先日、とあるラーメン店へ行きたいと思って行ってみたのですが、
2回連続で不定休にあたってしまい、「ギィイイイイ」とか言いながら会社帰りに徒歩で
元町方面へ向かって移動していきました。

色々考えたのですが、その日はとても寒く、
あったかいものが食べたい気分でした。

相談の結果、選んだのは「Sion」さん。
私は一度だけきたことがありましたが、泰人さんは
私が出張やら婦人会のときによく1人で利用しているそうです。

17202951_1380653418676775_724096179024610894_n[1]

こちらは旧オリエンタルホテル
(今の旧居留地オリエンタルホテルの同じ場所にあったオリエンタルホテル)
ご出身のシェフがカレーとビーフシューを作る素敵なお店です。
私の両親の初お見合いだったか初デートもオリエンタルホテルだったとか…。

そして私も子供の頃に祖父母や両親と
大丸→オリエンタルホテルでランチ
という黄金コースを堪能したときもありました。
ちなみにその他よく行っていたのは「もん」「ドンナロイヤ」ですね。
誰かのお誕生日などハレの日は「東天閣」や「しげ松」。
ドンナロイヤは今の神戸吉兆のある明海ビルの地下にありました。

あぁ、あの頃は私の人生の中でも何の悩みもなく、
すべてがワクワクに溢れていて、キラキラしていました。
子供時代っていいな。そんな子供時代を目いっぱい楽しませてくれた祖母が先月亡くなり、
私を取り巻く環境も少し変わったように感じます。
人が亡くなると、いつも何かが変わります。
大人になると、それに気付かないフリをしたりしてやりすごすけれども、
本当は心の中でとても大きなできごとなのですよね。

今と昔で変わっていないのは食欲だけ…。
まぁ、今も食いしん坊を貫けているのは恵まれていることだと
思うので、ヨシとしたいと思います。

というような思い出を反芻しながらオーダーしたのは
ビーフシチュー。

14720414_1380653448676772_5136345161227561627_n[1]

贅沢に煮込まれた塊肉がホロホロと口の中で溶けていく様子は
まさに至福のとき。
確実に幸せを運んでくれるのは食に違いない。と再び確信するのでした。

17200918_1380653468676770_4972344237083011418_n[1]

パンとサラダがついてきます。冷えた体に大満足の夕食。
見た目以上にボリューム感のある量です。
濃厚なシチューだから重たい、というわけではなく、物理的に肉の量が多い。
これで1200円。いいでしょう?

前回訪問時には私はカレーを食べたので、今回は軽い気持ちで
ビーフシチューを選択しましたが、これはカレー好きにとっては今後の選択が
ツラくなる逸品の発見です。

ちなみに泰人さんが「大盛りで」とオーダーしたカレーはこんな感じ。
閉店間際で「食いしん坊アピール」が過ぎたせいか
「あんまりフォトジェニックではないけど…笑」
と大盛りよりもさらに多くしていただいたようです。

17155670_1380653432010107_1859067058043017561_n[1]

十分フォトジェニックだと思います。
ビーフシチューとカレー、2本柱のメニューですが、
毎回大いに悩んでしまいそうな気がします。
お店の方の雰囲気も優しくて、古きよき神戸のホテルの味を引き継ぐ、
大切な存在のお店だと言えるのではないでしょうか。

そして、フラれ続けているラーメン店にも是非リベンジ訪問したいと思います。


Sion


関連ランキング:カレーライス | 西元町駅花隈駅みなと元町駅



関連記事
スポンサーサイト
2017.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1545-2ed414c7