fc2ブログ

 私の海老好きにはわりと年季が入っています。
エビフライにはまったり、エビワンタンがすきだったり、色々ですが
もっとも好きな食べ方がシンプルに茹でたものに
レモンかマヨネーズをつけて食べる方法。
シュリンプカクテルとは違って、海老は冷たいよりも温かい方がいいですね。

マレーシアは海老をはじめとするシーフード類が充実。
新鮮で大ぶり、そして安い。そんなん、最高すぎるだろう。
と思ってマレーシア行きを決めたという部分もありますね。

シーフードを所望する私に、現地の人からの推薦をいただいてやってきた店。
ペナンにもお店があるみたいですね。
「STEAM ERA」漢字で書くと「蒸時代」です。
変なの~。と思いましたし、店に入ったときも
「ほんまにおいしいんやろうね?」
ぐらいの気持ちだったのですが…。

71082860_2985633538178747_4389815889181016064_n.jpg

オススメのポークリブのSteam porridgeを。
RM16.8ということは400円ぐらい。
ミラノだったらケーキ一個分にもなりませんよ。とユーロ換算してしまいます。

70804496_2985633271512107_1895384813074907136_n.jpg

まず、つけダレをこちらのコーナーで自分好みに配合します。
これが楽しい!
ゴマだれや見るからに辛そうなもの、パクチーにネギ、にんにくなど。
テンションあがり放題です。
私は2種類とりあえず作ってみました。

70940992_2985633371512097_7897383055529082880_n.jpg

ちなみに大人数で来るようなお店なのですがカップルもちらほら。
中国系がほとんどでした。
私は店の雰囲気を理解しないままお出かけスタイルでやってきたので
妙に浮いてる気がしていたのですが、
アウェイ感こそ旅行者の楽しみ。そしてそのアウェイ感をひっくり返し、
ほどなくして溶け込むことができるのは食いしん坊の特権でしょう。

メニューを頼むときに「これも食べたい」「あれも食べたい」と
やたら色々聞いてみます。
「どれがオススメなん?」「あの人が食べてるやつは何?」
プールでがっつり泳いできた後だったのでとにかくおなかがすいています。

70840235_2985633211512113_250036176881188864_n.jpg

コレでお粥を作るらしい。
巨大蒸器という感じです。電子式です。
お店の人が慣れた様子で手早くセットしてくれます。

71271456_2985633474845420_3880226626625077248_n.jpg

あまりにも手早いので、写真を撮るタイミングが得られず
「ちょっと待ってくれるかな!」と言って撮ったのが上の写真です。

69395564_2985633621512072_2383167762164875264_n.jpg

店のすぐ横に生簀があり、そこから海老を選んできます。
ロブスターやイセエビもありますが、跳ね回るほど元気のいい虎海老をチョイス。
ブラックタイガーですね。

70705811_2985633841512050_8608854399680249856_n.jpg

シンプルですが最上の調理法だと思います。
茹でるよりも水分が内に閉じられている感じがして蒸海老のおいしさを再認識。
これもさっきまで跳ね回っていたイキの良さあってのことです。

71081867_2985633891512045_1352920685424410624_n.jpg

中国野菜も食べます。
ニンニクとクコの実で炒められています。
これ、好きなんですよ。菜の花とほうれん草と青梗菜の中間的な。
香港とか行くと汁麺の中に一緒に入ってるイメージですね。

69321645_2985633688178732_646205497862520832_n.jpg

海老の出汁がそのままお粥に落ちる仕組みです。
食べ終わったころに出来上がっているというのも嬉しい。

ポークリブからももちろん出汁が出るのですが、これはハマる。
義雄先生のところでいただく鮑粥を彷彿とさせますがまた別のもの。

ちょっと、ビックリしちゃいましたね。
あまりにも私がハイスピードで食べるのでお店の人も凝視です。

71138044_2985634161512018_3842367829940633600_n.jpg

あまりのおいしさに手が震えだし、ブレブレですが
パクチーや辛味、生姜をプラスして味変させていきます。
ごま油を持ってきてくれるのですが、それがまた最高。

ここ、絶対にまた来ようと心に誓います。
海老の数を増やしてもいいぐらいです。
「おいしい!!めちゃくちゃおいしい!!」
と私が連発したうえ、ショップカードをください、と言うのでお店の人も嬉しそうに
してくれたのでよかった。そして、安い。
こんなにおいしい海老をたっぷり食べて2500円以下。
サ税込みです。ちなみに、サービス料が10%、税が7%なので
純粋な料理の値段にすると2000円ぐらいです。
最高やん、マレーシア!!

