fc2ブログ

最後のディナーで強烈に美味しいポルチーニ茸を堪能でき、
楽しい気分で ホテルに戻ってきた私。
パッキングをしている最中に考えるのは日本に帰ってからの生活に
いかにすんなり戻っていくかということ。
イタリアにいる時と日本にいる時の自分のテンションが違いすぎるので
会社で死人のようにならないように、徐々に調整をかけていく必要があるのです。

62322496_2707951269280310_3401294999541776384_n.jpg

今回ギリギリのサイズのスーツケースでやってきましたが、
やはり結局食材とお菓子、資料その他のお土産類を入れすぎて往路よりも
10kg増えていましたね。こんなサイズのくせにヘビーの札を貼られるのですから。

とはいえ、自分のパッキング能力はなかなかのものだと惚れ惚れ。
無駄なく詰め込めたので満足です。

62545173_2707951322613638_502422632881192960_n.jpg

トマト缶とかオリーブオイルも重いですが、侮れないのはチョコレート。
結構な量を買うので重さもそれなりにあります。

62231290_2707951712613599_1218065455428665344_n.jpg

泰人さんのお土産はバーバリーのTシャツとASPESIのTシャツに
アクアディパルマのシャンプーとリンス。
(コレは私もちゃっかり使うやつ)
ASPESIの方は「沈黙」と買いてあります。
物静かな人が着てこそですが、逆に私が着てもいいのかもしれませんね。逆に。

ふぅ〜。できたできた。
と思ったのですが、今寝たら完全にイタリア時間に合わせてしまうことになる。
そうすると日本の生活に戻った時に昼過ぎ〜夕方ぐらいに強烈な眠気と
3〜4日は戦う羽目になるのです。

そうだ。日本時間から逆算して完全に調整していこう。
時差は7時間日本の方が進んでいるので、日本時間でいう21時〜22時まで
絶対に寝なければ調整ができるはず。
この時点ではイタリアは0時頃だったので日本は朝7時。
フライトは翌日の13時だったので、飛行機に乗ってから3時間ぐらい
死ぬ気で起きてたらあとはコテっと寝れば調整完了なはず。
単純計算で言うとね。

決めた、私、寝ない!
というわけで、不眠チャレンジがスタートです。
自分でいうのもアレですが、歳のわりには元気な方だと思うので
そういうことができちゃう精神力を持ち合わせています。

62197929_2707951195946984_6618702980055040000_n.jpg

買ったノートを並べてみたり、日本にラインを送ってみたり。
エビや蛇や鳥のモチーフにウットリ。
こういうデザイン、絶対に子供向けではないですからね。
大人文具、サイコー。

62356504_2707952232613547_913997365898117120_n.jpg 

すでに半寝ですがベッドに横になったら負けや、と思って
スーツケースを広げるところのお尻が痛くなるところにあえて座っています。
今の私にフワフワは禁止です。

でも、よく考えてみたら、今日の1日を巻き戻してみて
普通に朝から起きて歩き回って、ご飯食べて買い物して、
ディナーして、と盛りだくさんな1日だったわけです。
結果的に私が「寝てもいい時間」まで何時間起きていることになるのでしょうか。
7時ぐらいに起きたので、翌日の13時までは私の不眠は30時間です。

コレは…学生の時に24時間耐久カラオケとかやったことがありますが
それに近いことを40女がたった一人で歌もなしにテンションを保たないといけない、
そういうワケなんですよね。

62439990_2707952175946886_1914098926181416960_n.jpg 

画像加工しても憂鬱感が漂っていますが結構気に入ったセルフィー。
あんまり顔が完全に写ってないからね。
何枚撮ったうちのお気に入りなのかは秘密です。
もはやセルフィースティックを出す気持ちすら起こらなかったようです。

あと、最終日に気づいたのですがこのホテルは朝食込みの値段だったようです。
一回もホテルでご飯食べなかった…と思ってとりあえず行ってみました。

62394391_2707951775946926_8648997685174468608_n.jpg

特筆する美味しさではありませんが喉が乾いていたのでジュースは嬉しい。
美味しさはありませんが、とか言いながらも一通り食べてみたいものは
食べてみるところが私っぽいですね。

空港に着きたい時間から逆算してチェックアウトをしてバスに乗ります。
今回は空港を間違えない!
(Gさんに言われなければ帰る日を間違っていましたけどそれはセーフ)

そして免税。
以前、泰人さんのプラダのリュックを免税しようとして失敗した過去があるので
免税には敏感ですよ。しかし、今回買ったものは額もそんなに大きくないので
免税による恩恵は逃したリュック税の10分の1程度だと思われます。

