帝国ホテルから優雅な気持ちで出勤したのですが
待っているのはまったく優雅でない仕事です。
展示会場で出展準備をします。
トイレでTシャツ、デニム、スニーカーに着替えます。

しっかり働いたあと、再び着替えてAちゃんとの待ち合わせ場所に向かいます。
銀座東急プラザのAPOLLO。
かれこれ3回目の訪問なので何を頼むべきかコツがつかめてきました。

初回にきた時よりもおいしくなってるような気がするし
(気分の問題かもしれないけど)
サービスもゆったりしていい具合です。
訪問は夜がおすすめです。

19748376_1534838643258251_5822664489630251630_n[1] 

チーズ好き、蜂蜜好きにはぜひオーダーしていただきたい
サガナキチーズ。
いつも「サガナキチーズ」という音に日本っぽさを感じるのですが
入れ替えるとナガサキチーズになるからでしょうか。
はたまた、サガナキのミコトとかいう音がシックリくるからでしょうか。
ともかく、チーズに甘みをプラスするのは女子好みの味ですね。

さて、今回の席は窓際のカウンター席でした。
私が到着したときにはすでに横の席に先客のカップルがいました。
大して気にもとめずに久々の再会に喜び合うAちゃんと私。
小学校からのお友達なのでずいぶん長いお付き合いです。

マシンガントーク、という言葉がありますが
まさにそんな感じで、相当なリスニング力を要求されるスピードで
お互いが自分の話したいことを話しだします。
それでもちゃんと会話が成り立つのは長年の付き合いゆえです。

料理が運ばれてくる時だけ静かになる私たち。
食べてるときは比較的静かなのです。
その時は隣のカップルの会話が聞こえてきます。

「…イタリアとかいいですよね」
「特にローマは教会とか遺跡が…素晴らしいですよね」

なんだかカップルにしてはよそよそしいので会社の上司と新任の社員、的な構図を
想像したのですが、どうやら違うようです。

ちょうどその時私とAちゃんもイタリアの話をしていたのですが
えらく内容の高尚さに差があり…
「イタリアのここの店でこれを食べた」
「イタリア男はやっぱりかっこいいのか」
「イタリアブランドをお得にゲットする方法」
など、教会も遺跡もかすっていないのに話題は隣もこちらもイタリアです。

お隣のカップルの男性が席を立ったときにスタッフの女性が割と思い切った質問。
「おつきあい始めて間もないんですか?」
「いえ、お見合いの帰りなんです。笑」
私とAちゃん(!!!!!!!)

うわぁ〜、なんかすみません。
うるさくしてすみません。。
ゲスい話題ではしゃいですみません。。

まぁ…いろんな女性がいるということで。
お見合い相手の男性は、
「あっちの席に座ってるヤツらみたいな女じゃなくてこういう控えめな人がいいな」
と思っていい感じに引き立て役になっていたかもしれない、
ということにしておこうと思います。

お二人がいつの間にか席を去ったあとはほぼ貸し切りの状態になり、
記念撮影を始め、
「腕の角度が気に入らない」
「ほんまはこんな顔じゃない」
「あかん、これは削除。撮り直し」
と高校時代のプリクラを思い出すひとときを過ごしました。

19665524_1534827683259347_8419363163921908365_n[1] 

相談の結果、「オフィシャルで使っていいやつ」はこちらの1枚になりました。
こんな感じでテンション高く遊んでくれたAちゃんですが
立派な実業家であり、本も出版しているという素敵な女性です。

いつも忙しいなかスケジュールを組んで一緒にご飯へ行ったり
お茶をしたり、時にはお泊り会を実施したり、と遊び方もパワフル。
刺激を受けずにはいられない友達のうちの一人です。

お見合いカップルにはちょっぴり申し訳ないこともあったかもしれませんが
私たち的には大変楽しい時間を過ごすことができて
プラスのエネルギーを補充できたのでAちゃんに改めて感謝。


THE APOLLO



関連ランキング:地中海料理 | 銀座駅有楽町駅日比谷駅





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2017.07.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1565-5ce76dcc