さて、引越しをしてから早、5ヶ月が経過しようとしていますが、
泰人さんはほぼずっと東京のホテル暮らしだったので、
私は1人暮らし状態でした。

とは言うものの、インテリアなどは泰人さんから厳しい指導があり
担当を細かく指定されました。

私に全部任せてしまうと、玄関に剥製を置いてみたり
とんでもないものをとんでもないところから吊るしてみたり…
やりかねないから警戒されていたのでしょう。

そんな中ではありましたが、ダイニングとして使うことにした
和室にテーブルを置くにあたり、
畳の上に椅子を置くと傷んでしまうでしょう、という話になり
絨毯というか、ラグを買うことにしました。

様々なインテリアショップや絨毯屋さんをめぐり、
めくるめく絨毯ワールドを勉強した私。

ピンキリということは知っていましたが、いいと思うものは
桁違いだったり、値段のバランスが良くてもサイズが合わなかったり。
なかなか希望に合ったものが見つかりません。

こんなときはネットで調べるでしょう。
とヤフオクを物色していたところ…
「アフガニスタン50年前の高貴ななんとかかんとか」
みたいなものを見つけ、サイズもぴったりだったことから
「絶対に落札する!絶対に負けない!」という意気込みで結局まぁまぁな高額で競り落としました。

ヴィンテージのインテリアも好きなので、
大層期待して楽しみにしていた私ですが、泰人さんはなんだか
不安げにしていました。彼は割と神経質な一面もあるので
「そんな古い絨毯なんか…大丈夫やろうか…」
と言っていました。

そんな彼に私は
「古いものにこそいい絨毯が多いのよ」
と言ってのけ、あぁ~届くのが楽しみ、そいて敷くのが楽しみ、
と喜んでおりました。

そして届いた絨毯をいざ敷こうとなったときです。
泰人さんが「…うっ!!!」と言うではありませんか。
何事?!と思いたずねてみると
「コレ…くさいです…」と悲しそうな顔をしています。

私も鼻を近づけて、におってみましたが、何と言うんでしょうね…。
古い木造家屋のにおいというか。
確かに異臭が漂っています。

「使ってたらそのうち消えるにおいだから」
と言った私ですが、泰人さんは
「こんなもんダイニングに使ってたら食欲がなくなる」
と言います。しかし、おいそれと捨てるにはあまりにも
惜しい値段を出してしまったので
クリーニングに出してみよう、という話にもなり、見積もりをとると…
まさかの絨毯購入価格の半額ほど。
その上、においが取れる保証もないと言われる始末。

困り果てた私は原始的な方法「天日干し」をやってみました。

12219537_934702793271842_6866401974089300694_n[1]

ほら、いい柄でしょう?!
高貴なアフガニスタンの50年前の絨毯です…(笑)

そして、何日も干してみたのですが、いっこうににおいは消えず…
泰人さんには「お気の毒ですが、もう諦めてください」とまで言われてしまいました。

12122756_934702953271826_6329426118886534108_n[1]

こちらの写真は捨てるにあたっても部屋の中においていると
強烈なにおいを発してくるのでベランダに置かれた絨毯。
そして、重いのでいちいち運んだり箱にしまうのも重労働極まりない。

最終的に処分に困った私は、捨てるのも忍びない…と思い
リサイクル業者に見積もりをとってもらうことに。

オークションで買ってるのであわよくば買った値段ぐらいで
売れたりして…なんて邪な考えまで浮かびました。

すると…どうでしょう!!
「3000円ですね」
と言うリサイクル業者の人。
3000円!!そんなはずはあるまいよ、と思って「は?」と聞き返すと
「3000円頂きます」と…。

引き取るクセにお金とるわけ?!
と驚きのあまり口が開いてしまった私でしたが、
こういうことはままあることらしいですね。
あまりの私のムッとした様子に業者のお兄さんは
「…今回は特別に1000円でいいですけど…消費税は頂きます」
と申し訳なさそうに申し出てきました。

結局1080円をくさい絨毯のために支払い、私は当たり障りのない
一般的なラグをダイニング用に購入したのでした。
なぜ、最初からそうしなかった…という後悔もありましたが、
欲しかったんだもの(笑)高貴なアフガンのなんとかかんとかが。
そして、カッシーナで見積もりとった素敵なドイツの絨毯がビックリ価格だったんだもの。

そういうワケで、これから遊びにくる方は、安心してダイニングで
お食事を楽しんでくださいね。
くさくないから大丈夫ですよ。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.11.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1445-d5c8ab02