ミラノの空港のお土産コーナー、好きです。

こじんまりしていますが、色々な食材が売っていて
見ているだけでも楽しめる空間です。

今回、会社の年下女子のお土産リクエストで
ワインを頼まれたので空港で物色。
正直、よくわからない…。
一応、フードアナリストの試験に出る内容ぐらいのことは
覚えていますが、飲めない人間にワインを語る資格はないでしょう。

ワインというか、アルコール全般を受け付けない体質なので
私がワインを選ぶ場合「名前がかわいい」とか「デザインが素敵」とか
その程度のもんです。

そんな私にワインのお土産をリクエストするなんて、
けっこう冒険なのでは??と思ったのですが、
まぁ欲しいと言うから買って帰らないと…と泰人さんと
「コレがいいんかな…」
「ぼくはこっちがいいと思います」
「じゃあソレにしましょうか」
など、分からないなりに決めて購入。

その他、お世話になっている方へのプチギフト的な
調味料やソース類、チョコレート類も購入。

瓶も数が揃うとけっこう重たい。
まぁ、飛行機に乗せてしまえば問題ないでしょう、と思って移動。
そして、仁川の税関でヴァレクストラ騒動があり、
一晩ゆっくりホテルで休んでから翌日、金浦空港のチェックインカウンターへ。

今回やたらと活躍したデルタ航空のクレジットカード、
コレはマイルが貯まりやすかったり、世界500か所以上の空港ラウンジが
自由に利用出来たり、という以外にも便利なサービスがついていて、
チェックインカウンターもファーストクラスまたはビジネスクラスのレーンに
並ぶことが出来ます。まぁ、実際持っているチケットは
エコノミーなのでなんとなく「エセ感」が恥ずかしいのですが、
並ばなくていいというのは助かります。

今回もきっと並んでることでしょう、と思って優先レーンへ行こうとすると、
珍しくガラガラ。

その場合は優先レーンへ行く必要はないと判断した私たち。
や「おっ、すいてますね!!普通にエコノミーのレーンで大丈夫ですね。」
ゆ「そうですね、空いてるのにファーストのレーンへ行って
本当にファーストのお客さんが来たら悪いですよね。」
や「そりゃそうや。」

というような流れで良かれと思ってとった行動だったのですが、これが大失敗。

エコノミーのレーンの地上係員さんは荷物の重さに厳しかった…。
昨日の記事に載せたように、二人のスーツケースは合わせて44キロ。
新しく買ったものはワインと多少のお土産のみ。(それは手荷物)

係「ひとつあたり23キロまでなのであなたは4キロオーバーしています。」
ゆ「え…でも二人合わせると46キロ以下なので勘弁してくださいよぅ~。」
珍しく下手に出て媚びへつらう私…。
重量オーバーチャージなんて今まで一回も払ったことないし!!
むしろ「払ってたまるものか」ぐらいに思っていました。

や「ぼくのは19キロですよ」
係「そしたら4キロこっちのスーツケースに移し替えたらどうです?」
ゆ「イタリアの大韓カウンターでは二つまとめて計量してくれたんですけどー…」
「絶対にダメです。」
ゆ「…はぁ…。」(←さすがに旅の疲れが出てきているのか反論できず)

仕方がないので空港で初めてあの恥ずかしい作業しましたよ…。
スーツケースその場詰め替え!!
で、若干イライラしはじめた私に泰人さんも警戒している様子。

多分4キロぐらいでしょう、という重さを移し替え、
念のため手荷物に入るものは全部バッグに入れて…さ、もう一度チェックイン。
と思ったらさっきのエコノミーレーンはもう行列。
今度はファーストレーンへ行ってみました。すると…
荷物をまともに計ることもなく「さ、どうぞー♥」とにこやかな対応。

こっちのお姉さんはさっきのおばちゃんの
10倍ぐらい美人に見える。
「すんません、ありがと!!」と急いで出国ゲートへ。

既に帰国ラッシュが始まっているらしく、韓流スターの写真がプリントされたバッグや
バッジやグッズを身に着けた老若女女で大行列。

そして、何やらキャッキャ盛り上がっているところがあったので
よくよく見てみると手荷物検査の係員の若い男子が誰かに似ているとかで
大盛り上がり!!色白で華奢で、黒いセルの眼鏡に茶髪。
確かに「こういう韓流スター、いそう!!」というようなルックス。

