先日、ライターの仕事で新しい案件の話が持ち上がり、
記事単価が今までの二倍のお話でした。
しかも、それだけではなく内容は大変楽しそうなもの。

もちろん「全力でお請け致します」の気持ちで
泰人さんに意気揚々と報告。
「スゴい!!もう、立派なライター並やなぁ!!」
とほめてもらって余計に調子に乗る私。

「今夜はお祝いですね!!」
と二人で「ふる里」へやってきました。
カウンター割烹的な使い方をさせて頂いています。

11094929_830746153667507_6207517849333317058_n.jpg  

ホタルイカが大好物な私。
今日は浮かれ気分だったこともあり、大将に
「ホタルイカばっかり食べたいんですけど〆は天丼で」
というオーダーでお願いしました。

酢みそ和えは定番ですよね。
スーパーでもボイルのホタルイカは購入して食べますが、
言わずもがな、食感が違います。

11143394_830746217000834_890121550221073908_n.jpg 
続いて登場したのはお造り。
キレイに処理されたホタルイカが整然と貝合わせの器に
並んでいる様子に思わず笑顔になります。

うーーーーん、美しい!!
ホタルイカファン垂涎の眺めです。
「ホタルイカファン」という雑誌があったらグラビアページを
飾れるぐらいの艶っぽさではないでしょうか。

身の甘み、プリプリした食感、
やっぱりホタルイカって美味しいなぁ、と心底思いました。

近所のスーパー「パルヤマト」は魚が充実していると
評判のスーパーですが、ここの前身は魚屋さんだそうで、
肉より魚が断然「買い」なのですが、先日パルヤマトを覗いた際にも
生のホタルイカが並んでいました。
珍しいですよね。しゃぶしゃぶにしたり、
炊き込みご飯にしたり、可能性は無限大です。

ふる里の大将に「ホタルイカで炊き込みご飯をしようと
思うのですが、どのタイミングでホタルイカを投入すべきか」
ということを真剣に相談してきました。

生姜も一緒に炊き上げるとより風味が生きるとのことで、
投入のタイミングは生で最初から入れてよろしいでしょう、
とのアドバイスを頂きました。

984308_830746373667485_309111819983229544_n.jpg 

〆の天丼がやってきました。
ここにもホタルイカ。
(本当に好きなのです)
ちなみに、いつだったかMFさんと泰人さんでリッツカールトンの
天ぷら屋さんでもホタルイカの天ぷらをやたら
おかわりした私でした。

ふる里の板前さんたちにもひとしきり
「ホタルイカってどうやって食べても美味しいよね!!」
と熱く語り倒し、終いには
「富山の方に行くとホタルイカの食べ放題的な店があるんでしょうかね…」
と言い出す始末でした。

けっこうな勢いで検索してみましたが、
食べ放題の店はなかなか見つけられませんでした。
ホタルイカは処理に手間暇がかかるので、
食べ放題、と言ったらなかなか難しいのでしょうね。
準備に時間がかかる割に食べるのは一瞬…。

是非ともオススメのホタルイカショップ(??)がある方は
ご紹介ください。今年はもうシーズン終わりかけですが、
来年はどこまででも遠征していきたいと思っております。

で、話は冒頭に戻り…ブーン、と鳴ったスマホに目をやると
私の所属事務所からのメールが。
「すみません、こちらの連絡ミスで記事単価が2倍になっていました」

「………」

浮かれて開催したホタルイカ祭だったのに。

なかなか思うようにいかないのが人生ですが、
新しいジャンルに挑戦できそうなので、腐らず、頑張りたいと思います。
まだ正式決定ではありませんが、
食文化に続いて、大好きなあの国と関わりができる
仕事になりそうなので、絶対に落としたくない案件です。

ますます忙しくなりそうですが、詳細が決まればまた
こちらのブログでもお知らせ致しますので
どうぞ引き続きよろしくお願い致します。


ふる里


関連ランキング:懐石・会席料理 | 芦屋駅(阪神)芦屋駅(JR)芦屋川駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.04.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1379-4bfd250c