きそば」です。

21752491_1618916131517168_7208495032961452526_n[1]

こ…これは!!
そばよりも具材の方が多い。
ホタテやたこ、海老など好きなものがいっぱい入っているのですが
相当な満足感です。
しかし、私は「そば丸」の異名を持つほどなので
麺を追加で頼みたい衝動にかられます。
それにしてもゴージャスな海鮮焼きそばでした。

21762087_1618916161517165_2479400618059610173_n[1]

続いて豚玉。
ほどよくふわっとしているので食べやすく
二人で半分ずつだとあっという間です。

こちらのお店にはルールがあり、食べ終わってからの追加が出来ません。
そういうわけで半分ぐらい食べ終わるとお店の方が
「追加はよろしいですか?」と確認しにきてくれます。
お腹の具合にはまだ余裕はありましたがとりあえず今回はなしで。

美術鑑賞もして、おいしいものも食べたのでエネルギーが満タンになり、勢いがつきました。

帰りに住吉に寄ってもらいました。
昔は御影に住んでいたのでこの辺は懐かしい思い出がいっぱい。
山口とうふで好物の湯葉豆腐を買い、マル井パンに寄ります。

いわゆる最近の「オシャレベーカリー」ではありませんが
ベーシックなラインナップが嬉しい昔ながらのパン屋さん。

そこで発見したのは相当大きいサイズのこちら。

21731238_1618918334850281_1939864393537577789_n[1]

何が驚きって、このパンは重いのです。
何が入っているのかというと「焼きそば」です。
普通に具材もたっぷり入った焼きそばがパンの中にガッツリ入っています。
さっき焼きそばを食べたばかりなのに焼きそばパンを躊躇なく買う。

むしろ、ランチで食べたそばの分量よりもこのパンに入っているそばの量の方が
多かったのではないか…そんな気持ちで焼きそばパンを頬張ると
とても満たされて幸せな気分になったのでやはり
「そば丸」の名に恥じない胃袋だなと思うのでした。


ときちゃん


関連ランキング:お好み焼き | 春日野道駅(阪神)春日野道駅(阪急)灘駅



住吉マル井パン


関連ランキング:パン | 住吉駅(JR・六甲ライナー)御影駅(阪神)御影駅(阪急)






★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2017.09.21 / Top↑
泰人さんが会社の方との会食があった日、
もう私も外食でいいや、とネイルなどの用事を済ませて
三宮あたりをブラブラしていました。
ネイルやまつげのメンテナンスをしながら薄々この後どこへ行くか、
ということについては検討済です。

私が向かった先は神戸サウナ横にある老舗インド料理店
「ショナルパ」です。
神戸にはインド料理店が多いことは皆さんご存知だと思いますが、
その中でも数店は歴史もあり、神戸っ子に長く愛されているお店があります。
ショナルパもそんなお店のうちのひとつ。

この前インドから帰ってきてからインド料理ロスになっていました。
正しくはタンドリー海老を食べたりなかったということが
どうしても気になっていて、近々神戸でリベンジしよう、
と心に誓っていました。
リベンジのチャンスはまさに今日だ、とばかりに
ショナルパの方向に意気揚々と向かっていきます。
その道中に数件のインド料理店があり、呼び込みをされますが
いまさら違う店に入るわけにはいきません。

1人で素敵ディナーに来ることもタンドリー海老のためなら
まったく厭わない。

21314391_1610895472319234_2246769665966669402_n[1]

オーナーおすすめのマンゴーラッシ。
「一番おいしい」
とパワープッシュです。
なるほど、これは本当に濃厚で「一番おいしい」の名に恥じない逸品。

他にバナナやプレーンもあるそうですがマンゴーでしょう。
インドの展示会で塩味マンゴーの飴を食べて苦渋の表情を浮かべたことを
懐かしく思い出します。
フレッシュマンゴーの味というのはこういうことをいうのではないか。
と思いますが、私はまだまだインドの入り口に立ったばかりで
奥の深さを学んでいないと思うので、
あまりどうこう言うのはヤメておこうと思います。
そのうち「塩マンゴーの飴」を「ハマると抜け出せないから!」とか言って
お土産に配りだすかもしれません…。

