ちょっとした体の不都合で立花駅にある
「近畿中央病院」へ緊急で行くことになり、会社を休ませてもらいました。

午前中ガッツリ診察と検査だったので、
終わった時はちょうどお昼どき。

 iPhoto Library

もちろん事前にランチ場所はいくつかピックアップしておりました。
人気の喫茶店「こだま」です。
ここの「やきめし」が美味しいらしいのですが「オムライスも絶品」という
書き込みを発見し…もちろんオムライスをオーダーします。

喫茶店でありつつ、定番の「カレー」や「ナポリタン」はありません。

12107871_926878604054261_1128416139213292384_n.jpg

メインはどちらかと言うとパフェですね。
「見本」みたいなパフェが次々と他のテーブルに運ばれて行く様子を見て
「うぅ…」と思いましたが、やっぱりここで心を動かされる訳にはいかない。
パフェよりオムライスです。

20395_926878614054260_4162822294477636457_n.jpg

理想的なルックスです。
ソースがケチャップであることもポイント高いです。
デミグラスよりもケチャップ派。

これは期待が高まります。
ドキドキしながら卵肌を割ります。

12144764_926878637387591_5745638405180149355_n.jpg

おぉ!!目にも鮮やかなケチャップライス。
コレは私の好きなタイプのオムライスの要素をクリア!

チキンとハムが両方入っていて、玉ねぎは大きめに切ってあります。
そして、シャキシャキ感が少し残ってて
爽やかな要素がケチャップライスにプラスされています。

う〜〜〜〜ん、これは来てよかった。
680円♡大満足です。

病気にならなければこの駅にくることもなかったと思うので、
怪我の功名とはまさにこのこと…と一人納得しておりました。



ここまで書いて、一体なんの病気やねん…と
思われている方も多いと思うので、説明すると
先日、春巻きを食べた時に口の中を大ヤケドしたのを
覚えていらっしゃいますでしょうか…。

あの時、たまたまヤケドした箇所の皮がベロっとめくれて
その中から骨が露出してしまいました。
その骨というのが、「口蓋隆起」というもので、
まぁそんなに珍しくもないらしいのですが
普通は飛び出ていない部分が出ているというもの。
まぁまぁこういう状態になってる人もいるそうですよ。
今日CTをとった画像がコレ。

12115604_926878527387602_5137109495027638438_n.jpg 


右も左もおかしいのです。写真で見たところ右側がボコッと出ていますよね。
それ、出てること自体がちょっと微妙なのですが、
左側も同じように出っ張ってたものが破損しています。
破損させたのは、何を隠そう、私本人です(笑)

普段は口の中に隠れていて見えないものが、出てきてしまったことで、
私の性格上、気になって気になってイライラがMAXに達し、
ついにやってはいけない禁断のアレをやってしまったのです。

禁断のアレ=「ひきちぎる」

言うても骨ですからね。手でひきちぎるにはそれなりに力もいれば
痛みも感じますが、破片がひとつとれたら他にもまだある気がすると
全部とってしまいたくなる性格…。

そして、とれたものはまぁまぁ大きい破片が5つほど。
それを持っていつもお世話になっている歯医者さんへ
「こんなん取れたけどなんなんですかね」と聞きにいきました。

ネットの情報とは恐ろしいもので、もちろんコレの正体を突き止めるべく、
必死になってググりましたよ…。
「顎の中から歯のようなもの 骨 出てきた」とかでググってみたら…
恐ろしいことが判明。
まさに私の口から出てきたものと同じような画像を発見。

しかも、その内容をよく読んでみると
記事「インドの少年の口から250本以上の歯が摘出」
ゆ「………!!!!!」
あかん、コレは、絶対にあかんやつや…。
そう思いましたね。

その少年の病気は「歯牙腫」という良性腫瘍ということでしたが
私の恐怖感はもう、引き上げられすぎて大変なことに。
(どんなものか知りたい方は「歯牙腫 インド 少年」とかで見れますけど…笑)
あえてここに画像は貼りませんね。普通に怖いから(笑)

私が持ち込んだ「口から取れた謎のやつ」を
「なんだろうなぁ、こんなん長いことやってるけど見たことないけどなぁ…」
という超ベテランの歯医者さんにインドの少年の話を説明し、
「インドの少年の本数を日本の女が超えた、とかいうことになりませんかね?!」
と詰め寄る様子は本当にお医者さんにとっては
うっとうしいものだったと思います。
「ネットの情報をアテにしちゃダメだから!!大きい病院を紹介しますから(笑)」

となだめられる始末で、
そういう経緯で近畿中央病院へ行ってきたのでした。
結果的に私はインドの少年の病気とは違うものだったので、
手術の必要も入院の必要もなく、むしろ、ほっておいても大丈夫、
というものだったので一安心でした。

今回の一件で、本当にネットの情報を鵜呑みにしてはいけないと
反省したところです。とくに医療関係の情報には要注意だと思いました。
だって、見た感じは本当に同じだったし、「間違いない…コレや…」と
思いましたからね。素人目というのはそういうことです。

そういう経緯で大きい病院で診てもらい、なぜこんなことに
なったのかを春巻を食べたところから説明…。
そして、イライラして突起物をひきちぎったくだりでは
「え〜〜〜〜」と看護師さんとお医者さんを驚かせ…
最終的に「偶然に偶然が重なって起こった事故的な珍しいこと」
で終わりました…。

あちこちに「大変なことになった、変な病気になった、インドの少年が…」
という話をしてまわってしまったので、結局違う病気で
なんだか拍子抜けだったのですが、まぁどうもなくて良かったです。
今日のCTを見る限りもう一個かけらが残っているのが気になるので
取ってしまいたい衝動に駆られていることは否めませんが…

皆さんも自己診断にはくれぐれもご注意を♡


こだま


関連ランキング:喫茶店 | 立花駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.10.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1439-1829bf73