社長、副社長、役員クラスの方はそれぞれ別のホテルですが、
私たちはだいたい同じホテルに滞在。
こじんまりとしているのですが、清潔感があって良いホテルです。
3年前にも滞在しましたが、眺望は前回より悪い部屋だったので
ダウングレードというやつですね。

しかし、ここのホテルは朝食が充実しています。
オムレツをオーダーすることができたり、和朝食コーナーまであったり、
チーズもハチミツも何種類もあります。

ゴージャスなホテルの朝ご飯ビュッフェや、
おこもり系ホテルのルームサービスも素敵な朝ご飯と言えますが、
やっぱりプライスレスなのは地元の人が食べている朝ご飯。

副社長が大層魅力的なローカル朝食を食べているという話を聞いて…
ぜひとも行ってみたいと思っていたのが
朝から開いているメツゲライ(肉屋さん)でサンドイッチを食べること。

副社長は3年前の展示会でもサプライズに近い半日観光デーを作ってくださり
オシャレ市場の魚屋さんの屋台でスープを食べたり、
デパートのキッチングッズの売り場を案内してくださったり、と
これまた「ぐっとくる」ことをしていただきました。

海外出張へ行くと、普段より多くのシーンで深く人を知ることができるので
「この方は苦手だと思ってたけど本当はすごくいい人なんだな」とか様々な発見があります。
その逆も然りです。いや、逆とは言わないか…。
「この人は苦手だと思ってたけど、やっぱり最悪やな…」と
「この方はいい人だと思っていたけど、ほんまにいい人やな…」という3パターンです。
今回の出張でも3パターンがバリエーション豊かに展開されました。

さて、話を戻してドイツの肉屋さんは朝から元気に営業中とのこと。
ところが、私が起きだした時間が早すぎたのか
6時半の時点ではまだ準備中でした。

開店は7時。では30分ほどお散歩してきましょう!
ということで、目的もなく街歩きを始めました。

18446545_1469706019771514_7485090835914762551_n.jpg

可愛いインテリアのお店。
ディスプレイもアイディアソースになります。

18446677_1469706066438176_6950435707896189484_n.jpg

パン屋さんは営業中。
ペーパーランタンが飾ってあるメルヘンな空間になっています。

18447036_1469706046438178_4086026232704334664_n.jpg

路面電車と街の緑が爽やかな空間を作っています。
パックマンの敵キャラ「BLINKY」(和名はアカベエ)が偶然写り込んでいます!
探してみてくださいね♪
なんだか得した気分!なぜこんなところに?

18447623_1469706156438167_1133123143517681986_n.jpg

本屋さんのウィンドーチョイスが素敵。
しかもセール中。

18485656_1469706186438164_6001202156649998524_n.jpg

アートとインテリアのコーナー。
もう一枚、キワドいコーナーがあったので写真に納めてきました。
男女問わずのクールなヌードアートの写真集ばかり集めてディスプレイされていました。
隣に子供用の絵本が並んでいたのが印象的です。
「えっ?エロじゃないよ。アートだから、別にお子様も見たらいいよ」
というスタンスなのかもしれません。

ドイツの中でも特にベルリンは同性愛に寛容なエリアであることは日本でも
知られていますが、同性婚も認められていますし、
セクシャルマイノリティである人々に対する差別は法律でしっかりと禁止されているそうです。

18446604_1469706243104825_4672663923564510460_n.jpg

続いてミーレのお店を発見。
日本ではスタイリッシュなインポート家電のひとつとして知られていますが
その値段の高さでもオシャレ家電ファンの中ではよく知られています。

ところがです。
本国だとえらく安い…。そうか。こんなぐらいで買えるのね…。
30万〜40万円の洗濯機が1300€。
洗濯機を買って帰りたい衝動に駆られました。

18519805_1469706273104822_2520725161528874801_n.jpg

無駄のないデザインのオーブン。
799€だなんて驚きです。
この価格帯だと日本のセレクトショップに置けばポコポコ売れそうですね。
(ビュンビュン、とかバンバン、とまでは言わなくともポコポコぐらいで)

18519839_1469706123104837_3104131640618937652_n.jpg

ドイツのネイルアート事情。
うーーーーん。覗いた店がイマイチだったのかもしれませんが
こう見ると改めて日本のネイルアートは最先端なのだと感じられます。

18447317_1469706309771485_7308562927875852284_n.jpg

そうこうしている間にお目当ての肉屋さんの開店時間。
開店2分前に店の前で並んでニヤニヤしている日本人女を見てお店の人が
慌てて鍵を開けに来てくれました。
日本語のメニューも書いてあるので親切ですが、日本語が通じるワケではありません。
それが何か、ということは分かるので便利です。
「メット」という食べ物をオーダーします。

18446953_1469706346438148_202431473105672005_n.jpg 

これがメットです。生の豚挽肉と玉ねぎ。
つまり、焼いていないハンバーグのようなものです。
日本人からすると生の豚肉を食べるなんてビックリしますが、
私は3年前の出張で初めて食べて大層感激したので、
3年前から、またドイツに来ることがあれば絶対にメットを食べたい、と思っていました。

18447050_1469706366438146_8172627685185721901_n.jpg

これで300円ぐらいだったと思います。
(多分)

18485758_1469706386438144_1143560788993752454_n.jpg

玉ねぎの辛みが豚肉の甘みを引き出してくれています。
確かにこれはホテルの朝食にはない贅沢な一品。
早起きする価値がありました。

副社長に遭遇するかな、と思いながらキョロキョロしていましたが遭遇はせず。
副社長はオシャレなミルクを買っていたので「お部屋で牛乳飲まれるんですか?」
と聞くと「ブレンディのボトルコーヒー持って来たので朝アイスオーレにするんだよ」と…。
さすが海外出張慣れされています。
そして、食べ物に対するこだわりも恐れ入りました!
「さすがです!」としか言いようがありません(笑)

美味しい朝ご飯を楽しんでこの日も元気に展示会場へ向かいます。
とはいえ、既に足腰に痛みを勃発させている人続出。
海外営業部のMさんも「腰が痛くて曲げられないねん…」と涙目です。
持って来たシップと鎮痛剤をみんなで分けて乗り切ります!

つづく




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2017.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1556-80619660