まず税関でスタンプを貰うのですが、私の前に並んでいた中国人の女の子が
なかなかの厄介者でたくさん買い物した商品をいちいち見せるのが面倒だったのか、
嘘の申告をしたようなんですね。裏から偉いっぽい人出てくるし、
イタリア人のスタッフもイライラしてプンスカしだすし、
周りの人の空気も悪いし、なんやねん。と思った私。

で、もう一つの窓口の方では英語もイタリア語も不得意なアラブの奥様。
ドレスを大量購入されているのは圧巻で、それは見ていて楽しかったです。
わぁ〜〜〜〜〜そういう買い物!!と思ってキラキラした気持ちになりましたよ。

で、ようやく私の番。
さっきまで中国人の女の子の相手をしていた怖そうなオッサンです。
コレは和やかにコトを進めたい。と思った私はできるだけの笑顔で
「ボンジョルノーーーー」と言ってみました。
またアジア人か、的な顔でチラっと見られましたが
「私の書類はコレ1枚だけです」
とバーバリーのTシャツ分の免税書類を見せると
すくなっ、と思われたのか「免税の買い物、コレだけ?」と聞かれました。
「はい。コレは旦那さんのお誕生日プレゼントなんです」と言うと
なんちゅう可愛らしいコトを言うか!みたいなリアクションで
「そーかそーか!!」と急に笑顔です。
通常商品が未使用であることを見せる必要があるので
「袋から出しましょうか?」と手に持っていた紙袋を私が開けようとすると
「いやいや、いいよいいよ!だってプレゼント包装してあるんだろ?」とウィンク。
「わぁ〜親切にしてくれてありがとう!」と言って無事終了。
確実にこのおっさんの中では日本人の印象は良くなったハズです。
そういうの、大事やからね!
続いてグローバルブルーの列に並びます。

62371757_2707951392613631_2359340537737117696_n.jpg

それにしても、中国、ロシア、中東勢の勢いは凄い。
この列に並んでいる中で確実に私が一番貧乏やな、と思いましたもん。
有名どころの高級ブランドを両手に持ちきれないほど買った人たちが並んでいます。

前に並んでたロシアの10代であろうと思われるエンジェルたちは
グループの中でもヒエラルキーがあるらしく、一人を除き、他の二人が交互に
並んでいるのです。どういう関係なん、あんたたち。と思わざるを得ない
大ボス感のある女子は一番美人で一番リッチな買い物をしていましたが、
荷物を足で蹴ったり、お行儀が悪いのでまぁなかなか印象は悪めでした。

こういうことが気になるのは私が大人になったのか、
オレンジの大箱を大量に持ってることが心底いいな〜と思っているのか、
どっちでしょうね?
多分どっちもです。

ゲートはオンタイムで開きましたが、飛行機に乗ってからなかなか動きません。
結局1時間も遅れて出発。
なんか、すでに嫌な予感ですよね。

64469826_2707951479280289_5767601463131897856_n.jpg

機内食もラザニア。
もちろんリナシェンテで食べたラザニアの方が美味しいけど、コレはコレ。アレはアレ。

食べたら即寝です。あぁ…30時間耐えきりました。
さすがに30時間寝ていなかったので、エコノミーの席でも気にならないほど
まとまった深い睡眠を得ることができましたよ。コレはなかなかいい方法。
ただし、体力と精神力に自信がある人にだけお勧めします。

しかし、席運的にはなかなかワーストクラスでした。
3・4・3並びの3人席の通路側だったのですが、
隣の席になった中国人のおばちゃん(横も縦もかなり大きい)とその息子(推定5歳)
が私の機嫌を最悪にさせるほど行儀が悪い。

息子がうるさいのはまだ仕方がないにしても、
おばちゃんはクシャミを手で押さえて、その手を前の座席のシートで拭いた。。
えええええええ??と思ったので思いっきり凝視しちゃいましたけど
「は?なにか問題でも?」みたいな顔をされたので
いやいやいやいや、あかんやろ!!と言う顔を返しときました。

途中、数回おばちゃんの息子がトイレに行きたい〜〜〜と言い、
おばちゃんが私をまたぐことができないため、
その度に席を立つ必要があり、イラっとはしましたが通路側の宿命です。
そんな攻防戦が起きている間は繰り広げられます。
とにかく汚れた手で私を揺り起こすのはやめてほしいw

