fc2ブログ

鍵コメントへのお返事① tsuna様
ありがとうございます!これからも色々なところに出掛けていって
美味しいものや楽しい場所をご紹介していければと思いますのでどうぞ
よろしくお願いいたします♫

鍵コメントへのお返事② 愛知県ET様
メール欄からコメントをいただいていたのに気付いていませんでした!
再びご連絡いただいてありがとうございます!
私も鍵コメントの返信の仕方がよく分からなくてすみません笑
グラマシーテーブル行かれたんですね〜!あのエアポケット感がとっても
素敵なお店ですよね!銀座エリアのご飯は色々行ってみるのでまた
気になる店があったら行ってみてください★



昨日「ピザ神」が疑われるライターにもう一件
朝ごはんで絶対に行ったほうがいい店の情報も、
ちゃっかり聞いておきました。 
本当は一番オススメだというところもあったのですが、
そこは冬休みを取っていて休みだったので2番目のオススメに。

「いや、昼でもいいかもしれんけど…いや、朝も昼も夜もおいしいんだよなぁ!
あ、ジェラートは絶対に食べること!どんなに寒くてもね!」
となかなかの食い意地っぷりの発言だったのと、
紹介してもらったピザがおいしかったので、
ここはもう一度ピザ神の発言を信用することに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41bd.jpg

ミラネーゼに大人気の「ビアンコラテ」です。
本当に人気店なようで、いつ行っても混雑気味。朝はまだマシって感じですが
昼にも様子を伺いにいったところ、奥のレストランは満席でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41bf.jpg

きゃーー!!可愛いサイズのケーキ。
甘いものが整然と並べられた感じが大好きです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41c0.jpg

クロワッサンのハムサンドをまずはオーダー。
絶対おいしいやつやん。とこのシンプルな見た目で確信できます。
サクサクの生地とハムのしっとり感のコントラスト!
やー。これはおいしい。
「塩味のものが好きなのか、砂糖味のものが好きなのか、どっち?」
と聞かれて「両方」と答えたら「じゃあなおさらビアンコラテはオススメ」
と言っていたのにも納得。
現地人の情報はさすがです。
トリップアドバイザーだけでは見つけられない情報でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41c1.jpg

スイーツが人気の店だということも聞いていたので
大好きなクリーム入りのクロワッサンも。

しつこくないバター具合、柔らかなクリーム。
一時期「クリームパン研究家(ただ食べ比べするだけ)」を目指していたことを
思い出してしまいましたよ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41c3.jpg

奥はモダンで可愛い系のレストランです。
ここも是非次回は行ってみようと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41c6.jpg

雑貨店も併設されていて、可愛いがいっぱい溢れているような店なのですが
「ダイエットは明日から」と英語で書かれたクラッチバッグが売ってて
買いそうになりました。
素材は樹脂製の割にまぁまぁ高いのでやめときましたが。(2万円ぐらい)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41d0.jpg

続いてやってきたのはブレラ絵画館です。
この日はちょうど日曜日で無料開放デーなのです。
0ユーロのチケットを50分行列に並んでもらいました!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41d1.jpg

イタリア美術館の素晴らしいところは、どんなに人気の展示や美術館でも
入場制限をキッチリかけるということ。
無料開放なのでどんどん人は来ますが、
館内の落ち着きは日本の美術館や博物館の人気企画と
雲泥の差がありました。

ちゃんと「美術館」として楽しめるゆとりと静寂。
まっすぐ歩けない、メインの作品の前は黒山の人だかり、
ということはありませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_41e8.jpg

宗教画が多いです。私は好きなジャンルなので
どっぷり世界観に浸れて大満足です。

「死せるキリスト」やルーベンスの「最後の晩餐」といった宗教画以外にも
「接吻」や風景画のコーナーもあり、見ごたえのある美術館でした。
コレがタダなんて凄すぎます。

老若男女、真剣に美術と向き合う時間が無料で用意されている国、イタリア!
とはいえ、日本も観光寺院でもない限り、寺社仏閣は結構無料で楽しめますね。
外国に行ってこそ、日本のことを新しく発見できることもたまにあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4208.jpg

そのうちの一つがミラノ中が空前の日本食ブーム。
抹茶カフェなるものができていたので入ってみました。

抹茶ラテを頼みましたが、こんなん、美味しいに決まってますね。
だって、抹茶の部分はまだしも、ラテの部分は本場のフォーマーが付いていて
フワッフワのきめ細かい泡なのですから、日本で飲む抹茶ラテと
遜色ないのではないでしょうか。

まぁ、でも考えてみると日本で抹茶ラテを飲んだことが
あるだろうか。という話。あんまりないので
比較用に今度は日本でも飲んでみようと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4209.jpg

