さて。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
最近食べ物の記事やら、日常に思ったことをこちらのブログに書いて、
パーティーやら何やらに参加したとかそういうことは
25ansのブログに書いていることが多いです。

たまにはこっちにもそのような場所へ行った記録を残しておかないと
モッタイナイですからね…。

…とは言っても、そこは私や、泰人さん、隠れファンが多いMFさんが
私のブログの主な登場人物なので
どっちのブログに書いてもいまいちエレガントにはまとまらないのですが、
今日行ってきた【A.LANGE&SOHNE】の新作発表会にて。

537182_454938961248230_1666645081_n[1]

最近メガネを変えてイメチェンを図ったMFさん。
頼んでいないのにポーズをとってくれるサービス精神が素晴らしい(笑)

妹は初めて見る機械式時計の精巧な作りにビックリ、
時計の技術者の方が着けているアレを着けさせてもらって
「うわ~~~~!!!小さい!!!」と感激。

561173_454940344581425_957388017_n[1]
コレ、着けてみたかったんですよ…。
私の友達の時計マニアの皆さんはみんなコレを着けて写真を撮ったり
フェイスブックのアイコンにしたりしているので、密かに憧れていました。

正式名称は何というか知りません。
心の中で「時計メガネ」と呼んでいましたが、気になるので調べてみました。

「キズミ」というそうです。

何語…??と思ってさらに調べていくと、どうも日本語なようです。
(海外ではアイ・ルーペと呼ぶそうで、割と、そのまま。)
「傷見」が語源でした。

へ~!!知らなかった。なるほど。
でも、キズミとは言うものの、あら探しの道具ではなく、
細かい作業を手助けする時計技師にとってはなくてはならない
相棒のような存在なのだとか。

480889_454939294581530_1359325311_n[1]
キズミを着けて解体のデモンストレーションをする技師の方。

「肩が凝らないんですか?」とか「失敗したことありますか?」とか
「解体出来るようになるまで何年ぐらい修業するのですか?」と
気になることを次々に質問する私と妹でした。

お客様の時計を解体出来るようになるには10年もかかるそうです。
はぁ~~~。私には到底無理な細かい作業…。
性格的に絶対に無理だと断言出来ます…。

変に神経質なところは向いているかもしれませんが、
根性ナシで飽きっぽいので作業途中で投げたりしますからね。
根気強い泰人さんは得意そうな作業。

181055_454939961248130_1820388416_n[1]
ルビーやサファイヤの1個1個がネジ…。
花粉症の季節には特に厳しい作業です…。


 

★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1048-bc7ec8dc