1人でインド料理にきたときの問題は品数と量の問題。
食べたいものは何種類もあるのに、さすがに量を考えると食べきれるのか悩みます。

それでもどうしてもはずしたくない、という以下のラインナップをそろえました。
☆マンゴーラッシ
☆タンドリーチキン(骨あり)
(本当は骨なしのチキンティッカがいいのですが量の問題で骨ありをチョイス)
☆タンドリープラウン
☆海老カレー
☆チーズナン
ここにプーリやビリヤニ、サンバール、チャイを加えたいところですが我慢です。
というような話をインド人オーナーにすると、
さすがに不審に思ったのか
「お客さん、インド料理好きなんだね」
と話しかけられます。
「実は先週ちょっとだけインドに行ってたんだけどもっと食べたいなと思って!」
というと、そうかそうか、とかまってくれます。
料理を待つ間にもインドでいろいろ気になったことについて質問。

私が気になったこととして、インドは女性の服装にものすごく
保守的なような感じもするけど、実際にはサリーはお腹のところが
露出しているし、あっちの方がセクシーじゃない?
というような話とか。
カースト制度がうっすら残っているけど、その辺についてインド人の皆さんは
どう思っているの?とか。

「へえ!!」と目からうろこの在日インド人目線で
ひとつひとつ勉強になります。
現地のインド人ともまた違った意見を持っていたりするのでとても興味深い。
また気になることがあったら質問しにいきたいと思います。

21317782_1610895502319231_1275344324635855571_n[1]

こちらのオーナーはデリーの5つ星ホテルで総料理長を
勤められていたとのことで、いわゆる家庭料理ではなく
「宮廷インド料理」という風情でその響きだけでもゴージャスな気分になります。
タンドリーチキンを一口食べるとインドに再び戻っているような感覚に。
これこれこれこれ!!このスパイスの妙味。奥深い。

21317399_1610895538985894_2660754007735351283_n[1]

タンドリー海老は私が思っていた(インドのホテルで食べたものと)タイプと
違います。何が違うってまず色が違う。
これはもちろんスパイスの配合によるもの。
食べてみると食感も違います。
砕いたアーモンドがところどころにちりばめてあり、香ばしくもあり、
ぷりぷりした海老の食感とのコントラストを楽しめます。

21433176_1610895562319225_509473383587789020_n[1]

嬉しくて違う角度からもう一枚。
色も味も違いますが、これはこれで大満足です。
要するにスパイシーな海老が食べたかったのでしょうね。
4尾食べてやっと欲求不満から解放された気がしました。

21432864_1610895632319218_6811406157703856098_n[1]

私が近所でよく行くインド料理店のチーズナンは
チーズの重量を感じるほど過度に入っているのですが(それはそれで好き)
こちらは上品にチーズが混ざりこんでいる感じ。
重さ桁違い(笑)

21272293_1610895605652554_5645498805522340686_n[1]

海老のカレーですがけっこうな量が入っています。
他の料理も頼んでいたら3人~4人でシェアする感じですね。
これしか頼んでいなかったとしても1人で完食はけっこうキツいと思います。

さすがにこれは全部食べられなかったのですが
オーナーも「量ちょっと多すぎるって言いましたやん~」と言って
持ち帰り用のパックを作ってくださいました。

だって、ものすごくインド料理が食べたかったのです。
胃袋的にさすがに無理だったのでカレーをお持ち帰りしましたが
もはや「あと1回家で食べられる」という嬉しさでいっぱい。
大人数で再訪したいお店のうちのひとつですが、
インド料理ファンがあまり周りにいないのが現状です。
インド料理ファンを集めて次回はまんべんなくオーダーしたいと思います。
寒くなってきたらチャイも飲みたいなぁ。
とウットリと次の計画をする私でした。


