長かったようで短かった入院生活もいよいよ
クライマックス(退院)へ差し掛かってまいりました。

退院予定日の前日の朝はまたしても
巨大なロールパンからスタートです。
この日はポテトサラダがついていたので一つはポテサラサンドにして、
ひとつはジャムサンドにして食べました。

1203朝ご飯 

一見手を変え品を変え、のパン朝食ですが
形が違うだけでパンの味はほぼ同じなので、さすがに飽きてきます。

「チーズオムレツとかホットドッグが食べたい」 
と思ってみたり、
「たまには和朝食が食べたい」
とだんだんワガママな食への執着心が出てきます。

まぁ、あと少しの辛抱です。がんばれ、わたし。
いや、我ながらなかなか今回ばかりは頑張った。

通常食に戻ってからは毎回楽しみだったランチは今日で最後。

1203昼ごはん

八宝菜に中華マリネ、スープにご飯、フルーツポンチ
とこの日もなかなか豪華!!

うずらの玉子ってこんなに美味しかったかしら…。
とtwitterでつぶやきました。

今までは気にも留めていなかった食材の美味しさ、
脇役視していた食材の存在感に気付くようになった今回の入院でした。

1203夜ごはん 

一日後ろにずれていたら夜ごはんポトフの日に当たっていたのに。
そしてその次の日はオムレツだったのに!!

また朝ご飯みたいな夜ご飯で軽くガッカリしていたところに…
何の予告もなく妹がテンション高く登場。

ハッ!!!今日で「アレ」を出来る日は最後かもしれない…!!
と思って慌てて妹に「ちょっともう一回ノックして入ってきて!!」
と言います。

関西ローカルだとは思うのですが
入院が決まった時から私が密かにやりたかった「アレ」とはコレです。




コレをやりたいがために普段は決してかぶらないニット帽を買いました。

ちなみにニット帽をかぶらない理由

丸い顔がより丸く見えるから

ホントに病気 

さすが妹、「ちょっと待って~」の一言だけで
「ホントに病気~?!」を返してくれるナイスレスポンス。

この日は「退院前祝いしよー!!」とお寿司を持ってきてくれました。
仕事帰りにお見舞いに来てくれた泰人さんと3人でFNS歌謡祭を観ながら
小声カラオケ大会in病室。

途中で看護師さんが採血と血圧測定のため入ってきて照れました。



あまりの盛り上がりっぷりに
「あっ、後にしましょうかね…(苦笑)」
と言ってくれるほどでした。

こんな風にして面会時間ぎりぎりまで最後の夜を3人で楽しみました。
「カラオケに行きたいけど腹筋が使えないかも。。」
と心配そうに言う私に
「ぼちぼちにしましょう!!まずは明日退院してからですよ!!」
となだめてくれる2人。

振り返ってみると毎日家族や友達の誰かは必ずお見舞いに来てくれて、
「あぁ…今日は誰も来てくれなかった…」
と思う日が一日もありませんでした。

だからこうやって「ニット帽を仕込まないと…」とか
面白く入院生活をそれなりにエンジョイしている様子を
みんなに見せてあげたいと思いました。
(誰もそんなん頼んでないけど。笑)

病院というところは、見ようによっては、
とてつもなくしんどい空気が流れていて、
なんともやるせない気分になることもあるのですが、
それでも優しい看護師さんや、頼もしいお医者さん、
面白い掃除のおばちゃんや、可愛い衣装の研修中の学生ナースちゃんたち、
時には同じ病棟の患者さん、
色々な方によって勇気づけられるところでした。

そして、「私明日お休みなんでご挨拶に…」
とわざわざ来てくれた看護師さんや掃除のおばちゃん、お茶のおばちゃん…
10日ほどの入院でしたが、
「Nさんの部屋に来るのが楽しみだった」
(面白いものや可愛いものが色々あるから、だそうです)
とまで言ってくれた人がいたことに、
心から感謝したいと思いつつ、最後の夜を過ごしました。




(次回、最終回)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2014.12.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1329-a82e255d