今回の「憧れの豚まん作り体験ツアー」は道具屋筋での
自由時間と食品サンプル作り体験が含まれていて、
何かと作ったり体験したりすることが好きなので
非常に楽しみにしていたプログラムの一つでもありました。

575860_449933225082137_86767010_n[2]

こんな見本が飾ってありました。
(ちなみに、ステーキランチが食べれるぐらいの値段で売っている)
焼目やシーズニングまで完璧に再現してあります。
おいしそ!!

日本のお土産ベスト3に選ばれたそうです。
食品サンプルは日本独自の文化なので確かに目新しさがあるのでしょうね☆

最近は海外レストランからの注文もあるという話でしたが、
そう言われてみれば台湾のショッピングモールで
食品サンプルを使っている店を見かけました☆
きっと日本に注文しているのですねー!!

ふんふん、なるほど。と一通りの説明を聞き、講習会場へ移動。

最初に案内された食品サンプル店…
ここが、「なんでここで説明しなきゃいけないんだ」というぐらい狭い…。

小さい店の2階に40名以上も押し込まれて、非常に居心地が悪く、
一体どこで作るんだろうか…。と不安に思っていると、
「ハイッ、じゃあ裏の広い部屋のあるビルへ移動します」
参加しているのは関西人ばかりだったので(多分)
小さい声で「最初から広いところで説明したらええやん!!」と突っ込む人がちらほら…。

半笑いしつつビルへ移動。

578265_449933371748789_1001656224_n[1] 
会議室のようなところに長机が並べてあって、そこへ座って
作り方を聞きます。机の上に置いてあったブルーべりーやみかん。
ブルーベリーが一番リアルでした。間違えそう。

私が期待していた「成型からスタート」ではなく、
予めある程度出来たパーツに手を加えたり、
組み合わせて楽しむという感じのものでした。

多少ガッカリしましたが、キウイの放射線状の線を描く段になっては、
スマホで画像検索までする必死っぷりを発揮。

553334_449933485082111_43567565_n[1]
まぁ、この辺までは平和に講習が進んでいたワケですよ。

小さいお子さんを連れた家族連れもいるし、だいたいみんなが
気軽かつ、楽しもうという和やかな雰囲気で来ていたのですが…

レクチャーしてくれる人がやたら厳しい!!
めっちゃ怖いんですよ。
「ハイそこー!!言われたもの以外に触らないっ!!」とか
「絶っっ対に練習は1回だけするように!!」とか
大きい声で何度も注意されます。

小さい子は怯えるし、私たちのような大人グループは
「なんでそんな上から目線やねん…」
とイライラし始める人続出…。

大きい声でキイキイ言われるのが苦手な泰人さんは
「…うるさいなぁ…」と思わず口に出して言ってしまったのですが、

私の隣で作業をしていたおばちゃんはそれを聞いて
「ほんまやで!!部活の先輩かっちゅうねん!!」と…(笑)

私も「みんなもっと緩い感じで楽しみにきてるのにねー!!」と便乗。
同じテーブルだった大人しげなカワイイ大学生二人組は妹と一緒に
その会話を聞いてクスクス笑っていました。

食品サンプル作りの醍醐味であるとも言える
生クリームを絞る練習の段になったところ…!!
先生が「生クリームは一回だけ!!絶対に一回しか練習しないように!!」
「本番で足りなくなってもいいんですかーーー?!」
「クリームを絶対に触らないっっ!!!手とか服に付いても知りませんからねー!!」
などなど…より一層語気語調が強まる中…
「…そんな何回も言わんでも分かってるよね…」
とテーブルの人たちでボソっと…。
でもコレ、楽しいから何回もやりたくなる気持ちは非常によく分かる!!

8354_450217808387012_136446722_n[1]

先ほどの可愛らしい女子大生が急に慌てふためきだし、
「…アッ!!!しまった…どうしよう…」と
言っているので何があったのかと思って見てみたところ…

生クリームの練習の形跡が二回分…(笑)

講師に怒られると思ってめちゃくちゃ怯えているので、
「大丈夫大丈夫!!足りなくなってもみんなで分けよう!!」と妙な結束感が。
「何か言うてきたら言い返してあげるからね!!」と言う人まで☆

多分、実際に何か言ってきたら
ホントに言い返してしまいそうなのは私
だと思いますが…。

488202_449933591748767_1089513596_n[2] 
ブツブツ言いながらも作業を進めて…デザインが完成しました。
手前真ん中が妹、左上が私、右上が泰人さん。

泰人さんは「僕は苺を使わない!!」と言っていたので
「じゃあちょうだい!!」ともらいました。

泰人さんのタルト、アヒルの顔になっています。
「見た目の可愛さと味の美味しさを追求した」
と言っていましたよ。

仕上げにニスを塗ると、こんなにリアルな艶感が。

486227_449933695082090_2091068217_n[2] 
ちょっと調べてみたところ、
食品サンプル作り体験は色々なところで開催されているようなので、
いつかは天ぷらとかレタスとかより難しそうな題材にも
チャレンジしてみたいと思います。

今回作ったのは樹脂ポリマーを流したものでしたが、
昔ながらの蝋で作るタイプも面白そうです。
とりあえず、何でもやってみたい…。

それから、無事に同じテーブル全員の生クリームが足りたし、
女の子が怒鳴りつけられることもありませんでした☆
良かった良かった。ふぅ。
ちょっと先生が厳しすぎて怖かったけど、作業は楽しかったです♪


 

★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2013.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1043-c9d9aea1