まずは、この記事を読んで頂けると、私がなぜこんなに
あげづきのとんかつに執着しているか、ご理解頂けるかと思います。

【神楽坂とんかつ戦争】 

…と、このような悔しい体験をしたので、どうしてもリベンジがしたい、と
2ヶ月半もの間「特ロース」および「特ヒレ」へ募る想いを温めてきました。

そして、「その日」はついにやってきたのです。

展示会出張チームに帰る間際に「私、今日は神楽坂のとんかつへ行くのです」
と聞かれてもいないのに宣言してまわり、装飾業者のお兄さんにまで
「ちょっと、このとんかつ絶対行った方がいいよ」
と写真を見せたり、食べログのコメントを読み上げてみたり、
いかに私がこの日を待ち望んでいたかということを全身で表現。

さらに、この日は小中学校の時からの友達、
Aちゃんがお供してくれることに。

そして、彼女にはもちろんLINEで
「事前にこの記事を読んでから来てね!」
と言って冒頭のリンクを送る始末。

12109019_923442617731193_8000332447722468194_n.jpg 

楽しいことが好きなAちゃんなので、
並んでいる途中にこんな提案をしてくれました。

「ねぇ、思ったんやけど特ヒレと特ロースをそれぞれ頼んでわけっこしよう♡」

そう。私ももちろんそうしたいと思っていました。
でも、さすがにメニューまでこちらが指定するのは気の毒な気がしていたし、
食べたいものを食べたい、という気持ちは何よりも尊重すべきものです。

私なりに大事なお友達に対して多少なりとも
遠慮をしていたというワケですが、ここへきて彼女からの嬉しい提案。

12075056_923442631064525_1543611544588400768_n.jpg

前回と同じく美味しいつきだしの皆さん。

12088089_923442664397855_6549986243926787604_n.jpg

赤だしとご飯は定食についてきます。

さて、ここでオーダーしたものが一式運ばれてきます。
まずは写真をご覧ください。

12088413_923442747731180_5309841703970482494_n.jpg

特ロースの特脂です。
(そのような呼称ではありませんが、なんとなく笑)


12118883_923442687731186_5520870537512519231_n.jpg

コレが噂の特ロースの全貌です。
ン?左右にある丸っこいものは何?と思った方。
ナイス観察眼です。

向かって右側が「メンチカツ」
向かって左側が「うずらのたまご」

です。右大臣、左大臣的な…。
気分が盛り上がりすぎて、追加でトッピングしてしまいました。

「やったった」的な表情で満足げにこの一皿を眺める私にAちゃんは
「特ヒレの写真ももちろん撮るでしょ?!」
とブログ事情もよく分かってくれています。

12096186_923442774397844_7829824391645271754_n.jpg

こちらが特ヒレ。
そう、前回訪問時に私が隣の見知らぬ男に対し、
「上ヒレを二つあげるから一つソレをちょうだい!!」
と思ったアレです。

12109008_923442804397841_2100893561936918345_n.jpg

Aちゃんも私も唸った「メンチカツ」は
今まで食べたことのないような上品さ。
コレは新しい世界の扉があきました。

ちなみに、このメンチカツは各自一個ずつ追加したのですが、
けっこうなボリューム感です。写真で見るよりもかなりの大きさ。
大人の女性の握りこぶしぐらいはあります。

さぁ、恋い焦がれていた特ヒレ、特ロースの食べ比べ大会です。
まず特ロースは脂の味が甘くて…など色々書きたいことはありますが、
実は特ヒレにたいそう感動した私。
特ヒレに凝縮された肉の旨味は異次元の美味しさです。

結局、ヒレが好きなんですね。
ヒレ派です。

さらに、Aちゃんは「今日お昼たくさん食べたからコレも食べて♡」
と食べきれなかったカツを私のお皿に乗せてくれます。

うずらのたまごにメンチカツ、特ロースと特ヒレを半分このつもりが
結局普通の人の2倍ぐらいの量を食べて、苦しくなってきました。

もちろん、最後まで美味しく頂けたのですが、
右大臣と左大臣がけっこうあとから効いてきて、
今回のとんかつ戦争も私の惜敗ということになってしまいました。

途中まで完全勝利を確信しておりましたが、全ては
「泰人さんもIちゃんも食べたことのないであろうと予測される
うずらのたまごにもチャレンジしてみたい」
という食い意地の張りっぷりが招いた敗北です。

そう簡単に勝つことができないからこそ、
リベンジマッチを望む人々からの行列が絶えていないのではないか…
とすら思ってしまいましたが、自分の胃袋にフィットする
オーダーの仕方ができるようになるまではまだまだ
終戦までの道のりは遠いな…と思ったのでした。


あげづき


関連ランキング:とんかつ | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1434-a49c6557