先日、実家の父と弟が通っているスポーツ施設のお友達が
和歌山県の紀ノ川で獲れた天然の鮎を200匹ほど(!!)
オスソワケして下さったそうで、
我が家にもありがたいオコボレが回ってきました。

10441371_661129100629214_572001751690715064_n[1]

綺麗!!こんなにいっぱいどうしよう…。

まずはベーシックに塩焼きにして楽しみます。
それはそれで美味しい!!
そして、残ったものに軽く塩を振って小麦粉を叩いて
オリーブオイルで揚げたものがこちら。
岩塩をつけてレモンを絞るとちょっとイタリア風☆

イタリア熱が今再び上がってきているのでオリーブオイルで揚げた
魚を食べると「イタリア行きたいですね」と旅の話題が弾みます。

10313999_661129240629200_4878885363071967100_n[1]

コレがもう、美味しくって美味しくって…!!!
内臓をとってあるので軽いし食べやすいし、サクサクのホワホワ!!
「やっぱり鮎って美味しいなぁ!!」
と言いながらスナック感覚で食べました。
鮎も「ちょっと!!私たちもうちょっとありがたがって食べてもらうタイプの魚よ」
と思っていたかもしれません。

そして思わず「コレ、京都の料亭やったらいくらするかな…」
といやらしいことをつぶやくとどうも泰人さんも同じことを思っていたらしく
「こんなボリボリ食べるもんではないんやろうね(笑)」
と言っていました。

10255608_661129570629167_4788066795793220515_n[1] 

そして、憧れのYお姉さまがフェイスブックで公開されていた
ヘルシーおでん!!大根とこんにゃくがメインで
味噌おでんにして頂くそうです。

泰人さんのリクエストで早速再現してみました。

Yお姉さまは潔く、本当にこんにゃくと大根だけでしたが、
「厚揚げぐらいは入れてもいいかな…鶏肉ぐらいは入れてもいいかな…」
と結局ヘルシーなんだか何なんだか…というような内容で、
別物になってしまう顛末です。
こんにゃくが二種類入っているところも食い意地の強さを表しています。
食に対する助平心です。

教えてもらった通りに味噌で食べると
アッサリしつつも味噌のコクとよく煮込まれた大根やこんにゃくが
よく合って、ついつい食べ過ぎるおでんでした!!
3日ぐらいで食べる量を作りましたが、1.5日でなくなりました。

その辺りの意思の強さがこの辺(腹部)の肉の違いになるのだな、と学びつつ、
今まで生きてきた中で鮎を一番ボリボリ沢山食べた思い出深い一日でした。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2014.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1264-d5bd3dfe