fc2ブログ

朝まだ日が昇らないうちから(AM5:30ロビー集合!!)キャメルトレッキングに出かけました。

まず、集合時間に厳しい泰人さんは10分前行動やで!!と言って5:20にはロビーへ。

いつものことなのですが、こういう海外のアクティビティって絶対に時間通りに始まらない。
ロビーに5:30の時点で座っていたのはインド人のご夫婦(彼らは私たちより先に来てた!!)
と私と泰人さんだけ。出発する様子がないので、「あ~。誰かまだ来てないんだろうな。」と
安易に予測できるので仕方なくそのままボーっと待つ私。

次にやってきたのは、中国の色白でショッキングピンクのカラーデニムを履いた女の子と彼氏。
(彼なのかご主人なのかは不明)にこやかに「遅れちゃった♥」という様子でこちらにも会釈を。

そして、最後に登場したのがこちらも中国のカップル。
英語がとても堪能だったので、どこに住んでるの?と聞いたところロンドンに住んでいるとのこと。
なるほどー!!いいな~!!ロンドン。
ロンドンって滞在費は高いですが、日本人にも住みやすい街だと思います。

最近はどこの国の人かパッと見では分からないですね。
特に女性は思い思いに流行のファッションを楽しんでいるので、話してみるまで分からない。

そんなメンバーで出発。
らくだ05041 
砂漠で見る日の出は格別。
海で見ると神々しいですが、こちらは異次元の世界へ来たような錯覚を。
宇宙のどこかの星にもこんな感じのところがあるかもしれないですね。

今回の旅の中で一番気に入っている写真がこの下の「ラクダとおじさん」の写真。
「砂漠に来たーー!!」という感じで好きです。

らくだ05042 
しばらくラクダに揺られて砂漠の広大な景色を楽しんだ後は、
一休みのティータイムが用意されています。
アラブ風の設えがとても可愛い!!

別のアクティビティ「デザートウォーク」に参加していたゲストとも合流。
円になって一緒にコーヒーや紅茶を飲み、サンドイッチをつまんでお喋りを楽しんだりします。

この様子を見て泰人さんが…
らくだ05043 
「真剣十代しゃべり場!!」懐かしいですね!!
て、皆さんご存知でしょうか。
NHKの「台本なし、司会者なし、結論なし」のコンセプトのもと若者たちが真剣に討論する番組です。

「お金って必要なの?」
「なぜいじめは起こるの?」
「敬語って必要?」
「やっぱり美人は得ですか?」

などが印象に残る議題…。
他にどんなのがあったかなぁ、と思って色々調べてみたところ、
こんなブログ記事を発見しました。

この方のブログ、かなり辛辣かつユーモアに富んでいて、愉快痛快。
リンクフリーとのことなので、遠慮なく頂きました。
「PURPLE HEART」さんというアーティストの方のようです。
日本一周をしていたり、日々の日記の文章もかなり面白い。
女性なのか、男性なのかもよく分からないのですが、読み込んでしまいました。

◆私と10代しゃべり場◆

若い頃に観たことある人は共感する部分多いんじゃないかな(笑)

UAEのリワ砂漠まで来て、「10代しゃべり場」について泰人さんと話すことになるとは
思いもしませんでした。

本まで出てるなんて知らなかった…。
今は「青春リアル」という番組に変わっている様子なので早速昨日の放送を観てみたのですが、
断然「10代しゃべり場」のスタイルの方が面白かったな。
あのグダグダな感じと、怖いもの知らずな自由な発言があるから面白いのに。

どっかで復活してくれますように。

<いよいよ旅の記録も終盤に差し掛かりました。あと3回ぐらいで終わるかな?>





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2012.05.18 / Top↑
QASR AL SARAB  resort by ANANTARAというホテルの正式名称なので、
(長い…)
そりゃ勿論、スパをしなければなりません。

日本にいる時はそうそう「じゃ、スパでも行きますか」なんて言える身分ではないので、
海外リゾートへ行った時はここぞとばかりに自分を甘やかします。

事前に「スパメニューもメールで送って!!悩む時間が楽しいから!!」というリクエストを送り、
15分で返信があるという素晴らしいホスピタリティに期待も高まります。

早速予約をしにスパへ向かいました。
泰人さんはプールで泳いだり焼いたりしていてサンバーン状態。
スパメニューの中にあったキュウリやアロエを使ってクールダウンするメニューにする、と
心の中で既に決定していたそうです。

日焼けって、体力奪われますよね。
しかも、砂漠の真ん中の直射日光ですから…。
スパ05041 
プールからちょっとだけ歩いたところにスパ棟があります。
プルメリアの香りがホンワリと漂い、薄暗い受付にはタイ本国から来た
笑顔の美しいセラピストが待機中。
素敵な中庭がありました。それにしても、いい職場だな~…。
ここに座ってるだけでも癒されそう。
スパ05042 
立派な個室に案内して頂き、(どれがスタンダードでどれが立派なのかは分からないですが、
私基準では相当立派な部屋でした!!)
専用のトイレとシャワールーム、ダブルシンクの洗面台がついています。
シャンプーが入っている容器も素焼きの壺だったりして、リゾートスパ風味満載!!

