fc2ブログ

短期の出張だと、せっかくヨーロッパまで来ても
展示会とホテルの往復でクタクタになっていつの間にか終了…
ということが多いのですが 、そんな短期メンバーに嬉しいお知らせ!

「ドイツの文化に触れる日」を半日いただきました。
嬉しい!!前回も副社長からの粋なプレゼントでしたが、
今回も忘れた頃にやってきたサンタクロース的な。

本当に今回もまったく休みがもらえることを期待していなかったので
ちょうどその日に行動予定が一緒だったT(リトルミー)と顔を見合わせて
「えー!!どこ行く!!??」
と一気にテンションがあがります。

とりあえずランチを…と考えてチョコレート屋さん
「ハイネマン」のカフェレストランへ行くことにしました。
ここはN氏も副社長もおススメのお店ですので、最初から安心感があります。

18813483_1486338818108234_365399063658967938_n[1]

18700111_1486338841441565_9218585909188705061_n[1]

コーポレートカラーの緑色を活かした可愛いディスプレイが目を引きます。
集合美!一個一個は虫だったり蛙だったりするので、
一般的には可愛いモチーフではないのですがここまで
バッチリ揃っていると「可愛い~~~可愛い~~」という気持ちになります。

18813745_1486338858108230_2150629043418229724_n[1]

この日のランチ。
私たちが選択したのは(各自同じものをひとつずつオーダー)
「ハイネマンパイ」
だって、店名を冠しているのですから美味しいに決まっています。
運ばれてきた瞬間、またなかなかのボリューム感に圧倒されかけましたが
一口食べてその不安は払拭されました。

直径15センチ、高さは8cmはあろうかと思われるパイの中身には
クリーミーなリゾットが入っています。
炭水化物イン炭水化物の上から濃厚なキノコクリームソースがトロリ。
ディルが入っているのでクリーム感の中にも爽やかさはあります。

私はペロリと食べられることは即座に予測できましたが
リトルミーのことが心配になりました。
「大丈夫?無理したらあかんよ」
とお母さんのような(どちらかというと本当にお母さんの年齢に近いのでは…)
ことを言う私でしたが、
「リゾット大好きなので大丈夫です!」
とまさかの完食。ブラボー。

隣のマダムがオーダーしていた真っ赤なイチゴタルトも食べようかな…と
思う私でしたがさすがにそれはやめておきました。
なぜってそれも見たことないほど巨大だったから。
日本の平均的なサイズの3倍ぐらいのボリューム感はありますね。

インスタジェニックでしたので次回はチャレンジしてみたいと思います!

18740680_1486338888108227_5458259931822602196_n[1]

買い込んだお土産。
母の日が近かったので女性が喜びそうな可愛いラッピングの
チョコレートが並んでいました。
私も両母にイチゴの包装紙にイチゴのオブジェが飾られた
ゴージャスなボックスを購入。
さらに、自分用、泰人さん用、お友達用、会社でお世話になっている方用…
前回副社長がたくさん買い込んでいたのと同じぐらいの勢いで購入して大満足です。

150ユーロ分(日本円で約2万円)のチョコレートやバウムクーヘン。
実家の父はドイツ菓子全般が好きなので
大きいバウムクーヘンを買いました。

当然ながら重い…。
とりあえず一旦ホテルに買ったものを置きに帰ることに。

18765583_1486338954774887_8160990498101288305_n[1]

ブランド街で遭遇した自転車パレード。
何かのデモなのかな、と思いましたが詳細は不明です。

18767509_1486339034774879_793652556878341432_n[1]

シュタイフのキリンの大きさに注目です!!
夢のあるディスプレイにテンションアップです。

ここでは今回自分の買い物ではなく、姪っ子のお土産を購入。

18739926_1486339061441543_7101983893092706908_n[1]

ほしいものは多々ありましたが。
実物大テリアとか、パグとか。

ドアノブに萌えます。
リトルミーも可愛くて品のいいテディベアを購入。

キッチン雑貨のお店でペーパーナフキンを大人買いする私。
可愛い柄のポストカードを見つけて真剣に選ぶリトルミーと私。
いつだって女同士のショッピングは楽しいものです。

ホクホクして買い物から戻るとロビーでN副本部長に遭遇。
また今からスーパーに買い物に出かけるんです!
というリトルミーと私に
「今日は日曜だからだいたいスーパーもデパートも早じまいで閉店してるよ」
と重要な情報を教えてくださいました。