ちょっと甘いものでもつまんで帰ろうかな。
と外をしばらく散策。

71138575_2985634238178677_2045497033921396736_n.jpg 

思っていたよりもかなり都会。
よく考えてみると私はジョホールバールしか行ったことなかったので
クアラルンプールがこんなにも都会だとは知りませんでした。

面白い場所もたくさんあるし、何よりおいしいものが多い。
まだまだ研究の余地があります。
日本にはあまりマレーシア料理の店というのもないので、
何かしらビジネスチャンスもあるかもですね。

今回の滞在は思い立って来てしまったため、
1泊3日という弾丸スケジュールでした。
つまり、一日集中して楽しまなくてはいけません。

ホテルの部屋に戻って甘いものを食べようと思っていましたが、
悩みまくって結局頼んだのがコレ。

70772804_2985634304845337_128208012190941184_n.jpg

ミーゴレン。
甘いもの食べるって言ってたやん、と自分に対して突っ込みつつも
「目玉焼き2つつけてね」と言うことは忘れません。
焼きそば大好きなので見た目は完全にソース焼きそばに見えますが
また違った深い味わいでこれはこれで大好きです。

夜にミーゴレンを映画を観ながら堪能する贅沢はアジアリゾートって感じで
私のささくれた心は幾分癒されました。
そして、何回入るねん、というほどカッコイイお風呂も堪能して多少夜更かし。

いや~、こんなに安くて楽しいならもっと頻繁に来るべきだった。
と後悔しだします。とにかく海老とチキンライスは絶対に定期的に食べたい。
さらに、他にも素敵なホテルがありそうです。

そんなことを思いながら就寝。
どんなに夜更かししても毎日の出社時間に合わせた時間に起きてしまうのは
まだまだ癒しが足りていないな…と思いつつ朝食に向かいます。

71950494_2985634404845327_8402966466512551936_n.jpg

真ん中の揚げ餃子みたいなものは、カレー味のパイです。
これはインド文化を取り入れている料理ですね。
サモサに似ています。

71321579_2985634464845321_6984991917205356544_n.jpg

オーダーできるワンタン麺。
けっこう他にもオムレツやスクランブルエッグなどの基本的なメニューをはじめ、
お粥など色々なラインナップがそろっていましたが、ワンタン麺好きには一択同然。

71055356_2985634528178648_1369254214122864640_n.jpg

南国フルーツとヨーグルトも忘れずチェック。
24時間の間に胃袋が確実に膨張していると感じる食べっぷりでしたが、
本当に楽しかった。知らない場所へ行って、知らない食べ物にチャレンジしたり
新しいものを見たり、調べたり、聞いたり。

行ってみないとわからないこともたくさんあって、
空港に向かう途中もおもしろい話が聞けたりして、
早くも次のマレーシア計画の必要性を感じます。

71142187_2985634578178643_1358515253989605376_n.jpg

チーズとハムのサンドイッチ。
ダンキンドーナツなのにドーナツを買わないのはあかんのではないか、と思ったので…

71770077_2985634661511968_5337348415560876032_n.jpg

ジャム入りドーナツ。
ダンキンドーナツが神戸にはないのでちょっと浮かれて空港で買ってしまいました。
エアアジアは食べ物が出ない、ということで食糧を持ち込む必要性を学んだのです。

そして、次回からはちゃんと機内食を予約して行く。
そんなことまで決意して、弾丸旅行はほぼ
「視察」というかたちで終了です。
マレーシアのライティングの仕事、探そうかなw
意外とガイド本も少ないし。

なんだか最近マレーシアに行ってる人が周囲にも多いので、
みんなのオススメも聞きつつ、私もせっせと情報を集めていきたいと思います。



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2019.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1799-0914517c