fc2ブログ

1日目の夜に足裏マッサージ40分+全身マッサージ90分で840台湾ドルという
破格のサービスを受けた翌日…。(日本円で言うと約2600円ぐらい!!)

二人のやりたいことリストによると

*台湾の繁華街散策
*可愛いカフェでお茶
*占い(またか!!と言われそうですがw)
*包丁マッサージ
*ショートトリップ
*再びマッサージ
*お土産探し


初めて台湾の電車に乗ってみました。
タクシーも激安なので、気軽な交通手段で便利なのですが、
電車に乗ると色々な発見があるので、面白いですよね。

まず、中山というところのアーティスト集団が作っているカフェ「THE ONE」へ。
地元の女子に人気があるそうで、オシャレっぽい雰囲気でした。

THE-ONE12181.jpg 
入り口が地味なので、何度も通り過ぎて何往復もしてしまいました…(笑)
何往復もしている間に見つけた元アメリカ領事館の建物を台湾映画を
テーマにしたカフェと展示資料館にしている建物が下の写真です。

台湾は映画も有名ですね。そういえば、私が小学校の時に大流行した
「来来キョンシーズ」も台湾でした。
鶏の生き血を搾り出したりするシーンが多くてリアルに怖かった記憶が。

THE-ONE12183.jpg 
そんな話をしながら「鶏の生き血って…ねぇ…」と妹と話しながら私が
行きたがっていた包丁マッサージの店を探す。

どうも中山から2駅行ったところにあるローカルな市場の中に
入っているらしい。晴光市場という市場なのですが…。

晴れた光どころか…

暗くて怖い(笑)

そしてニワトリがコッコッコッッ…とカゴの中で言っている横で中華包丁で
ぶった切られている様子が店頭で見学できます…。

晴光市場12181 

その時点で妹は怯えてしまい(当然…w)
「本気でこの市場の中にある包丁
マッサージとやらをやるつもり?!」

と不安がっていました。しかも、なかなか店が見つからない。
「絶対やりたい!!」と言い出したら聞かない私なので、その辺の人に
「ココ行きたいんだけど!!」と教えてもらう。

親切なお兄さんが調べて連れていってくれました。移転していたみたいです。
市場の入り口の何軒か隣のビルの2階に怪しすぎる店が。

「心霊」とか書いてあったし(笑)
さすがに怯んで入り口の写真を撮れなかった…。

どんな中華包丁を持った屈強な男が出てくるんだろうか…と思ってドアの前にいると、
出てきたのは笑顔の可愛い細身のお姉さん。(多分同い年ぐらいか年下かも…)

店の中は真っ暗でどうもipod聴いて寝ていた様子。
包丁のマッサージやりたいんですけど!!と早速切り出すと、
「3時でもいい??」とのこと。う~ん、若干微妙でしたが、仕方ない。
3時にもう一度戻ってくる約束をして、店内を再び見回すと…

どうも占いもやっている様子。早速「占いもやってるんですか?」と聞くと、
「やってるよ~。私が見るよ。」とのこと。
日本のテレビにも取材を受けたことがあるようで、壁にフジテレビの旗??みたいなのが
架かっていました。占いは今すぐ出来るとのことだったので、チャレンジしてみました。

やりたかった小鳥占いでも米粒占いでもないですが、不思議な盤のようなものを
使って、箸のようなものでバシバシ盤を叩きながら割り出していく様子は
「おぉ~!!台湾の占いっぽい!!」と思わず興奮。

統計学って凄いんですね。日本での占いでも「当たる」と評判の占いは
だいたい四柱推命という統計学に基づいて占われるものが多いように思います。

今回は財運と仕事運について聞いてみました。
「1年間は何でも質問が出来る」というコースに…(笑)そんなんでいいの??
1200元だから3600円ほど。台湾だと割と高い占いです。
絶対何か質問メール送ろうっと!!

THE-ONE12184.jpg 

仕事のことが妙に当たってて感心。「仕事の内容、退屈ね」「違うこと、したい?」
「でも安定してる。」「貿易、分析、紹介。得意ね。」ほうほう。

最終的に「語学、出来る?」と聞かれて「遊び程度に…」と言うと
「何語が好き?」と聞かれ、「フランス語とイタリア語かな…」
と言うと「あ、それはonly遊び!!あなたはドイツ語勉強するね。」(なんやそれ…w)
ドイツ語、大嫌いなんですけど…。

ドイツ語を使って仕事をするといいらしいんですが、そんなん使えるワケない。

そして、私が出した名刺を見て「良い「気」があるね」とのこと。
「気」とか言うの、台湾ぽい~~!!!
名刺、替えようと思っていたんですが、なくなるまでこれで行こうかな。

優しく気さくなお姉さんに姉妹揃ってすっかり気を許し、
包丁マッサージもきっと素晴らしいに違いない。と確信したのでした。

包丁マッサージ本編へ続く。



★ランキング参加中です。クリックお願いします★
 
関連記事
スポンサーサイト



2011.12.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/743-59ebd7da