今日で阪神大震災から19年になります。

毎年、「あぁ、あの時大変だったな…」と思いだすのですが、
私の中で一番印象的だったのは、水道がストップしてしまったので
「きっと病院に行けば水があるに違いない」
と予想して、バケツを片手にノホホンと
家の前の病院へ歩いていったのですが、
そこは戦場のようでした。

血まみれになった人が老人や泣き叫ぶ子供を背負って
どんどん入ってくる。自分も顔から血が出てるのに。

「水ありますか」と言ってしまった私を怒鳴りつけた人がいました。
「この状況見たら分かるやろ!!アホか!!」

(まっ…なんですって?!)
と一瞬初対面の人にアホ呼ばわりされてムッとしたのですが、
すぐに反省しました。

そうだわ。今、自分のこと最優先で考えてる人なんて誰もいないのに。
あの時怒られて私は良かったのだと思います。

いつも自分のことが最優先で、
だいたいのことはいつか思い通りになると信じていました。
もちろん、「こうありたい」とか「こうなりたい」という願望は強く願い続けるべきだと
思いますが…(先日のライターになる夢が急に叶ったりもしますからね!!)

でも、その当時の「思い通りになる」というのは自分の力じゃなくて、
全部、だいたいが両親や、周りの人の助けがあってこそのものでした。
当時は「私には目に見えない力がある」とか明らかにヤバい思想
堂々と持っていました。

私、19年経ってあの時より少しは成長出来てるのかしら。
自分の願望は自分で、努力して叶えていけたらいいな。

そして、求めるだけではなく、お世話になった人や
身近な人に「おかえし」をしていけるような人間になりたいと思います。

京都のお気に入り割烹の大将が祇園祭りの日に
「蘇民将来子孫也」の話をしてくれたことを思い出します。
裕福だとか、貧しいとか、そういうことでは人の価値は計れなく、
自分の持っているもの(お金だけじゃなく、時間、知識、気持ちなど…)
をいかに人に分け与えられることが出来るか。
それがその人の品位に繋がるんでしょうな。という話。

自分に厳しく、人にやさしく。
今年の抱負。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2014.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1196-c1c5e815