FC2ブログ

ちょっとバタバタしている間にライター関連の方で新しい仕事をもらいました。 
もらった、というとタナボタ的な感じがするけど、
ちゃんと応募して試験原稿を書いて、合格という流れです。
いずれは記名記事が雑誌に掲載されるとのことなので、
コツコツまずは下積みを続けたいと思います!
ウェブ原稿はたくさん納品してきましたが、やっぱり雑誌に名前が載る記事は特別。
本当に嬉しいことです。

さて、止まっていたマレーシア旅行記ですが、その後東京出張があり、
再び今週からマレーシアに行ってきます。
気に入ったら頻繁に何度も行くタイプですが、ヨーロッパよりも
断然気軽に行けるので私の中では東京に行くよりも安くて、
素敵なホテルに泊まれたりおいしいものを破格で食べられたりするので、
お得な気がします。現地で使う金額がぜんぜん違いますね!

マレーシアの好きなポイントとしては多民族国家でさまざまな人種が
ごちゃまぜになっているところ。当然おいしいものもいろいろあるわけです。

食べてばかりもアレなので、今回もっとも楽しみにしていたと
言っても過言ではない観光スポット「イスラム美術館」へやってきました。

69630001_2924684670940301_5039279849881993216_n.jpg

マレーシアには「ブルーモスク」「ピンクモスク」など
美しいイスラム寺院が存在していて、宗教色が濃い建物を見るのもおもしろいです。
こちらの写真は美術館の一部ですが色合い、柄すべてとても好みです。

69854098_2924684604273641_7665740758992814080_n.jpg

そしてフォント好き、書道好きとしては興味津々のアラビア語表記の型一覧。
スクエアタイプは初めて知りました。
QRコード?!と思いましたがよく見るとちゃんと文字になっています。

69524704_2924684567606978_745666812904996864_n.jpg

感激した「コーラン」の中身。
コーランが聖典だということは皆さんもご存知だと思いますが、
こんなに美しいものがあるとは。
よく「コーランを燃やされたことがきっかけで争いが起こった」とか
ニュースで見かけることにある種の納得を覚えました。

これは神々しい。ここにイスラム教のすべてが詰まっているわけで、
これを蔑ろにしたらそりゃ、怒るわ。と思います。

イスラム美術館の中にはたくさんの素晴らしいコーランが所蔵してあり、
かなり時間をかけて鑑賞してきました。

69330996_2924684524273649_1491418889500753920_n.jpg

武器のコーナーも必見です。
私はこの蛇型のナイフの実物を初めて見たので感激でした。
使い方も図解してあって刺して、回転させながら抜くと
相手により深いダメージを与えることができる、致命傷を負わす。
というようなことが書いてありました。

なるほど!!と納得しますがコレで刺し回されることを考えると恐ろしいですね。
とはいえ、柄の部分、柄頭の部分の装飾にも無数の種類があり、
美術品や装飾品としての存在感も相当なものです。
翡翠やシルバー、金で作られてルビーやエメラルドが埋め込んであります。

69403670_2924684467606988_4284139288309792768_n.jpg

そしてアラベスク風味のブローチ。
羽がついているものは帽子につける用途で作られたものですね。
かわいい…ほしい。と思って、レプリカがミュージアムショップにないか
くまなく確認する私でしたが、ありませんでした。
羽根のついたもののレプリカがあったとして
どこにつけていくつもりだったんでしょうかね。

69388920_2924685810940187_6161506159527198720_n.jpg

テキスタイルもさることながらデザインを構成する要素がすべて好みです。
あ~~こういうワンピースコート欲しいなぁ!と思いました。

黒髪ロングの編みおろしみたいなヘアスタイルか
思いっきりデコラティブな女帝みたいな髪型がいいな、とか
モロッコサンダルにするのが可愛いな、それともギリシャサンダル?と
合わせるヘアスタイルやシューズへの妄想も楽しく。

69755465_2924685744273527_259535575093084160_n.jpg

宝飾品類もどれも大好きなデザイン。
大ぶりで存在感があり、天然石を多用しているイヤリングやネックレスは
女心(特に40オーバーの)をくすぐるデザインです。
「私、宝石とか興味ない。それよりもブランドのアクセサリーがいいな」
と言っていた20代を経て
「オシャレで人とかぶらない上質でシンプルなジュエリーを少しだけ」
と思った30代手前を経て
「ダイヤ巻きの時計さえあれば手元を飾るには十分」
と思った30代を経て
「くすんだ手元を明るく見せたり、疲れた顔周りを彩るにはゴツめのジュエリーやな…」
と思っている魔の40代ゾーンに突入しましたことをここにご報告します。

…というようなことを考えながら鑑賞してきたので
すっかり物欲が刺激されてしまいました。
ミュージアムショップにこれらのレプリカは売っていなかったので
アラビア文字がデザインされたノートを2冊。
レア度が高いのでもったいなくて使えないパターンかもしれませんが
大事に使いたいスペシャルなノートです。

69646530_2924684437606991_9093191651127459840_n.jpg

エントランスの柱が素敵だったのでタクシー待ちの集団に写真を撮ってもらいました。
もっと近付いて撮ってもらえばよかったのですが…まぁいいか。
望遠レンズじゃなかったので仕方ないですね。
ホントはこのタイルが背景の写真をインスタやラインのアイコンに使いたかったのです。
次からは用途を先に考えて距離感なども指定して撮影の依頼をしたいものです。

つづく



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2019.09.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1797-f4d6c130