先日、と言っても1ヶ月近く前の話になるのですが、GQ×OldParr×市川亀治郎という
驚愕の豪華イベント【第八回伝承の饗宴】
に泰人さんのお供で行ってきました。

オフィシャルの写真の出来上がりを待っていたので記事にするのが
遅くなってしまいました。「一体東京まで何をしに弾丸ツアーしたの??」と
不思議に思っていた方、引っ張ってしまい、すみませんでした。

私の仕事の内容的に月初は休めないので正直悩んだのですが、
夫婦同伴で、ということだったし、朝一の仕事だけ済ましてから
東京で合流すればいっか、と気軽な気持ちで日帰り東京弾丸ツアーを決行。

こんな機会は一生にもう二度とないだろう、と会社を午後から休ませてもらい、
新幹線に飛び乗りましたよ~。

すると…「幸せの黄色い新幹線」を発見!!!
わ~~!!何これ!!初めて見た!!ホームに着いた時、ぎょっとしました(笑)

kamejiro06029.jpg 

なんかいいことあるかな、と思いつつ道中爆睡。
アブダビ旅行から戻って2日後の話なのでね…。
正直、死ぬほど疲れていました。

無事に新宿駅で泰人さんと合流。おぉ、なんか新鮮。
早速ご招待いただいたGQ編集部へご挨拶へ。
編集部の中を案内してもらい、広告担当の久保さんとスタバでお茶を。

そして話題のヒカリエへ…。 (ヒカリエの商業施設は一切見ていませんが…)
この日は関係者のみの貸切展示でした。

kamejiro06023.jpg 

歌舞伎の世界はまだまだ未知のことばかりなので、私たちのような不勉強な者が行って
ちんぷんかんぷん状態になるのでは…と不安に思っていましたが、
今回の博覧会はとても分かりやすく、美しい写真や思い出の品とともに亀治郎さんの功績、
歴史が一目で分かるように展示されていました。

通知表とか…5ばっかり!!
そして絵がうまい。

じっくり展示や衣装を拝見した後はいよいよ亀治郎さんとして最後の演舞を鑑賞。
設営された舞台に現れた瞬間から観るものを引き込む力のある
美しくも力強い舞に感動しました。

kamejiro06025.jpg 
(上の写真はGQ編集部撮影のものをお借りしています)

こうして「市川亀治郎」として最後の公式舞台を終え、
部屋を移動して晩餐会へ(いそいそと移動する様子が容易に想像出来ると思いますが…)。

仕出しを担当されていたのは尊敬する池波正太郎先生もご贔屓にしていた、という
新橋の「金田中」さん。本店の雰囲気、素敵です。

四代目猿之助となる気持ちを素直に語られる亀治郎さん、爽やかでスマートなスピーチでした。
銀座の美しいお姉様方に囲まれていたので、直接お話する機会はありませんでしたが、
舞台に立たれていた時よりも優しげな雰囲気でした。

kamejiro06026.jpg 

金田中大将のスピーチもあり、お話を伺っているとますます本店に行きたくなる始末。
八寸の雲丹と椀ものとして供された(すっぽん)がとても美味しかったです。

色々なパーティーやイベントでお食事を頂くことがありますが
(そんな機会は年に何度かたま~~に、ですけどね!!)
仕出しの域を超えているのはさすが名店、と唸らずにはいられませんでした。

kamejiro06028.jpg 

晩餐会で同じテーブルだったメンバーの皆様がとても豪華で素敵だったので、
楽しい食事の時間となりました。

こんなに凄い機会はそうないことだと思いますが、伝統芸能の素晴らしさ、
そして芸に打ち込む姿勢、それを支える周囲の人たちや企業の努力を目の当たりにし、
私たちの毎日がどれほどお気楽なものか思い知る結果に…
(あ、薄々は勘付いていましたけど。笑)

日本が誇る伝統芸能と大人なウィスキーの世界を覗いて、GQ編集部見学して、
私に至っては生まれて初めて1人で夜行バスに乗り…
経験値が一気にこの一日で上がりました。

素晴らしい一日をありがとうございます。
濃い一日になったのも、黄色い新幹線を見たおかげかな。

kamejiro06021.jpg

お土産にクールな写真集(写真家の齋藤さんも同じテーブルでした♥)とOldParrを頂きました。
お酒に弱い私ですが、ジェラートにかけたり、紅茶に入れたりして色々研究してみたいと思います。
(↑全部晩餐会で仕入れた知識…)




★ランキング参加中です。クリックお願いします★
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://elegantevita.blog20.fc2.com/tb.php/872-84a00c9c