毎年このシーズンになると忙しいので泣きギレしたりする事態に
陥るのですが、まだ「爆発」はおきていません。
忙しいといえども、休みの日はネイルに行ったり、まつげを植えてみたり、
いろいろしたい気持ちは変わりません。

この日も午前中だけ会社で仕事をして、午後からネイルとまつげ、
というコースでした。さらに、そんな日でも20分の隙間でランチはしたい。
20分しかないとなると、選択肢は減ってしまいますが、
中でも安定の美味しさを楽しめるところを選びました。

「かつ丼吉兵衛」元町店。
こちらは三宮センタープラザ地下に本店があるお店(の暖簾わけかな…正しくは)ですが、
支店が増えて幾分混雑は緩和され、さらに駅近なため、ありがたい存在。

17190440_1380656348676482_5538246237710983322_n[1]

並盛ですが、ものの10分ほどで完食です。
このブログを読んでくださっている方には幾度となくアピールしてきましたが、
私は「親子丼大好き」なので天丼、かつ丼、親子丼が並ぶ
お蕎麦屋さんなどにおいても親子丼が最優先。
そういうわけで人生の中で数回しか、かつ丼を食べたことがないのです。

とは言え、こちらのかつ丼を食べたらその美味しさに感動し
「うわぁ~かつ丼の破壊力ハンパないな…」などと
心の中で、そのボリューム感、与える満足感、
タマゴでとじているというのに最後まで継続される衣のサクサク感などを
総合的に見て一つの丼の中に凝縮された完成形にひたすら感服するのでした。

そして、見逃せないのがこちらです。

17202910_1380656385343145_1026757260583726095_n[1]

神戸っ子ならご存知のノスタルジックデザート「とくれん」です。
神戸市内の多くの小学校給食で提供されていたものなので、
これを食べると懐かしい思い出がよみがえる、という人も多いのだと思います。

この「とくれん」はなぜか、半凍りの状態で供されます。
給食に「供されます」なんていうのもどうかと思いますが、
本当にいつも完璧な半凍り具合なのです。
夏場に「とくれん」が登場したときのみんなの幸せそうな笑顔は
きっと先生たちから見ても癒しの光景だったはずです。

ちなみに、私は「余った給食じゃんけん」には積極的に参加する子でした。
たとえ、大半のライバルが男子だったとしても余った好きなおかずは見逃しません。
そして、小学校の給食で好きだったメニューは
「えびらんかつ」「ミートボールスパゲッティ」「カレー」「わかめごはん」
あたりだったように記憶しております。

そんなことまで思い起こさせるこの「とくれん」…。
給食と同じ半凍り具合の状態で吉兵衛でも登場するのがすごい。
この日はとても急いでいたので飲み込むように食べてしまいましたが
本来は2つぐらい味わっていただきたいものです。

親子丼ももちろんいいけど、かつ丼もたまにはローテーションに
入れていきたいな、という気持ちになるランチタイムでした。


かつ丼吉兵衛 元町店


関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 元町駅(JR)元町駅(阪神)旧居留地・大丸前駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2017.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1548-6203a4e1