まぁ、私はあまり好きなタイプではなかったので、なるほどなるほど、ぐらいに思って
レーンを通ろうとすると「コレ、ダメです」と遠慮がちに言うスター。
ゆ「え。なんで。コレ、免税店で買ったワイン…」

と、途中まで言って気付きました。
あっ…そうか。一回韓国で降りてしまったからミラノの空港で買ったワインは
スーツケースにしまうべきだったのです。
うわーーー、やってしまった。なんという凡ミス。
途中降機なんてほぼしたことないし、ワインを運んだこともなかったのでね…。
スター「ドウシマスカ。有料の梱包センターが地下にアリマスヨ。」
と日本語で話しかけてくれるも、私の頭の中はパニック。

振り返ると大行列、しかも手荷物検査場のスターとのmeet&greetを
楽しみにしている人たちの「あいつ、何モタモタしてんねん」的な目…。
(多分気のせい)

どうすんの、どうすんの!!私!!
ワインを捨てるか、この群衆全員にイラつかれるまま飛行機に乗って針のムシロか…!!
気分はRPGの主人公です。
この選択によってその後のシナリオが変わりかねない、
まさに、デッドオアアライブ
そんな状況でした。

残念。ここはワインを切り捨てることにしました。
会社の女の子には「チョコレート界のロマネコンティ」と言われている
AMEDEIのノッチョーラチョコレートで我慢してもらいましょう。

いや、チョコレートと言えどももともと買ってたワインと同じぐらいの値段の
上等な品なので…分かってもらえたらいいのですが。
(ワインが安いのか、チョコレートが高いのか…) 

先に手荷物検査を通過していた泰人さんは私があまりに遅いので
「どうしたんですか?大丈夫?なんかなくした?」
と戻ってきてくれたのですが、
「お土産に頼まれてたワイン…没収されたん…」
と小さい声で悔しそうにつぶやいた私に
「お土産にワインはややこしいですよね…きみは悪くないですよ!!」
と先ほどのスーツケースの時の警戒レベルよりさらに警戒レベルを上げていました。

こういう時は「爆発」が起こる可能性がありますからね…。

ワインを切り捨てた私は怒り心頭で(完全に自分が悪いのに)
「ミラノの空港で買ったもので、袋の口も開けていないのに!!」
と誰が聞いても「いや、そんなんあかんでしょ(笑)」と突っ込まれるような
台詞を繰り返しながら関空に到着したのでした。

関空からはまたMKタクシーが家の前まで送ってくれるのでラク。
気付いたら部屋の中にいたので、よほど疲れていたのでしょう。
「やっぱり家はいいですね!!」
と久しぶりの自宅で稲庭うどんを食べて今回の珍道中は終了したのでした。

…いや、まだ終わってないわ。
カードの引き落としが無事に終了するまでが旅行です。

1506441_587824867959638_1341673017_n.jpg 
毎回どんなに珍道中でも、疲れても、また旅行に出たくなるのは不思議!!

(おわり)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト
2014.01.15 / Top↑
 ところで皆様…前回のイタリアでケチ心を起こし、
途中からホテルを移動し、早朝のチェックアウトであったために
「カードは使えません」と言われ、
「そんなはずはない!!ホテルでカード使えないってどういうこと!!」とか言って
揉めたことを覚えていらっしゃいますでしょうか。
その仕事っぷりの悪いホテルマンの最後の捨て台詞…
「タクシーはカード使えないですからねー。」
…。←思い出しただけでも不愉快な気持ちになります。

☆その時の記事「チェックアウトは一触即発」はこちらから☆

今回は前回の反省をもとに、最初から最後までホスピタリティ溢れる
素晴らしいホテル「HOTEL LUNGARNO」に3連泊していました。
今回も案の定ユーロを使いすぎて日本円をちょっと両替していこうかな。
とレセプションで相談しようとしたところ…
「マダム、アメックスが使えるタクシーをお呼びしますので大丈夫ですよ!ご心配なく。」
えええええええ!!!
カードの使えるタクシー…イタリアにもあるんや(苦笑)

