fc2ブログ

QASR AL SARAB  resort by ANANTARAというホテルの正式名称なので、
(長い…)
そりゃ勿論、スパをしなければなりません。

日本にいる時はそうそう「じゃ、スパでも行きますか」なんて言える身分ではないので、
海外リゾートへ行った時はここぞとばかりに自分を甘やかします。

事前に「スパメニューもメールで送って!!悩む時間が楽しいから!!」というリクエストを送り、
15分で返信があるという素晴らしいホスピタリティに期待も高まります。

早速予約をしにスパへ向かいました。
泰人さんはプールで泳いだり焼いたりしていてサンバーン状態。
スパメニューの中にあったキュウリやアロエを使ってクールダウンするメニューにする、と
心の中で既に決定していたそうです。

日焼けって、体力奪われますよね。
しかも、砂漠の真ん中の直射日光ですから…。
スパ05041 
プールからちょっとだけ歩いたところにスパ棟があります。
プルメリアの香りがホンワリと漂い、薄暗い受付にはタイ本国から来た
笑顔の美しいセラピストが待機中。
素敵な中庭がありました。それにしても、いい職場だな~…。
ここに座ってるだけでも癒されそう。
スパ05042 
立派な個室に案内して頂き、(どれがスタンダードでどれが立派なのかは分からないですが、
私基準では相当立派な部屋でした!!)
専用のトイレとシャワールーム、ダブルシンクの洗面台がついています。
シャンプーが入っている容器も素焼きの壺だったりして、リゾートスパ風味満載!!

不思議な音のする銅鑼を叩いて準備が出来た旨をスタッフに伝えます。
「コレ、絶対私が鳴らしたい!!!」
と熱くアピールしましたが、あっさり「あ、いいよ」と言われたので一安心。

私はアラビックスクラブというメニューを選択。
フォア~~、気持ちがいい!!
サンダルウッドの香りがエキゾチックです。

アレ、どっかで香ったことのあるにおいだな…。
懐かしい感じがするな~…と思って施術中ずっと考えてたのですが、
コレでした…。

51v++ga3IqL__SL500_AA300_.jpg 
割と普通に薬局で売ってるマッサージジェルです。
「脂肪をどうにかしたい」という一心で色々買ったうちの一つ…。

コレと同じにおいがするんです。
世界のアナンタラスパで使われているジェルと薬局で1000円ほどで買ったジェルを
比べては旅のラグジュアリー気分もちょっと落ちてしまう…と、
焦ってこの発汗ジェルの存在はなかったことにしようと務めましたが、
途中から「いや、でも逆にあのジェルをまた日本で買ったら今日の気分を思い出せるかも…」
という発想に転換。

スクラブでマッサージをしてもらったので体もスッキリ。
ツルツル、シットリです。

一方泰人さんは…。

クールダウンメニューというだけあって、何か塗る度にヒヤッ!!とするので
その度に「キャッ」と言ってしまいそうでそれに耐えるのが大変だったとか。
でもとっても気持ち良かったそうです。
前回のドバイで行ったサトリスパ(そちらも超有名スパですが…)で
受けたマッサージが強すぎてタオルを咬んで我慢していたらしいのですが、
(痛いぐらいの方が効くのか、と思っていたそう)
今回はパックや保湿なのでヒヤッとする以外はリラックス出来ていたそう。

スパ05043 

施術後にポットサービスで頂けるジンジャーティーをおかわりしまくり、
デーツも独り占めする私に「きみは本当にどこでも生きていけるな~…」
と感心してもらいましたが、旅先で体調を崩したことがほとんどない理由は
そこかもしれないです。イラっとしてキレたりすることはありますが、
そう言えば旅行先で病気になった記憶がありません。
食欲が落ちないというのは元気な旅行の必要不可欠な要素ですね。

この後、「さ、ランチ行こうか!!」とレストランへ繰り出し、
またパンを食べたりラクダのミルクを飲んだりして栄養補給しました。
泰人さんもお気に入りのパスタをガッツリ食べていたのですが、
既にこの時の写真の表情には疲れが出ています。

後から思えば、この時既に予兆が出ていたのかも…。

<キャメルトレッキング>に続く。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト



2012.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/860-7a1bf658