いつも岡山へ帰省すると「神戸からだと遠いけど、岡山からだと近い」という感じの
場所へ連れていってもらっています。今まで色々なところへ行きました。
蒜山焼そばだったり、津山ホルモンうどんだったり…。日生の牡蠣おこだったり。
主に、食べたいものがある場所なのが「あぁ、やっぱり」ですが…。
どれも美味しい思い出です。

今回は珍しく、町並みとアートに触れる旅でした。
鳥取県倉吉市の赤瓦と白壁の土蔵群。

泰人さんの実家を出発してから早速VOW的な橋を発見。
コレは、以前から気付いてはいたのですが、写真にうまく収められなかったままでした。
VOWってホントにくだらないのですが、中学生の頃から大好きです♥
中学生がいかにも喜びそうなネタの宝庫ですね。
30過ぎてもまだ好きなあたり、成長が見られないです。

「神庭の俺!!!」
「滝」って書きたかったんでしょうね…。惜しいけど違う(笑)
倉吉03251 
琴桜のふるさとらしく、倉吉市には琴桜の立派な銅像が。
こういうものを発見するとだいたい、同じポーズで写真を撮ります…。
さすがに25ansには載せられない(笑)

前に立っている人たちの存在感が出すぎて、後ろの琴桜に気付きにくいですが…。
しかも、私なんてかけていたサングラスが妹に「それ、南こうせつみたいやで」
言われる始末。「なんで!!店でかけたらコレが一番似合ってるってイタリア人が言ってたよ!!」
と反論すると「なんか、相当変わった人みたいに見えるわ…(笑)」とのこと。

泰人さんのポーズは四股らしいですが、
パッと見、スカートをめくろうとしている小学生男子みたい…。

ちなみに、ここの道の前はけっこう車がビュンビュン通っててこの写真撮影の様子は
失笑ものだったと思います(笑)

倉吉03254 
流し雛の行われる地域らしいです。
即座にこんな構図で写真を撮る私たち…。
普通に撮るよりも後で見て楽しめますからね☆
オススメです。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/823-c3e8ddf3