ない知恵を精一杯働かせて、思いついたのが
「旅行中にこっそり修理しておく」というもの。

撮影は4/26だったので、旅行出発の3日前。毎日車に乗るわけでもないので、
「旅行に行っている間に修理してもらえば分かるまい…」と思いついた私。

車の引き受けなどがあるので、父に事情を説明…。
一通り話を聞いた後…

「ジョージワシントンの林檎の木の話を知ってるか?」

ゆ「知ってるよ!!知ってるけど私はワシントンじゃないからいいです。
父「せやけど、泰人さんそんなことぐらいで怒らへんやろ」
ゆ「いや、怒る!!怒るっていうか、凹むと思う…旅行前に空気悪くなったらイヤやんかぁ~(苦笑)」
父「う~~~ん、正直に言うた方が後々いいと思うけどなぁ。ジョージ・ワシントンは…」
ゆ「とにかく頼むわ!!お願い!!旅行前に鍵を預けるから5日の夜までに修理が出来るとこ探してーー!!」
父「え~~、オレも忙しいんよね~~」
ゆ「そんな24時間忙しいワケでもないでしょ?!」
父「え~~~~…」
(中略)
ゆ「じゃあ鍵預けに行くね!!」
父「はいはい…」
ゆ「ふぅううう~~~…」

そういうワケで旅行へ出かけてみたのですが、帰国してから父に電話してみると…
「あ~~、結果から言うと~~修理は~~して~~~・・・・(妙な間)  いませんっ!!!」
「ええ?!なんでよーー!!!」
「ディーラーで直すのもオートバックスで直すのも値段も時間もそんなに変わらなかったから。」
「はぁぁ…」
「もう、言うしかないで。」
「…分かった…」

そういう経緯で泰人さんに言ってみたら案の定全然怒りませんでしたが、
「きみは…広い道だけにしないとね…運転。」
と緩い注意がありました。

で、父にジョージワシントンの例を出されて正直に言ったら?って言われたことを伝えると
「そうや、そのとおりやで!!」と言われたので、怒られないように工作したりすることは
やめておこうと心に決めたのでした…。

車をぶつけた時ってなんであんなに凹むんでしょうね。
金銭的なことはもちろんですが、それ以上に自己嫌悪というか。




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.05.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/869-a3cc01fd