土曜日の昼はちょっと大阪エリアをブラブラしてきました。
その日は極寒だったのですが、比較的薄着でやってきてしまった私。

ランチを逃してしまったのでヘンな時間。
お腹は常に減っていますが、私の選択肢としては
「とりあえずうどんとかあったかいものが食べたい」
というのが優先順位高めの選択でした。

ところが、ふっと通った心斎橋筋商店街に
「フローズンヨーグルトカフェ」なるものが出来ているではありませんか。

私はアイスクリームよりもフローズンヨーグルト派で
ヨーグルト味のものが大好きなのです。
イタリアのジェラートも必ずヨーグルト味を絡めてくるほど
ヨーグルト味が好きです。

フローズンヨーグルトを前にすると、温かいものを食べたい
という気持ちよりもフローズンヨーグルト食べたい、の勝ちです。
うすうすどんなことになるかは予想はついていましたが、いいのです。

このお店はセルフサービスでカップに様々な味のフローズンヨーグルトを
入れるのですが、中学生、高校生、親子連れ、カップルに混じって
カップを握り締めて行列に並ぶお1人様の36歳(女)

だいたい、1人で来るようなところではなかったようですが、
まぁ、いいのです。
カップルがキャッキャいいながら「トッピングどうする~~♡」
「やっぱイチゴでしょ♡あ~でもバナナも捨てがたい~♡」
と楽しそうにしているのを「早く決めてくれないかしら…」
と無表情で見つめるわたくし…。

その間に色々なことを考えます。
コレはなかなか人間の心理をうまくついたビジネスモデルで
感心するようなポイントが多々あります。

まず、大きなカップなのでなんとなくいっぱい入れてしまうこと。
量り売りなのですが、途中で量ったりする場所が特に見当たらず
(あったのかもしれませんが)
普通に何も考えずに好きなものを入れてしまうこと。
トッピングのコーナーは大充実で、白玉団子からバナナ、クッキー、アロエ…
となかなかバラエティに富んだラインナップが用意されています。

こういうところへ来るお客さんはだいたい女子なので、
見た目の可愛さに弱いわけです。
フローズンヨーグルトにイチゴやグラハムクッキーが乗ってるものと
なんにも乗っていないものなら、どっちがSNSでイイネの数ゲットできるのか、
ということを考えると女子たちがどのような行動に出るのか
容易に想像ができるかと思います。

もはや、食べ物であって、食べ物でないわけです。
「可愛いもの」にするために女子たちがセンスを
競い合っている様子を私は冷めた様子で見ていたのですが、
いざ盛りだすとなかなか楽しいもので、
フローズンヨーグルト4種類(チーズケーキ味、イチゴ、アップルタルト、プレーン)
に様々のトッピングが鎮座したガーリーなシロモノを作り出してしまいました。

あぁ、これでは店の思うツボじゃないか…。

ソレらの重さをすべて足したものが計量されてレジで請求されます。

12308649_945740185501436_3500219064482236283_n[1]

私が作成したカップのお会計は780円でした。
一般的にフローズンヨーグルトやジェラート、アイスクリームの価格帯としては高めでしょう。
まぁパフェだと思えば妥当なところなのでしょうが、パフェとも違うし…。
私の前後の人のお会計の様子を見ていましたが、
結局私の作ったカップが一番高くついていましたね…。
食いしん坊がこんなところでも露になったというワケです。

12301759_945740202168101_650467474436037275_n[1]

さぁ頂きましょう。寒すぎて手足が不安定です。
スプーンを落としそうになりましたがなんとか持ちこたえます。

トッピングしたイチゴの大きさから察していただくと分かりやすいかと思いますが、
このカップは直径12センチほどあり、高さもまぁまぁあるので
全部食べ終わる頃には私の手足はさらに冷え、
ブルっとしたのでもう帰ろう、と御堂筋線に乗り込んだとき、ホームレスの方々が
地下鉄の駅で冬の夜を過ごすことがどれだけ理に適っていることなのか
文字通り、身をもって実感したのでした。

11225214_945740218834766_7939242323707769700_n[1] 

そして、自宅の最寄り駅に着いてからはシミ取りの施術をしてもらい
(皮膚を軽い火傷状態にするという方法)
最後に冷たいタオルで顔を冷やしてもらえるのですが
それがまた寒い。。寒いのでタオルを余分にかけてもらい、
ミノムシのようになる私。口にかけたタオルがより「虫感」を演出します。

「フローズンヨーグルトをこんなに寒いのに、こんなに食べてしまった」
と報告すると、自他共に認めるジェラートファンの泰人さんからは
「寒いときに食べてこそ真のファンというものですよ」
と返信がきました。

が、私はやっぱりあったかいときに食べたらもっと美味しかったのではないか、と
ごくごく一般的な結論にたどり着いてしまい、
まだまだアイスクリームファン、ジェラートファン、フローズンヨーグルトファンとして
ヒヨコレベルであるということを思い知ったのでした。

なんか、一日中寒かったので、暖房をかけて毛布にくるまって早々に寝るという
土曜日で、結局14時間も寝てしまいました。寝ダメができる子です。

チェーン店なようですが、これからもし行かれる方は
欲張りすぎに要注意ですよ(笑)


ヨーカフェ


関連ランキング:スイーツ(その他) | 心斎橋駅四ツ橋駅長堀橋駅






★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2015.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1448-a9f3e563