fc2ブログ

 バタバタしたり、病気になったり、で大変な日々を過ごしておりました。
誕生日の日に俵屋さんへ宿泊したことをブログに書いていなかったので
記録しておきたいと思います。

428603601_24770422182606569_3691586709897077491_n.jpg

お正月の設えがファンタスティックでした!
そして、しっかり写していませんがところどころに敷かれたラグが
とても素敵。様々な意匠の組み合わせが絶妙な品の良さで
和の空間に馴染んでいました。

428621333_24770422839273170_3592332134109517236_n.jpg

お部屋。庭が見えて豊かな気持ちです。
古くからある旅館のいいところはひとつひとつの部屋が違うことですね。
また今度、の楽しみも増えるというもの。
お軸は富岡鉄斎の奥様の「福壽」です。

428617491_24770424772606310_5647661116443214833_n.jpg

驚くほど静かで、ほぼ無音。
どうやったらこんなに静かになる?というほど静かです。
何か特殊な防音加工がしてあるのか、と思うほど。
そして、コレがこの旅館の魅力のひとつなのだとすぐに気付きました。

到着してすぐにわらび餅とお茶を仲居さんが出してくださいました。
その日のランチがボリュームたっぷりだったのでお腹はいっぱいでしたが
夜ご飯の時間の希望を聞かれます。
まぁ、和だしいけるでしょう、という判断で19時を選択。

428613020_24770421959273258_2576701598742112312_n.jpg

ちょっとお正月の名残。
おめでたい雰囲気が残っています。このあとお吸い物。

428603142_24770421605939960_7104865865064222637_n.jpg

お造りは二種。鯛と穴子。

428605817_24770421129273341_6746075535446332507_n.jpg

鰤を蕪で茶巾仕立てにした粕汁。
緑は鶯菜。
とても気に入りました。感動の美味しさ。
好きな要素しかないですし、とてもまろやかで品が良い。

428611518_24770420315940089_9112439293075039560_n.jpg

焼フグ。
フグはもちろんのこと、付け合わせの白ネギと大黒シメジも美味しい。
キレイに食べきったので年配の仲居さんに褒めていただきました(笑)
お若いのに~と言われると、「そんなに若くはないし、なんならけっこうな大人…」と
思ったのですが仲居さんからすると子供より年下ぐらいだと思います。

428610953_24770419799273474_9180395758765723052_n.jpg

鯛巻繊(たいけんちん)柚子あんかけ。
小松菜と扇に切られた蕪が添えてあります。
柚子と蕪は無敵のコンビネーションですね。

428614265_24770419172606870_2439358250613119602_n.jpg

クエの南蛮漬け。
サッパリしているのでスルッと食べられます。
続いて〆のごはんです。

428609773_24770417795940341_5453219579234563855_n.jpg

このご飯がとても美味しい。
特定の農家さんに頼んで俵屋専用に作ってもらっているそうです。

428605045_24770418165940304_6111690224493593250_n.jpg

京都らしくお漬物もたっぷり。
無限ごはんですね。家ではお漬物を積極的に用意しないので…。

こういう美味しいお漬物を食べると「錦市場寄って帰ろうかな?」とも思いますが、
こちらは俵屋さんの自家製だそうですよ。
ちなみに、錦市場に行く場合は打田漬物さんの山葵長芋がお気に入りです。

428615110_24770416689273785_2885484272808154524_n.jpg

食後に和三盆のお干菓子。
俵のかたちでカワイイです。
ちなみに、こちらは宿泊せずともギャラリー遊形でも購入できるそうです。

428613216_24770417255940395_7121266448799330238_n.jpg

苺の豆乳寄せ。
練乳の甘みと豆乳のコクに苺の酸味がよく合います。

428605156_24770416179273836_8531836560622218689_n.jpg

ガーゼ素材のパジャマはホッコリ気持ちいい感じですが
ちょっと病院着的な感じもします。
家では着ないタイプのパジャマでこちらもまた非日常。

就寝。
‥‥すごい静か。無音。
これだけ静かだと仕事を持ってきても相当集中できそうです。
特に、書く仕事や、考える仕事の人にとっては素晴らしい環境ですね。

そして、敷布団、掛け布団の具合が素晴らしい。
ベッドのようでもあり、布団のようでもあり、ハイブリッドを感じました。
コレはよく寝れるわ…と思っている間に寝てしまいました。