え〜〜〜〜〜。。。
スーパーでまだ買いたいものあったのに!
むしろ今からが買い物本番だったのに…。とションボリする私たちを
かわいそうに思ったのか、N副本部長は
「中央駅の方だったらどっかスーパーとか薬局とかキミらが行きたいような店が
あいてるかもしれないね」
となんと、自ら一緒に駅まで案内してくれるとのこと。

もう、今回の出張でどれだけお世話になったことか…。
そして、駅ナカのミニスーパー的なところでちょっとした買い物を
また楽しむことができました。

ローカルな感じの調味料とか、飲み物とか、量産品のチョコとか
そういうものです。

一番のお目当てだったシュパーゲルのスープのモトや
ゆっくり見たいと思っていた乳製品や日用品はあまり売っていなかったので
「一番の目的品はなかったです…」
と言うリトルミーと私に
「そうか…かわいそうに。。まぁ今日は日曜やからな…」
とN副本部長まで残念そうに。

「たくさん歩いたから軽く何か食べて帰ろう」
という話になり、今日はイタリアンへ。

18814400_1486339101441539_7762349098634422444_n[1]

あったらオーダー、のホワイトアスパラのスープ。
日本で別段ホワイトアスパラが好きだというわけではないのですが、
それはなぜかと言うと全く別モノだからなのです。
だいたい、日本で私が慣れ親しんでいるホワイトアスパラと言えば
缶詰でヘロヘロの食感のもの。

それはそれで別の美味しさがありますし、
しかもアレは私にとっては思い出の味です。小さい頃から実家では
車エビのボイルのつけ合わせにはほぼあのホワイトアスパラが出てきて
マヨネーズと一緒に食べるのがお決まりでした。
幼少期から今に至るまでの海老好きのルーツとも言えます。
梅に鶯、的な感覚で
海老にホワイトアスパラなワケです。

とはいえ、今回のホワイトアスパラのスープは前日のリトルミーのお誕生日会で
行ったレストランのクオリティには残念ながら及ばず、
3人とも「昨日の方が美味しかったね」とより前日のスープが恋しくなる始末。
今回のものはちょっと塩がきつかった印象です。

18740684_1486339124774870_4041946045393318616_n[1]

3人ともが好きなカプレーゼ。
ルッコラを入れるとシャレた味になる法則。

乳製品は基本的にヨーロッパどこの国で食べても美味しいですね。
チーズ、ヨーグルト、ミルク、
好きずきはあると思いますが、私はどれも日本で食べるよりも美味しく感じます。

18767569_1486339154774867_129737025307576715_n[1]

ラヴィオリとタリアテッレ。
どちらも自家製パスタで2色盛りだよ、とサービス担当のお姉さんがおすすめしてくれました。
ラヴィオリは私がだいたい「あれば頼む」シリーズのうちのひとつです。
水餃子的なものが好き、という話を何度かこのブログでもしたことがあるのですが
ドイツにも実は水餃子的なものがあるようです。

それは「マウルタッシェン」という食べ物で、
まさしく見た目は水餃子そのもの。中身は牛肉だそうですが
スープに入れて食べたり、ソースをかけて食べたり、と食べ方も
ほぼ水餃子です。ドイツ南部の料理のようです。
今回滞在したデュッセルドルフは西部になるので、探せば南部の料理が食べられる店も
あるかもしれませんね。

18739776_1486339168108199_7056120201405293916_n[1]

「軽く」と言ったのにラザニアをオーダーしたのは私です…。
ラヴィオリと食材の内容は大差ないのですが、不思議と味は別モノに感じますし、
すべて3人でシェアするという考えが「どっちも食べたい」という欲に火をつけてしまいました。

そんな具合で楽しい半日の自由時間をいただき、
ショッピングを楽しみ、笑ってたくさん話す時間を堪能したのですが
翌日は大イベントが待ち構えているので各自早めに部屋に戻って寝ました。
大イベントとは…200人オーバーのゲストをお迎えするパーティー。

そして、泣きギレする久々の「爆発」が待っていました。
注記*「爆発」とは定期的にストレスがマックスに溜まった私が
大暴れする泣きギレイベントのことです…。泰人さんが
「僕はソレを爆発と呼んでいます」と実家の両親に話していたのが印象的です。

つづく




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2017.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1559-95bfeea5