「サーラ・アマービレ」の翌日は東日本支店の近くの居酒屋での飲み会に
混ぜてもらいました。 そういうのにあまり参加しないタイプだと思っていたでしょう…。
飲めないですが割とそういう場は好きで誘われれば喜んで参加します。
居酒屋フードも好きだしね!

その翌日は副社長のお気に入りの隠れ家的ビストロへ
リトルミーと行こうとしていたのですが、副社長の予定が空いたとのことで
「俺もそっちいこーっと!」とご参加いただきました。
人数が増えるといろいろ食べられるようになるのでニヤニヤする私。
中華もそうですが、人数って大事ですね。
多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメ。

待ち合わせ時間まで少しあったので父の日のギフトを注文しにいきました。
泰人さんとも相談して、ピエールマルコリーニのアイスクリームセット。
どちらの家も甘党です。

36865694_2023762857699158_606675817166012416_o[1]

テイクアウトのアイスのコーナー。
店内1階にも少し食べるスペースがあるので私は自分用にも
ここでしか食べられないチョコレートソフトクリームを注文。
今からご飯食べに行く予定があるのに、ソフトクリームを食べることに躊躇しない。
疲れてたから。甘いものを欲しているわけです。

36807009_2023762927699151_7838513145688621056_n[1]

見るからに滑らかそうでしょう。
甘いだけじゃないぞ、って感じです。
どこまでも続くコクとチョコレートの迷宮…。体力回復完了。

36854062_2023763047699139_3937485842125160448_o[1]

目的地はこういう路地にあります。
一本間違えちゃいました。

36904516_2023763144365796_5597111847258947584_o[1]

ディープな雰囲気はまるで銀座のエアポケットです。
銀座4丁目交差点からすぐのところとは到底思えない雰囲気でしょう?
こういうところが好きな私。
いかにもおいしい店がありそうな予感がする小路です。

36878481_2023763274365783_4491379509110505472_o[1]

焼肉、中華、穴子。いい雰囲気の店が並んでいます。
焼肉は「東京園」、中華「三原」も気になる~。

36869922_2023763327699111_8252616940133023744_o[1]

前回副社長とランチにきたときはランチタイムで、このあなごの店は大行列でした。
引き続き気になるお店リストに入っています。
「銀座ひらい」というお店の名前です。

36878489_2023763417699102_6264382192613326848_o[1]

そんなディープなお店に並んでこちら「グラマシーテーブル」が鎮座。
このお店の雰囲気がますますエアポケット感をかもし出してきます。
急にオシャレ系現る。

36828560_2023763561032421_5980302082014445568_o[1]

アミューズはこの季節にうれしい冷たいポタージュ。
冷製スープ大好きなので、また自宅でも作り置きしたいと思います。
私の場合は作り置きのつもりが結局味見とおやつを含めて一日でなくなるパターン。
オーダーは絶対に食べたいものだけお伝えして、副社長にお任せです。

36838687_2023763671032410_7923269484847038464_o[1]

ミニサイズのチーズフォンデュ!
て、そんな名前ではないですが正式名称は「温かい一口モッツァレラ」です。
意地汚くこそげとって食べたい、そんなおいしさ。
トロトロのモッツァレラ、響きだけでも幸せ!!

36879471_2023763817699062_3294586902144876544_o[1]

イチゴのサラダ。
色も見た目も味も女子好みのサラダですね。
イチゴを「果物」「デザート」としてではなく「食材」として積極的に
使っていくのが海外風味です。
(こちらは季節に応じてフルーツの内容が変更になります)

36817675_2023763941032383_3148471642288553984_o[1]

このスタイルのパン、テンションあがりますね。
小さい食パン×3、的な。
熱々なのでそーっとちぎっていただきます。
フワフワの焼きたて食感は幸せそのもの。

36872039_2023764027699041_6865434690703065088_o[1]

こちらは「東京で一番おいしい!自家製お肉のテリーヌ」です。
一番おいしい、を堂々と掲げるには相当な自信がないといけません。
丁寧に作られたテリーヌはなめらかで、濃厚、食べ応えのある一品でした。
添えられたピクルスももちろん自家製で満足度高いです。

ところで、「2番目においしい」というのを謳い文句にする店もありますね。
関西地方に多い印象ですが(笑)

36814409_2023764084365702_5949499719028834304_o[1]

トリュフオムレツ。
ランチタイムはトリュフオムライス(限定5食)になりますが、
ディナーではオムレツとして大人顔で登場します。

36812303_2023764174365693_5265435909813174272_o[1]

私が上の画像をあげていたら、無条件にオムライスだと思われそうなので
中身の確認の意味もこめて断面図を。
きれいに仕上げられたオムレツ、ジャガイモがふんわり感をアップさせています。
トリュフの香りとトリュフオイルも卵との相性ピッタリですね。

36880684_2023764244365686_1380213978524811264_o[1]

こちら、私の今後の「ここへきたらコレを食べたいリスト」に入った
ニョッキです。モチモチしたものが基本的に好きだという傾向がありますね。
3人分ですが、1人でやってきて、一人でコレで完結しても悔いがないぐらいコレが好きです。
セージバターのソース、白身魚など色々なものにも使えそうですが
ニョッキ最強。ということを学びました。

36823969_2023764304365680_1794551638233448448_o[1]

パン、おかわりしはったんやね…ということがわかるこの写真。
子羊のローストに芽キャベツ。
かかっているソースはコーヒーグレービー!
副社長は「羊よりもむしろ芽キャベツが食べたいからコレをオーダーした」
という芽キャベツラバーでした。
子供のころから芽キャベツが好きだった、ってだいぶオシャレ味覚やん!!

36803998_2023764391032338_7797610054709936128_o[1]

こちらは私が前回ランチでお邪魔したときからディナーのメニューを見せてもらい
「夜にきたら、絶対にコレを頼みます」と予告していた
サバとフォアグラの炊き込みご飯~オレンジジンジャー風味~
です。実は、この出張から帰ってから義雄先生の店で
「東京でなんかうまいもん食べてきたかー?」と聞かれて
印象的だったもの、として近藤のにんじん天ぷらと、こちらの炊き込みご飯を
報告した一品でもあります。
そして、写真を見せて説明したところ
「この組合せは絶対旨いわ。オレンジが合ってたやろ」
と義雄先生も納得のコンビネーションだったようです。

36851887_2023764484365662_532715054399750144_o[1]

デザート盛。
キャラメルリボン的なアイスクリーム、濃厚チョコアイスも、
揚げたてチュロスも、ブラウニーも、ブリュレも。
「この子(ら)めっちゃ食べるから」と副社長がシェフに言ってくれた結果、です。
(ら)と書いたのはリトルミーは「リトル」と言えども物理的に胃袋の大きさが
私と同じではないと思うからです。
とはいえ、やはり甘いものは別腹、という言葉と女子は甘いもの好き、
の法則に反することなくほぼ二人で完食。

こんなにたくさんおいしいものを頂いたあとなのに、
フワリフワリと足取りは軽く、楽しい時間が過ぎていった余韻をかみ締めながら
「明日からも頑張れます~」と宣言できるぐらいのエネルギーになりました。
銀座のエアポケット的存在「三原小路」はおいしいものが集まる
パワースポットなのかもしれません。


ピエール マルコリーニ 銀座店



関連ランキング:チョコレート | 銀座駅東銀座駅有楽町駅




グラマシー テーブル



関連ランキング:ビストロ | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅



中華三原



関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅



銀座ひらい



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅



東京園



関連ランキング:焼肉 | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2018.07.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1671-85f6bb09