428604285_24770415829273871_7129701911320476452_n.jpg

朝のお目覚めドリンクはヨーグルトかオレンジジュースか選択できます。
仲居さんはヨーグルトがオススメとのことだったのでヨーグルトを選択。

ちなみに、朝食も洋食か和食を選ぶことができますが、
こちらも「うちはレストランではありませんよってに…」という一言から
和食を選択しました。

428604760_24770415399273914_3597017402764064856_n.jpg

結果、盛りだくさんの朝ごはんが楽しめました。
湯豆腐は京都に来ている!!と実感できて良かったですね。
そして、朝ごはんもご飯が美味しい。

お腹がいっぱいになったところで二度寝。
お布団は朝ごはんが始まる前に片づけられているので、
(それを待つ間に先ほどのヨーグルタイムが設けられているのです)
昨日使っていなかったお昼寝マットを出してきて窓際でスヤァ、です。
ところで、この日は毎年楽しみにしているサロンデュショコラの
オンライン発売開始日だったのですが、寝すぎて30分出遅れてしまいました。

とはいえ、ほぼ欲しいものは買えたのでヨシです。

428614519_24770596842589103_7281068346661372782_n.jpg

チェックアウトの時間までもう少しあったので、
行っていなかったライブラリールームへ行ってみました。
置いてある本のチョイスが好みのものがたくさんあって、嬉しい気持ちに。
建築やアート、料理の書籍が多かった印象です。
素敵な空間です。
館内探検の間に、別の宿泊客の方と写真を撮りあったり、少しお話をしたり、
コミュニケーションをとる時間もありました。
そういう瞬間も含めて、良い空間なのだと感じます。

ザ★高級旅館、というよりも自然体でいつつも自らの経験値を積める、
そして、静けさから得られる贅沢を感じられる上質な旅館だったと思います。
伝われ、この感じ。

温かなお見送りを頂いた後は、歩いて祇園まで移動しました。

428609898_24770414509274003_2446516953321983133_n.jpg

鍵善良房さんでお目当ての花びら餅を購入したあと、
喫茶が珍しく空いていたので早速おやつです。
京都は魅力的な店が多すぎておやつが増えがちですね。

お茶うけで出てくる菊寿糖は小さい頃から大好きなお菓子のひとつです。

428602599_24770597292589058_2975091274282202549_n.jpg

冬の定番、きびぜんざい。
最初、俵屋旅館の近くにある別の店で粟ぜんざいを食べようとしていたのですが、
私がチョコの決済でバタバタしていたので忘れたまま移動してきてしまったのです。
どちらにせよ花びら餅のために鍵善には来たかったので結果ヨシです。

そして、ここで驚くべきできごとが!!
食べ終わって「フゥ~」と一息ついてお会計をしようとしていたところ、
美女が「久しぶり!」と私に声をかけてきたのです。
「????」と驚く私。
なんと、小学校中学校の時の同級生のJちゃんでした。仲良くなってからは約30年ぶり。
神戸の学校だったのに京都で出会うなんて凄い。
何度もうちに遊びに来てくれたり、私も彼女の家に行ったり。

「よく私のこと分かったね!」と言うとなんと…
「ご主人で分かった!」とのこと。
(ちなみに彼女と泰人さんは会ったことがない)
ブログやFacebookで見てたからさ!とのこと。
泰人さんは私よりも見つけやすいようです。
それを聞いていた泰人さんは「そうかなぁ~?」と不思議そうにしていましたが
特徴的なのかもしれないですね。

