(今日の記事は若干25ans blogにアップした内容とかぶっています。
より個人的な感想を書いていますが…)

荷物を預けたかったので買い物前に一旦アルマーニホテルへ寄ってもらったのですが、
ここのホテル、ネット上での評判はけっこう辛目で。

「スタッフが冷たい」「やたら予約番号を確認される」「気取っている」
というものが多かったのですが、
タクシーでゲートをくぐる時に「レストランか、宿泊か、」ということだけを質問されただけで、
予約番号は結局一度も使うことはありませんでした。
まぁ、何かの時のためにメモしておくことは必要。

比較的きっちりしているUAEのシステムではありますが、何せ、イタリア系のホテルですから!!
どこで何がひっくり返るか分かりません(笑)

ちょっとネットの評判で身構えていた部分があったのですが、スタッフは今回行ったどのホテルよりも
フレンドリーで、とにかく親切。
(他の二つのホテルも物凄く親切なのですが、丁寧で礼儀正しい感じ)

いい感じに「イタリアっぽい」接客をしてくれるのです。
イタリア好きの私たちなので「UAEにいながらイタリアを感じられる!!」と非常に快適。

アルマーニ氏の指導なのかな??とか話しながらロビーでお喋りしていると
「ご案内しましょう!!」とフロアを案内してくれるスタッフが現れたり。
「こっちへ行くとレストランで~、こっちがお菓子を売っていて~、お花屋さんもありますよ~!!」
という具合。

ホテル前のエントランスにはモーターショー並の車の数々。

アルマーニ05021 

アルマーニ05023 

予約時間の5分前になったのでレストラン前のラウンジへ移動。
バーカウンター、かっこい~!!
予約の名前を告げると復唱が義務付けられているのか、一生懸命復唱しようとするイタリア人スタッフ。
私たちの名前は発音しづらくて4文字なので旨く言えなくて「あ~!!ごめんなさい、難しくって(笑)」と。
「いいよ、いいよ、日本語って難しいもん!!」というやりとりの後、オープンの時間になり、
再び席に案内してくれた時にはバッチリ言えてたので裏で練習してきてくれたんだな~、と感動。
こういうスタッフの気持ちが嬉しい☆

アルマーニ05022 

そして、サービスのスタッフもみんな揃ってフレンドリー。
メニューを真剣に読んでいると「お手伝いしましょうか?」と声をかけてくれたり。
真剣に読み過ぎていたんでしょうね。
「大丈夫!!悩んでるだけだから!!あ、でもせっかくだから…コレってどんな料理?」
と質問してみたところ、明快な回答がすぐに返ってくるのも頼もしい。

で、渡されたメニューに値段が書いてない…!!
一瞬ものすごく焦った私ですが(笑)
いや、日本ではだいたいこのぐらい、って値段のない店でも予想がつくのですが、
何せ、ドバイのデザイナーズホテル。お客さんも桁違いに「持ってそう」な人たち…。
何がどうなってもおかしくない状況。

泰人さんが「へ~意外と安いんやねぇ~」と言った一言で気づく!!
欧米のシュッとしたホテルやレストランのメニューには「女性用」として
値段の書いていないメニューが存在することがあるんだった!!

「女性はお値段のことなんて気にしないで好きなものを頼んで下さいねっ♥」という意味なんです。

しかし、うちは個人用のカードで払わない限りは同じ口座から落ちるので、
全くもって気にしないなんてことは出来ません。

せっかく頂いた女性用メニューでしたが、いちいち泰人さんに「このステーキいくらなの?!」
とか「ロブスターはいくら?!」とか確認してしまう私…。
いくらデートでも普通値段見ませんか?!

アルマーニ05024 

色々悩んでいたら、スタッフの女の子が
「パスタは各自頼んで、メインと前菜はシェアするのはどうでしょう?」
とそんな提案もしてくれたので、そのように。
上のフォアグラパテ、これでシェアした分量なのですが、日本人には多いぐらいかも。

アルマーニホテル内レストランのレビューも「とにかく量が多すぎて食べきれなかった」
という内容がそう言えば何件かあったのですが、こうすればちょうどいいと思いますよ♪

これから行かれる方には是非トライして頂きたいオーダー方法です。
泰人さんの調子が本調子じゃなかったので、普段は大食いの私たちですが、
シェアした分も半分ぐらい私のお皿に戻ってきたので、私はまるまる一人分食べたような計算に…。

泰人さんが頼んだのは蟹のスパゲティ、
「あぁ、ベストコンディションの時に食べたかった…!!!」
と言わしめるほどの美味しさ。勿論味見しましたが、濃厚で蟹のボリュームもたっぷりで
素晴らしい一皿。私は好物のオマールを。

再訪する予定なので、泰人さんはベストコンディションの時にもう一度食べないとね!!

アルマーニ05025 

アンガスビーフ、今UAEで人気の食材だそうです。
これも相当なボリュームですが、シェアしています。
神戸ビーフほど高くなく、美味しくてやわらかくて、大人気。
色々なホテルのレストランメニューで見かけました。

運ばれてきたデザートにサプライズが仕掛けてあるのもイタリア的♥
突然スタッフが「おめでとー!!」と言いながら白いバラをくれてビックリ。

予約の時に「何かの記念日ですか?」と聞かれたので泰人さんが
「3年目の結婚記念日の旅行の最終日のディナーです」と言ってくれたらしいのですが、
「こんなん言ってくれたんですか?!」と聞いたら「僕じゃないよ~!!」と言っていたので…
ホテル側が気をきかせてくれていたのですね(笑)

アルマーニ05026 

ARMANI05202.jpg 
記念撮影もスタッフが「写真を撮りましょう!!」と言ってくれました。
熱がある泰人さんと前菜とメインを2倍の量を食べた私…。
スタイリッシュなレストランですが、本当にいいスタッフばかりでした。

このARMANI FIORIの白いバラがとっても嬉しくて、捨てることなんてとても出来ず…
家まで持って帰りました(笑)正直、何度も泰人さんに「コレ、邪魔じゃないの?」と聞かれて
くじけそうになりましたが…。

しっかり観賞した後はドライフラワーにしました♥

ARMANI05201.jpg 

2012アブダビ&ドバイ旅行記 最終話(免税店と再び広州…)へ続く




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/864-cec6d46a