到着前の機内朝食では「オムレツか焼きそば」という選択肢で
絶対に焼きそばが食べたかったのですが、焼きそばは売り切れで
旅のテンションがますます下がっていきます。

次の関空行きのフライトとの乗り継ぎ時間に間に合わなさそうだったので
機内から降りるときにCAさんに「ねえ、私のやつ絶対間に合わないと思うねんけど」
と言うと「地上の係員がお待ちしておりますのでお声がけください」とのこと。
やれやれ。まぁこういうことがあるから1日は余分に帰着日を見ておくのが必要ですね。

機嫌悪めの戦闘モードで香港に降り立ったので早速係を探します。
おぉ。。。
なかなかふてぶてしいオバちゃんです。
多分怒ってる訳ではないのでしょうが、とにかく怒ってるように聞こえる。

ゆ「私の関空行きの新しいチケットちょうだい」
お「他の人もくるからちょっと待って」
ゆ「………」
(結構な待ち時間が流れました)
ゆ「…ねえ、他の人は?」
お「いないから、行くで、ほな、ついてきてくれるか」
(もちろんこんな関西弁ではありませんが、体感的にこう言ってそうなイメージ)
ゆ「!!!!!」
掲示を見ていると本来私が乗るはずだった便も少し遅延していたようで、
なんなら急いだら間に合ったんじゃないのか、と思わずにはいられません。
ゆ「通路側にして」
お「無理」
ゆ「じゃあ窓側にして」
お「あかん!機内で交渉してくれるか」
ゆ「………」
腹たつ!!なんか知らんけど、この人ものすごい腹たつ!!

62349961_2707951565946947_4499248705240563712_n.jpg

後ろから突き飛ばしてやりたいぐらいの衝動には駆られましたが
そんなんしたら新しいチケットをもらえませんからね。
グッと堪えます。

予定の便より3時間後の便のチケットだったのでまだマシやと思うことにしました。
翌日とかだったら色々面倒ですからね。
まぁもしそうなったとしても、もちろんホテル準備してくれ!の交渉をしますが
余計な時間はかけたくないのが本音です。家に帰るまでが遠足!

62539494_2707951835946920_8426705214614011904_n.jpg

転んでもタダでは起きないのが私です。
行きの香港で食べられなかった池記のワンタン麺を食べることに成功。
コレは飛行機の遅延がなければ食べられなかったので嬉しいハプニングと言えましょう。
ミシュラン獲得店ですが、私は美味しさ的には往路で食べた正斗の麺の方が
好きな気がしました。往路と復路での気分的な問題の違いですかね。
往路のテンションが120ぐらいだとしたら、復路は18ぐらいですから。

3時間もあるので空港内を再び散策します。
買う予定もない店をグルグルみて回るのはそれはそれで楽しい。

日本に向かう飛行機は結局真ん中の席で、窮屈感満載でしたが
隣の男性は日本人で細くて控えめな人だったので良かったです。

62121710_2707951915946912_3899163408016080896_n.jpg

チキンカレー、普通に喫茶店で出てくる感じで美味しい!
グリーンピースそないに入れていらないよ、とは思いましたが満足度高い機内食です。
キャセイの機内食は全部美味しかったですので、
KLMよりは機内食の面ではいいかもしれませんよ。

62244879_2707951979280239_6868092523840012288_n.jpg

遅延の時はだいたいスーツケースが出てきませんが、
今回はちゃんと出てきたのでホッとしました。
とりあえず、クールダウンのフラペチーノ。

この日は泰人さんはKさんたちとお出かけの日だったので家に帰ると
誰もいなくてとりあえず再び爆睡です。
それが、結局あの30時間不眠耐久レースをしたことを
無駄にするとは薄々わかっていましたが、仕方がありません。
だって、眠いんだもの。疲れたんだもの。
でも、疲れたとかしんどいとかは言ってはいけません。
なぜって、自分が好んで行ってるのですから。
そういうポリシーで生きてます。

62262373_2707952035946900_7265077549305167872_n.jpg

そして、恒例のイタリアで学んできたことを活かす料理シリーズ。
コモのミシュランレストランで食べた
イカとトマトとカラスミのパスタが美味しかったので、イカは入れませんでしたが
トマトとカラスミのパスタを作ってみました。
あの、巨大ピンセットを使ってみたかったという理由もありますが。

62500968_2707952109280226_3887981559445192704_n.jpg

どや。と出してみたら泰人さんは
「イタリアにいくたびに上手になってはる!!」
という評価をもらったので自己満足度も高く、イタリア旅行を終えることができました。

そして、全体を通して想定外のことが起こりすぎた今回の旅行でしたが、
また新たな目標や予定も出来上がってきたので、
次はいつ、どこに行こうかな〜と考えることをしばらくの間の
楽しい妄想にしたいと思います。

2019年5月イタリア
終わり



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2019.06.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1779-f537187a