今回の旅のメイン宿泊先であるアブダビの外れにあるリワ砂漠。
私たちはだいたいホテルをメインに旅の予定を組むので、
「ここのホテルに泊まりたいからここの国へ行く」というパターンが多いです。

今回のリワ砂漠、UAE最大と言われている広大な砂漠で、場所はサウジアラビアに近いです。
スパで名高いアナンタラグループが運営するホテルがあるということで、
今回の旅のメイン訪問先に決定。

【Qasr al sarab by anantara】


ネットで事前に調べたところ、アブダビ空港から2時間~3時間。
そして、アブダビ~ドバイ間は2時間程度とのこと。

ドバイ~今回のホテルも2~3時間で行けるだろう、と勝手に予測。
ドバイのタクシーは日本に比べて格安なので、
ドバイ~アブダビ間は約250~300AED(7000円ぐらい)とのことだったし、
まあ、多目にみて10000円ぐらいの予算を組んでおけば大丈夫だろう、と思った私。

長距離なのでホテルのコンシェルジュに
「今からアブダビのここのホテルへ移動するのでタクシーの人に言ってくだされ~」
とお願いしておきます。
UAEの砂漠で聞きとりづらいアラビア訛りの英語のタクシードライバーと迷子なんて
絶対に避けたい状況…。しっかり行き先は確認しておいてもらわないと。
よし、これで後はまた2時間ほどグーグー寝てれば着くわ。とお気楽な考えだった私ですが
思っていたよりもどうも遠い様子…。

dubai05041.jpg 

早速タクシードライバーの人がツイートしたのかフェイスブックに書きこんだのか…
ものすごい勢いで友達から電話がかかってくる。
アラビア語は全く分からないので雰囲気で予想翻訳。
運「もしも~し」
友「めっちゃ遠いとこ行くんやね~!!」
運「そうなんだよ~、マジラッキー!!」
友「帰ってきたらおごってね!!」
運「オッケーオッケー!!任せとけ~」
(こんなやりとりが延々と何度も繰り返される)
その様子を聞いていた
泰「この人、友達多いんやね…人気者や。」
ゆ「うん、けっこうなテンションやね…」とぼそぼそ喋る。

そんな具合でテンションは高めだった彼ですが、行けども行けどもホテルらしきものが
全く見えてこない展開にだんだん不安になってきたのか、今度は友達に電話をかけはじめ、
運「なぁ、この道を行ってるんやけど、合ってる??」
友「あってるあってる」
運「全然ホテルないんやけど…」
友「言っとくけどめっちゃ遠いで」
運「え~…。ガソリン入れとくわ…。」
と言って(予想)「ガソリンを入れてきます…」と言ってガソリンスタンドへ。

おぉ、初めてのUAEのガソリンスタンド。ガソリンの価格は日本の1/3!!!やっすーーー!!!
さすが石油の国…。羨ましい!!

dubai05042.jpg 

そして、さらに何もない道を140キロキープで疾走…。
さすがに私たちもあまりにも標識はないわ、周りに全く建物らしきものは見えてこないわ、
運転手は疲れてきてため息を連発しだすわ、で不安になってきたところ…。
そしてメーターは予測していた300AEDを軽く超えてもう500AEDを越えようとしているし!!

ビックリすることに、たまーーーに人が歩いてるんですよ(笑)
なんで?!どっから来てどこまで行くの?!
40℃オーバーの道を…割と軽装でトコトコと。考えられない…。

寝てやろう、と思っていたものの、あまりにも不安なため、一睡もできず。
やっと最初の標識を見かけて「今のっ!!ホテルの標識っ!!見た?!見た?!」と大喜びする私…。

もし急にこの運転手にキレられて「えーい、面倒だ、ここで降りろ!!」とか言って砂漠に捨てられたら
どうしよう…とずっと思っていましたが、捨てられずには済んだようです。

dubai05043.jpg 
最初の門が見えてきた瞬間、本当に感動しました(いろんな意味で…)
けど、ここからすぐに着くのかと思ったら全くそんなことはなく、10分以上タクシーで走って
やっと入り口らしい入口に辿りつきました。

最後の方に「ここのホテルに一体何があるんだ?」とか
「なんでここのホテルが好きなのか?」とかやたら質問される私…。

タクシーメーターは600AEDだったのですが、650AED請求されました。
キレ代?!何代よ?!
ため息ばっかりついて車内の空気悪くしたくせに!!

と思った私ですが、泰人さんに「ガソリン代とかもさ、あるしさ。」と促され言われた値段を支払う。
この下のミラーに写ってる運転手の眉間にイラっとした感じのシワが写ってるのが見えますでしょうか。

ふん、私だってイラっとしてるわよ。しかも、現金そんなに使うと思ってなかったから
日本で両替最小限にとどめてきたっていうのに!!明らかに帰りのタクシー代足りないじゃない!!
と心の中でまたフンフン文句を言いましたが…。
よく考えたら16000円ほどなんですよね。
日本でタクシー3時間も乗ったら16000円じゃきかないですね…(笑)

dubai05044.jpg 
泰人さんとホテルのドアマンは一触即発(言い過ぎ)の運転手と私を無理に引き離し、
エントランスにどーぞ、どーぞ、とご案内。

素敵!!!ゴージャス!!!こういうの大好き!!!と一気に上機嫌になった私に
「奥様、ウェルカムドリンクです」と持ってきてくれたのは
何やらヨーグルトのような飲み物。

こういう「得体の知れないもの」を警戒する泰人さんは私の様子を見ていましたが、
そういう「得体の知れないもの」をむしろ喜んで飲んだり食べたりしてみる私は迷いなく口に入れます。

ラクダのミルクに蜂蜜とデーツを入れてシェイクしたものだそうです。
ホテルのオリジナルドリンクだそうです。
滞在中、気に入って毎日毎食飲みまくりました。

こんな感じに3時間かけてドバイからやってきたホテルでの滞在記に続きます。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/857-aa2f4529