fc2ブログ

 さてさて、1週間もブログ更新を停止してしまいましたが、
本日元気いっぱいにドイツから戻ってきました!!
またそちらの話はおいおい…。

さて、象に乗った後は部屋に戻ってきて少しのんびりします。
象はとても楽しかったのですが、送迎の車がけっこうしんどかったのです。

テラスの大きなベンチで緑を眺めていると
優雅な気分になります。

「ウフフ…今リゾート旅行を楽しむマダムっぽくない?!」

とか言いながら泰人さんに写真を撮ってもらう私。

バリ201405095 
その時です!!
何か分からない動物の鳴き声がすごい至近距離で!!
ホウホウホウホウホウホウホウ~~~!!!
優雅な気持ちは一瞬で終わり、その鳴き声の正体を知りたいがために
必死になってキョロキョロしてみましたが、全然分からず。

リスや不思議な鳥はいるのですが、明らかにもっと大きいような動物の
鳴き声だったのでサルかな…と予想しています。

この日の夜はルームサービスで!!
ルームサービスを頼みましょうか。
と泰人さんと食べたいものを好きに選び、
張り切って「このたびは私が電話しましょう!!」と言ったはいいのですが…

「1chicken soup,1 St.Regis burger,
1meat ball spaghetti... and 1 wan tan me~n

と言ったところで電話の先の人が「???... ah,wantan noodle!」
というリアクション。

何秒かしてから泰人さんが「プッ」と吹きだして気付きました!!
「wantan noodle」を
「ワンタンメ~ン」と気取って言ってしまった私。

仲良しの素敵マダムがアメリカ旅行の時にベジタブルジュース「V8」を
「ヴイハチィ~」ってめっちゃいい発音で言っちゃってさぁ~!!!あははは♥
という失敗談を披露してくれて、「めっちゃ面白いですねぇ!!アハハハハ!!!」
と大笑いさせて頂いたのにほぼ同じことをしてしまったのでした。

ワンタンメェ~~~ン…。

バリ201405094 
セントレジスバーガーは超ボリューミー!!
ベーコンとチーズはオプションで付けることが出来ます。
ワンタン麺も、美味しかったですよ☆

綺麗にテーブルセットしてくれてお花や飲み物もついてくるので、
ホントに部屋でのんびりしたい日にはルームサービスディナーもオススメ!!

ただし、私のように気取って失敗しないためにも
オーダー前に一応練習は一度ぐらいしておいてもいいかもしれません。

ルームサービスディナーの後は予約しておいたスパに向かいます!!

☆つづく☆




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2014.05.15 / Top↑
 3日目はちょっと遠出をして象に乗りに行くことにしました!!

なぜ急に象に乗ろうと思ったのかと言うと…
空港からホテルまでの送迎車の中にバリで楽しめるアクティビティの
案内写真があり、その中に乗馬とラクダと象があったのです。

海岸で乗馬をするか、ジャングルで象に乗るか…二択でした。
ラクダはやっぱりアラブの国で乗る方が雰囲気出ますからね!!

「レア度から言うと象でしょうな」
ということで象に決定。

象はウブドにいるらしい。
朝8:00に迎えがくるということなので、この日も「ボネカ」で
朝ご飯をしっかり食べます。

バリ201405093 

クロワッサンのフレンチトースト、
ビックリするほど高カロリー
に違いありませんが、
大変気に入りました…。横に添えられているのはシナモンバターなるものです。

のんびり食べている間にお迎えが来ていたので焦って車に
乗りこみます。外部のツアーに参加するので、
他のホテルのお客さんをピックアップしながら行くのです。
今回は泰人さん以外全員女性。

1時間以上車移動。

そのタクシーがなかなかの乗り心地の悪さ。
寝ようにも寝られないわ~!!とか言いながら寝てました。

バリ201405089 

ウブドの森の中にエレファントサファリパークはあります。
泰人さんはいきなり海外マダムと象に気に入られていました。

相変わらずマダム受けがいいですね~!!
マドモワゼルRちゃんをはじめ、小さい女の子には怖がられがちなのに。。
背が高くて髭というのが怖いんだろうか??

国籍不明な服装で象と写真を撮る私↓
頭に巻いてるスカーフは象柄です☆(たまたま…)
髪の毛と一緒にあんでみました。

バリ201405090 

象があまりにも可愛くて、大感激です。
鼻を巻きつけてきたりするんですよ!!

10336849_643318935743564_2342979568652431380_n[1] 

凄い勢いで鼻を伸ばしてくるので
ちょっと怖かったけど…。

さらに、象ショーも行われます。
海外のグダグダ感のある司会もたまらなく楽しい(笑)

「イツヤルノ~イマデショ~」
とか日本語で言ってくれたりするサービスも…。
(微妙!!!)

バリ201405091 

いよいよ象に乗ってジャングルを散歩します。
乗ってみるとけっこうな高さです。

木の枝スレスレのところを通ったり、
枝が刺さったりしますが、とても楽しいです。

ランチはミーゴレン、ナシゴレン、サテーなどインドネシア料理。
ベイクドバナナとインドネシア風パンケーキも食べましたよ☆

バリ201405092 

象のクライマックスは水浴び場での記念撮影
プロのカメラでも撮ってくれるのですが、自分たちのカメラでも撮ってくれるので
とても親切。普通こういうところって商売っ気が強くて
自分たちのカメラでは撮ってくれなかったりするんですけどね!!