そういえば、先日家の近くのアラートで「不審者による声かけ」が発生した、という
地域のお知らせラインが来ていました。
身長180cm前後、黒いコートに黒いパーカー、黒いマスク。
「ほとんど同じこと!」と言うと「そんなん、よくある服装やん!!」
と言っていましたが、その不審者ではない方の人が
最近買ったばかりのお気に入りの黒いコート(JIL SANDER)に
鍵善のあとランチで行った洋食店でソースをかけられるという事件が発生。
ジェントルな対応だったので感心しました。
私は自分のコートでなくても「ヒッ」という変な声が出た上に
即座に臨戦態勢の顔になったというのに。

「きみのバッグかコートでなくて良かったです…」と。
(大惨事になっていただろう、という意味で)

1泊2日の割に色々なハプニングが発生した京都旅でしたが、
良い気分転換と思い出深いお誕生日会になりました。


俵屋旅館



関連ランキング:料理旅館 | 京都市役所前駅烏丸御池駅三条駅



鍵善良房 四条本店



関連ランキング:甘味処 | 祇園四条駅京都河原町駅三条京阪駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
スポンサーサイト



2024.02.22 / Top↑
 河原町駅で母と別れたのが13時頃だったと思います。
初訪問の「研野」さんの予約は18時だったので5時間近くもどうしよう、
という気持ちですが一人なので特に誰に気を遣うでもなし、
自由にブラブラしてみることにしました。

最初は二条の方まで行き、寺町商店街のあたりに移動し、とにかく歩く。
まだそこまで暑い時期ではなかったので汗だくになるほどではないですが
喉は乾いたので途中でペットボトルを購入しました。
京都のコンビニエンスストアでは外国人観光客が
赤飯のおにぎりを買っていたので驚きました。
いっぱいある中でソレを選んだんやね…という気持ちです。
いや、私は赤飯のおにぎり大好きですが。もしかしたら海苔がイヤなのかもね。

寺町商店街のすみっこの方にある面白そうな店に入ってみました。
「民族楽器コイズミ」さんです。
馬頭琴が習えるというチラシをもらって帰ろうと思ったのですが、
他にも面白そうな楽器が並んでいたので、色々触らせてもらいました。

359432267_9566436760098359_2177580603665071488_n.jpg

これは!!タイで売っていたカエルの鳴き声を再現する楽器。
かなりリアルな音がします。大きさによって高低差があるので、
何人かで一気に鳴らすと夏の田園地帯の夜のイメージ。
ほどよく涼しい部屋だとスヤァ…と眠れそうですね。

バグパイプやケルティックハープに興味があることをお店の方に告げると
「あ~、高いやつばっかりやねぇ」と言われてしまいました。
そうか、高いのか…。まぁマニアックな楽器というのは高いんでしょうね。
大きい法螺貝もあったので吹きたそうにしていると
「かなり大きい音が出るから普通の家では吹けないよ」とのこと。
代わりにコレを買いました。

360092340_9566436863431682_4133033007304574789_n.jpg

法螺貝の音とは全く違いますが面白いので何かの時に使いたいと思います。
何かの時って何。という感じですが…。
ほぼ徹夜明けのテンションだったので仕方がないですね。
判断力…。

道で寝れるぐらい眠くなってきたので、
マッサージ店で爆睡したい、と思って通りすがりの何店舗かに
予約なしで行けるか聞いてみましたが全部予約でいっぱいでした。
もう、入れるなら3時間コースとかをお願いするつもりだったのですが、
そんなん頼まれた方もしんどいですね。
パックで放置の時間があるエステとかならまだしも。

359349239_9566436546765047_6340392010463108332_n.jpg

今度は白川沿いを歩いて阿閑堂さんを覗きました。
ちょっと普段使いとしてはお値段も高めですが、ここでも一目ぼれがあったので
永楽さんの染付を2枚買いました。
たしかに十分な睡眠をとっていないと判断力というか買い物に対する抑止力が鈍りますが、
直観的に「いい!欲しい!」と感じた感覚に間違いはありませんでした。