これでよく分かりました。
いかに、ホテルで働く人の質が滞在を左右するか…。
多少の金額の差でこんなにも気分が変わるなんて。

ルンガルノ、凄いな。。
そりゃ、クリステル先生もやってくるわ…。
(ちょうど昨日のBSフィレンツェ×ダヴィンチ特集で滝川クリステルさんが訪問!!そして、私興奮)

ルンガルノの素晴らしいスタッフの温かいお見送りを受け…
夢心地のままいつの間にかミラノの空港に到着。

44474_587822304626561_779145660_n.jpg 

泰人さんと私のスーツケース合わせて…44.4キロ。
4が3つ…なんだか縁起が悪いなぁ。
と思って何か感じるものがあり、写真を撮る私でした。

「乗り継ぎ時間が長いですが、仁川空港で荷物を一旦引きとりますか?」と聞かれ
「はい、引きとります」と答えました。

ミラノからローマの移動を経てローマから仁川空港へ向かいます。

999553_587823311293127_1773500679_n.jpg 
あっ!!!忘れた頃にやってきました!!
これがウワサの大韓航空のビビンパ!!
サトウのご飯的なご飯と別に具材が盛られたお皿、そして、熱々のワカメスープ。
胡瓜のピリ辛サラダ。

1533946_587823611293097_710200400_n.jpg  
絵具みたいなチューブに入っている焼きコチュジャン。
コレになんだかテンションが上がり、いっぱい入れてしまいました…。
「きみ、ビビンパ真っ赤になってるよ!!」
と言われたのですが「辛い方が美味しいかなと思いまして…」とやたら水を飲む。
でも念願が叶って満足です。

さて、帰りは映画を一本も観ることなく行きの便で気に入ったゲームをやり倒し、
コツをつかんだのでなんとかどうしても越えられなかったステージを着陸直前で
クリア出来た喜びで、映画鑑賞中の泰人さんを揺すって
「ちょっと!!2の4クリアできたわ!!」
と大興奮…。迷惑極まりない。

仁川空港で荷物を受け取って、さぁ韓国のホテルに移動しましょう。
と思ったら…。
泰人さんのスーツケースに何やら見覚えのないものがくっついている。

焦ったあまりに、その写真を撮るのを忘れたので、
画像をお借りしてきたのですがこんな時限爆弾みたいな扱い…。
(下の写真は菊美人酒造さまからお借りしました)

R0017386-thumb-300x225-11362[1] 

ゆ「なにこれ…」
や「これは見たことがありませんねぇ…」
ゆ「なんかめっちゃ点滅してるやん…」
や「とりあえず、外してもらうように交渉しましょう」
ゆ「なんなん…これ!!イラっとするわぁ!!」
や「…」←(面倒なことになってきたなぁ…というような表情)

-税関-

しかも、税関に近づくと変な音楽が流れてピーピー言って非常にやかましい。
私たちだけでなく、イタリア人家族や他の韓国人カップルも何組かコレが付けられていて、
みんな同じところに集まってくるから微妙にズレたリズムの音楽が
むなしくピーピーピーピー…♪ピ~ピピピ~…と鳴り響きます。

ゆ「これ何。早く外してくれます?!」
税「課税対象物??」
ゆ「申告書コレでしょう?書いたけど??」
税「スーツケースあける」
ゆ「(ムッ!!!)」
や「まぁ、仕方ないですから…開けましょう」
すると、税関の検査官が泰人さんのスーツケースを開けるなり
中身をグチャグチャに取り出していくではありませんか。
せっかくあんなに綺麗に二人で協力してパッキングしたというのに。

