「最後の晩餐」という言葉が好きです。
よく、「死ぬ前に何を食べたいか」とかいう話もします。
それから、旅行中でもよく使う言葉で、「最後の日の夜に何を食べるか」 
という意味で使うことも多いです。

今回は最後の夜までドイツ料理をまだ食べていなかったので、
最後の晩餐はどんなことをしても!!ドイツ料理が良かったのです。

10173658_659045314170926_2013670211923836887_n[1] 
ぶれぶれですが、シルクハットをかぶったファンタジーなおじいちゃんと遭遇。
手回しオルゴール!!
初めて博物館以外で現役マシーンを見ました。

10384759_659045457504245_2890687552338181664_n[1] 
展示会期間中は人気店は大行列になります。
予約も限られた数しか受け付けてくれないので、並ぶしかないのです。
ツム・シュルッセル
というレストランへ行ってみました。

10150621_659045780837546_3060517664168883080_n[1]
豚の生肉「メット」。
日本では豚を生で食べる習慣がないので不思議な感じがしますね。
玉葱がたっぷり乗っていて、食べごたえもなかなかのもの。
焼いてないハンバーグ的な!!

10402650_659045907504200_1489344696358935268_n[1] 
ドイツのとんかつ、「シュニッツェル」です。
世界中で「とんかつ」的なメニューが存在しますが、シュニッツェルと
ミラノ風カツレツはかなり有名ですね。

今マクドナルドで限定販売されている「ドイツバーガー」も
シュニッツェル風カツレツが入っているとのことです。

10334321_659046024170855_3381073806460380061_n[1] 
アイスバインとロースト、レバー、フリカデル(ミニハンバーグ)、
ソーセージなど盛りだくさんの言わば、「肉盛り合わせセット」
あっ、もちろん一人で食べたワケではなく、男性6名と一緒でした。

みんなは出来たてのアルトビールを楽しんでいましたが、
私は爽やかなアップルタイザーを堪能しました。

10433096_659046540837470_306409964330483819_n[1] 
やっぱりデザートがないと食事が終わった気がしないので
おやつ用に買っておいたモーヴェンピックのヨーグルト
部屋で食べて、最後の晩餐を締めくくりました。

モーヴェンピックはホテルチェーンですが、
買った時は「コレ、何だったっけ…」ぐらいの感覚でした。
スーパーで並んでいる中で、一番美味しそうなパッケージだったので
選んだのですが、パッケージデザインって重要ですね。

デュッセルドルフの空港にもモーヴェンピックのカフェがあったので、
食品部門に力を入れているようです。

次にドイツに行くことがあれば、またこのヨーグルトは買いたいと思います。
(翌日の朝もスーパーに買いに行った)

10409032_659046987504092_2417839297758387113_n[1] 
空輸したお土産の一部です。
泰人さんにはシスレーの日本未発売のセルフタンニングローション
買って帰りました。日本ではセルフタンニングの製品がほとんど
発売されていないので、海外へ行った時のお土産には最適。
喜んでもらえて良かった!!

おしまい




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2014.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1261-2829e5a7