抹茶ブルーベリーチーズケーキなるものを食べましたが
これはほぼ抹茶の味はしないですね。
チーズの強さが勝ってるのですが、色味でミラネーゼを魅了しているようです。

茶筅やイタリア語の茶道の専門書まで売ってました!
外国人に茶道やお茶、日本料理について聞かれてアタフタしないように
改めて日本文化の勉強、自分なりの考えを持つことも必要だなと思いました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_420c.jpg

はて。お正月に風邪を引きつつエンドレスカレーを食べて
留守番していた泰人さんのお土産を探しながらあちこちを転々と
していたのですが、自分的に「コレ!」というものを見つけたのがこちら。

知ってました?
10コルソコモのアウトレットが本店から徒歩15分ぐらいのところにあるのです。

モードファンにとっては宝の山、そしてアウトレットなだけに
お買い物が俄然楽しめます。
同じ値段で2つ買えるんですから!笑

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4213.jpg

アウトレットとは思えない整然としたオシャレな店内。
アライアばかり扱っているフロアもありました。
ところで、アライアの靴の実物を初めてみましたがとても素敵。
超絶エレガントでモード。そして、箱が可愛い!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4214.jpg

サイズが合えばラッキー、なマノロのコーナーも。
全部半額です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_420e.jpg

この辺りはメンズの製品でジバンシー、サンローラン、バレンシアガなどに
マルジェラ、マックイーンなどのラインナップです。

お客さんは私しかいませんでしたが、ゆっくり買い物できる感じで、
なかなか楽しい隠れ家的スポットです。
あまりこちらのアウトレットの存在は知られていないのではないでしょうか。

ホクホクした気分で滞在先のホテルに戻っていきます。
帰りに喉が渇いたので朝ごはんを食べた
「ビアンコラテ」でジェラートを食べます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_421c.jpg

イタリアのジェラートはこうやって並んでいるのを見るだけで
迷いながら幸せな気分が味わえます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_421e.jpg

ヨーグルトとピスタチオ。

コッテリとサッパリを両方楽しめるという組合せで
私はよくこの組合せでジェラートを食べることが多いですね。

一口食べて、ハッとするほど素材の味が生きています。
ファーっとしているのにしっかり主張するジェラート。
まだ日本には上陸していないジェラートなので
ミラノに行ったらぜひチェックしてみてくださいね!

今日はホテルを移動する日です。
最終日だけリーダーズクラブ加盟のホテルにして
宿泊実績を貯めようという考えです。40の誕生日前日だったし!

でも、本当は「もう、最初のところに6泊で良かったんちゃうん」
と思ってました。なぜならそもそも荷物をまとめるのが面倒だし、
変に近いんですよ。5泊泊まってたところから1泊泊まるところへの距離。

タクシーで行ってもいいんですけど、近い距離なので気を遣います。
そこで私がとった行動は…!!

大荷物を引いて、汗をかきながら歩く!でした。
歩いたらまあまあ遠かったのでやっぱりタクシーに乗れば良かった、と
後悔しましたが、その分で今日のディナー後に
美味しいデザートでも食べたらいいわ、と思いました。

はたまた、ホテルのスパの足しにするのはどうかしら。
などと自分を甘やかす方法ならいくらでも思いつきます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4225.jpg

セナート通りのカールトンホテルバリオーニ。
リーダーズクラブのサービスのうちの一つで優先的なアップグレードと
朝食が無料ということ、思いがけないプレゼント、という特典がついています。
宿泊実績を5つ貯めると1つ無料で世界中の加盟ホテルのどれかに泊まれます。

思いがけないプレゼントって何なん。
といつも思いますが、まぁだいたいチョコレートとか。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4226_2019011721313413e.jpg

バスルームが広々していて気に入りました。
シャワーブースとバスタブがちょっと離れていますがゆっくりできます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4227_20190117213136ff5.jpg

イタリアンクラシック!
早速オレンジを2つ一気に食べます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_422b_201901172131391dc.jpg

ちょっと緑の見える部屋がいい、とリクエストをしていたので
嬉しい窓辺の風景でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_422c_20190117213140293.jpg

5星ラグジュアリーホテルですが、テレビ画面は
昨日までのホテルの方が大きかったし、何ならタイのホテルが一番最新設備でした。
テレビは、日本にいても海外にいてもどうせ観ないので
モニターの大きさは関係ないのですけどね!

