あっという間に終わってしまったセミナー出張。
講義の内容はなかなかの難しさでしたし、内容の濃さも然り。

でも何が一番楽しかったって美味しいものをたくさん食べたこと(笑)
いつもの出張は国際展示場に籠もりっきりなのですが、
今回は内陸部にいたので、ランチもディナーも両方堪能することが出来ました。

いっつもこんなんだったらいいのに…。
と思わずにはいられませんが、今月もビッグサイトで展示会出張があるので
国際展示場に籠る予定です。。。

さて、初日に発見していたこんなポスター…。

11796209_882184235190365_5919168925672895274_n_20150802010302674.jpg

コレを見つけた瞬間からずっと「絶対にこの中の一個は食べて帰ろう」
と心の中で決めておりました。

そして、私が食べたいスタイルのハンバーガーに近いものを
この中から選択。私が選んだのは
「リゴレットバー&グリル」の「リゴレットバーガー」です。
オペラの「リゴレット」とは何ら関係ないようです。

お店に着いてみると、少し並ぶとのことでしたが、
見た感じハコが大きく、回転も早そうなので、並ぶことを決めました。

11824972_882616368480485_5837103856573715403_n.jpg

平日のランチタイムとは思えないほどの盛り上がりっぷり。
期待が高まります。

11813513_882616408480481_1806273094409297697_n.jpg

半分に切りましょうか?と切って持ってきてくれます。
親切な接客も人気の秘密かな?

即面はどうなっているのでしょうか…。
そっと側面チェックに入ります。

11222245_882616428480479_1620465437900428258_n.jpg

コレ、絶対美味しいやつや!!

と確信できる側面でした。
そして、早速頂こうと…手に持った瞬間、その確信は
さらに大きな期待へと変わりました。

バンズの触感が今までのハンバーガーとは様子が違う。
柔らかく、軽いのです。
そして、そのフワっとした触感の向こうに感じることが出来る
内容物の重量感!!!

あぁ、もう一刻も早く口にほおばりたい!!
と誰も奪うはずないのに焦って口にいれます。

じゅわ〜っと流れてくる肉汁とトマトの弾けるジューシーさ。
そして、パティは外側はカリっとした独特の感触、
中は柔らかくホロホロとした肉質。

コレは…もう一個食べた方がいいんじゃないのか?!
と一個目を食べながらずっと悩んでいました。

そんな私の様子がきっとスタッフにも伝わったのでしょう…。
テーブルへさっそうと近寄ってきた外人スタッフ(男前)は
日本語でこう聞きました。
「オカワリイカガデスか?」
「どうしよう…ブルーチーズのハンバーガー気になるけど…」
と言う私に明らかに驚き、困惑している様子。

え。あなたが聞いてきたんでしょうに…。
やっぱり一般的にハンバーガーのオカワリを所望する女って
おかしいんだろうか…。
どうしよう、「OMG...来日2年目で初めて女がオカワリ悩んでるの見ちゃったゼ」
とか思われてたら…!!
と短時間の空白の時間の間に思ったので、
「…やっぱりやめときます…」
と言ったのですが、彼が困惑していた理由を
ものの2分で理解することになるのでした。

それは…となりのテーブルに移動した彼は
「ドリンクのおかわり」を聞いて回っていたのでした。

そんなん、「ドリンクのおかわりいかがですか」って
なぜ私のテーブルに来た時には聞かなかったんでしょうか。
「この女ならバーガー2個ぐらい食べかねなさそうだ」
と見た目で判断されていたのかもしれません。

いや〜どう思われていたとしても、いい。
実に美味しく頂きました。
ポテトが皮付きのホクホクしたタイプならさらに破壊力抜群でしたが、
ハンバーガーだけでも大満足だったので、この際ポテトは完全なる
脇役、「背景」ぐらいに思っておこうと思います。

リピートしたいハンバーガーでした。

(あと1回だけつづく)



関連ランキング:スペイン料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.08.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1410-8d6633f3