東京に来るとよく遊んでくれるワールドクラスにスーパーかっこいいお姉様が
ダミアーニのイベントの後素敵な和食店を予約してくれていました!!
 
MFさんとも共通のお友達ですが、エンジェルの中でも
一際ゴージャスな方です。とても優しく素敵なお兄様と、
まぁまぁ素敵なMFさんも一緒です。
(エンジェル、と言うよりゴッデスやアフロディーテと言った方が適切かと)

11898693_893920097350112_8455167466915140254_n.jpg

こちらがかなざわさん。
地下に入っていく隠れ家的な雰囲気が入店前からドキドキ感を煽ります。

11887935_893920110683444_5955925380794515678_n.jpg

トウモロコシ湯葉に感動です。
フンワリとした食感にトウモロコシの甘みがとてもよく合います。

11919120_893920137350108_8099064745484432892_n.jpg

クリーミーな岩牡蠣。
酢橘を軽くしぼっただけで爽やかな磯の風景が浮かんでくる!!
岩牡蠣ファンには無条件で嬉しいシンプルな美味しさ。

11891153_893920167350105_2862507730462109545_n.jpg

見た目も美しい少量ずつ色々、のパターンのお造り。
鱧の子も美味しかったですが、のどぐろも素晴らしかったです。
この写真を今じっくりと見直しただけでもウットリしてしまいます。

11899748_893920187350103_3609455196259413373_n.jpg

鮎のからすみ焼き…。
好きな要素しかありません!!

10407715_893920204016768_3639932932285047303_n.jpg

鱧と松茸。出汁の奥深さは言わずもがな。
枸杞の実が入っているのが嬉しかったです。
地味な好物のうちのひとつです。

11873378_893920217350100_3170585022552913637_n.jpg

レアな能登牛。
レアというのは「半生」のレアではなく、「珍しい」の方です。
ほぼ県外で食べられることはないという幻級の牛だそうです。
炙りの具合もパーフェクト、脂身はしつこくなく、それでいて
肉の美味しさを凝縮しています。
私はやはりこの手のものは山葵で頂くのが好きです。

11899961_893920237350098_591093456526675175_n.jpg

「からすみとのどぐろの混ぜご飯」
というこちらも「美味しくないワケがないよね」
というメニューです。見た目からしてかなり素敵です。

混ぜる前の写真です。

混ぜるとこんな感じに…。

11891075_893920250683430_3972684109032704903_n.jpg

美味しすぎてちょっと涙ぐみました。
ゴッデスSさんは「私いつでも来れるからゆかこさんこれもあげるー」
と自分の分を私にくれるという場面まで。

心底感謝しました…。
私がSさんの立場ならコレを「どうぞ」とあげることが
できるかどうか、正直言って自信がありませんもの…。

食い意地のはりっぷりが尋常でない私に
美味しいものをいつもご紹介してくれるSさん。
美しさは外見だけのものじゃないんだな…といつも思います。

じゃあ、明日から見習えるのか、と言われると私は
のどぐろとからすみの混ぜご飯を一人で一合以上食べたりするタイプだと
確信を持って言えますので、やはりワールドクラスの美人の
足元にも及ばないとう再認識をするに至った麻布の夜でした。


かなざわ



関連ランキング:割烹・小料理 | 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.08.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1414-3b7682be