平安神宮横の蔦屋書店でアロマオイルとハンドクリームを購入しました。
これは、フォションホテルで地域振興クーポン的なものがいただけたからです。

4000円分何か使おうということで、最初は本を見ていました。
民俗学のコーナーで「日本の呪い」「まじない」「禁忌習俗」といった
ワードが散りばめられた本を手に取ってみたものの、もうちょっと爽やかなモノにしよう。
という気持ちになったので「クリエイティブな気持ちになりたい時」のアロマと
「エッセイを読む時」を想定したハンドクリームを購入しました。
さすが蔦屋書店は面白いものが売っていますね。

エッセイを読むことというのはすっかりなくなっているのですが
逆に「ブログを書く私」を想定です。
香りだけでなくコンセプトも含めて気に入ったのです。

その後ものんびりしていたら、ちょうどいい時間になったので
初訪問の研野さんに移動です。

359713728_9566436300098405_14342998407516387_n.jpg

ご存じの方も多いかと思いますが、若い大将が独自の切り口で
楽しいお店を展開されています。
私はインスタなどで存在は追っていましたが、信頼するプロの方のお墨付きをいただき
予約チャレンジに成功しました。

こちらのお店の特徴のひとつでもあるのがタイミングが計算されたBGMです。
最初はプッチーニの「椿姫」の「乾杯の歌」からスタートです。
全部の曲が分かるわけではないのですが、私はけっこう好きなジャンルが一緒だったので
クラシックからJ-POP、ジャズまで知っている曲が多かったです。
大将、若そうに見えますが同年代なのか?と疑うほどに。

359471662_9566436063431762_8285950332359289670_n.jpg

蕪とスズキ。ミョウガがいいですね。

359858245_9566435896765112_4606528091997275962_n.jpg

鯉。上に乗っている葉っぱはお茶の葉だそうです。
鯉のぼりの童謡が流れたな…と思って「鯉か…」と説明を聞く前に分かりました。
実は私は鯉があまり好きではないのです。
食べられるけど好んでは食べないので鯉が出るとちょっとテンションが下がります。

鯉のぼりの曲はいつの間にか「MajiでKoiする5秒前」に変わっていました。
あぁ…この時はまだ例のニュースが明るみに出る前だったのですが、
今となってはこの曲を聴くと色んな違うことを連想される方が多いから
もはや鯉を出す時に使えないのではないでしょうか。
というような心配をしている私です。

359507998_9566435643431804_2444960192888807522_n.jpg

歳月人を待たず。村田先生のお言葉。
菊乃井で修行されていたというのは私の中で好きなポイントです。
しばらく本店の方へもお伺いしていないので行きたいなぁと思っています。

ずっとハッキリBGMが聴こえてくるわけではないのですが
途中で「人形の夢と目覚め」(ピアノ初心者が習う曲)が流れたり、
なぜその曲が選択されたのかは
大将にしか分からないような部分もあるので謎解き感覚も味わえます。

359821548_9566435523431816_640559655434081436_n.jpg

さて研野さんの料理の特徴は、中華の要素も入っている点です。
京静華でも修行されていたので、日本料理と中華料理の融合なのです。
炭火で焼かれた叉焼。

359507420_9566435400098495_6295815418874719426_n.jpg

鰹。このあたりでは何が流れていたか覚えていませんが
サザンオールスターズの「恋の女のストーリー」なども流れていましたね。
アルバム「ステレオ太陽族」に収録されているちょっとマニアックな曲ですがオトナな名曲です。
オシャレなメロディラインと艶っぽい歌詞が大好きなので鯉が出てきた時より、
この曲がかかった時の方がテンションはかなり高めになりました。
「なんでコレにしたん!!ファンクラブ入ってる?!」と大将に詰め寄りたいぐらいでしたが、
初訪問なので大人しくしときました。

359822154_9566435276765174_8915838149217880693_n.jpg

鮎。
串打ちした状態でも見せていただきましたが、
その時においしそう!と思うよりも先に「鮎の時は浜崎あゆみが流れるんだろうか」
と思ってしまった短絡的思考が情けないです。

