初めて行った時の衝撃が忘れられないまま、いつの間にか4年が経過
あちこちで「鈴蘭台に凄い店があってね…」という話は何度もして
噂だけを歩かせていたのですが、最近夫婦で仲良くしてもらっている
久内さん夫婦が「そこ、絶対行きたい!!」と大層盛り上がったので、
これはいい機会、と金曜日の夜を夫婦2組で満喫してきました。

予約は海月食堂の骨なしさんにお願いしました☆
常連さんにお願いすると、久しぶりのお店でもスムーズです。

まずはこの時期の名物スープからスタート!!

601675_489708401104619_603194490_n[1]

こういう状態で運ばれてくるのですが、まだ食べてはいけません。
(いや、食べてもいいのですが)

1017256_489708531104606_101534449_n[1]

↑こういうものが運ばれてきて…
(プロシュットディノルチャ=ノルチャの生ハム!!ウンブリア州の高級品です。)

1044634_489708614437931_69003705_n[1]

シェフの丁寧で控えめな説明を聞きつつ…

1005904_489708854437907_353364381_n[1]

「このようにして食べてもよろしいかと…」

と教えて頂いた通りにします。

豪快に二等分されたメロンの中には濃厚なヴィシソワーズにコンソメジュレ、
レモンオイルが爽やかさに拍車をかけています。

それぞれ単品で食べても美味しいし、ヴィシソワーズとメロン、メロンと生ハム、
生ハムとヴィシソワーズ…と組合せ自由自在!!

ちなみに、1/2カットにするメロンの食べ方は「ジャッキーチェン方式」
と誰かに聞いたのか、自分で言いだしたのか…何だったかな。

1013040_489708997771226_51036044_n[1]

2品目は山羊のチーズ、焼きシェーヴルと胡桃のサラダ。
ここの料理は基本的に大皿で取り分けて食べるスタイルです。写真で4人分。
クセのあるチーズなので苦手な人も多いですが、焼くとぐっと食べやすくなります。

968972_489709111104548_106038818_n[1]

3品目は子持ヤリイカとカラスミのパスタ。
写真で見ると、ヤリイカがラディッシュみたいに見えますが、
ギッチリ詰まった子持ヤリイカです。

943503_489709321104527_1025503446_n[1]

ラングスティーニ(手長海老)のタリアテッレ。
これが出てきて泰人さんと私が
「そうだった!!ここってダブルパスタなんだよなぁ~!!」
と思いだして喜んでいたところ、
久内さんが「あぁ!!(笑)セコンドが2種類ってことですね!!」
と正しい言い方を教えてくれました(笑)
ダブルパスタって言ったらなんだかラーメンで言う「ダブルスープ」みたいですね。
まぁ、意味は通じるし(多分)ヨシとしておきましょう!!

平打ち麺と海老クリームソースが濃厚でたまりません。
コレはまさしく私の好きな要素しかないパスタです。
海老味噌も美味しいし、身もプリっとはずれるし、余ったソースは無駄なくパンに付けて
最後まで食べられるし…言うことなし!!

ここのパンはめちゃくちゃ美味しいので、いつも食べ過ぎてしまいます。

998993_489709554437837_1118157556_n[1]

こちらが本日の魚料理。
イサキのアンチョビ風味焼き。
「あっ、魚オン魚!!」
とまたヘンな言い方をしてしまいましたが、
アンチョビって優秀ですね!!
淡白なイサキの味を絶妙に活かす名脇役。

8640_489709757771150_1846336513_n[1]

肉料理は牛タンとイベリコ豚の頬肉のマルサラ煮込み。
頬肉と言っても、首周りの肉だそうです。
上質のコラーゲンが含まれていて、脂っこくない後味が魅力です。

牛タンは文句ナシの柔らかさ。
お箸で簡単にほぐれます。

そうそう、ビストロピエールさんはお箸も出してくれていて、
フレンチやイタリアンは面倒だから…と思う方も気軽に楽しめるお店です。
私はそういうスタンスのお店が大好き。
美味しいものをみんなで楽しく食べることって素晴らしいですよね!!

1017231_489710407771085_1413669257_n[1]

チェスナッツのパンナコッタにプルーンのシャーベット。
左側はチーズケーキです。

デザートも気前が良すぎるほど気前がいい…。

1002830_489710501104409_231353433_n[1]

シェフが控えめに「ピエールエルメさんのルセット(レシピ)をアレンジしてみました…」
と出してくれた焼き菓子。ラズベリーやピスタチオといったドライフルーツが
沢山入っていて、とても香ばしい☆

1013033_489710611104398_1458843624_n[1]

最後は半凍りのドラゴンライチです。
種が小さくて果肉が大きいことがこのドラゴンライチの特徴だそうです。
ライチ、大好きなんですよ。追加で3皿ぐらい頼みたかったほど…。

こんなに豪華な内容でお値段も驚くほどお手頃で、
全く押しつけがましさのないシェフで、本当に料理を楽しんでいる様子が
伝わってくるお店はなかなかありません。
鈴蘭台は気軽に行くにしては遠いけど、絶対にまた行きたい店です。


ビストロ ピエール


関連ランキング:ビストロ | 鈴蘭台駅鈴蘭台西口駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1090-dc7097bf