fc2ブログ

あまり母と二人で泊まったりすることはありませんが、
母の日のお祝いとしてご招待しました。

なぜ急に普段やり慣れないようなことをしたのかというと、
特に殊勝な気持ちになったとかではなく、
翌日にも京都で予定(ごはんの予約)があって、
前日の木乃婦さんから一回家に帰るのが面倒だったので
泊まろうかな~と思って宿を探していたのがきっかけでした。
ちょうど母の日のお祝いをしていなかったし、
自分も京都に2日連続で通わなくていいのでラクができると思ったのです。

出張が多いので、特に国内だと泊まるホテルの内容を気にしないのですが、
フランス語を習っている母はきっとこういうの好きなはず…と思ったので
好奇心も手伝って、フォションホテルの予約をしてみました。
一度は泊まってみないと分からないですからね。

レストランも然り。
食べたことない店のことは語ることができません。
何事も経験です。

さて。木乃婦さんからはタクシーで移動しましたが
まずタクシーのドライバーさんに伝わらない。
住所を言っても伝わらない…。
あんまり行く人がいないのか、分かりにくいのか…。

なんか、もう疲れた…と思う私でしたが、母の日のお祝いと言った手前、
「疲れた」とか「しんどい」という言葉はご法度。
接待と同じことですからね。

358092120_9520111644730871_7883934387820245569_n.jpg

ロビーではウェルカムドリンクとマカロンでお迎えいただけます。
マカロンって大好きなのでポンポン口に入れて食べてしまいますが、
ケーキ1個分ぐらいのカロリーがあるって知ってました?
私、一気に15個ぐらい食べたことあるんですけど!
マリーアントワネットもビックリなスナック感覚でしたね。

358114346_9520111388064230_6745216151868471025_n.jpg

フレンチテイストの中に清水焼や漆が飾られています。
派手めなものが多いのでピンクの世界に負けてない。

358449129_9520111228064246_3468699145289395973_n.jpg

お部屋はこんな感じなので女子会推奨。

357728699_9520111051397597_917091051811432791_n.jpg

テーブルの上にある重箱的なものはネスプレッソのカプセルや
お茶やお砂糖が入っていました。

357461454_9520110681397634_8653363352640602969_n.jpg

ドントディスターブ札のメッセージがカワイイ。
白い方には京都を満喫中、
ピンクの方には夢の途中です。と書いてあります。

母も「カワイイーー!!夢の途中だって!」と女子な感性を見せてきます。

私もこの札を見ながらふふふ、夢の途中ね。
さぞフワフワした夢が見られるんでしょうね、と思ったのですが、
まさかの落とし穴があるとはこの時は思ってもいませんでした。

357508773_9520110324731003_5069375847854877403_n.jpg

バスルームの感じがとても好きでした。
タイルと大理石で女子が好むゴージャス感を出していますね。
シャワーヘッドの色が金色なこともポイント。

バスタブが猫脚ならナオヨシでしたが、アレは掃除も困るし、
システム的に難しいのでしょうね。入る時もツルっといきそうですし。

358130393_9520110511397651_2375169794719102835_n.jpg

アメニティ類もピンクと黒。
女子会想定なのか、フェイスマスクシートもついていました。
フェイスマスク大好きなので嬉しいですね。

358068554_9520110098064359_3140319392226841558_n.jpg

私も海外のホテルでよくチェックする項目なのですが、
レターセットがあると嬉しい。
ミラノのパークハイアットはホテルの様々なスポットを
超絶オシャレなモノクロポストカードにしたものが4枚ほど置いてありました。
(もちろん全部持って帰って今も持っている)
こちらも可愛い八坂の塔がイラストになったポストカードが置いてありました。

358105014_9520109978064371_2548752471200210951_n.jpg

ビスケットやら焼き菓子やら山ほど置いてあります。
冷蔵庫にはマカロンが1ダース。
先ほどのイラストと同じトートバッグも置いてあり、それは
このお菓子を入れて持って帰る用なのだとか。

面白かったのは京都ならではのフォション製八つ橋が置いてあったこと。
ドライタイプと生タイプがありましたよ。
父と弟のお土産に持ってかえり、と母に渡したので私は味見をしていませんが、
シナモン味ですもんね。フランス菓子としてもウェルカムな味わいなのかも。

お菓子を食べながら女子同士やカップルで語らうことを想定している
ホテルのサービスのひとつですね。

だって、ここで「キャベツ太郎」とかを広げてたら
なんだか絵面が台無しですもんね。
(キャベツ太郎に罪はないし、私はむしろ好きですよ!)

