fc2ブログ

 色々書きたいことは溜まっているのですが、
もっとも最新のネタを書いてみたいと思います。
(ちなみに、お店に責任は全くないのですが今回は
マイナス要素の話になりそうなのでそちらの店名は伏せておきますね)

ゴールデンウィークも終盤に差し掛かった昨日の出来事です。
最近周りで話題の某店でランチをしよう、ということに。
つい先日も泰人さんが退職する後輩との送別会ディナーを開催していました。

わーい、楽しみ〜、と到着したのが12時ちょっと前。
3組待ちです。さすがの人気店。
結構な待ち時間を経て、店内に。

「あれ…。昼はこういうメニューなんやね」
という泰人さん。彼はガッツリ肉料理のランチだと思っていたようですが
アメリカンダイナーのブランチ要素が強く、メニューにも
しっかり「ブランチ」と書かれていました。

「私はそういうのも嫌いではありませんよ」
と「ハムエッグパンケーキ」をオーダー。
泰人さんは「キーマカレー」です。
本来彼はキーマカレーは苦手なはずなのですが
(ゴロゴロ肉の欧風タイプカレーが好き)
他に選択肢がなかったのでしょう。
「キミはそういう甘じょっぱいの、好きですよね」
「マックグリドルとかね」というような平和的やり取りをしつつ、
オーダーしたものがやってくるのを待ちます。

先にキーマカレーがやってきたので「あ、それはそちらね」と言う私。
しかし、しばらく経っても「ハムエッグパンケーキ」は運ばれません。
まぁ、そのうち来るでしょう。
と思っていました。

暇なので隣の席のカップルの様子を目の端に入れていた私。
カップルの男はパストラミビーフのサンドイッチをかじっています。
で、カップルの女子は私と同じく「ハムエッグパンケーキ」を頼んだ模様。
ハムエッグパンケーキの写真をテンション高めでせっせと撮っています。

そうよね、楽しいカップル旅行の思い出としてSNSにあげるのよね。
と微笑ましく思いながら、あまりジロジロ見るのもアレなので
目線を外しつつ、自分の分がくるのを待ちます。

すると、お店のスタッフがなにやらバタバタしている。
「すみません、間違えました」
と隣のカップルの女子の「頼んだと思われる」「ハムエッグパンケーキ」を
ヒョイと私の前に置いたのです。

え。いやいや、間違うのは誰しもあることですしスタッフを責めるつもりは
なかったのですが、隣に座ってる女よ。

おかしくないか?
「え??いや、人が手をつけたものをこっちに持ってこられても」
と私が言うと
「写真を撮っただけでまだ食べてないんで…」
と明らかに私の様子にビビっている隣の女子。

あ、そうなん?食べてないの?
食べてないのはいいけど、じゃあ何で写真を撮ったの?
彼女は何をオーダーしたわけ?
と思ったら…
パストラミビーフのサンドイッチをシェアするつもりで
彼女は何もオーダーしてなかったんですね。

それが分かった瞬間、モヤっとしたものが一瞬にてスイッチ。
何も頼んでなかったのに、運ばれてきたものの写真をなぜ撮影した。

心の中で理不尽で理解不能なことが起こっている…と思わずにはいられない私。
おかしいやん、そんなん。
怒りが湧いてきます。
「インスタ映え」「SNS映え」
そういう世間の風潮にもちろん私も乗っかってるワケで、
美味しそうなものを食べたら「みんな、見てー!」と情報を世界にバラまいてるけど。

タイのホテルでも「映える写真」を撮るためだけに
フリーオーダーの朝食メニューを一通り並べて
写真だけ撮って全残しする女もいました。
そういうの、どうかと思うわ。

そもそも、食事の写真撮ること自体だって本来はマナー的にはNGですからね。
それを仕事にしている私が言うのも何ですが。
撮る行為の中にも最低限のルールがあるワケですよ。

何かオーダーしていて間違って運ばれてきたことに気付いていなかったなら
写真を撮ってしまったことも仕方ないかもしれないけど。
何も頼んでない人のところに何か運ばれてくるなんていう
都合のいい世の中ではないんじゃないですかね!

間違ったものが運ばれてくることはありますよ。
私もアイスでオーダーしたものがホットでやってきて、
それに気付かずに先に写真を撮ってしまったこともありました。
それだってオーダーしたから運ばれてきたワケです。
でも、頼んでないなら「これ、私たちのではないです」って
確実に分かるのに、なぜ運ばれた時点ですぐ言わないの?