ショナ ルパ



関連ランキング:インド料理 | 神戸三宮駅(阪急)三宮駅(神戸市営)旧居留地・大丸前駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.09.12 / Top↑
 過去にも「ゲンジ」についてブログに書いたことがあると思いますが
その時は初回訪問だったと思います。
その後、数年が経ち、あっという間に今に至りますが
なぜそのように時が開いてしまったのでしょうか。

かんたんなことで、その時私がハマっていたのが
「オムライス」だったため、オムライスをそもそもメニューに入れていない
「ゲンジ」は定番リストから自動的に外れてしまっていたというわけ。。

ときは流れ、数年間続いたオムライスのブームは(別に嫌いになってないけど)
エビフライへと移行しつつあります。

そして理想のエビフライを求めてウロウロしているところ。
熱心にいろいろ食べ比べていたのですが、
オムライスも奥深いけどエビフライもなかなかのものです。

まず、頭がついたままかとってあるか。
これには賛否両論ありますが「できればナシ」の方向で。
衣が細かい、粗いか。
エビフライに限らず揚げ物全般に言えることですが私は細かい方が好きです。
海老の種類にももちろんこだわりたい。
「車えびでしょう」と言うゴージャスな方もいますが、
私はエビフライにもっとも適していると思うのはブラックタイガーです。
なぜかって。ボリュームですよ。
ある程度大きくないとダメなんです。ブリっと感が重要です。
小さくて品のいいエビフライは、カレーのトッピング用、もしくはお弁当にインです。
その際、1尾2尾では足りませんので最低でも3尾はほしいところ。
エビフライ好きは2尾で満足してはいけません。

次に、ソースも重要です。
絶対にタルタルを欠かしてはいけません。
たまに有無を言わせずオーロラソースという店がありますが
タルタルがないなんて・・・と悲しくなります。
あと、追加料金とるパターンも悲しい。タルタルが欲しいので払うけど。

そして、タルタルだけでは100点とはいえません。
レモンです。レモンがあると2度楽しめるのです。

21314428_1610895372319244_4447473191707599678_n[1]

これが「ゲンジ」のエビフライ。
お見事、なほど私の要求を満たしています。
数々いきましたが、私の好みにものすごく即しています。

横についているものも気になるでしょう?
これは海老クリームコロッケ。
ポシュっと空気が抜ける軽さとクリーム感が同居しているところが秀逸です。
ただし、早めに食べなければソースを吸い、よさが刻一刻と減っていくので
さっさと先に食べるのがセオリー。
エビフライをかじりたい気持ちを抑えて、まずはクリームコロッケに。

サイドのサラダとマカロニもイケてます。
これが揃っていることは相当な評価アップにつながっています。
ご飯とお味噌汁がついてきますが、お味噌汁がコーンスープならなおよし。

21314841_1610895405652574_5531632720568309720_n[1]

レモンの大きさを見ると鯨みたいなかたちのエビフライの頭部分がいかに
大きくてかじり甲斐があるかお察しいただけるかと。

21271116_1610895442319237_6043875287992794730_n[1]

でも、1尾だけじゃないか…。
そんなのできみは足りたのか?と思われる方も多いのではないでしょうか。
私も正直、「エキストラ海老フライはできるのかしら」と
考えたのですが、食べたあとの満足感がなかなかのものなので、
特Aセット、恐るべし。

本当の意味で「特A」です。
実はミックスフライ定食というのを最初頼んでいたのですが
「そうだった、これがあるじゃないか!!」
と即座にチェンジしました。
海老フライ好きには是非とも訪れてほしい「ゲンジ」でした。


ゲンジ



関連ランキング:洋食 | みなと元町駅花隈駅県庁前駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2017.09.09 / Top↑