泰人さんのお父さんに頼まれたバッグも、
雑な感じでつかんで、触って、勝手に開ける。
もともと自分たちで持っていっていた靴や服までチェックされ、グチャグチャ。

税「バッグ。おみやげ?USED?」
や「お土産もあるし、自分たち用のものもあるけど申告不要範囲内ですよ。」
税「…」(引き続き中身を荒い扱いでボンボン出して並べ、
私の戦利品であるValextraのバッグを保護袋から出してきてあちこち触る)
「ちょっと!!私のバッグ!!大事に扱ってよーー!!」

ITALIA2013-2014 130

税「このバッグ。コレ、いくらで買ったか。これは税金払う。」
ゆ「…なっ!!!」
税金を払えと言われて一瞬怯む私…。
や「これは、アウトレットで350ユーロで購入したものですよ。」
税「…」(信用ならねえな~、というような表情)
ゆ「350ユーロ!!!」
後ろにいたイタリア人家族も「そうや、頑張れ!!」
というようなジェスチャーをしてくれて俄然力を取り戻した私…。
税「ふーん、じゃ行っていいよ」
ゆ「ホッ…」

ひとまず、通関できたので安心した私でしたが、泰人さんを見ると
どうもご機嫌斜めの様子
ゆ「おや…どうされましたか。」
や「きみのバッグや僕の服をあのおっさんが雑に扱ったでしょう。」
ゆ「それで怒ってるんや…(笑)」
や「…はい、しかも、出したのにしまわなかったでしょう?気分が悪いです…」
ゆ「もとはと言えば…私がバッグを泰人さんのスーツケースに入れたからですね??」
や「いや…きみは悪くありません…」

私と違って静かな怒りなので泰人さんの怒りポイントは、
よく分からないのですが、(ほとんど怒ってるのを見たことないし…)
服や靴のことになると厳しいので私も気をつけたいと思います(笑)

そんな泰人さんがクリーニング店に出したお気に入りのincotex redのパンツが
「ザ・おっさん」風なル・コック・スポーティフのゴムパンに代わって
出てきた時は怒りを通り越して
「コレはどう見てもぼくの服じゃないなぁ…」
と笑っていました。アレはひどかった。。

そんなことを思い出しながらウォンを少し替えてタクシーに値段を確認して
金浦空港前の空港ホテルへ移動。
そのタクシードライバーのおっちゃんが(おっちゃん、という表現がまさにピッタリな感じの)
とにかくヤバそうな咳をしまくる…。
あぁ…せっかく韓国1泊することにしたのに、なんだかなぁ。

1013715_587824714626320_1640973813_n.jpg 

しかしながら、金浦空港前のロッテシティホテルがなかなか快適でした。
家電デザインもモダンだし、バスルームも部屋も広くていい。
そして、大きなショッピングモールに直結しています。
スーツケースの件、バッグの件、タクシーの件ではイラっとした私たちですが、
せっかくの旅行なので「久しぶりにアジアのご飯を食べに行きましょうか!!」
と気を取り直してモールの中に繰り出すことに。

1016401_587824024626389_619679339_n.jpg 

ついさっき飛行機の中でも食べたはずのビビンパ…。
行きの飛行機で出てこなかった分
ということで食べました。 

ショッピングモール内に台湾へ行った時に妹と食べて美味しかった
「ディンタイフォン」があったので、泰人さんに
「ここの小龍包美味しいですよ!!日本にもあるけど、
台北101で食べたの、ほんまに美味しかったからハシゴしましょうよ!!」
と久しぶりのアジアご飯についハシゴ提案を…。

1560459_587824551293003_2091772961_n.jpg 

念のため、さっきピビンパ食べた10分後ぐらいの写真です。
その上、台北の方がだいぶ美味しかった。残念!!