そんな私の様子を泰人さんは「インテリアのゲーム」に夢中で
さして気にもとめていなかった様子です。
ちなみに、このインテリアのゲームは夫婦共に長期に渡って地味にハマっている
スマホのゲームなのですがどうやっても彼のスコアを上回ることができません。

いや…もしかしたら私の心が狭いだけなのかもしれない。
写真を撮った「だけ」
そもそも、その行為に罪はあるのだろうか。
考えながらさっきの嬉々として自分がオーダーしていないものの
撮影をしていた彼女の様子を反芻します。

…そんなん撮って、嬉しい?
むしろ、何てあげるワケ?
#頼んでないのに来た
#めっちゃ美味しそう
#今度はこれ食べよ♡
#隣の女こっわw

色々なことを思います。
そうだ、以前住んでいたマンションの前に契約していた駐車場に
九州ナンバーだか何かの車が停まっていたことがあったじゃないか。
その時の記事はこちら
(2014年の記事でしたねw)
そう、あの時「旅行者には優しく」と誓いました。
でも、今回の場合、私は悪くないと思う…。
この隣の浅ましい女に優しくする価値があるのだろうか。

とてつもなくバツが悪そうにパストラミビーフのサンドイッチを
モシャモシャと食べるカップル。
一方でハムエッグパンケーキもケチがついたため、
モヒトツ美味しく感じられません。
食事において気分的要素が重要だということは皆さんもご存知かと思いますが
その間も私の頭の中ではグルグルと
「この場合、どうするのが正解なのか」
という議題が延々と回っています。

そそくさと無言で立ち去った若いカップル。
またそこでも腹が立ちます。
「一言謝れば?」と思います。
「映えそうだったんで、つい…すみませんでした」の一言があったら
私もこんなにギーギー言わなかったと思うんですよ。

驚いたことに、泰人さんはこの時点までで全く事態を把握していなかったようで、
「なんか、僕、これでは全然足りないわぁ〜」
と恐ろしくマイペースな発言。
その時初めて私が浮かぬ表情で悶々としていることを発見し
「なに。どしたんw」と聞かれたので一部始終を説明。

「なんでそんなんもっと早く言わないの!」
と言う泰人さん。
「言ったらどうなってたんw」
「僕が強く言うてあげたのに!」
「何をどう言うんですかw」
「人のオーダーしたもの勝手に写真撮ったらどう?とか…」
(よわ…w)

結果として私一人がグルグルしただけでしたが、
「以前のキミならもっと怒って大変なことになっていたでしょうに、
大人になりましたな!」と褒めてもらえたので若干マシな気分に。
それでもしつこい性格なので、その後もずっと
「どうするのが正解だったのか」ということが
気になって気になってどうもなりません。

結局、その後ラーメン店に流れ、クールダウンのためにジェラートを食べて
お腹いっぱいになって、フテ寝しました。

いっぽしラーメン

こちらは新在家の人気店、鶏ガラスープのラーメン「いっぽし」さんです。
前回初めて訪れて、美味しかった記憶があったので再訪。
ハムエッグパンケーキを食べた後でもペロリと平らげます。
気分がよければもっと美味しかっただろうに。

寝ても久しぶりに激しい頭痛が残っていたので泰人さんに
「なんか、グッと堪えて力が入ったからか、頭痛い」というと
「ええ!そんなん、めちゃ怒ってるやん!」と驚きの表情。

一通り考えた結果としては
「なんで頼んでないものの写真を撮ったのか」
は聞いてもよかったな、という結論に達しました。
単純に、その心理状態を知りたい。
でも、それを聞かれた若い女子はきっと「楽しいはずのカップル旅行」
が台無しになったことでしょう。
だから、何もアクションを起こさなくて正解だったのです。

「インスタに”私のパンケーキ”の写真、アップしてるんちゃうやろうね」
と位置情報と撮影角度から検索するという恐ろしい執念を見せる私でしたが
今日の時点では全公開対象ではアップされていなかった模様です。

なんでも本気になったら調べ上げられる恐ろしい世の中なので、
逆に大暴れしなくて良かった、と自分の行動から学んだ令和元年のGWでした。


いっぽし


関連ランキング:ラーメン | 新在家駅六甲道駅石屋川駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2019.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1765-752c1593