359774975_9566435150098520_3998327852385187036_n.jpg

中華ゾーン再び。
鶏の唐揚げに甘酢餡。
さっきの豚にしろ、肉が出るのは若い人は嬉しいですね。
しかし、私のコンディションはほぼ徹夜明け、一日中(無駄に)歩き回って疲れていて
とにかく眠いのでこのあたりになるとアレ?!お腹いっぱいかも…という状態です。

359817289_9566435040098531_3713793109887856960_n.jpg

茄子。たしか3種類の茄子をそれぞれ違った方法で盛ってあったと思います。
先ほどの唐揚げでお腹いっぱいかも…と思っていた私ですが、
実はコレが今日イチおいしいと思ったので(茄子が好きということもありますが)
睡眠時間も十分なベストコンディションでいただいたとしたら、
驚くほどの味わいだったのではないでしょうか。

359456854_9566434943431874_5650165130125185485_n.jpg

しらす丼。
丼、とは言っても少なめ(ごはん少なめでリクエストしたから)ですが、
ここから怒涛の展開が続いていました。
海鮮丼、漬け丼、しらす丼、あとバターライス??もできますよ、
とニコニコする大将にほとんどの人が全部。というリクエストを。

私は普段から普通の人よりたくさん食べる方だと自負していましたが、
たまに調子が悪い日にこういう皆さんの様子を目の当たりにすると
非常に落ち込みます(笑)口ほどにもないやつや、と自分のことを蔑むのです。

その最たる日が京都の「洋食おがた」さんでスペシャルディナーを頂いた日のこと。
その時の様子はこちらから。【死ぬほど食べる、を体感する】

しらす丼を少なめにしたのにはもうひとつ理由がありまして、
私は知っていたのです、このあと冷麺がやってくることを。

359529325_9566434793431889_1574845398538214959_n.jpg

先ほどの豚が部位を変えて再登場です。
冷麺大好きですから、しらす丼に本気になって冷麺で本気を出せない状況になると
悲しいですからね。絶対に冷麺が優先です。
大将が毎日せっせと麺を打っているそうです。
量のレベルが分からなかったので、コレも少なめにしてもらいましたが、
普通盛りにしてもらっても良かったかもしれないですね。好きなモノは別腹。

359410750_9566434623431906_8033050557330128404_n.jpg

そして、デザートはパッションフルーツとヨーグルトにアイスにパイナップル。
好きなものしか入っていない。
スッキリ、サッパリ。

一人で参加でしたが、気取った感じの店ではないので隣のお客様も話の仲間に入れてくれたりして
楽しく過ごすことができました。

そして、大将が六甲道の洋食「自由軒」が気になる、とおっしゃってられたので
激しくオススメしておきました。
【あんまり入れ込んだらいけない店】

泰人さんも研野さんに行ってみたいと言っていたので、
また近々予約チャレンジしてみたいと思います。


日本料理 研野



関連ランキング:日本料理 | 神宮丸太町駅東山駅三条京阪駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.07.19 / Top↑
あまり母と二人で泊まったりすることはありませんが、
母の日のお祝いとしてご招待しました。

なぜ急に普段やり慣れないようなことをしたのかというと、
特に殊勝な気持ちになったとかではなく、
翌日にも京都で予定(ごはんの予約)があって、
前日の木乃婦さんから一回家に帰るのが面倒だったので
泊まろうかな~と思って宿を探していたのがきっかけでした。
ちょうど母の日のお祝いをしていなかったし、
自分も京都に2日連続で通わなくていいのでラクができると思ったのです。

出張が多いので、特に国内だと泊まるホテルの内容を気にしないのですが、
フランス語を習っている母はきっとこういうの好きなはず…と思ったので
好奇心も手伝って、フォションホテルの予約をしてみました。
一度は泊まってみないと分からないですからね。

レストランも然り。
食べたことない店のことは語ることができません。
何事も経験です。

さて。木乃婦さんからはタクシーで移動しましたが
まずタクシーのドライバーさんに伝わらない。
住所を言っても伝わらない…。
あんまり行く人がいないのか、分かりにくいのか…。