こういうクラシカルなホテルはとても素敵だしサービスもいいのですが
困るのがベッドの近くにコンセントがないんですよ。
スマホやパソコンをベッドの上でゴロゴロしながら触りたい人にとっては
ちょっと気になるポイントと言えるかもしれません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_422a_201901172131370bf.jpg

誕生日イブを大好きなイタリアで静かに過ごせる幸せ。
ちなみに世の中(日本)は明日から仕事始め。

「誕生日なんで2日ほど多く休みます」
と堂々と発言して優しく許容してくれるメンバーでよかったです。

やっぱり今からディナーの前ぐらいまではホテルのスパかな〜。
そもそもディナーはどこにしよう。
ここのホテルのレストランもいいし、ルームサービスで
思い切り好きなものばっかり頼むのもオツなもんだわ。
とスパのメニューとルームサービスのメニューをベッドで熟読した結果。



え。今何時ですのん。
スパどころか。夜の9時です。

3時間ほど寝てたみたいですね。もう。。。
何やってんの。と激しく後悔しますが、せっかく高級ホテルに
引っ越してきたのですから出歩かずホテルを楽しんでいるのだと考えたら
まぁいいか…と思うのですが、どうにも納得いかない。

イタリアは24時ぐらいまでいいレストランでも営業していることがあるので
今からどこか探したらもちろん何か見つけることもできたし、
ルームサービスを頼むこともできるのですが、
自分の心に素直になった結果、本当に食べたいと思っているものは何か。

ルイーニの揚げピザをもう一度食べたい。

そういう気持ちになったので再びザクッとしたかっこで
出かけて行きました。
ルイーニは11時まで開いてたはず。
すると、まさかの「今日は明日がおやすみで早く閉めます」の貼紙。

まさかのディナー難民。
えぇえ。。どうしてもアレが食べたかったし、甘いのも食べたかったのに。
甘いのを食べることによって記事の内容にも幅ができるに違いない。
原稿の出来栄えのことまで考えながら歩いてきたというのに。

まぁ、仕方ない。
そういえば、もう一個自分的に気になっていた店がありました。
チェーンのピザですが、一般的なピザと違っていて
フォカッチャの上にチーズが乗ってるようなパンピザタイプ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4236_20190117213415c88.jpg

おっき!!!
直径50センチぐらいはありそうです。

小さい切れ端(1/16)と中くらいの(1/8)がありますよね。
私は中くらいのが小さいサイズで中くらいのが大きいサイズだと思ったのですが
オーダーするときに「大きいの?中くらいの?」と聞かれたので
「中くらいのってどれが中くらいなの?」と聞くと
「これが普通のサイズ」と言われたのが1/8のサイズでした。

えっ?じゃあ大きいのは?と聞くと
中くらいのに小さいのを足したのが大きいサイズ。

「じゃあ中くらいのやつとお水」
とオーダーします。

ちょっと悪そうなお兄さんがたがピザを焼いています。
(見た目のイメージね)でもみんなとてもいい人で私がピザの写真を撮ってたら
「綺麗に撮った?見せて見せて!!ウェーイ!」とテンション高めです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4233_201901172134129e7.jpg

どっちかというと水にピント合ってるけどね…笑
これは大きさ比較のために撮影したもの。

本当ならリストランテトラサルディとか
パークハイアットとかでオシャレしてひとりディナーの大人の女性を
演出しているはずが、立ちピザです。
そういうのも好きだからいいんですけど、ウッカリ寝てしまった
自分に多少は腹が立ちます。

これ、美味しくなかったらどうしようw
と思って一口食べてみました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4234_20190117213414066.jpg

あれっ!これは!!これはこれで美味しい笑

もう、ここまで美味しい美味しいと連発していたら
「この人、何食べても美味しいちゃうん?」と思う人もいるかもしれませんが、
これはなんていうんでしょうね。

全く別のものです。
でもものすごく美味しい。
底の部分がカリッ、ジュワッとしていて、チーズは主張し過ぎず、
トマトもあくまでも控えめに繋ぎのソースの役割を完璧にこなしています。

結局旅の前半で張り切って遠くまで歩いていって食べたピザ以外は
全部気に入ったという結果に。
そういえば、スタバのPrinciのピザ、そしてPrinciのピザも
このフォカッチャの上に具材が乗っているパンピザタイプでした。

日本のパン屋さんでピザパン売ってるじゃないですか。
アレの最上級に美味しい版って感じを
イメージしてもらえればいいかと思います!

