fc2ブログ

相変わらずコロナ騒動に収束が見える気配がなく、
楽しみにしていた5月のドイツ出張も消えてなくなるのでは、
という不安におののいているところです。
張り切っていろいろ準備していたのにね。

さて、バンヤンツリースパのあとは大好きな「蒸時代」へ行きます。
一見おいしそうでもなんでもない店の雰囲気ですが、侮れません。

87169583_3498229460252483_8917502620860416000_n[1]

店のテラス席に生簀がたくさん並んでいて、ここから好きなものを選びます。
シーフード好きなので見てるだけでもテンションあがります。
いつもイセエビいこうかな、とものすごく悩むのですが、
結局おいしさと安定感のあるブラックタイガーを大量に食べる、
という選択に落ち着きます。

84717169_3441123385963091_8029378421421244416_n[1]

蟹もいますし、貝もいます。

84633902_3441123515963078_711439376709582848_n[1]

店のお兄さん「もっと?」
私「もっと」
店のお兄さん「もっと?!」
私「うん、もっと」
店のお兄さん「もっと?笑」
私「うん、あと3尾」
の繰り返しでした。

なんなら自分ですくうで。と思いながら横であれこれ指示します。

85043897_3441123639296399_4918680788867743744_n[1]

何かと食の好奇心が止まりません。
私のもうひとつここの店の気に入ってるポイントは
マイソース配合コーナーがあること。

87881250_3498229076919188_1945739898711441408_n[1]

ここのソースコーナー滞在時間がやたら長い私。
店のお姉さんが「大丈夫?わかる?」みたいなことを言ってきますが、
分からないワケではなく、悩んでいるのです。
ベストな配合、味の相乗効果を。
この気持ち、料理好きな人なら分かると思います。
これをコレに混ぜたら、この薬味が絶対合うはずや。
そういう気持ちで海老を中心に貝や豚にも合う配合を何パターンか考えます。

87362191_3498229193585843_731091819911184384_n[1]

ショウガやパクチーを入れたピリ辛の醤油ベースのタレと
ゴマだれにねぎとフライドオニオンを入れた香ばしいタイプを作りました。
前回来たときはこんなに工夫をせずに
醤油タレにパクチー入れたぐらいだったのですが、大満足です。
別に何種類作ってもいいので、今度行ったら5種類ぐらい並べてみよう!
と早くも次回への決心を固めている私です。

87288099_3498229303585832_703939264299139072_n[1]

ニンニクとクコの実が効いています。
これ、よく中華で出てくるのでなんという野菜なんだろうと思っていたのですが
芥藍菜(カイランサイ)と言うみたいですね。
育てるのに手間がかかるので高級食材らしい。
菜の花っぽい食感とブロッコリーの中間ぐらいの感じ。

87321244_3498229000252529_16782438680231936_n[1]

結局20尾を完食。
毎回殻がたまったらサッと引いてくれるので助かります。
そして、〆のお粥がたまりません。
蒸した鍋の底でお粥を炊いている「仕組み」が好きすぎます。
何のエキスも無駄にすまい、という考えが好きなんですね。
マレーシアにハマるきっかけのひとつとなった海老と粥。
ザ・好きな味だったのです。そして安い。

中心地からも近く、歩いてブラブラしていても面白いエリアです。
姉妹店の「FISH HOUSE 烤魚」も気になっているのですけどね。
蒸した海老サイコー!!となっているので、今度は巨大な蒸し器を
買おうかと考えています。しかし、蒸し器を買っても
いい海老が手に入らないとね。車海老だとかなり高級なものじゃないと
大きさ的に満足できないし。量と質を兼ね備えたものを求めているわけですよ。
そういう面ではマレーシアまでの運賃をどうにか安く抑えれば通う価値があるとまで
言えるでしょう。(いっぱい食べる前提ね!)

エアアジアが年パスを出そうとしているようなので、
引き続き情報を待ちたいと思います。

しかし、ここで絶賛している私を驚愕させるさらなる海老が
待っているとはこの時は知る由もありませんでした…。

つづく





★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2020.02.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1820-851d5757