なんか、もう疲れた…と思う私でしたが、母の日のお祝いと言った手前、
「疲れた」とか「しんどい」という言葉はご法度。
接待と同じことですからね。

358092120_9520111644730871_7883934387820245569_n.jpg

ロビーではウェルカムドリンクとマカロンでお迎えいただけます。
マカロンって大好きなのでポンポン口に入れて食べてしまいますが、
ケーキ1個分ぐらいのカロリーがあるって知ってました?
私、一気に15個ぐらい食べたことあるんですけど!
マリーアントワネットもビックリなスナック感覚でしたね。

358114346_9520111388064230_6745216151868471025_n.jpg

フレンチテイストの中に清水焼や漆が飾られています。
派手めなものが多いのでピンクの世界に負けてない。

358449129_9520111228064246_3468699145289395973_n.jpg

お部屋はこんな感じなので女子会推奨。

357728699_9520111051397597_917091051811432791_n.jpg

テーブルの上にある重箱的なものはネスプレッソのカプセルや
お茶やお砂糖が入っていました。

357461454_9520110681397634_8653363352640602969_n.jpg

ドントディスターブ札のメッセージがカワイイ。
白い方には京都を満喫中、
ピンクの方には夢の途中です。と書いてあります。

母も「カワイイーー!!夢の途中だって!」と女子な感性を見せてきます。

私もこの札を見ながらふふふ、夢の途中ね。
さぞフワフワした夢が見られるんでしょうね、と思ったのですが、
まさかの落とし穴があるとはこの時は思ってもいませんでした。

357508773_9520110324731003_5069375847854877403_n.jpg

バスルームの感じがとても好きでした。
タイルと大理石で女子が好むゴージャス感を出していますね。
シャワーヘッドの色が金色なこともポイント。

バスタブが猫脚ならナオヨシでしたが、アレは掃除も困るし、
システム的に難しいのでしょうね。入る時もツルっといきそうですし。

358130393_9520110511397651_2375169794719102835_n.jpg

アメニティ類もピンクと黒。
女子会想定なのか、フェイスマスクシートもついていました。
フェイスマスク大好きなので嬉しいですね。

358068554_9520110098064359_3140319392226841558_n.jpg

私も海外のホテルでよくチェックする項目なのですが、
レターセットがあると嬉しい。
ミラノのパークハイアットはホテルの様々なスポットを
超絶オシャレなモノクロポストカードにしたものが4枚ほど置いてありました。
(もちろん全部持って帰って今も持っている)
こちらも可愛い八坂の塔がイラストになったポストカードが置いてありました。

358105014_9520109978064371_2548752471200210951_n.jpg

ビスケットやら焼き菓子やら山ほど置いてあります。
冷蔵庫にはマカロンが1ダース。
先ほどのイラストと同じトートバッグも置いてあり、それは
このお菓子を入れて持って帰る用なのだとか。

面白かったのは京都ならではのフォション製八つ橋が置いてあったこと。
ドライタイプと生タイプがありましたよ。
父と弟のお土産に持ってかえり、と母に渡したので私は味見をしていませんが、
シナモン味ですもんね。フランス菓子としてもウェルカムな味わいなのかも。

お菓子を食べながら女子同士やカップルで語らうことを想定している
ホテルのサービスのひとつですね。

だって、ここで「キャベツ太郎」とかを広げてたら
なんだか絵面が台無しですもんね。
(キャベツ太郎に罪はないし、私はむしろ好きですよ!)

とても一晩で食べられるような量の焼き菓子ではないので、
どれをどっちが持って帰るかということを相談する時間も楽しかったです。

お昼にたくさん食べたので、夜は軽めに
以前行った「五(いつつ)」へ行こうかなと考えていたのですが、
ちょっと遠いので、それすら面倒やね…という話になり
歩いていけるところで済ませることになりました。

358081856_9520109814731054_142717393695809428_n.jpg

存在は知っていましたが私は初訪問の「喫茶フランソア」です。
フランソワではなく「フランソア」なところがレトロ表記でいいですね。
喫茶店のごはんメニュー大好きなので「おぉ、いいやん、そうしよそうしよ!」と
喜び勇んだワタクシでしたが、母は「ここはケーキとかしかなかったんちゃうかな」
とのことでした。とはいえ、思い出の店らしいので行ってみました。