とても一晩で食べられるような量の焼き菓子ではないので、
どれをどっちが持って帰るかということを相談する時間も楽しかったです。

お昼にたくさん食べたので、夜は軽めに
以前行った「五(いつつ)」へ行こうかなと考えていたのですが、
ちょっと遠いので、それすら面倒やね…という話になり
歩いていけるところで済ませることになりました。

358081856_9520109814731054_142717393695809428_n.jpg

存在は知っていましたが私は初訪問の「喫茶フランソア」です。
フランソワではなく「フランソア」なところがレトロ表記でいいですね。
喫茶店のごはんメニュー大好きなので「おぉ、いいやん、そうしよそうしよ!」と
喜び勇んだワタクシでしたが、母は「ここはケーキとかしかなかったんちゃうかな」
とのことでした。とはいえ、思い出の店らしいので行ってみました。

358086460_9520109648064404_1970682112744353149_n.jpg

ケーキを2つとプリンを頼みました。
(私がどうしても選抜できなかったため)
ケーキはレアチーズケーキとレモンケーキ(タルト)です。

358111220_9520109358064433_2176246589409262993_n.jpg

慌てて撮ったのでブレブレですがプリンの外装が大人っぽくて良い。
ドライオレンジと絞っていないファッと乗せた生クリームに
見るからに苦めのカラメル。
ブリュレタイプやトロ生系よりも、絶対に固いプリン派なのでね。

357496449_9520109144731121_3327562588147451529_n.jpg

レアチーズケーキも手作り感があって美味しかったです。
この豆腐みたいな見た目のタイプが好きですね。
ちょっぴり懐かしい感じがする。

隣のカップルの会話が気になってしゃーない私でしたが
分けっこしつつケーキは全部美味しくいただきました。

部屋に戻ってお風呂に入って「よし、寝ようか」といつもの調子で
寝ようとしたのですが…
色々と積もる話があったのか、母の話が止まらない!!
眠い…と思いつつ意識を失わないように相槌をうちます。
次第に会話も途切れ途切れになり、母が先に寝たような。

ここで思わぬ弊害が。
普段一人の生活が長くなりすぎて、誰かがいるとちょっとの音でも気になって
全く眠れない。寝息すら気になる。寝返りの音でもしようものなら
全く寝られないのです。

もともと神経質なのか、眠りが極端に浅いのですぐに起きてしまうのですが
まさかこんなに寝られないとは…。
しまいにベッドサイドに備え付けのアラームクロックの秒針の音が気になりだしたので
それは迷わずタオルに包んで遠くに置き直しました。

疲れているのに3時ぐらいまで全く寝られない状態が続き、
うぅーーーーーーーーと思っていた頃にやっと寝落ちしかけたのですが
今度は母がなぜか4時ぐらいに起きて何か作業をしている(笑)
何してるん…と思いつつ接待なので文句も言えず…
一応「どしたん」と聞いてみたのですが
母「テンション上がってめちゃ早く起きちゃった!!」
私「・・・・・そうなんやw」

後から聞いてみるとフランス語の勉強をしていたみたいです(笑)
えええええ???です。

357459031_9520108988064470_6343038736994756203_n.jpg

死ぬほど眠いまま朝食の時間になってしまったので一応身支度を整えて会場に向かいます。
眠い。実質1時間も寝ていないのでは。

357737382_9520108558064513_2700256046270476812_n.jpg

ビュッフェではなく持ってきてくれるタイプなので
それは楽でしたが、パンがたくさんあるのにジャムがなかったり(言わないと出てこない)
ドリンク類のサーブがゆっくり目なのでイラチな人にはあまり向いていないのかな、と。

357725991_9520108238064545_8439345561010806561_n.jpg

卵料理は好きなものを選べます。
フォションの朝ごはん、というと期待が高まり過ぎていたのかもしれないですが
雰囲気を楽しむ感じかな?

味がどうとかサービスがどうとかよりも眠い、という気持ちしかありません。
しかし、まだ解散予定時刻までは数時間があります。
さすがに眠すぎたので1時間ほど仮眠をとらせてもらい
(さすがに今回は深く眠れた)
チェックアウトをして高島屋へ向かいます。

お買い物に付き合い、荷物持ち係を完遂し…
母の日のお祝いとさせていただきました。
母からは「とっても楽しかった!」と喜んでもらえたので良かったです。

もしかしたら倒れてしまうかも(笑)と思うぐらいしんどかったので
「一回家帰ろうかな…」という考えがよぎりましたが
家のベッドで寝てしまったら多分明日まで起きない。と思ったので
仕方なく予約時間の18時まで歩き回ることにしました。


フランソア喫茶室


関連ランキング:喫茶店 | 祇園四条駅京都河原町駅三条駅




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2023.07.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/1990-121a87d9