不思議な音のする銅鑼を叩いて準備が出来た旨をスタッフに伝えます。
「コレ、絶対私が鳴らしたい!!!」
と熱くアピールしましたが、あっさり「あ、いいよ」と言われたので一安心。

私はアラビックスクラブというメニューを選択。
フォア~~、気持ちがいい!!
サンダルウッドの香りがエキゾチックです。

アレ、どっかで香ったことのあるにおいだな…。
懐かしい感じがするな~…と思って施術中ずっと考えてたのですが、
コレでした…。

51v++ga3IqL__SL500_AA300_.jpg 
割と普通に薬局で売ってるマッサージジェルです。
「脂肪をどうにかしたい」という一心で色々買ったうちの一つ…。

コレと同じにおいがするんです。
世界のアナンタラスパで使われているジェルと薬局で1000円ほどで買ったジェルを
比べては旅のラグジュアリー気分もちょっと落ちてしまう…と、
焦ってこの発汗ジェルの存在はなかったことにしようと務めましたが、
途中から「いや、でも逆にあのジェルをまた日本で買ったら今日の気分を思い出せるかも…」
という発想に転換。

スクラブでマッサージをしてもらったので体もスッキリ。
ツルツル、シットリです。

一方泰人さんは…。

クールダウンメニューというだけあって、何か塗る度にヒヤッ!!とするので
その度に「キャッ」と言ってしまいそうでそれに耐えるのが大変だったとか。
でもとっても気持ち良かったそうです。
前回のドバイで行ったサトリスパ(そちらも超有名スパですが…)で
受けたマッサージが強すぎてタオルを咬んで我慢していたらしいのですが、
(痛いぐらいの方が効くのか、と思っていたそう)
今回はパックや保湿なのでヒヤッとする以外はリラックス出来ていたそう。

スパ05043 

施術後にポットサービスで頂けるジンジャーティーをおかわりしまくり、
デーツも独り占めする私に「きみは本当にどこでも生きていけるな~…」
と感心してもらいましたが、旅先で体調を崩したことがほとんどない理由は
そこかもしれないです。イラっとしてキレたりすることはありますが、
そう言えば旅行先で病気になった記憶がありません。
食欲が落ちないというのは元気な旅行の必要不可欠な要素ですね。

この後、「さ、ランチ行こうか!!」とレストランへ繰り出し、
またパンを食べたりラクダのミルクを飲んだりして栄養補給しました。
泰人さんもお気に入りのパスタをガッツリ食べていたのですが、
既にこの時の写真の表情には疲れが出ています。

後から思えば、この時既に予兆が出ていたのかも…。

<キャメルトレッキング>に続く。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2012.05.17 / Top↑
私は普段は朝食を食べない+寝起きも悪く、毎朝ギリギリに家を出るのですが、
旅行になると別人のように早起きになり、余裕をもって身支度を整え、
カーテンをコーラックのCMばりに爽やかな勢いで開け、
「おっはよーーー!!!さっ、ご飯行こっ!!」と言ってみたりします。
(ちょっとウザい…)
どうして同じ人間の行動なのに、こうまで違ってしまうのか、本人ですら分かりません。

今回の旅行でも張り切って朝食へ出かけました。
朝からとても全種類制覇出来なさそうなビュッフェ♥ ワクワクするわぁ~。
ちなみに、写真は4回分の朝食写真から抜粋しているので、一日分ではありません。
念のため。

朝ごはん05041 

date with youというのは、ここのホテルのオリジナルドリンクで、
デーツ(なつめやし)とラクダのミルクと、蜂蜜を混ぜたもの。
全くクセはなく、非常に美味しい飲み物です。
ヨーグルトやフルーツをたっぷり摂る泰人さんに対し、
目につく変わった食べ物、美味しそうなものは何でも入れてくる私…。
「料理研究家は研究しなきゃ!!」と意味不明な言い訳をしながらモリモリ食べる。

普通男女逆やろ、というようなお皿に仕上がりました…。

朝ごはん05043

一応、サラダを盛ってみたり、ベジタリアン用のスープを食べたりしているのですが、
毎朝玉子食べすぎ(笑)

私がこちらの朝食の中で一番気に入ったものはアラブ風のピザ
細かい分類がもしかしたらあるかもしれませんが、
今調べてみたところ、アラビア語ではスフィーハ、トルコで言うとピデという食べ物のようです。
正式名称知ってる方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい☆
気に入りすぎて何回もおかわりに行くので、係のおばちゃんとも仲良しに。

朝ごはん05042

まだ古いのがあるのに焼きたてを焼いてくれたり(笑)
スフィーハはとても食べやすくて美味しいのですが、現地色が強いからか、
あまり人気がなかったので、きっとおかわりしまくる私を気に入ってくれたのでしょう。

泰「わ、またソレ食べてるん?…ていうか、ソレ、何なん??
ゆ「分からんけど、ピザみたいな?美味しいよ!!コレ、日本でも食べれないやろうか。」
泰「そんなん日本で食べても美味しくないってw」
ゆ「それ、海外あるあるやね…」

そういう経験ってありませんか?海外で食べて
「うわぁ~~!!これ美味しい!!お土産にも買って帰ろうっと!!」
と大量に購入して帰ったものの、
冷蔵庫の奥の方でひっそりと賞味期限を迎える食材…。

そして、家族には歓迎されず、一口食べるどころか誰も手をつけなかったり!!
で、勿体無いので自分で再び食べてみると
「アレ…こんなんやったかな…」
という状況、私は今まで何度もありますよ。

アラビア料理を出す店があまり近くにないのですが、美味しい店を見つけたら
スフィーハを再び食べてみたいと思います。
または、自分で作ってみる!! ポイントはアラブチーズですね。
まずコレをどこかで手に入れなければ。

<アナンタラスパ>へ続く





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2012.05.16 / Top↑