とにかく、スタッフもみんないい人で無理に何か買わされたりすることも
全くなくて象の魅力を心ゆくまで楽しむことが出来ました。

家族連れでも、カップルでも、お友達同士でも、オススメのアクティビティです♪

つづく

◆つづく、なのですが、今日から出張でドイツに行くことになったので
ブログ更新を1週間お休みします。次回の更新は15日の午後予定です◆







★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2014.05.10 / Top↑
散々ごろごろした2日目のディナーは
プールから眺めたオシャレレストラン「カユプティ」 へ行くことにしました。
ロビーに降りると「ドコドコドコドコドコ…」という激しい太鼓のリズムが。

しばらく見ていると火踊りが始まります。
踊りながら海へ続く道に点在するトーチに点火していくという演出。

毎日18:30~のセレモニー。
ただ火をつけるだけでなく、エンターテイメントと一体化させているところが面白い☆
バリ201405082 
時々失敗するところもご愛嬌。
南国気分が火踊りによって盛り上がります。

鑑賞し終わったのでカユプティまで歩いていきます。
ヒールを履いていてもロビーから十分歩いていける距離です。

バリ201405083 
実は、私は「ドレスアップディナーの時に着るねん」と言って持ってきた
ブルーのボッテガヴぇネタのドレスがあったのですが、
(結婚式の二次会で着た、例のアレ)ものすごく着脱しにくいデザインで、
サイズもその上ジャストすぎるので(それは自分の責任)
「湿気と汗と食べ過ぎで脱げなくなって破ったりしたらショックすぎる…」
と思ってラクな服に急遽変更。

代打は中学生の頃買った懐かしいジャンポールゴルティエのロングワンピです。
なかなか物持ちがいいでしょう??

さて、ラクな服なので心おきなく好きなものを食べることが出来ます。
張り切ってメニューと向き合います。
(ちなみに、カユプティにも日本語メニュー完備)

バリ201405084 
まず登場したのは可愛いサイズのちぎりパン。
ちゃんと温かいし、バターにりんごジャムにオリーブオイルにクリームチーズ、と
パンだけで完結できるほどの満足感。

アミューズはフォアグラのプディング。
クリーミーなフォアグラと軽くトーストされたパン、
りんごのソースとよく合います。

バリ201405085 

私が前菜にオーダーしたのはオマール海老のビスク。
泰人さんはサーロインステーキ。
オシャレな盛り付け、マネしたいところが沢山。

ここだけの話(って、全世界発信ですね)泰人さんが言うには
朝出てくる一口ステーキの方が肉質は上だったそうですよ。

それから、私は朝のステーキはアンガスだと思っていたのですが、
A5ランクの和牛だそうです。
あとで以前の記事も訂正しておきます☆

オマール海老のビスク、素晴らしかったです。
鉄板焼き屋さんなどで出てくるビスクやフレンチで出てくるビスクは
けっこうクリーミーで重厚なものが多いのですが、意外と軽やか。
アッサリしていてすんなり飲み切ることが出来ます。

バリ201405086 
ここで私のオーダーしたメインが登場。
ロブスターのグリルです。
「絶対にコレが食べたい!!」と即オーダー。

こういう大きい海老が大好きです。
なかなかしょっちゅう食べられるものではないですけど、
海老とか蟹とか甲殻類に目がない、プリン体コレクター。

痛風に気をつけなはれや、とよく言われます。
ほんと、気をつけないと…と思っているので旅行の時ぐらいは
いいでしょう、と逆に大きい気持ちになります。

ソースも4種類、本気ペンチが付いてきます。
バリ201405087 
大きく割られているので身の部分は食べやすいのですが、
爪の部分が美味しいのに、食べないワケにはいきません。

気取った服装、気取った仕草で食事をしていた私ですが、
途中から本気で海老に向き合います。

心配そうに見ていた泰人さんの予想は的中…
手をすべらせながらペンチを力いっぱい握った瞬間…
「あっ…!!」

海老の爪は私の方へ飛んできてお腹の上あたりに当たってから
ポトリとひざの上に落ちました。
服が汚れるとか、食べ方が美しいかどうか、よりも
目の前の海老に夢中になっていた結果です。

もちろん、床に落ちたワケではないのでサッとひざの上に落ちた海老の爪を
拾ってお皿の上に何ごともなかったかのように置き直して
フィンガーボールで指を洗って一旦心を落ち着けてキョロキョロしてみると
一部始終を見ていたのは運良く泰人さんだけだったようです。

再び海老を堪能する私。
本当に美味しい。大好きな海老!!
食べにくいけど甲殻類万歳!!

バリ201405088 

アイスクリームで〆て夢心地で終えたディナーの結末は
なんとも現実的なものでした。
請求書を見て驚く私。。
なんか、ケタの違うものが混じってる…。

そう…私のオーダーした海老は「100g単位」の価格だったのです。
ロブスターだけでおよそ日本円で14000円
ビスクが約3500円
なので、一人で17500円分も食べたことになります。
アイスクリームが約700円、とこういうレストランにしては良心的な価格帯であることを考えると、
海老がどれだけ凄いか分かりますね。

「うわぁ~~~~!!!こんなにするならもっと味わってゆっくり食べたら良かった!!」
と、後悔する私に
や「海老は万国共通で高い食材だということが分かりましたね!!」
ゆ「ほんまに…!!ショックやわ…肉の2倍もするとは!!」
二人とも「海老、すごいな!!」「海老には気をつけないとダメですな!!」
とより一層海老に対しての警戒を強くしたのでした。

海老好きのみなさま、海老の値段には要注意です。

つづく




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2014.05.09 / Top↑