パンから出火させた後はボローニャまで楽々シートで移動です。

15775075_1300480716694046_5159294083208560303_o.jpg

15723751_1300480696694048_5959997759360152063_o.jpg

最初にすることはメニューのチェックでしょう。
前菜、デザート、メインそれぞれ好きなものを選ぶことができます。
前菜はすぐに決まりました。

KING PRAWNS WITH LEMON AND HERBS

15774635_1300481230027328_8254228546660041003_o.jpg

サンドイッチを作ることも忘れません。

15800385_1300481656693952_2953592858144790882_o.jpg

メインが問題です。
牛ショートリブ、ローストターキービュッフェサーブ、シーフードハッラ…
CAの方に「どれがおすすめ?そしてシーフードハッラって何?」
とガツガツ聞いてくる私に笑顔で対応してくれるエミレーツ女子。
スパイシーなのが苦手でなければ、シーフードがおすすめです♪とのこと。

最後までショートリブとシーフードハッラとかいうもので悩みましたが
ここは知らない食べ物を食べたい好奇心が勝りました。

15250939_1300481746693943_7513674895555564287_o.jpg

海老とサーモンがスパイシーなソースで煮込まれ、
パラパラで爽やかなサフランライスと共に登場しました。

確定ではありませんがHARRAというのはどうもSPICYとかSPICEDという意味っぽいですね。
覚えておきたいと思います!

15732587_1300481630027288_1640451248359679080_o.jpg

熱いガーリックトーストや他の種類のパンを持って来てくれます。
SEAFOOD HARRAに合いそうなガーリックトーストを選択。

15732124_1300481316693986_1860709153194655517_o.jpg

デザートはさっぱりしたかったのでフルーツ盛り合わせ。
アラブ系のデザートは甘いもの大好きな私でもビックリするぐらい甘いので警戒しているのです。
チョコレートタルトとか気になりましたけどね。。

15723631_1300481863360598_1662278301396808967_o.jpg

ネイルの色とレッドカラントが一緒の色でテンション上がります。

15723403_1300481816693936_701375741050087643_o.jpg

食後のチョコレートは前回はGODIVAでしたがイタリアのPACARI社に変更されていました。
イタリアの製菓業においても使われるオーガニックな高級チョコだそうです。

食後の飲み物も色々選択肢多いのですが、
モロッカンミントティーをオーダー。爽やかな飲み物が最近のブームです。

15800772_1300481890027262_2060223204198885043_o.jpg

もう、イタリア上空かな…
ワクワクする気持ちが一気に高まります。
イタリア大好きな私の年におよそ2回のお楽しみバカンスが始まります。

15774697_1300481990027252_3034149812142205289_o.jpg

着陸してからはとっても簡単です。
エミレーツのサービスで圏内までは専属ドライバーが行きたいところまで
連れていってくれます。事前に行きたい場所を伝えておけば
追加料金がいくら必要なのかもメールで教えてくれるので安心です。

これがあるからエミレーツ経由でドバイ、ボローニャ間をビジネスクラスで
移動することにハマっていたのですが…帰りにあんなことになるなんて…
この時はまだ一切予感すらしていませんでした。

フィレンツェに住んでいるTちゃんの家に直行、荷物を置いてすぐにお出かけ!
いつも私が泊めていただく部屋があるのですが、
すっかり慣れて自分の部屋の感覚です。

15774802_1300482066693911_8497570316074834199_o.jpg

毛皮のオーダーのお店の取材からスタート!
最近の流行はカラーファーと「フェイクっぽく見えるリアルファー」なのだとか。
とはいえ、私が惹かれたのはナチュラルカラーのミンクケープ。
あらゆる色、素材のファーが揃っているので
ファー好きにはたまらないのではないでしょうか。

会ってから止まることなくお互い喋り続けているので喉が渇きました。
「夕食の時間までにアペリティーヴォへ行こう!」
とTちゃん最近お気に入りのホテルロロロージョのカフェへ。

15731812_1300482360027215_236879145840911785_o.jpg

ロロロージョとは、時計をテーマにしたホテル。
カフェの壁掛けもパテックフィリップのゴールデンエリプスがさりげなく掛かっています。

15731789_1300481946693923_1384209371787887456_o.jpg

20時間超えの移動をしてきたと思えないほどのテンションの私と
いつも面白くて可愛いTちゃん。

15800658_1300482500027201_837823533854011194_o.jpg

生絞りオレンジジュース「スプレムータ」にレモンを多めに入れてもらって
ビタミンチャージします。

まさかの6ユーロ。安い!
日本のホテルだったら1500円のクオリティですよ(笑)

しかもイタリアの素敵なところはアペリティーヴォの時間帯(夕方)は
軽食ビュッフェがワンドリンクの価格についてくるところです。

15774743_1300482410027210_2487196456932083478_o.jpg

レバーペーストを載せたクロスティーニ。
これ、私の大好物なの!とTちゃんに言うと「よし、カウントダウンの時に一緒に作ろう!」
と言ってくれました。

相変わらず大好物が多いワタクシです。

15800292_1300482443360540_4645197278585846759_o.jpg

ホットサンドにサラミ。
他にも自家製のポテトチップス、オリーブ、チーズなど小食な人なら
十分軽めの夜ご飯として完結してしまいそうな雰囲気。
実際にそのようにしている旅行者や小食な人は多いようです。

私にとっては「夕食を盛り上げ、勢いをつけるための存在」ですね。
とにかく、誰にとってもイタリアのアペリティーヴォ文化はとっても素敵なものです。

ひとしきりお喋りを楽しんだ後はTちゃんと家に帰って家庭料理を楽しみます。
ポルペッティ(ミニハンバーグ的な)にはポルチーニ茸が入っていて
チーズをかけて濃厚な味わい。

15774769_1300482560027195_7024591124853489408_o.jpg

Tちゃんの家にはしょっちゅう誰かがお客さんで来ていて
この日も優しく穏やかなイタリアンのPさんが来ていてみんなで賑やかに
夕食を楽しみました。Pさんに会ったのは2回目ですが覚えていてくれました♪

15732437_1300482636693854_7490171701539870794_o.jpg

Tちゃんのご主人が作ってくれたパスタはブルーチーズソースでこれまた大好物。
もはや、「食べるキャラ」として認識されているようで
みんなが私のお皿がカラになっていると気を遣ってくれます…。

「ゆかこ!おかわりは?」
「Si~~~」
(はい…いただきます)
の繰り返しです。

15723600_1300482596693858_8725331753291940720_o.jpg

Pさんのお土産のチーズケーキ♡
これも濃厚なチーズの層と爽やかなイチゴソースが絶妙。
話題は先日Tちゃんと泰人さんが一緒にモデルとして仕事した話や、
私が住んでいたフランスの地方についての話。
楽しい時間はあっという間。
翌日は恒例のアウトレットショッピングなので早めに寝ます!

つづく




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2017.01.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1527-19918f58