fc2ブログ

 フンフンと夜中まで唸った前日の日曜があけて、
月曜も展示会の準備です。会期は火曜日からなのでだいたい出来上がって、
最終確認や不備を修正するといったところ。

この日は何時に終わるかが読めなかったのと、予備日として
わざと空けておいた日だったのですが、
ちょうどいつもご飯に行ったりするメンバーが全員予定がないということが判明。
「え。そんなんご飯いこうよ!」
という流れになり急遽、何食べる。何食べる。の会議です。
私はメキシカンからの坦々麺とかどう?!と相変わらずのハシゴ好きを
アピールしてみましたが「なんか今日はイタリアン!」という
T氏のリクエストを受けて何軒か思いだした店がありました。

「でも、そんな今言って今日取れるのかは知らんよ!」
とみんなの期待をあまり煽らないようにしつつ…まさかの3人分だけ空席あり!
「すごーく素敵なイタリアン、予約完了です!!18:30に銀座一丁目集合ね!」
とみんなにライン連絡。
選んだお店は「サーラ・アマービレ」です。
ミウミウのビルの中にあります。

7500円で色々楽しめるコースを選択。
こんな感じでまずうわぁ~~~っと運ばれてきます。

36580387_2011506218924822_8566501791598903296_n[1]

真ん中は大好物のブッラータチーズとトマトのソース。
味はカプレーゼですが見た目がおしゃれ!

36667437_2011506168924827_5096135630514028544_n[1]

烏賊のカルパッチョ。白い涼しげなお皿に白い烏賊。
照明がムーディーなので烏賊ゲソの部分が乗っていることに
最初気付かなかった私。2.0の視力を誇る私でもコレならきっとリトルミーもT氏も
見つけられないに違いない、と思い「これ、いかの足あるの知ってた?」と聞くと
リトルミーは「まったく気付かなかったです!!笑」と。
よかったよかった!!だって食べ忘れるのはあまりにもったいないほど美味しかったですから。
モッチリした触感にさわやかな塩気。
T氏も「一瞬わからんかったけどちゃんと見つけましたよ!」とのこと。

36494522_2011506245591486_4510901939357089792_n[1]

華やかなバーニャカウダ。
手でつまんでディップしていただきます。
野菜を食べきったあともバター代わりにしてパンで楽しむ私。

36559782_2011506345591476_5530441288966471680_n[1]

このパンがまた美味しい。
グリシーニやフォカッチャなど。

36664417_2011506608924783_8711098089026355200_n[1]

ヤングコーンにチーズが乗せられて焼かれています。
ヤングコーンの新しい食べ方を体験しました。
これはおうちでもマネできそうですね!チーズの種類は何だったか・・・
ペコリーノとかのちょっと塩気の強いものだったような気がします。

36527969_2011506448924799_1722355720478785536_n[1]

海老のカダイフ巻き。
海老フライおしゃれスタイル!
東京出張中にほぼ毎日何らかのスタイルのエビフライを食べているな…と思う私。
だって仕事めちゃ頑張ってるもん。
いいんだよ、エビフライぐらい食べたって。と思う私でした。
基本的に自己肯定から入るタイプの人間です。

36527959_2011506312258146_1915919408199368704_n[1]

鰆をフィルムで巻いて蒸した料理です。
イノベーティヴ・イタリアン!!
和の要素も取り入れてあるのですね。フィルムを空けた瞬間に鼻に抜ける
すばらしい香りは一日の疲れを癒してくれるアロマテラピー…。
「ちょっと!!これ、めっちゃいいにおいする!!」
と二人に早速報告する私でしたが、二人はワインを飲むので
ゆっくり食べ進めているところ…。
「早くこれ食べてみてほしいねんけど!!笑」
と急かしてしまいました。
ごめんね!

36554090_2011506672258110_138302705754963968_n[1]

豚のローストは控えめなサイズですが
この1切れ1切れに勝負をかけているな、と「豚の意気込み」を感じる私でした。

36531095_2011506388924805_1368227923097550848_n[1]

冷製パスタの季節ですね~。
からすみと甘エビのカッペリーニ。
これもマネしたくなりますが簡単そうに見えて色々な技が詰まっているのでしょうね。
今年の夏のパスタ課題にしたいと思います。

36614127_2011506512258126_390271794013011968_n[1]

こちらはホタテのパスタ。
おそらくトレヴィスだったと思います。(割と記憶が曖昧)
トレヴィスの苦味とホタテの甘みがそれぞれ別々に食べても一緒に食べても、
何通りもの組合せを楽しめるような。
ウットリしてしまうパスタはさすがプロの技です。
ホタテのサイズ感もいいですよね。

36563324_2011506558924788_3619702341470519296_n[1]

ホワイトアスパラとミモレットのリゾット。
初夏のホワイトアスパラ…。
次にまたドイツにいくことがあればまた同じメンバーであの店へ行けたら素敵です。

36543846_2011506715591439_2808361175052451840_n[1]

デザートは数種類の中から選べますが、またこれが悩ましい選択でした。
最終的に私たちは3人ともパインのデザートを選びましたが、
上に散らされたライムの香りがおしゃれ感倍増。
今年上半期の中でも印象的なデザート部門の一皿。

36639426_2011506765591434_5457681313156825088_n[1]

メレンゲや生チョコ、クッキーとお茶がついているので
最後までゆっくりくつろいでおしゃべりを楽しめます。

このロケーション、雰囲気、味でこのお値段。
(ワインも飲んで1人1万円)
そして、スタッフのフレンドリーなだけでなくプロフェッショナルなサービスに感動。
ちょっとT氏が何気なく「粉砂糖が服についちゃった~」と
ほぼ独り言的に言ったのに対し、
ものの数分後に携帯用のシミ取りシートがサッとテーブルに運ばれてきました。
携帯用なので遠目に見ると外国のガムの袋詰めみたいな見た目で
私は「ガムもらったん?」とT氏に聞いたら
「そんな、焼肉屋ちゃいますやん笑」と…たしかに!!
で、「なんなんそれ、私もらってないよ」←(意地汚い)と聞くと
シミ取りシートだと言うじゃないですか。
「めちゃくちゃ気が利く!!隣に座っていた私はフツーに聞き流したというのに!!」
という私にリトルミーも「私もガムをもらったんやと思ってましたよ!」と
言ってくれました。

サービスのスタッフの方を絶賛すると
ちょっぴり照れくさそうに
「けっこうワインとかソースとかお洋服についてしまった、ていうことがあるんですよ」
とお答えいただきました。
エレガントな雰囲気は決して崩さず、フレンドリーなサービス、
おもしろいこともテンポよく言ってくれる(重要)、
そして大満足の料理内容といい意味で見合わないお値段。
コレをコスパがいいと言わずになんと言う。のレベルです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、実はこのお店は
「アロマ・フレスカ」の入門編で同じフロア、エレベーターを出て右手に
ファーストライン(という言い方がレストランでも使えるのかはアレですが)
が「アロマ・フレスカ」、左手に「サーラ・アマービレ」なのです。

今回お邪魔したのは「サーラ・アマービレ」なので、
いつかは「アロマ・フレスカ」へデビューしたいな、と思わせられる内容でした。
それってとても素敵なことですね。
金額が高くなってでもここのサービスや味なら間違いないだろう、という
確信を持たせたということですから。
早くその日が来ることを切に願った私でした。


サーラ アマービレ



関連ランキング:イタリアン | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅



アロマフレスカ



関連ランキング:イタリアン | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2018.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1670-d3a84816