うーん、明日帰るのか。と思ってまだ取材ができるところがないか
せっかく出てきた夜のミラノでキョロキョロします。

はっ!そうだ。ここの取材がまだだった!
と思ってやってきたのはまさかの…。



クイズ!ミラノ最後の夜のディナーは何だったでしょうか。

というクイズを出題しようかと思ったぐらいです。
答えは「チェーンのピザとイタリアのマクドナルド」ですよ。

こんなに当たらないクイズを出題しても面白くないのでやめましたw

なんでイタリアのマクドナルド、という書き方をしたかと言うとですね。
また記事にしますが、ザクッと言うと肉が100%イタリア肉です。
卵もイタリアの卵を使っています。

コレは、スローフード運動が盛んなイタリアへのマクドナルドの戦略です。
戦略というか、折衷案みたいなもんですかね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4239.jpg

でも、そうすることによって私みたいな好奇心を持ってる人は
「どれどれ、自国のものと食べ比べてやろうじゃないか」
とも思うわけです。そして、ご当地メニューもあります。

観光大国ならではの対策、オーダーがタッチパネルとカード決済。
4ヶ国語ぐらいに対応していました。
日本も東京オリンピックあたりに向けて、このタイプのマクドナルドが
増えていくかもしれませんね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_423a.jpg

卵がイタリアのだよ、のシルシ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_423b_20190117213420d2c.jpg

日本では見たことないタイプもあるでしょう。
色々試してみたかったけど、最近お気に入りの
定番中の定番「ダブルチーズバーガー」にしました。
日本のと比べやすいし。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_423e_20190117213421b09.jpg

確かに見た目からもなんか違う。
普通に美味しいです。でもいつもの日本のダブルチーズバーガーではない。
肉の種類が違うからとはいえ、ちょっとランクアップという感じで
「マクドっぽさ」はあまりないです。

ちなみに、ミラノのマクドナルドの深夜11時は結構雰囲気悪いですw
何が雰囲気悪いって、治安を維持するためなのか、黒服の屈強な
ボディガードみたいな強面のおっさんがずっとウロウロして
客の様子を見ているのです。

その人の存在に最初気付かなかった私は必要以上にビックリしてしまい
「あんたが一番怖いわw」と心の中で思ってしまいましたが
写真を撮りながらチーズバーガーを頬張って
ニヤニヤする様子を見られてしまい、なんだか恥ずかしかったので
「へへへ」と言うと笑ってくれたので良かったです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_423f_20190117213423697.jpg

コレはチーズフライ的な。
おいおい、チーズ好きやな、とあちこちから言われそうですが
チーズ、好きなんです。今更ですが、3食チーズでもいいぐらいチーズが好きです。

太るのを気にする女子からは「チーズは太るやん?」
と言われますが「カルシウムを摂取している」という気持ちで食べることにしています。
揚げちゃったらまぁ、あかん食べ物ということは分かってますけどね!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4240_20190117213424d84.jpg

コレはなんか、みんなでつまみたい感じです。
またここでタイの楽しかったプールサイドピクニックを思い出しました。
また行きたいなぁ!

ホテルに戻ったら猛烈にのどが渇いたのと、そういえば
バーでジェラートをご招待しますよ、とかいうチケットをもらってた、
ということを思い出してオシャレし直して誕生日を祝います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4243_20190117213426639.jpg

ここのバーとレストランは本当に雰囲気がよくて素敵だったので
ホテルに泊まらずともレストラン、バー、カフェ利用だけでも
また行ってみたいと思わされました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4244_201901172134276a4.jpg

この時は私しかいませんでしたがすぐにイタリア人の陽気なおじさんたちの
グループがやってきて、楽しそうな時間が始まりました。
ちょっと聞いていると(意訳のため関西弁)
おっさんA「その時にな、めっちゃ可愛い子が来てやな、でも何も言えないやん?」
おっさんB「なんでやねんーーー!!」
おっさんC「いけよーーー、そこ普通いくやろ!!」
おっさんB「チャオベッラ!言うたらいいんやんかーーー!」(やあ可愛いね!的な挨拶)
そこへやって来るホテルスタッフ(若い女子)
おっさんB「今や!チャオベッラや!こうやって使うんや!」
女子(苦笑)
おっさんたち(爆笑)

いやー。おっさんというのは共通点がありますね。
おっさんたちで集まると、とても愉快で楽しそう。
単体だと静かそうなオシャレなメンズなのですが、
話してる内容はだいたい新地や三ノ宮で飲んでるおっさんと変わりませんでした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4245_201901172134298e0.jpg

ちなみに、このジェラートも相当レベルが高い!特にいちご!
なんかゼリーとシャーベットの間みたいな新食感でした。

おっさんたちの笑い声を聞いてると、なんか平和だなw
と思って部屋に帰って早めに寝ます。
明日はいよいよ日本に帰らなくてはいけない日です。
早めに朝ごはん食べて(ここは絶対に外さない)、チェックアウトして、
空港行って、タックスフリーしないと!←過去に何度も失敗しているので必死。

最終話へ続く。



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2019.01.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1739-5f5482a9