fc2ブログ

この日はお昼間どこにも出かけずにTちゃんの家で
お昼寝をしたり、お喋りをしていたので、夜はどこか行こうかという話になり、
二人でウエスティンエクセルシオールのアペリティーヴォへ出かけてきました。

アペリティーヴォというのは食前酒、という意味で
元々はディナー前に待ち合わせに一杯飲んでから…的な感じだったのですが
ワンドリンク+お惣菜を食べ放題というスタイルのことを
アペリティーヴォと呼ぶようになったそうで、元々は
ミラノ発信のスタイルでしたが、ここ数年の間にイタリア中に広まったそうです。

12573781_977052735703514_4950679800679556527_n.jpg

Tちゃんと私。
色々な話が一緒にできる友達なので話題が尽きることはありません。
毎日一日中喋っていても、まだ話すことはたくさんあります。
 
12642602_977052779036843_5577631439524415472_n.jpg

二人ともノンアルコールのカクテルをお任せで作って頂きました。
フルーティーで見た目も美しく、大満足。

12592346_977052825703505_8119942773810926461_n.jpg

お食事もクスクスやサーモン、チーズなど何種類もが
入れ替わりで登場するので、お喋りに集中しつつもシェフの動きのチェックは
欠かしません(笑)Tちゃんも食いしん坊仲間なので
「新しいのがきた!」と二人でその度にチェックしに行って、
「コレ食べた?」「コレはオススメ!」とお互いに盛り上がります。

10399394_977052842370170_4843756846093436415_n.jpg

テラスにでるとこんな夜景。
ドゥオモが見える特等席。

記念撮影をするオシャレカップルやイケてる感じのグループが
次々にやってくるスポットでした。
メンズ服の祭典「PITTI UOMO」の際はココで飲み会(?)が
行われていたようです。

ウエスティンのロビーの床大理石は変わったデザインで
Tちゃんも「ここは変わってるから是非写真を撮っておいた方がいいわ」
とアドバイスしてくれました。

12494955_977052892370165_3488913284791321947_n.jpg

12549079_977052909036830_194769212696275850_n.jpg

お正月を過ぎても、クリスマス気分が味わえるヨーロッパは
なんだかお得な気持ちになります。
ヨーロッパのクリスマスシーズンは特別感がありますね。

12540813_977053025703485_7132006350147131527_n.jpg 

階段の踊り場の雰囲気もステキでした。

ひとしきり堪能したので、Fさんがピックアップしてくれる
待ち合わせポイントまで歩くことにしました。

夜の街並はまるでゲームか映画の世界のようです。

12494874_977053035703484_406972156937485413_n.jpg

12572979_977053059036815_1618677729783123441_n.jpg 

何かが潜んでそうな路地裏の雰囲気
少し怖いけど、この独特の雰囲気には見入ってしまいます。

12573686_977053075703480_394346716442304291_n.jpg

映画というより、ゲームのワンシーンのような感覚です。
「町の人に話を聞く」
「武器を買いにいく」
「宿を探す(セーブする)」
というコマンドが出てきそうな気がするのはなぜだろう…と思ったら

コレです

12508955_977053085703479_6949404585810475122_n.jpg

なんか、コレの鍵を必死になって探さないと次の展開に進めない、的な…。

12472380_977053112370143_8721241978070092638_n.jpg 

ここはもう、あっちへ行っちゃうと大変なことになりそうな扉ですね。

12565607_977053129036808_5806309069712766071_n.jpg 

ノックすると謎の美少女が出て来たりする展開ですかね…。
もしくは何か秘密を握っている老人が出て来て
「帰ってくれ!」とかいきなり言う展開ですかね。

というようなことを考えながらブラブラ歩くのは大変楽しいわけです。

12548872_977053199036801_381996638370019239_n.jpg

ここはポンテヴェッキオの夜の顔。
昼間は宝飾店がきらびやかなウィンドーを見せていますが、
夜はこんなことになります。かっこいい!!

12552784_977053212370133_344114065588662779_n.jpg

比較的新しげなものもありますが、
この独特の雰囲気は一見の価値ありです。

12644894_977053235703464_8176760588199631018_n.jpg

詳しいことは調べてみたものの分かりませんでしたが、
ヴァシュロンの上には聖母マリアの壁画が。
こういうように、ふとした日常の中に博物館クラスのものがポンと
登場してくるのがフィレンツェのスゴいところ。

944071_977053252370129_3521116603724731034_n.jpg

夜の街並は昼間と違った表情を見せてくれるので
ワクワクします。これから門扉の写真を集めようかなとか
思っている私です。門扉マニアとかいそうですね。
何年代のだれそれによる作品で…とか詳しく知ってる人に色々教えて欲しいものです。

8154_977053285703459_6312085110236936707_n.jpg

夜の撮影はリスクもありますが、
その分なかなか撮れないような写真が撮れたりするので
次からも夜の街に繰り出していこうと決心した私です。

いよいよ旅ブログもあと少しになりましたが、
怒濤の展開で不運が押し寄せてくるので、ちょっと思い出すと
ブルーになりますが、ようやく立ち直って来たところです(笑)

〜あと少し続く〜




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2016.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1464-26de7332