京都まで行って、日本料理を食べて帰らないというのは
なんだかとてつもなくもったいないような気がしたので、
河原町に着くなり、露庵菊乃井さんの扉を開けて
夜の予約をしておきました。

昼もまだ食べていないのに夜のことまで考えるのが
筋金入りの食いしん坊です。

1005100_496073843801408_55314200_n[1]

夜の雰囲気も素敵です。

1075775_496074367134689_309936330_n[1]

祇園祭りの御前酒が食前酒に登場。

36522_496074803801312_675156945_n[1]

生雲丹豆腐。

いきなり心を鷲掴みにされる一品。
山葵風味のジュレがかかっているのです。
日本人に生まれて良かった~と思えるこの瞬間が幸せ。

12043_496075093801283_1921660222_n[1]

八寸は祇園祭りバージョン☆
蛸の子やアラ瓜に鱧寿司や新生姜のサフラン煮など。

「蘇民将来子孫也」というお札がついているのは、
スサノオノミコトが質素な旅人に姿を変えて
「蘇民将来」と「巨旦将来」という兄弟に一晩の宿を申し出たところ、
裕福な巨旦将来は断ったのに、貧しい暮らしをしていた蘇民将来は
精いっぱいのおもてなしをしたことに大層感動し、
蘇民将来の子孫はいつまでも繁栄することを約束しよう、と言って
立ち去ったことに由来しているそうです。

それを聞いてMFさんが…
自分のためにばっかり使ってたらあかんということやな!!」
と言いだし…「そういや誕生日祝いしてあげてなかったな!!」と
泰人さんの分をご馳走してくれることになりました。
蘇民将来さんとMFさんのおかげで泰人さんにまで思わぬラッキーが!!

1001811_496076197134506_1492152247_n[1]

「本日の焼き物です」と登場した飛び跳ねる可愛い小ぶりの鮎!!
隣の席の外国人のオジサマも思わず「僕も撮影していい?!」と。

「いいよいいよ!!ところでどちらから?!」と聞くと
オランダ人でした☆オランダ!!!KLMめっちゃ好きやし!!K1好きやし!!
「レミーボンヤスキー知ってる?!」というフリにもにこやかに対応して下さいました(笑)

1005080_496076627134463_128160087_n[1]

この涼しげな盛りつけ…。
泰人さんも「これこれ…こういうのですよ!!」と大喜び。
鯛と縞鯵。
縞鯵にはポン酢のジュレが仕込んであるというサプライズ付き!!

21380_496077163801076_1612713389_n[1]

骨切りが完璧でフワッフワの歯触りの鱧湯引き。
そうそう…菊乃井さんは「ダブルお造り」なのでした。
(またそんな表現…)

1069370_496077390467720_1235296440_n[1]

珍しいものが出てきました。
豚の角煮。上にかかっているのはじゃがいも餡。
肉類を菊乃井さんで食べたのは初めてです。
「珍しいですよね?!」
と聞いてみると一年で7月だけは四つ足のものを出すそうです。
なるほど!!これは…来年の7月にも来なければ!!

1045170_496078950467564_1817940627_n[1]

焼きとうもろこしのソルベ。
ビックリするほどの甘みに感動していると、
「砂糖を一切入れていないんですよ」
とのこと。そうなると、作り方を聞かずにはいられない。
やたら細かく、前のめりになって聞く様子に泰人さんは
「そんだけしつこく聞いたんだから絶対作らないとだめですよ」と…。
板場の皆さん失笑…。
…作るし!!

1016926_496079263800866_1174379154_n[1]

鮎は目の前で焼きあげてもらえます☆

543124_496079487134177_1825003157_n[1]

きゃっほーーーと小躍りしてしまうほどの眺め…。
甘くて香ばしい、素晴らしい香りがしてきます。

1069226_496079770467482_1557395482_n[1]

鮎!!小さくて上品☆
頭から丸ごと食べられる柔らかさです。

一匹食べたらもう一匹をお皿に入れてくれます。
「おかわり」みたいで得した気分に…。

1012012_496079983800794_1652843402_n[1]

何やらまた涼しげなものが登場!!
こういう演出がワクワクさせてくれます。

67435_496080193800773_1530866166_n[1]

とまとのすり流し、汲み上げ湯葉とジュンサイ。
とまとの赤と湯葉のクリームホワイトが混ざると
本当に綺麗…。サッパリとしているのにクリーミー。
湯葉だからこそ完成する一品ですね!!

67898_496080670467392_646931950_n[1]

七宝蒸し。
鮑、冬瓜、干し貝柱、すっぽん、鱶鰭、加茂茄子、万願寺唐辛子、
インゲン、クコの実、松の実、生姜などが入っています。
豪華な内容にウットリ…。

食べる薬!!

しかも、超絶美味しい薬!!

1005078_496080943800698_1616493672_n[1]

鱧ご飯♥♥

おかわり出来るほどたっぷり。
菊乃井さんでの楽しみと言えば…このご飯を「お土産」にして帰れるところ!!

だから、無理して食べることもないのですが、
やはりその場で食べる幸せに勝るものはありません。

今回は残った分はおにぎりにしてもらいました。

946584_496081557133970_707933858_n[1]

珍しい牛蒡のすり流し。
コレは手間が相当かかっているそうです。
牛蒡の繊維が全然残っていないですからね。

デザートは二種から選べます。泰人さんに聞いて、
違う方を頼みます。そしたら二種類食べられます…くくく。

543107_496082467133879_761626921_n[1]

八橋アイスクリームと蕨餅。

1013961_496082610467198_1617938371_n[1]

ミントアイスクリームと白桃。

菊乃井さんの凄いところは数え切れないほどありますが、
デザートまで全力投球の凝りっぷりも特筆すべき部分です。

1013979_496086507133475_1999808173_n[1]

楽しく、素晴らしい時間を作って下さった大将と
お連れの美女が日が落ちる前に帰ってしまったMFさんと
食いしん坊夫婦。

久しぶりの京都遠足、堪能しました☆
よく食べて、よく学びました。
大人の修学旅行と銘打った甲斐がありました。
なんでも気になったことは質問してみるものですね!!
また遊びに来ようっと!!
ご馳走様でした♪


露庵 菊乃井 木屋町店


関連ランキング:懐石・会席料理 | 祇園四条駅河原町駅三条駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1101-863b2cab