「明日の朝は早いので食べたらすぐ寝ましょう」
久しぶりのアジアご飯を堪能した二人でしたが、
この後まだスンナリとは日本に帰れないのでした…。

(つづく)



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2014.01.14 / Top↑
 さぁ、いよいよイタリア旅行も最後の夜です。
変な日にちの飛行機しかとれなかったため、1/1にイタリアを出発するのです。
31日はたかちゃんの家のパーティーに参加させてもらいました。

私は生まれてからずーっと「お正月は日本で過ごす」
のがなんとなく当たり前だったので初めての海外での年越しです。
泰人さんはハワイで年越ししたとか言ってたような…。
どうだったかな。

18時ぐらいから教会の鐘がゴロンゴロン鳴り響いています。
非常事態を思わせるこの感じが、なんだか異文化。

フランシスが私たちが泊まっているホテルまで
車で迎えにきてくれました☆

たかちゃんとフランシスの家はミケランジェロ広場
(フィレンツェの特番などで必ずここからの風景が登場する素晴らしい眺めの広場)
のまだ少し上にあるナイスロケーション。

smdf1401121.jpg 

何度見てもうっとりする景色です。
街全体で統一された屋根の色が素敵。

ゲストの皆さんが自慢の手料理を持ってきてくれました!!
一度にいくつもの「本物の家庭の味」を味わえるという
私にとっては夢のような時間になりました。

下の写真の上段右がたかちゃんの作ったリボリータ、
左がシチリアマダムが作ったトリッパ。
とても柔らかくて優しい味わいだったので
「何時間煮込みましたか?!」と聞いてみたところ4時間!!だそうです。
さすがスローフードの国。

takachan1401122.jpg 

お寿司も登場です。
サーモンが特に美味しくてびっくりしました!!
お寿司はいまや世界中で親しまれる料理ですね。

お寿司の写真の左側は豆を煮込んだもので、
イタリアのおせち料理だそうです。
コレを食べるとお金が貯まるんだとか。
や「なんだって!?」
ゆ「いただきます!!」
二人とも美味しく頂きました。
小銭のカタチに似てるからかしら…
そしたら貯まるのは50centとか1euroとかそのあたり…。
(1euro約148円)
まぁ、千里の道も一歩から。ですからね!!

takachan1401126.jpg 

セロリとザクロの前菜は作るのをお手伝い。
生のザクロって日本ではあまり手に入らないですがプチプチしてクセになりそう。

そして、爪楊枝がかわいい…。
今度イタリアへ行ったらこれを買って帰ります。

ティラミスもとっても美味しくておかわりしてしまいました。
これを家で作れる人たち…。本当に凄い。
私もマネしたいと思わずにはいられない料理上手なマダムたちでした。

takachan1401124.jpg 

たかちゃんと喋っていると25ans的なポーズの話に。
私が以前ブログで書いた「25ans的なポーズで写真を撮る」記事を
覚えていてくれたようです(笑)

真ん中の段の左側の私のポーズは
25ans的ではない私がよくするキメポーズです。
泰人さんの思う25ans的ポーズは
「斜めに立って腕にバーキンをかける!!」だそうです。

かなり大笑いしている間に年越しの瞬間が。
シャンパンでみんな一緒に乾杯。

「auguri~!!」(おめでとう☆)
と言いながらお祝いします。
お庭で花火をしたり、音楽を聴いたり、子供たちも大はしゃぎ。

その後もお喋りが続き…ふとテレビを観ると。

takachan1401127.jpg 

「イタリアの女子アナ凄いな!!」
た「そうやねん(笑)でもコレはまだマシな方だよ!!」
ゆ「ええええ!!コレでマシな方…恐ろしいイタリア女子!!」
ちなみに、上のアナウンサーとお天気お姉さん、二人とも赤い服を着ているのは
イタリアの新年の定番だそうです。

ヴィンテージの素敵なヘッドドレスをつけていたたかちゃん、
「ねえ、これ、海賊みたいじゃない?」
と言っていましたが、とってもよく似合っていました。
なかなかコレが似合う人はいないでしょう。

takachan14093.jpg 

とても楽しい時間と初めてばかりの経験をさせてくれた
たかちゃん、フランシスご夫妻、可愛いフランソワ、
パーティーで温かく迎えてくれたゲストの皆さんに心から感謝です。

イタリア女子アナのセクシーすぎる装いに驚いた新年の幕開けでした。
スーツケースをどうにかこうにか詰め直し、
フィレンツェからミラノへ電車で向かい、
ミラノから飛行機でローマ経由、韓国経由で日本へ向かいます。

(つづく)



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2014.01.13 / Top↑