358086460_9520109648064404_1970682112744353149_n.jpg

ケーキを2つとプリンを頼みました。
(私がどうしても選抜できなかったため)
ケーキはレアチーズケーキとレモンケーキ(タルト)です。

358111220_9520109358064433_2176246589409262993_n.jpg

慌てて撮ったのでブレブレですがプリンの外装が大人っぽくて良い。
ドライオレンジと絞っていないファッと乗せた生クリームに
見るからに苦めのカラメル。
ブリュレタイプやトロ生系よりも、絶対に固いプリン派なのでね。

357496449_9520109144731121_3327562588147451529_n.jpg

レアチーズケーキも手作り感があって美味しかったです。
この豆腐みたいな見た目のタイプが好きですね。
ちょっぴり懐かしい感じがする。

隣のカップルの会話が気になってしゃーない私でしたが
分けっこしつつケーキは全部美味しくいただきました。

部屋に戻ってお風呂に入って「よし、寝ようか」といつもの調子で
寝ようとしたのですが…
色々と積もる話があったのか、母の話が止まらない!!
眠い…と思いつつ意識を失わないように相槌をうちます。
次第に会話も途切れ途切れになり、母が先に寝たような。

ここで思わぬ弊害が。
普段一人の生活が長くなりすぎて、誰かがいるとちょっとの音でも気になって
全く眠れない。寝息すら気になる。寝返りの音でもしようものなら
全く寝られないのです。

もともと神経質なのか、眠りが極端に浅いのですぐに起きてしまうのですが
まさかこんなに寝られないとは…。
しまいにベッドサイドに備え付けのアラームクロックの秒針の音が気になりだしたので
それは迷わずタオルに包んで遠くに置き直しました。

疲れているのに3時ぐらいまで全く寝られない状態が続き、
うぅーーーーーーーーと思っていた頃にやっと寝落ちしかけたのですが
今度は母がなぜか4時ぐらいに起きて何か作業をしている(笑)
何してるん…と思いつつ接待なので文句も言えず…
一応「どしたん」と聞いてみたのですが
母「テンション上がってめちゃ早く起きちゃった!!」
私「・・・・・そうなんやw」

後から聞いてみるとフランス語の勉強をしていたみたいです(笑)
えええええ???です。

357459031_9520108988064470_6343038736994756203_n.jpg

死ぬほど眠いまま朝食の時間になってしまったので一応身支度を整えて会場に向かいます。
眠い。実質1時間も寝ていないのでは。

357737382_9520108558064513_2700256046270476812_n.jpg

ビュッフェではなく持ってきてくれるタイプなので
それは楽でしたが、パンがたくさんあるのにジャムがなかったり(言わないと出てこない)
ドリンク類のサーブがゆっくり目なのでイラチな人にはあまり向いていないのかな、と。

357725991_9520108238064545_8439345561010806561_n.jpg

卵料理は好きなものを選べます。
フォションの朝ごはん、というと期待が高まり過ぎていたのかもしれないですが
雰囲気を楽しむ感じかな?

味がどうとかサービスがどうとかよりも眠い、という気持ちしかありません。
しかし、まだ解散予定時刻までは数時間があります。
さすがに眠すぎたので1時間ほど仮眠をとらせてもらい
(さすがに今回は深く眠れた)
チェックアウトをして高島屋へ向かいます。

お買い物に付き合い、荷物持ち係を完遂し…
母の日のお祝いとさせていただきました。
母からは「とっても楽しかった!」と喜んでもらえたので良かったです。

もしかしたら倒れてしまうかも(笑)と思うぐらいしんどかったので
「一回家帰ろうかな…」という考えがよぎりましたが
家のベッドで寝てしまったら多分明日まで起きない。と思ったので
仕方なく予約時間の18時まで歩き回ることにしました。


フランソア喫茶室


関連ランキング:喫茶店 | 祇園四条駅京都河原町駅三条駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
2023.07.07 / Top↑